ログイン

猫パンチ2号車 雑記帳(旧 蒼獅子2号)

1台で味わえるイタフラ車生活
by PEUGEOT 406 Coupé
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
 
プロフィール
きー
きー
97年から乗っていたD8セダンのZF製ATが2010年の元旦に逝去したため1月からクーペオーナーになりました。2004年式のエーゲブルーLHDです。何といってもデザインのエロかっこよさがたまりません。...
愛車情報
カーとも
参加オーナーズクラブ
カウンター
Counter
広告
adsense
 
Posted on September 22, 2013 (Sun.)
witten by きー
世界中
うんうんする
3


猛暑が過ぎ去り、大雨も過ぎ去ったここ最近
空気が入れ替わったかの如く
大気が澄んできたような気がする。

この日はワークの打ち合わせを兼ねて
往復100kmほどの中距離ドライブと相成った。

kamikatu3.jpg
ここは、料理を引き立てるために使われる「つまもの」を提供する、
全国でも有数の
葉っぱビジネスの町。
ビジネスモデルの秀逸さはさておいて
ここなら原材料に困ることは有り得ない感じ。

待ち合わせ時間より多少早く到着しそうだったので
ちょいと寄り道すると…

kamikatu1.jpg
ものすごいコントラストの
オレンジ群に遭遇。
負けじとエーゲブルーを滑り込ませる。


PS
エアコンONで低地走行中、アクセルオフすると
タコメーターが200rpmほど上下に振れます。(エンジン回転数不安定)
ギリギリ体感できる程度ですが…
オーナーの皆さんのクーペはどうですか?
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=uMeASM4mVBND%2bwkYGVyNBw%3d%3d



Posted on September 16, 2013 (Mon.)
witten by きー
世界中
うんうんする
9


先日、新聞を見ていたら再挑戦のイプシロンが打ち上げ成功とな!
1号機は打ち上げ管制が100人規模だったのに、今回は念を入れても8人管制だったそう。
うーむ、ものすごいコストダウン!

現場はリアルタイムで見ていないので
多分こんな感じだったのでは?

ypsilon_utiage.jpg
うーん、ちと違うか。

個人的には、こちらのエンリコ・フミア号も
気になるところではあるけれど

800px-Lancia_Y_front_20070523.jpg

2010年製ELLE仕様車のリアバンバーグリルを見て、あらっ!

2010-Lancia-Ypsilon-ELLE-73083777.jpg
こんなデザインのテールランプを
どこかで見たような…。

ともあれ、クールジャパンのテクノロジーに乾杯!
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=4W8FLpuAWlkfNECaTU49Vg%3d%3d



Posted on September 09, 2013 (Mon.)
witten by きー
世界中
うんうんする
10


「忘れた頃にやって来る」のは何も天災だけでなく
予約から2ヵ月が過ぎて忘れそうになったところに
宅配便で猫パンチ4号車が届く。

otto406coupe1.jpg
せっ、1250台も作ったのか!そして売れるのか?
シリアルナンバーが何ともビミョーな
OTTO Mobile1/18スケールのエーゲブルーの最終型406クーペ
レジン製(合成樹脂)なのに思いの外重いぞ!←ちょいシャレ
いったい何故この時期にビッグマウスを発売するのか
何ともマニアックなメーカーだけど、
それを欲しがる自分は、さらにマニアックなのかしら?

ではGATE製のD8クーペ(猫パンチ3号車)とディティールの徹底比較を。

otto406coupe2.jpg
写真ではわかりづらいけれど、特筆すべきは塗装のきめ細かさ。
これはクオリティの差が歴然。
試しに実車と比べるも寸分違わぬ色艶の再現性。
凄いぞ!

otto406coupe3.jpg
Aピラーからボンネットに続くカーブが微妙に違うのにお気づき?
このうねうね感の再現もすげー!

otto406coupe4.jpg
リアから。
ルーフアンテナやシングル楕円マフラーまで再現してる!
さらにリアウインドウの熱線まであるぞ。

otto406coupe5.jpg
最後はこのインテリア。
しわしわシートまで再現してるところもすげーっ!
何ともマニアの執念のようなものを感じる。

すべてがVIPクオリティな気がする猫パンチ4号車だけど、
残念なところはまずD9エンジンがないこと。
だってボンネットが開かないんだもの。
あと、ドアも開いて欲しかった。
それと一瞬にして白いホコリが吸い付くボディは気をつかう。

とかなんとか言いながらも非常に満足度の高い買い物でござんした。
ミニカーコレクションはこれにて打ち止め!
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=E6c35h6eByQJQUDi5HgCWA%3d%3d



 
AdSense
2017年5月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
31
仏滅
新着記事
カテゴリ
アーカイブ
最近のコメント
タグ
走行記録April2012