ログイン

マトラ&アルピーヌしてみました(1055車嗜好=M552 + D503)

MATRA Murena & Alpine A610 turbo マトラ&アルピーヌ生活始めました。
(昔はプジョー406クーペ + アルファ916スパイダーでした)

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
12


寒くなって始動性に不安を覚えるこの頃。オルターネーターの充電はバッチリなのですが、ずっとほっておいて今朝のように良い晴天の放射冷却で寒い日の朝はバッテリーが弱ってムレーナのエンジンかかるか不安です(もちろんイグニッションオンで燃料ポンプがカタカタいうのを待って、アクセルをパタパタ踏み込んでチョークレバーを引いてからセルモーターオンの儀式はちゃんとしているにしても)、一発でかからないと、2度目の長めのクランキングはアウトになる寸前。
今のバッテリーがいつ搭載されたのか記載がないので分からないのですが09年製か14年製か? 。

どちらにしろ弱っている気配があるので新品バッテリーに交換をお願いして部品が届いたので交換に秘密工場まで。GM系のAC Delco のバッテリーですね。評判は良いようですけど。外したバッテリーもGSユアサですから良いものでしょうね。
ついでに相談したパワーウィンドウは次回の時間があるときに再度相談、さらには右ドアの外から開かない現象は、CRCで治っちゃいました。
battery001.jpgbattery002.jpg

しかし秘密工場は左にはデルタインテグラーレとヴァンサンクのリムジーン、右もルノーエクスプレスとマニアックな車の宝庫です。
battery003.jpg

ところで後ろ下から覗いたムレーナですが、リヤはトレーリングアームにもかかわらずネガティブキャンバーが結構ついています。フロントはほぼ直立に近い状態ですかね。これってA610にも似たミッドシップやリヤエンジンの後輪荷重が大きな車のセッティングなのでしょうきっと。改めて見るとびっくりですが。
battery004.jpg

秘密工場のマスコットの猫社長(夫人?)と次期猫社長の親子。寒いからかひっついていましたね。
battery005.jpg

ブログの追加コメントを見て「きもだ」さんがやってきてくれました。愛車のカーボンボンネットのボンネットキャッチも披露してくれて。最新式のボンネットキャッチです。取り付けは秘密工場で苦労したそうです。
battery006.jpgbattery007.jpgbattery009.jpg

この後ランチに行って、いろいろ噂話を聞いて。最後の結論は秘密工場がなかったらメンテナンスフィーで古い車の維持はできないねって結論でした(^^; 。
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=JE15gnAfAD1d%2fifjOM%2fZIQ%3d%3d
2016年10月25日 17:16  | MATRA Murena  | コメント(24)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
6


La Festa Mille Miglia は雨模様だったのでエアコン+ヒーターでデフロスターでした。先日乗るとエアコンつけっぱなしだったので、エアコン切ってベンチレーターに切り替えて、温度設定は最低温度で外気導入・・・、うん?、 暑い〜。もう一度エアコンつけてみて、温度調整して、戻して、外気導入・・・ 、ウワ〜熱い〜。
温度調整が戻らないみたい(><) 。結局ベンチレーターの風を止めて、窓開けて走りました。

今日は秘密工場に整備です。FBM(車山)はマトラ ムレーナで行く予定だけど、そちらもバッテリー交換の部品待ち&右パワーウィンドウが御臨終中です。窓は無理そうでバッテリーだけ替えて車山の予定ですが、スペアカーたるA610が灼熱地獄では困るし。ということで第3京浜の都筑に。

ちょうどお昼なので途中の風の陣でランチ(今朝は寒かったのでニシンそば)。相変わらず昼時は駐車場待ち。
tmsheater001.jpgtmsheater002.jpg

秘密工場では、あっという間に直してくれました。(手の所のワイヤーが折れ曲がる)持病というかスプリングで引っ張っているのが、動きが渋いとワイヤーが座屈しちゃうんですね。
tmsheater003.jpg

しかし完調の Alpine A610 turbo でのドライブは最高ですね。レクサスのSUVが追いついて(迫って)きたので、一度加速したら流れが悪くて追いついても車間距離とっていました。ただ操作系の重さは、しっかり体に疲労感を与えますね、降りたらグッタリ(^^; 。
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=7dw7MT4Rt9lwwOofXyHY2A%3d%3d
2016年10月24日 15:29  | A610 turbo Alpine  | コメント(2)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
8


社用車で藤沢T-siteにモニクル見学、テーマのSUVは色々な解釈だった(自己申告)みたいですが、さすがにレクサスLS600hではどうみてもテーマ外でした(^^; 。
しかし微妙に・・・ 、大きな車が並んでいるかと期待したのですが。スタッフや常連さんには品川ナンバーのレクサスでの参加に驚いて頂きました。

monisuv001.jpgmonisuv002.jpgmonisuv003.jpg

途中、カーライフラボでは11時からコンサートいうことで360の搬出みましたが、普段SCJの爆音聞いているのからすると、とっても静か、いいかも900万円、買えないけど(><) 。
monisuv004.jpg

一般駐車場に停まっていた4ドアのGT-Rとっても素敵でした。HTでないのが素敵、本物だからラジオもない。
monisuv005.jpgmonisuv006.jpg

モーニングクルーズから戻って、すぐに電車で鎌倉まで。お腹空いていたので開店したばっかりの勝烈庵鎌倉店でランチ、カツレツ定食(ヒレカツ)に+エビフライ1本の贅沢(カキフライ楽しみで行ったけどまだでした)。
hitigosan033.jpg

八幡宮は七五三と結婚式と。観光客も多いけど、皆さんシブチンだと地元での噂です。
hitigosann001.jpghitigosann002.jpghitigosann003.jpg

鬼子母神ではムラサキシキブが見事。
hitigosann004.jpg

本堂の改修が終わった本覚寺でおみくじ引いたら大吉でした、しっかり免許書ホルダーに入れて。
hitigosann005.jpg

妙本寺の参道では猫が木の根を枕にお昼寝、寝返り打つところも、コイツ前世は酔っ払いのおっさんです、きっと。山門から本堂も静かです。檀家のお葬式もしてました。昔は妙本寺は本堂の階段の真ん中にいつもいる野良(地域)猫で有名でした。冬なんて横に座ると膝の上に乗ってきたし。
hitigosann006.jpghitigosann007.jpghitigosann008.jpg

その後はお友達のやっているお店ギャラリー伊砂に久々に。歩いて喉乾いたので鎌倉ビールで潤してから、ちりめん山椒にナスのワサビ漬け、それから店頭の格安&半額の大鉢と湯呑を購入してきました。真っ白なジャンガリアンハムスターも飼い始めたとかで見せていただいて(夫婦二人だけなのでペットがいると会話が弾むそうです)。
hitigosann009.jpghitigosann010.jpghitigosann011.jpgitigosann012.jpg

しっかり歩いて汗かいて、帰ってきても2時頃で、有意義な休日になりました。やっぱり観光地のそばに住んでいるっていいな〜って。
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=QUx8hlrUexIaJhS2H5NQMw%3d%3d
2016年10月23日 17:20  | 社用車  | コメント(4)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
2


出張の奄美大島の最終日の飛行機までの時間で奄美大島観光、先代パッソの前期型です。以前にレンタカーで後期型に乗っているけど、前期型のテールランプが可愛くてデザインはちょっと好き目のパッソですが、今のCMでトヨタのKって言ってますけど、リッターカーよりは軽自動車的な乗り味というか60km/hまでは普通のアンダーステアのFF車ですけど、飛ばすととっ散らかるし、タイヤ容量が小さい車に乗っているかのようです。

奄美大島の名瀬市で仕事していたけど、前から行ってみたかったのは加計呂麻島、でもフェリーで渡ると飛行に乗れなくなるので、瀬戸内町のフェリー乗り場から東の海岸沿いに走りました。対岸に加計呂麻島が見えて、まるで瀬戸内海にいるようです(地元の人は瀬戸内が先だと言うと思うけど)。
oosima001.jpg

さらに人里から奥に行くと観光地のホノホシ海岸、観光バスも来てました。絶景ですね、ちょっと天候悪かったのもあって、個人的な印象は大西洋に臨むノルマンディーなんてね。トイレは整備されているけど、売店もない、本当に人気(ヒトケ)のないところ。他に人いないと寂しいかも。
oosima002.jpg

さらにその奥に行くとヤドリ浜、ウミガメの産卵場だそうです。こちらは対岸に加計呂麻島が見えて、海水浴場にもなるらしい。別荘が何軒かと海水浴客向けのレストラン他も(素敵なリゾートホテル The SCENEもありました、ちょっと早くてランチ食べられませんでした、次回は泊まりたいなって)。
驚きは浜に打ち上げられているサンゴのかけら!!! 、これだけで最高な気分になります。
国内で一番天国に近いところかも(ニューカレドニアに行く必要ないかも、日本語通じるし)
oosima003.jpgoosima004.jpgoosima005.jpg

国道58号線の途中にはマングローブ原生林もあります(時間なくて寄れなかった、カヌーで回れるそうです)。
原生林以外にもあちこちにマングローブは生えてましたけど。
oosima006.jpgoosima007.jpg

空港近くの奄美パークに田中一村の美術館があります。教育テレビの日曜美術館でも紹介された地元では有名な日本画家。島に来てから描いた作品はゴーギャンのタヒチでの作品のようです。
oosima008.jpg

奄美大島といえば鶏飯が有名ですが、普段のランチには油ソー麺、定食でご飯付きだと大阪のお好み焼き定食(この場合は焼きそば定食かな?)のようですね。
oosima009.jpg
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=Mrfcd62BHEDK%2fs%2fQAL1hlw%3d%3d
2016年10月22日 21:28  | 次期候補?  | コメント(0)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
13


最近ではミラフィオーリなどでも有名な車の絵を描いてくれる出張画家の きもだこよし さんが my マトラ ムレーナ の絵を描いてくれました。雨の La Festa Mille Miglia 2016の藤沢(湘南T-site)まで持ってきてくれました。 

mille099murena.jpg

この手書き感がいいんですよね。時間がないときには写真を撮り、そこから書くこともあるのですが(初期作品だと広角レンズの歪みがあったりとかもありましたけど)、最近は手慣れてカメラレンズの歪みは手で補正しているようです。

いろんな人が車の絵を描いておりますが、フェルメール風(カメラ写真のトレース?)なものもあって、やっぱり目で見て描いているって感じる作品が嬉しいなって。
特にきもださんは描いた時の雰囲気を出すのに背景をちょこっと描いてくれたりするサービスも最高です。
これで4,000円なんて画材代を考えると申し訳ないです。

ウチにはルノーのメガーヌカブリオレの前/後から、ルノーR21t、プジョー406クーペ、アルピーヌA610turbo、そしてマトラのムレーナと6枚のきもださんの絵が飾られています、嬉しいですよね。
なぜかイタリア車のアルファロメオ916スパイダーだけ描いてもらう機会がなかったんですよね、不思議。

皆さんもイベントで見かけたらきもださんに声かけて描いてもらってください、満足の1枚になること保証します。
fbm2014senrihin004.jpg
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=TX1WiPQZa50klN2ntWRydg%3d%3d
2016年10月20日 18:00  | MATRA Murena  | コメント(2)  | トラックバック(0)
プロフィール
水玉のドラグ
水玉のドラグ
マトラ&アルピーヌ生活始めました!
愛車情報
カーとも
参加オーナーズクラブ
参加コミュニティ
広告
カウンター
Counter
2017年10月
1
先勝
2
友引
3
先負
4
仏滅
5
大安
6
赤口
7
先勝
8
友引
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
31
友引
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。