ログイン
 
WEBマガジン形式で読む、カーくるマガジンが創刊しました。
毎回旬な話題や、取材記事をお届けいたします。
車の話題だけではなく、CAR&LIFEを今よりさらに豊かにするような雑誌にしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
7


170424FFC (34).JPG

French-French-CENTRAL(フレンチ-フレンチ-セントラル)は東海地方を中心としたフランス車乗りが気軽に集えるオフ会。
4月23日の日曜日、フレンチ-フレンチ-セントラルが開催され、今回、カーくる編集部はスパイスレンタカーさんからプジョー307CCをお借りして参加させていただきました。

春らしい穏やかな陽気に恵まれ、150台を超えるフランス車が愛知県 知多市の新舞子マリンパーク 駐車場に終結。
カーくる編集部も307CCのルーフを開けて会場入りし、プジョーオーナーさんの車列に並べて仲間入り!

170424FFC (4).JPG

会場には、早朝からプジョー、シトロエン、ルノー、アルピーヌなど、色とりどりのフランス車が集まり、独特の雰囲気を醸し出しています。
170424FFC (33).JPG 170424FFC (42).JPG 170424FFC (35).JPG
170424FFC (12).JPG 170424FFC (13).JPG 170424FFC (14).JPG
170424FFC (41).JPG 170424FFC (32).JPG 170424FFC (39).JPG
ただ、醸し出すといっても何か近寄りがたいオーラというわけではなく、フランス車独特の気さくな雰囲気で、知り合いのフランス車オーナーの皆さんや、初めてお会いする皆さんも陽気に挨拶を交わしながら迎えていただけるホンワカとしたイベントです。

フランス車好きにはたまらないイベントです!

170424FFC (25).JPG 170424FFC (23).JPG 170424FFC (38).JPG
170424FFC (24).JPG 170424FFC (31).JPG 170424FFC (36).JPG
フランス車乗りの皆さんは新舞子マリンパークの会場(第一駐車場)で家族・友達・ワンコと和気藹々!

そして、参加車両のフランス車は癒し系からファミリー系、チョイフル系からラリーレプリカ系まで。

170424FFC (28).JPG

170424FFC (27).JPG

170424FFC (37).JPG

ラリーレプリカでは、コンテストでグランプリを獲得した車両も参戦。

170424FFC (17).JPG 170424FFC (26).JPG 170424FFC (30).JPG
170424FFC (9).JPG 
170424FFC (5).JPG 170424FFC (40).JPG
また、自動車雑誌に多くの作品を提供されている遠藤イヅルさんも愛車のプジョーで来場し、フランス車仲間と交流されていました。

170424FFC (19).JPG

遠藤さんは、ミラフィオーリ2017にも来場頂ける予定ですのでおたのしみに!

そしてカーくる編集部は会場でスパイスレンタカーさんの宣伝をさせて頂くと共に、ミラフィオーリ2017のチラシを配布させて頂きながらフランス車乗りの皆さんと楽しい情報交換をさせて頂きました。

170424FFC (22).JPG

170424FFC (18).JPG

今回、カーくる編集部がお借りしたプジョー307CCは2001年に登場した307の派生モデル。電動格納式のルーフを持つオープンカーです。

170424FFC (43).JPG

国内販売では、307自体は1.6Lと2.0Lのエンジンが用意されていましたが、CCは2.0Lのみ。
フレンチ-フレンチ-セントラルに合わせて二日間ほどお借りして試乗したインプレッションとしては、まず非常に気持ち良く走れる車という事。

レンタカーといえば、普段から乗っていない車という事で多少の緊張感が伴うのが普通ですが、この307CCはまったくと言って良いほどそういった感覚はありません。
まず、ボディサイズが手ごろで、どこを走るにも気兼ねする必要がありません。
また、2.0Lのエンジンはカタログ上は137psを発揮してアクセルを踏み込めばストレス無く加速してくれます。
170424FFC (46).JPG 170424FFC (45).JPG 170424FFC (47).JPG
年式相応のヤレ感はボディにも内装にも感じられますが、それを補って余りあるほどの開放感がありました。
Aピラーはかなりの角度で寝ており、ドライバーの頭上のすぐのところまで伸びていますが、特に圧迫感を感じるほどではありません。
逆にこの恩恵を受けて走行中の風の巻き込みも最低限になっており、「せっかくのヘアーが台無し」という事が無いのも嬉しい点ですね。

170424FFC (48).JPG 170424FFC (49).JPG 170424FFC (50).JPG

また、今回お借りした車両のボディカラーはソリッドのレッドで、こうしたオープンカーのボディカラーとしては最高の目立ち色。
あえて休日にこの307CCというオープンカーでドライブしようというのだから、これぐらいの派手さが良く似合います。

スパイスレンタカーさんには、実はホワイトボディの307CCもありますが、カーくる編集部としてはこちらの赤ボディがおススメです。
レンタカーで非日常を楽しむのであれば、これぐらいの派手さがちょうど良い!

是非、このGW(ゴールデンウィーク)にでもスパイスレンタカーさんで307CCを初めとしたちょっと遊び感覚のある車でお出掛けされてみてはどうでしょうか。

170424FFC (51).JPG

取材協力:
スパイスレンタカー
reported by い~さん

April 26,2017 Wed   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
54


シトロエンから別ブランドとして独立した「DS」の正規ディーラー「DS STORE」が4月29日(土)に名古屋市瑞穂区にグランドオープンします。
 
それに先立って4月20日(木)に開催されたプレス・関係者向けのプレオープンイベントが開催されましたので取材に伺いました。
 
桜通線の瑞穂運動場西駅から徒歩約1分と、非常に交通の便が良く、交差点の角という目の付く場所に建っています。
 
P4200574.JPG
 
遠目からも濃いグレーにDSのモチーフをあしらった看板が目を引くのですぐ分かります。
 

P4200576.JPG

P4200581.JPG
 
P4200592.JPG

本国の重役によるテープカットで国内2番目となるDS STORE NAGOYAがオープン!なお、1店舗目は滋賀県とのことで、東名阪の大都市圏では名古屋が1番目となる重要な役割を担っています。

P4200598.JPG

店舗の内外装のラグジュアリー雰囲気そのままに、レセプションパーティーが執り行われました。

P4200616.JPG

ワインと春らしいフィンガーフードは見た目も味も一流で、DSの豪奢なイメージと重なります。

P4200619.JPG



そして目に飛び込んできたのは初期のDS!
 
P4200600.JPG
 
こちらは1958年のモデルで、初代が1955年生まれなのでほぼ初代モデルです。
 
保存状態がびっくりするくらい良いです。

P4200672.JPG
 
しかもナンバーもあり公道も走れてしまうのだとか!
 
座ると体全体が包み込まれるようなシートで、まるでクッションのような気持ち良い座り心地です。これにハイドロニューマチック・システムと呼ばれるシトロエン独自のサスペンションが加わると、どんな走り味なんだろうと、DSに乗ったことの無い筆者は想像が膨らみます。

オレンジのシート色と外装の黒色のコントラストがとびきり華やかなこの1台、じっくりと見れば見るほど様々なところにデザインの神経が行き届いており、現代にある実用性ばかりを重視する車達に対するアンチテーゼのようなメッセージを感じました。

P4200612.JPG
 
P4200670.JPG

ハンドルを支える1本スポークが斬新で、今見てもモダンなデザイン。
夢中で写真を撮っていたらこちらの車両の手配をされた某K岡さんが「荷物たくさんあって大変でしょ」と、トランクで荷物を預かって頂けることになりました。

P4200681.JPG

DSのトランクに荷物を入れるという大変貴重な写真まで撮らせていただだき、荷室の広さも確認することができました。

DSは1955年にフランス最大のモーターショーのパリ・サロンでデビュー以来約20年間、合計約145万台以上生産された名車中の名車。そのヘリテージを大切にしつつ、ブランドを再構築する「新DS」の今後が非常に楽しみです。
 
P4200700.JPG
 
さて、今回この名古屋という地にDS STOREが誕生したのはDSブランドに適している都市200選に名古屋市が選ばれたからなのだそうです。
 
DSブランドは2015年にシトロエンから独立し、エレガントでラグジュアリーなブランドとして誕生しました。
 
フランスの高級車復活と言われる大注目のブランドです。
 
P4200641.JPG
 
DSシリーズの最新作であるDS7はリノベーションとアバンギャルドの融合という野心的な1台なのだそうです。
 
さらに今後も1年に1つずつ新しいモデルを投入していく計画とのこと。毎年どんなモデルが出るか、今から楽しみです。
 
本国の重役による挨拶のあとは乾杯。
 
P4200634.JPG
 
P4200639.JPG
 
P4200615.JPG
 
会場の奥には最新モデルのDS5が鎮座しています。こちらも初代DSに負けず劣らずのラグジュアリーな佇まいで、オーラを纏っている1台です。
 
P4200661.JPG

P4200658.JPG
 
インテリア、エクステリア共にプレミアムラインに相応しい仕立てとなっています。
 
P4200709.JPG
 
メーター周りなどはまるで飛行機のコックピットのようなアヴァンギャルドなデザイン。
 
P4200659.JPG
 
DS専用免許が必要ではないかとさえ思えますが、そんなところがファンのハートをくすぐるのでしょうね。
 
今回の展示は初代DSとDS5ですが、DS7のVRを特別に体験させてもらいました。
 
ゴーグルを装着するとそこはパリ…
 
そしてパリに佇むDS7。
 
P4200694.JPG
 
運転席に座ってDS7のエクステリアをじっくり見たり、外に降りて外観をぐるぐる周って見たり、ワンタッチで色を変えてみたり。
 
一足先にDS7を満喫させて頂きました!
 
バーチャルで見たパリの街並みにぴったりの素敵な1台でした。これが近い将来、日本の、名古屋の街を走ることになると思うと、今からワクワクが止まりません。
 
お店の中にはDSをモチーフにしたアイテムの販売もあります。
 
P4200673.JPG

P4200677.JPG

P4200679.JPG
 
こちらは納車記念やプレゼントに最適ですね。
 
最後まで楽しませて頂きありがとうございました。

P4200622.JPG
 
P4200711.JPG
 
グランドオープンは4月29日(土)です。
 
初代DSは期間限定の展示ですのでこの機会にぜひ足を運んで下さいませ。

P4200665.JPG
 
P4200657.JPG
 
P4200699.JPG
 
こちらのスタッフさん達がお出迎えしてくださいます。
 
 
INFORMATION
---------------------------------
DS STORE NAGOYA
愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通6-34
---------------------------------


reported by カーくる編集部

April 21,2017 Fri   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
5



ネコ・パブリッシングの自動車雑誌のひとつ、Car MAGAZINE のユーザーミーティングである Weekend Meetingが、3月25日(土)の大磯ロングビーチ駐車場で開催されました。

carMaga17-01.JPG


数日前の天気予報では傘マークがあったものの、当日は傘マークが無くなり予想以上にいろいろなクルマが集まりました。
おおよそですが、300台以上は集まった模様です。

この駐車場を埋め尽くしたクルマたちは、新旧国産ならびに輸入車というようにジャンルは問わず。
逆にそこが、いろいろなクルマ好きの心を掴んでいるポイントでしょう。

実際に集まったクルマを眺めて回るのも楽しいものです。


 carMaga17-01-01.JPGcarMaga17-01-02.JPGcarMaga17-01-03.JPGcarMaga17-01-04.JPGcarMaga17-01-05.JPGcarMaga17-01-06.JPGcarMaga17-01-07.JPGcarMaga17-01-08.JPGcarMaga17-01-09.JPGcarMaga17-01-10.JPGcarMaga17-01-11.JPGcarMaga17-01-12.JPGcarMaga17-01-13.JPGcarMaga17-01-14.JPG


オープニングは、Car MAGAZINE 編集長の挨拶から。
編集長をはじめ、スタッフみんなも楽しんでいる様子が伺えます。


carMaga17-02.JPG

会場内の出展ブースには、マニアの心をくすぐる品が沢山。

carMaga17-03.JPG

掘り出し物を求める方が物色していました。

carMaga17-04.JPG

carMaga17-05.JPG


こちらはヤマハのブース。
いわゆる小型船舶の展示がされており、それと同時にレンタル船舶サービスの説明をされていました。
「マリンスポーツはやってみたいが、購入となるとなかなか・・・」といった方には朗報です。

carMaga17-06.JPG

こちらは、車の販売も兼ねた車両展示などなどです。

carMaga17-07.JPG

carMaga17-08.JPG

carMaga17-09.JPG

carMaga17-10.JPG

お腹が空いた方には、焼きたてのピッツァはいかが?

carMaga17-11.JPG


さて、今回のメインイベントでもある同乗試乗会。
先着から何名かに配られた試乗券をお持ちの方は、いろいろなクルマの試乗ができるというもの。
でも車種を選ぶことはできません。どのクルマに試乗できるかはお楽しみ、ということで逆にそれがワクワクです。


carMaga17-12.JPG

carMaga17-13.JPG

carMaga17-14.JPG


さていよいよ閉会に近づいてきました。
じゃんけん大会ではみなさん一喜一憂。


carMaga17-15.JPG


最後に、お馴染みモトーリモーダの審査によるスタイルコンテストの表彰がありました。
これは、クルマとオーナーのファッション双方から審査するというもの。
見事優勝は、写真左から3人目と4人目の方。お二人でモーガンでいらしていました。素敵ですねぇ~。


carMaga17-16.JPG


駐車場の確保が難しい首都圏において、このようなイベントはクルマ好きには嬉しいもの。
この日の午前中だけの開催でしたが、その程度がちょうどいい感じです。
このあとは、西湘バイパスを経て箱根へ走りに行った方も沢山いたことでしょう。

素敵なイベントを企画・開催されたスタッフに感謝!

reported by ハクナマタタ

March 31,2017 Fri   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
4



11月20日の日曜日、晴れ渡った浜名湖畔で、Nuova LANCIA offline meeting が開催されました。

集結したランチアは、テージス、デルタ、ムーザ、そして 2nd ならびに3rd イプシロン。
いずれも落ち着いたボディーカラーでした。

Lancia161120-01.JPG


このミ-ティングは、最近のランチア車オーナーの親睦と情報交換を目的に今年度から始まったもので、今回が2回目となります。

Lancia161120-02.JPG

浜名湖が見渡せる落ち着いたホテルがその開催場所です。

Lancia161120-03.JPG

Lancia161120-04.JPG

まずは、参加者はランチに舌鼓。

Lancia161120-05.JPG

Lancia161120-06.JPG


ランチの後は、芝生に並んだランチアたちを愛でながら、ゆったりとした時間を過ごします。

Lancia161120-07.JPG

Lancia161120-08.JPG

そんな中、こんなサプライズなプレゼントも。
知り合いのお菓子屋さんにお願いして作ってもらったクッキー。
ランチアブルーを再現するのが難しかったとのこと(お菓子屋さん談)。

Lancia161120-09.JPG

ここで、2nd イプシロンの新たな情報が。
マルチジェットの5MTのシフトノブは、実は大理石だったとのこと。

Lancia161120-10.JPG

こんなところに贅沢をしているランチア、新たな発見にオーナーも大喜び。

Lancia161120-11.JPG

一世紀を超える歴史を持つ、イタリアのランチア。
国内ではどうしてもラリーのイメージが強いですが、デザイン、インテリアについてはやはり老舗の雰囲気を醸し出しています。

しかしながら国内には正規輸入はされておらず、また本国でも経営状態が芳しくないという噂が漏れ聞こえてきます。

Lancia161120-12.JPG

そんな逆風の中でも、このランチアを愛してやまないオーナーたち。

全国にまだまだいると思われる、Nuova なランチアオーナーさん。
次回はどのくらい集まるか、今から興味津々です。

Lancia161120-13.JPG

なおこの様子は、12月26日発売の Car MAGAZINE(ネコ・パブリッシング社)にも掲載予定です。

reported by ハクナマタタ

December 1,2016 Thu   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
4


11月22日(火)~27日(日)の会期中、東京ミッドタウンを中心に開催されている”DS week 2016”。
IMG_0561.jpg

イベントスペースとなるアトリウムには、DSとジバンシィがコラボして誕生した「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」を展示。クリスマス時期ということで、リボンで彩られたプレゼントボックスに収められているという素敵な演出も手伝い、行き交う人々の注目を集めていました。
また奥にはDS 3史上最強のエンジンを搭載した「DS 3 PERFORMANCE」、「DS 3 CABRIO」、そしてDSのルーツとなる伝説の名車「DS23 Pallas」も展示されていました。
IMG_0564.jpgIMG_0606.jpgIMG_0639.jpgIMG_0603.jpg
IMG_0557.jpgIMG_0600.jpgIMG_0595.jpgIMG_0601.jpg

IMG_0598.jpgIMG_0599.jpgIMG_0589.jpgIMG_0590.jpg
IMG_0566.jpgIMG_0573.jpgIMG_0575.jpgIMG_0608.jpg
IMG_0578.jpgIMG_0580.jpg
IMG_0567.jpgIMG_0583.jpg
IMG_0582.jpgIMG_0586.jpgIMG_0585.jpgIMG_0570.jpg

27日の最終日を前に、メイン会場となっている東京ミッドタウン アトリウムにて” DS Champagne Night”が開催されました。
イベント冒頭で挨拶をしたプジョー・シトロエン・ジャポンのクリストフ・プレヴォ社長は、今後DSブランド専売店を立ち上げることを発表。続いて本国より来日したDS Automobilesシニア・ヴァイスプレジデントのエリック・アポド氏が登壇し、来年には6車種の新型車を投入する予定で、第一弾となるSUVを年初に発表するとした。
IMG_0648.jpgIMG_0660.jpg
イベント内では、その魅力に惹かれ、いち早く「DS 3 GIVENCHY Le MakeUp」の購入を決めたご夫妻が招かれ、プレヴォ社長より花束が贈られた。
IMG_0674.jpgIMG_0679.jpg
乾杯の挨拶は(株)カーグラフィックの加藤代表。
IMG_0664.jpgIMG_0666.jpg
冷えたモエ・エ・シャンドンを飲みながら、ひと時フランスの雰囲気を楽しみました。
IMG_0623.jpgIMG_0640.jpgIMG_0627.jpgIMG_0667.jpg
IMG_0625.jpgIMG_0632.jpgIMG_0629.jpgIMG_0611.jpg


最終日となる本日(11月27日)は、DSファンのためのイベント”DS DAY 2016”が開催されます。
第1会場となるお台場にある船の科学館でブレックファーストミーティングを行った後、第2会場となる東京ミッドタウンまでのクルージング。そして第2会場では正午よりモータージャーナリストなどによるトークショーが開催されるとのこと。
秋も深まり、初冬の様相を見せ始めた東京ですが、アバンギャルドなパリの風を感じにお出かけしてみてはいかがでしょうか?

DS公式サイト:http://www.dsautomobiles.jp/
DS week 2016の詳細:http://web.dsautomobiles.jp/ds-week-2016/
reported by 美あんこ

November 27,2016 Sun   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

AD2
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る