ログイン
 
WEBマガジン形式で読む、カーくるマガジンが創刊しました。
毎回旬な話題や、取材記事をお届けいたします。
車の話題だけではなく、CAR&LIFEを今よりさらに豊かにするような雑誌にしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
5


 英国の伝統ある自動車メーカー「ジャガー」。読者のみなさんはこの「ジャガー」というブランドにどんなイメージをお持ちだろうか。多くの方はその優雅なスタイリングと、上品な落ち着きのあるインテリアを持った“サルーン”を思い浮かべるかもしれない。しかし、ジャガーにはそれらのサルーンとはまるでイメージの違うスポーツカーが存在する。その一つが今回ご紹介する「Fタイプ」である。

IMG_2964.jpg 
 
 このFタイプには車型が2つあり、ひとつはオープンモデルの「コンバーチブル」、そしてもうひとつは流麗なリヤスタイルが特徴の「クーペ」である。Fタイプは2013年に日本導入時にはコンバーチブルしか用意されていなかったが、昨年新たに「クーペ」モデルが加わったわけである。

IMG_1853.jpg
 
 今回の試乗車は最もベーシックなモデルであるが、しかし価格は1,000万円を超える。このモデルに搭載されているエンジンはV型6気筒3.0L DOHCエンジンにスーパーチャージャーで過給をし、最高出力は340ps(250kW)/6,500rpmを発生する。組み合わされるトランスミッションは8速ATである。

IMG_1858.jpg 

 それでは早速乗り込んでみよう。まずはルーフをオープンにして試乗をスタートする。エンジンを始動した時の「音」はただものではない音がする。いわばイタリアなどの高級スポーツカーのような排気音を奏でるのだ。

 そして、早速発進時にちょっとアクセルをラフに踏んだら、ホイールスピンを起こすほどのパワーの持ち主で、この上にある5.0リッタースーパーチャージャーエンジンを搭載したモデルはどんなに速いのかと、逆にそこまで必要あるのだろうかと感じたほどである。

IMG_1848.jpg 
 
 オープンカーでまず取り上げなければいけないのはやはりそのボディの“剛性感”であろう。実はこのFタイプはオールアルミのボディを採用している。しかし、実際の車両重量は1.7tをやや超えるあたりであり、相当にボディの補強をしているということが良くわかる。なるほど、実際に走らせてみるとオープンカーであるネガな印象がまるでない。路面の凹凸を超えた時にフロアが震える印象や、ルームミラーがぶれるようなこともない。ボディはガッチリしている印象に、感心させられた。

 そして、次に驚くのはその乗り味である。もちろん、スポーツカーであるから、それなりに締まった印象ではあるが、硬くて不快というものでもない。このあたりの味付けが非常に絶妙であると感じたところである。

 IMG_1861.jpg

 このFタイプでうれしいのは50km/h以下ならば走行中にルーフの開閉ができることである。さらに、これに要する時間が12秒というのだから、本当に気軽にオープンにできるのが嬉しい。

 ステアリングの印象は言わずもがな、スポーツカーらしく非常にクイックである。これほど俊敏にステアできる印象は、運転を楽しむドライバーにとってはたまらないものだろう。

IMG_1855.jpg 
 そして、風の巻き込みはサイドスクリーンを上げた状態であるならば、ほとんど感じることがなく快適にオープンドライブを冬でも楽しめる。もちろん、シートヒーターは採用されているが、それに加えてステアリングホイールのヒーターまで装備されているという贅沢なものである。

 ちょっとしたことでドライバーを楽しませる演出もいろいろと盛り込まれており、ドアを開けるドアハンドルが通常は格納されているものが、ドアを開けるときには立ちあがったり、中央にあるエアコンのベンチレーション吹き出し口は自動で立ちあがる仕掛けがついていたりと非常に面白い。

IMG_1852.jpg 

 2人乗りのオープンモデル、価格は1,000万円を超えるということから、一般ユーザーにはなかなか縁のないクルマであるのは間違いない。しかし、ジャガーはエレガントなサルーンしか作らないメーカーと思いきや、なかなかどうしてこれほど刺激的なオープンモデルが、それも高い完成度で成立させることができるメーカーであるということに驚かされた。

主要諸元
全長×全幅×全高:4,470×1,925×1,310mm
車両重量:1,730kg

エンジン種類:水冷V型6気筒DOHCスーパーチャージャー
排気量:2,994cc
最高出力:250kW(340ps)/6,500rpm
最大トルク:450Nm(45.9kgm)/3,500rpm

メーカー希望小売価格:1013万円(消費税込み)
公式サイト:http://www.jaguar.co.jp/jaguar-range/f-type/index.html
 IMG_1859.jpg

reported by CARGO

March 18,2015 Wed   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2015  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
12


 
まさか、この車のハンドルを握る時がくるとは思いもしませんでした。

その名もロールス・ロイス ファントム!

実は、この試乗会で初めて試乗車を提供したロールス・ロイス・モーター・カーズ。
試乗車は、レイス、ゴースト、ファントムの3車種ですが、どの車が割り当てらるかは抽選結果に委ねられることに。

Phantom01.jpg

結果はなんとファントム。

Phantom02.jpg

この圧倒的な存在感と、5千万円を超える車両価格にちょっとビビりながら、まずは大磯ロングビーチの駐車場まで車を移動。

Phantom03.jpg

約 2m×6m のサイズと伝統のデザインからは、やはりオーラとでもいうのでしょうか、伝統に裏付けられた威圧感を感じます。
Phantom04.jpg

ドアはこのように観音開きなので、リアのシートに座る時は足下がよく見えます。

Phantom05.JPG

リアドアを開けると、そこにはロングドレスの淑女が微笑んでいるのでは?と妄想してしまいます。

Phantom07.jpg


運転席はこのようにいたってシンプル。
8速ATはコラムシフトで操作。といっても、D と R と N しかありません。

そしてこの細いステアリングも、伝統の味なのでしょうか。

Phantom06.jpg

伝統といえばこれ。
リアドアに収められているアンブレラ。

Phantom08.jpg


こんなファントムを走らせてみると、なんでしょう?この滑らかさは!

Phantom09.jpg

自然吸気のV型12気筒エンジンは、その存在については息を潜めているように感じます。

Phantom10.jpg


さて公道に出てみると、加速感などを感じさせずにあっという間にスピードに乗ります。
でも、リアシートの方を気遣いながら静かな運転を心掛けようと思ってしまうのは、この車の存在意義から来るものなのでしょうか?

最初はかなり大きいのでは?と思っていましたが、高速道路はもちろん一般道路の走行でもあまり気になることはありませんでした。
でも駐車場はかなり気を使いました。

Phantom11.jpg


リアシートに座ると、今まで何度も見てきた風景が特別なものに見えてしまいます。

Phantom12.JPG

そんなロールス・ロイス・ファントムは、フライングレディーことスピリット・オブ・エクスタシーが至福のひと時に誘ってくれます。

Phantom13.jpg

非日常なドライブ、いい経験をさせていただきました。


【主な諸元】
全長×全幅×全高:5,842mm×1,990mm×1,638mm
ホイールベース :3,570mm
エンジン    :60° V型12気筒48バルブ
総排気量    :6,749cc
最高出力    :338kW (460ps) / 5,350rpm
最大トルク   :720Nm / 3,500rpm
0-100km/h 加速:5.9秒
車両本体価格  :50,640,000円(税込、2014年10月1日現在)

【公式ホームページ】 ⇒こちら
http://www.rolls-roycemotorcars.com/phantom-family/

reported by ハクナマタタ

March 16,2015 Mon   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2015  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
12


 
6 Wheels Life を提案している Motorimoda が、3月1日にLUCEという調布店をオープンしましたので、早速お伺いしてきました。

店内は、LUCEという名の通り、光がちりばめられており、バイクや車好きの心をくすぐるアイテムが展示されています。
Motorimoda01.JPG

6 Wheels Life とは、2輪+4輪、即ちバイク&車の生活スタイルを提案するという意味を持っています。
Motorimoda02.JPG

展示されているアイテムを見ると、ワクワクするドライブシーンがどんどん思い浮かんでくることに気付かされます。
Motorimoda03.JPG

それもそのはず、世界中から車好きの視点で「これだ!」という商品を買い付けてきたものですから。
Motorimoda04.JPG

Motorimoda05.JPG


LUCE の店長、吉岡若菜様にお話をお伺いました。

「ここ調布店は、商品を売るだけではなくバイク好き、車好きに楽しい空間を提供していきたいと思っています。少年の心をくすぐる秘密基地のような、隠れ家的存在になっていけばいいなと。」

趣味などを通して人と人の繋がりを提供したいというLUCE店のコンセプト、媒介するものは違えど何となくカーくるのコンセプトに通じるものを感じました。


そして吉岡様ご自身についてもお伺いすると、車好きのハートを射止めるような答えが返ってきました。

「私は実は、オタク(所謂マニアとかヘンタイとか形容される方々)の人と話をするのが好きなんです」

詳しく訊いてみますと、以前二輪車や自動車の仕事をしていたこともあり、バイクとクルマが大好きだそうです。

特に、モトグッチは大好きとか。
モトグッチのオーナーさん、直ぐにゴー!(笑)
Yoshioka

そしてドライブには欠かせないアイテムとして、ドライビンググローブも紹介してくれました。
Motorimoda07.JPG

そしてもうひとつ。
吉岡様は現在アルファロメオを所有しているとのことで、このような時計も紹介してくれました。

はい、わかりますか?
ストラダーレという商品名からして車好きの心をくすぐってくれるこの時計は、ヴィンテージスタイルのメーターやシートをモチーフにしています。
なんか、アナログメーターの躍動感を感じさせるデザインだと思いませんか?
シートって?と思った方もおられると思いますが、ベルトの部分をご覧ください。納得ですね。

stradale1.jpgstradale2.jpgstradale3.jpg


その後昔走りに行った道や峠の話で盛り上がり、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

こんな素敵な空間 Motorimoda LUCE は、京王線柴崎駅から国道20号線を渡り徒歩10分程度。

P3070985.JPG


車好きで、自分だけの拘りのアイテムが欲しい方、オタク(?)な会話を楽しみたい方には、とても居心地のいいショップになるはずです。


■Motorimoda LUCE
 〒182-0014 東京都調布市柴崎1-53-2
電話:042-443-8567
  営業日:毎週土曜日、日曜日、ならびに国民の祝日のみ
  営業時間:10:00-19:00

■Motorimoda 公式ホームページ
 http://www.motorimoda.com/

reported by ハクナマタタ

March 8,2015 Sun   CATEGORY:ショップ紹介  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
8


3月1日の日曜日 実に四年ぶりとなる第四回カーくるツーリングが開催となりました

今回の企画は『春の静岡・味覚&絶景満喫ツーリング』と題した関東・中部のカーくりストのリアル交流ツーリングイベントで、20台の募集はあっという間に満員御礼となりましたが、最終的には15台・21人ものカーくりストが東西から静岡に集まってくれました

そしてツーリング当日は折からの予報がくつがえる事無く、空からは生憎の雨

一部の予報では大荒れになるという事でしたが・・・雨男どころか嵐を呼ぶ男までいると噂のカーくる編集部が主催ですからこんな雨ぐらいどうって事ありません

名古屋市内のガレージからgtvを雨天に引っ張り出したのは本当に久しぶりです。

助手席に次女をコドライバーにしていざ出発ぅ~!

carclet150301.JPG

先ずは東海組のプレツーリングの集合場所 東名高速赤塚PAで一旦集合し、そこから6台でニョロニョロと静岡空港へ向かいます。

もうこの時点で久しぶりのツーリングが結構楽しくてタマリマセン(笑)

carclet150301 (1).JPG

途中ワイパーが要らないくらいの小雨にもなりましたが、ツーリングの出発地点 富士山静岡空港へ到着すると結構な大雨でした


carclet150301 (21).JPG

ん~、風も強くなってきたし雨は強まるしこりゃ大変!

carclet1503012.JPG

という事で
関東組も地元静岡組も合流したら駐車場の屋根スペースで出発前のドライバーズミーティングです。
carclet1503012 (2).JPG carclet1503012 (1).JPG
このミーティングでは、今回のツーリングに参加頂いた皆さんにツーリング参加のノベルティや春のイベントのチラシ(ミラフィオーリ・チンクエチェントポーリ)を配布させて頂きました

carclet150301 (19).JPG

で、ミーティングが終わればさっそく談笑しながらツーリング前のコミュニケーションタイム

やっぱりリアルベントはこれっ!

いつもはネットでしかコメントをやり取りしない相手と実際に顔を見ながら話をするというのが良いんです!

ちなみに、今回参加頂いたカーくりストはこちらの皆さんです。

carclet150301 (2).JPG carclet150301 (3).JPG carclet150301 (4).JPG
いーさん : アルファロメオ GTV
ROALさん : トヨタ アベンシス
コンドウ☆さん : プジョー 406クーペ
carclet150301 (5).JPG carclet150301 (6).JPG carclet150301 (7).JPG
しまぴょんさん : アルファロメオ GTV
たかやんさん : アルファロメオ ジュリエッタ
あーぼさん : アルファロメオ 147GTA
carclet150301 (9).JPG carclet150301 (8).JPG carclet150301 (10).JPG
ぐれごりさん : フィアット 500
んどん。さん : フィアット グランデプント
美あんこさん : アルファロメオ 147GTA
carclet150301 (11).JPG carclet150301 (12).JPG carclet150301 (13).JPG
ハクナマタタさん : ランチア イプシロン
ひろきちさん : アルファロメオ 155
きもだこよしさん : プジョー 106S16
carclet150301 (14).JPG carclet150301 (15).JPG carclet150301 (16).JPG
yokyonさん : アルファロメオ Mito
はるぱさん : フィアット PANDA
みぞやんさん : アルファロメオ ブレラ   
 ※駐車場駐車並び順

今回はこ~んなにバラエティに富んだ皆さんと早春の静岡を一緒に走り抜ける事が出来ました

carclet150301 (20).JPG

先ず、静岡空港から出発してさっそく向かったのは小川漁港魚河岸食堂。

さすがに15台ものグループになると普通の駐車場に止める事はできず、駐車係員に誘導されるがままに漁港エリア内に縦列駐車です(笑)

carclet150301 (22).JPG

結構な雨にもかかわらず、人気の食堂は大混雑!

でも、10分ほど並んで食券をGETして何とか無事に美味しい海の幸にありつくことが出来ました


carclet150301 (23).JPG

こちらは上海鮮丼!
生シラスや生桜えび!そしてマグロも乗ってこのボリュームはもう最高!

carclet150301 (24).JPG carclet150301 (25).JPG
そしてこちらはマグロの漬け丼!
ん~、新鮮でうまい!やっぱりお魚は獲れたてが一番ですね~

参加者の皆さんそれぞれに丼や定食で焼津の海の幸を楽しんで頂く事が出来ました。

やっぱりツーリングの目的地にはこうした美味しい物が欠かせませんよね~?

そしてこの小川漁港にいる間にもはさらに強くなり、まで強くなってきたので

ツーリングのスケジュールを早めて早々に出発することに!
 
               

小川漁港を出たカーくるツーリング一行は雨の焼津市内を走り、山側の藤枝方面へ向かいます。

carclet150301 (40).JPG

1時間弱ほどニョロニョロと走り、到着したのは山間にある 道の駅 玉露の里です。

carclet150301 (31).JPG

咲き始めた梅の花にも迎えられ・・・

carclet150301 (27).JPG

道の駅の駐車場に整列~!
147GTAと500のツーショット!


carclet150301 (28).JPG

雨の中でもアルファロメオのロッソは輝きを失っていませんね~

carclet150301 (32).JPG

すぐにでも茶店に入りたいぐらいの雨でしたが、メンバーの皆さんは愛車の前で情報交換!

やっぱり天気なんか関係ないんですよね~

carclet150301 (38).JPG

とは言っても寒さには勝てず、道の駅内の喫茶に20人で押しかけて静岡名産の玉露のスウィーツを堪能することに!

carclet150301 (35).JPG

暖かな和室でヒンヤリ玉露ソフトしるこや、温かな玉露ぜんざいを頂いてホッコリ大満足!

carclet150301 (36).JPG

美味しいスウィーツの力も手伝い、畳の上で愛車やイベント、ツーリングなど楽しい話題にいっぱい花が咲きました。

また、今回は車のイラストを描かれているイラストレーターのきもだこよしさんをゲストにお呼びしていたので、希望者は愛車のイラストをオーダー!

ん~、ピカソに続いてGTVもイラストをお願いしてしまいました!

完成が楽しみです~

carclet150301 (39).JPG

さあ、そろそろ帰り道の渋滞が気になる時間になってきたところで解散の時間です。

皆で集合写真を撮ってこうしてアップして・・・で、皆さんのお顔をそのままアップするのは気がひけましたのでカーくるのロゴマークで隠してみました(笑)

結果、なんだかコミカルな写真になってしまってすみません

carclet150301 (41).JPG

自宅で帰りを待つ家族の為にお土産を買いつつ駐車場に出てみれば・・・

carclet150301 (43).JPG

まだまだすぐに皆が岐路につくわけでもなく、喋り足りないとばかりにこちらでもオシャベリタイムが延々と続きました

carclet150301 (42).JPG

それでも徐々に1台、また1台と帰路に就くメンバー達。
carclet150301 (44).JPG carclet150301 (45).JPG
carclet150301 (46).JPG carclet150301 (50).JPG
せっかくのツーリングだったので是非晴れてほしかったですが、こうして雨になってしまったからには次回、関東・中部メンバーが合同ツーリングを開催する時には是非お天気に恵まれたいですね!

それまでしっかり日頃の行いに気をつけなくちゃ

こうして無事に 第四回カーくるツーリングは現地解散という形で幕を閉じる事が出来ました。

雨天の中遠方より
参加頂いた皆さん、本当にありがとうございました。

最後までスケジュールを消化する事が出来てよかったです。

新たな知り合いも増えたようですし、このツーリングを機にカーくる内の繋がりが広がればと願っています

そして今回、このカーくるツーリングに協賛頂いたチンクエチェント博物館様には心より感謝です。
  
carclet150301 (51).JPG
 
カーくるツーリング、次回は中部&関西メンバーで楽しめるような物を企画したいと考えております。

是非、たくさんの皆さんに参加して頂きたいと思います

カーくるはオンライン&オフラインで車好きの皆さんの繋がりを楽しく創出していきます!
reported by いーさん

March 2,2015 Mon   CATEGORY:未分類  
「うんうん」した人

AD2
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る