ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

BRP Can-Am Spyder 試乗会開催

世界中
うんうんする
3


can-am0917 (2).JPG

雨がしょぼ降る愛知県尾張旭市。

9月某日 カーくる編集部が向かったのはスノーモービル・水上オートバイ・ATV(全地形対応車両)の販売店 Sea Getsだ。

can-am0917 (1).JPG  
can-am0917 (10).JPG

今回、Sea Getsを会場として BRPジャパン主催 
Can-Am Spyder の試乗会が開催され、カーくる編集部名古屋メンバーも試乗機会を得た。

can-am0917 (7).JPG
  can-am0917 (6).JPG

先日も箱根山 ターンパイクにて
BRP Can-Am Spyderの 試乗会が開催され、編集部関東メンバーには高評価だった。

だからこそ大変楽しみな試乗会であったが、残念ながら試乗会が終わるまでこの日はお天気に恵まれる事はなかった。

BRP Can-Am Spyder ターンパイク箱根試乗会の記事はこちら

can-am0917 (15).JPG

試乗会と共に中部地方初の記者説明会も開催されるということで、会場には多くの報道陣が集まった。

新聞社、雑誌社など複数社が集まり、注目度の高さが伺える。

can-am0917 (12).JPG  can-am0917 (13).JPG
can-am0917 (14).JPG  can-am0917 (11).JPG
記者説明会では、BRP、そして
 Can-Am Spyder に関する説明がなされた。

can-am0917 (16).JPG

スノーモービル&水上オートバイ、Can-Am ATV(全地形対応車両)などのパワースポーツ業界を牽引してきたBRPが、万を辞してリリースした
Can-Am Spyder ロードスター 。

can-am0917 (17).JPG  can-am0917 (21).JPG
can-am0917 (20).JPG  can-am0917 (18).JPG
しかし、この記者説明会だけでは、残念ながらその魅力を十分に伝えることは出来ていなかったと思う。

ただしかしここで言いたいのは、魅力が充分に伝わらなかったとはいへ、興味が湧かなかったわけではない。

そう。魅力が伝わらなかったというのは、
Can-Am Spyder が座って聞いて真価が分かる乗り物ではなかったからだ。
can-am0917 (5).JPG  can-am0917 (3).JPG
Can-Am Spyder は見れば見るほど車好き&バイク好きの興味を刺激するスタイリング&ディメンションをしている。

Can-Am Spyder 自体の詳細は先日のWebMagazineで既に紹介済みなので、今回のレポートではまた異なった紹介をしたいと思う。
can-am0917 (4).JPG  can-am0917 (8).JPG

Can-Am Spyder のルックスはビッグスクーター?かとも思えてしまう(失礼)が、じつはそんな単純な物ではない。

ABS、トラクションコントロール、スタビリティコントロール、セミATトランスミッション、リバースギア、パワステ、クルーズコントロールとまさに自動車そのものと言って良い最新テクノロジーの塊なのだ。

can-am0917 (22).JPG

そんな
Can-Am Spyder操作にはちょっとした慣れも必要で、今回の試乗会の前にも集まったプレス各位向けにしっかりと練習時間が取られた。
can-am0917 (23).JPG  can-am0917 (24).JPG
can-am0917 (25).JPG  
can-am0917 (26).JPG

アクセルは右手、ブレーキは右足。

自動車ばかり運転してきた自分にとっても最初は慣れがたい代物で、アクセルを開けながらハンドル操作をすると、どうしても回転半径が大きくなってしまって戸惑ってしまった。

しかし、一度慣れてみれば感覚的に操作することが可能だった。

転倒の心配なく気軽にバイクのような疾走感が味わえるので、練習時からワクワクドキドキが前面に出てしまう。

can-am0917 (30).JPG

走りだせばその疾走感、爽快感が全身を包んでくれる。

思い切りアクセルをあければ、予想以上のトルクでグイグイと前に進み、軽くハンドルを操作すれば思ったように鼻先からレーンチェンジする。

 can-am0917 (27).JPG  can-am0917 (33).JPG

フロントにウィンドスクリーンを装着すれば、風は思ったよりもマイルドで気になることはない。

思わず笑みがこぼれる。というのは、こういう乗り物を初めてドライビングしたときにピッタリの言葉ではないだろうか。

普段、クローズドボディの車ばかりを運転している編集部員にとって、この爽快感は刺激が強すぎる。楽しい!

can-am0917 (29).JPG

またCan-Am Spyderに乗る時には注意が必要だ。

その姿が得意でありながらも先進的なデザインがカッコイイので、周囲を走る車や歩行者からの視線にさらされることを覚悟しておかなければならない。

can-am0917 (31).JPG  can-am0917 (32).JPG
でも、逆な考え方をすれば、目立ちたがり屋さんには最高の乗り物であることには間違いない!

試乗途中に、下校途中の小学生の一団と遭遇した。

まさに珍しい物を見るように子供たちに注目させれ、「何あれ~」「すげー」と言った声が聞こえてきた。

Can-Am Spyderに乗れば、こういった状況は日常茶飯事になるだろう。

can-am0917 (34).JPG

Can-Am Spyder のラインナップの中でも最も新しいモデル F3をゆっくりとチェックしてみた。

can-am0917 (35).JPG can-am0917 (38).JPG can-am0917 (36).JPG
can-am0917 (39).JPG can-am0917 (37).JPG can-am0917 (40).JPG
先行モデルのRTよりもネイキッドな力強いデザイン。スポーティ且つワイルドなイメージを醸し出している。

ラグジュアリーともいえる装備満載のRTと比べると、F3は粗削りなイメージも。

だが、編集部員個人の意見としては、購入するならこのワイルドなイメージのF3を選びたい。

しかもフロントのウィンドスクリーン無しで風を真正面から受けながら走りたい。

現在、日本国内で正規に販売されているCan-Am Spyder のラインナップは、大きく分けてRTとF3の2車種となっている。

それぞれに素晴らしいポイントがあるので、是非、興味がある時は試乗してから選んでほしい。

カタログを眺めても
Can-Am Spyder の良さ、そして楽しさは半分も伝わってこない。

車ともバイクとも違う。ただ、どちらかと言えばバイクに近い感覚だろう。

Can-Am Spyder は気軽にバイクの楽しさを楽しめる素晴らしい大人のオモチャだ。

是非、一度お近くのディーラーで体験をしてみて欲しい。

RT 、F3とスタイリングが異なる2モデルがあるが、是非、どちらも試乗してその違いを感じてから

好みの1台を選ぶべきだとしてこのレポートを〆たい。


BRP Can-Am Spyder :http://jp.brp.com/spyder/

正規ディーラー Sea Gets :http://www.seagets.com/


reported by い~さん

September 24,2015 Thu   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

FIAT500X @鎌倉・長谷寺

世界中
うんうんする
4


 湘南T-SITEにてお披露目されたジープ・レネゲードに続き、今度は鎌倉でFIAT500Xが先行公開されました。

500X-01.jpg


場所はなんと!長谷寺の境内です。

500X-02.JPG


歴史のある長谷寺に佇むFIAT500X。

500X-03.jpg


公開された日は生憎の雨模様でしたが、逆にそれがしっとりとした雰囲気を醸し出しておりました。

500X-04.jpg


500をベースにデザインされたエクステリアですが、やはり500に比べると大きく見えます。
でも、そこはしっかりとFIAT500を踏襲しています。

ちなみにボディサイズは、2つのモデルそれぞれ、
City Look:(全長)4,250mm×(全幅)1,795mm×(全高)1,610mm
Off Road Loof:(全長)4,270mm×(全幅)1,795mm×(全高)1,625mm
といったスペックです。

500X-05.jpg


500のアイコンは、ホイールや・・・

500X-06.jpg


ヘッドライトにも。

500X-07.jpg

500X-08.jpg


さてイベント開始に先駆け、玉砂利に " X " の文字を描く職人さん。

500X-09.jpg


長谷寺の境内にマッチした雰囲気になりました。

500X-10.jpg


お披露目のイベントは、長谷寺の住職と、FCAジャパン・マーケティング本部長のトークショー?から。

この住職はクルマ好きで、若い頃FIAT車の中古車に乗っていたとか。
そんな縁が取り持ったイベントなのかもしれませんね。

ちなみに、ここ長谷寺でクルマの展示をするのは初めてだそうです。

500X-11.jpg


その後、アコースティックライブを開催。
素敵な声が、静かな長谷寺に響いておりました。

500X-12.jpg


住職を挟んで、FCAジャパンの社長(右)とマーケティング本部長(左)のフォトセッションです。

500X-13.jpg


長谷寺とFIAT500Xコラボの交通安全お守りが当る、電子おみくじも実施されていました。

500X-14.JPG


当ると、このようなお守りをいただけます。

500X-15.jpg


長谷寺での先行お披露目は、9月16日まで。(拝観料が必要です)

歴史のある鎌倉散策のついでに、最新のイタリア車を見学に行ってみてはいかがでしょう?

500X-16.jpg


【FIAT500X 公式ホームページ】 http://500x.fiat-auto.co.jp/hasedera/

reported by ハクナマタタ

September 11,2015 Fri   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

関西トリコローレ2015開催!

世界中
うんうんする
16


2015ktr (16).JPG

東北、富士、あいち、九州、そして関西とシリーズで開催されるイベント、トリコローレシリーズ。

イタリア車の祭典として各地で開催され、多くのイタリア車フリークが集る。

そして先日の9月7日 今年も神戸市立森林植物園にて関西トリコローレ2015が開催日を迎えた!

2015ktr (36).JPG

残念なことに、関西トリコローレはトリコローレシリーズの中でも雨の開催実績が多い。

今回で5回目の開催となるが、そのうち3回が雨の中での開催と、どうも天候に恵まれていない。

2015ktr (26).JPG

しかし、シトシトと雨が降る中でも60台を越えるイタリア車とオーナーが早朝から会場に集まった。

濡れた緑の芝生の上に並ぶ色とりどりのイタリア車たちが美しい。

そして、その参加車両の中には、『こんな雨天に出てきても大丈夫なのか?』と思われるような車両がいた。

2015ktr (48).JPG 2015ktr (46).JPG

アルファロメオ モントリオールだ。

1970年のジュネーブショーで量産型が発表され、3700台が生産されたというモントリオール。

ベルトーネのマルチェロガンディーニによって設計されたデザインは今見ても十分に魅力的。

コンディションも素晴らしく、フロントライトの可動式カバーもしっかりと稼動状態を保っていたのには驚いた。

2015ktr (51).JPG 2015ktr (52).JPG

そしてもう1台、ランチア フラミニアだ!

ランチアが1957年から製造した大型高級乗用車で、イタリアの大統領公用車としても使用された。

このフラミニアはシリーズ最強の2.800CC 152馬力エンジンを搭載したスペル スポルトとお見受けしたが、ランチアに関する知識が乏しくて間違っていたらご指摘を。。。

こんなにも希少なアルファロメオとランチアが雨の中を来場しているのを見るだけでも、今年の関西トリコローレは来場する価値があったと思う。

2015ktr (15).JPG

そして会場に咲いたイタリア車をはじめとした参加車両の華・華・華
2015ktr (60).JPG 2015ktr (20).JPG 2015ktr (18).JPG
2015ktr (56).JPG 2015ktr (22).JPG 2015ktr (21).JPG
2015ktr (43).JPG 2015ktr (23).JPG 2015ktr (45).JPG

また、雨の中出展されたショップも多数

2015ktr (28).JPG 2015ktr (29).JPG
 2015ktr (32).JPG 2015ktr (30).JPG

関西トリコローレ当日は、開会後に雨脚、風共に強くなり、とてもテントで営業が出来るような状況ではなくなってしまった。

午前中で早々に店じまいし、会場を後にする出店者もいて大変残念な結果に・・・やはりこうしたイベントは天候だけにはかなわない。

そんな中、雨ニモマケズ・・・会場を沸かせていたのがゲストのトークショーだ。

2015ktr (57).JPG

朝からフル参戦して頂いたのは元Tipo編集長のモータージャーナリスト 嶋田智之さん

イタリア車の歴史と知識の宝庫と呼ばれる モータージャーナリストの武田公実さんのお2人だ。

横殴りの雨の中でビショビショになりながらも居酒屋系 イタリア車トークを繰り広げられた。

そして午後になり、そんなお2人を援護射撃するゲストが突如現れた!

2015ktr (13).JPG

イケメンモータージャーナリストとして有名な 西川淳さんだ!

なんと西川さん、雨雲を何処かへ追いやるスペシャルパワーを発揮し、西川さんが会場へ到着するや否や、雨がやんでしまったのである。

さすがは業界でも有名な晴れ男!

2015ktr (64).JPG

その後のビンゴ大会・ジャンケン大会の間も雨が降る事無く、来場者の皆さんもイベントの最後を楽しそうに過ごされていた。

2015ktr (7).JPG 2015ktr (8).JPG
2015ktr (3).JPG

トリコローレシリーズでは定番のビンゴ大会は今回も大盛況!

主催のチンクエチェント博物館が用意した賞品の中から、ビンゴになった人が好きな物を順番に選んで持っていくスタイルで、魅力的なグッズはあっと言う間に無くなってしまった。

2015ktr (11).JPG

そんな中でも、イラストレーター 小出 茂鐘先生の額装イラストは大人気!

運良くゲットされた方の後ろに、お茶目な小出先生も映り込んでます。

2015ktr (5).JPG

そしてこちらも大人気商品の1つ、かのエンツォ・フェラーリも愛飲したとされるランブルスコ。

ランブルスコをゲットされた参加者の背後に写り込んでいるのは・・・嶋田さん・・・二枚目が台無しですよ!

2015ktr (6).JPG

こんなに小さな・・・将来有望な参加者もしっかりと賞品ゲットしてくれた!
2015ktr (67).JPG 2015ktr (66).JPG
2015ktr (65).JPG 2015ktr (62).JPG
最後はスペシャルアイテムでジャンケン大会!

お宝をゲットされた皆さんは、この日一番のニコニコ顔だった。

こうして関西トリコローレ2015 with CARZY LIVE は無事に終了

2015ktr (17).JPG

天候の影響で若干早めの解散とはなったが、何とか最後まで多くのイタリア車フリークの皆さんに楽しんで帰っていただく事が出来た。

是非、来年こそは晴天の空の下、素晴らしい芝生の上に愛車を並べて編集部員も共に休日を楽しめればと思う。

2015ktr (61).JPG

今年のトリコローレシリーズはまだまだ続く

2015年10月4日 富士トリコローレ : サイト近日オープン

2015年10月11日 あいちトリコローレ : http://carcle.jp/UserBlog.aspx?UserID=4180

是非、各地で開催されるイタリア車の祭典に参加され、秋の休日を楽しまれては如何だろう。
 
reported by い~さん

September 9,2015 Wed   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

ジープ・レネゲード@湘南Tサイト

世界中
うんうんする
6


 既にカーくる Press Release にてアナウンスしましたが、ジープ・レネゲードの発売を記念したお披露目イベントが、神奈川県藤沢市の湘南Tサイトにて開催されました。(開催は、9月5日、6日)

Renegade00.png

首都圏では一般向け車のイベントの開催が困難な中、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブは車への理解もあり、貴重なエリアとなりつつあります。

Renegade01.JPG

湘南Tサイトの一画に設けられた、レネゲードのイベント会場。

Renegade02.jpg

試乗用に並べられた車はカラフルで、今までのジープのイメージを一新していました。

Renegade03.jpg

屋内でもジープに関する資料や、レネゲードの展示も行われており・・・

Renegade04.jpg

貴重なウィリスも展示されています。

Renegade05.jpg

さてレネゲードのテールランプですが、そう、この×印はジープに搭載された燃料携行缶(↑ の写真)の×印をモチーフにしています。

Renegade06.jpg

こうやって見ると違和感も無く、逆にいい感じに仕上がっています。
Renegade07.jpg

こもモデルはオープニングエディションという300万円を切る価格設定のモデル。

Renegade08.jpg

エンジンは、FIAT製1.4Lマルチエアで、FFの2WDモデルです。

Renegade09.jpg

内装は、これまたお洒落。
パンダなどのFIAT車のデザインセンスが見事に注入されています。

Renegade10.jpg

メーターのレッドゾーンも、遊び心満載です。

Renegade11.jpg

リアシートも手抜きはありません。

Renegade12.jpg

ラゲッジスペースは、こんな感じです。
オープニングエディションは、BeatsAudio のサブウーファーが搭載されているため他のモデルよりちょっと狭くなっていますが、逆にオーディオサウンドは1ランク上になっています。

Renegade13.jpg

懐中電灯。こんな小技も。

Renegade14.jpg

こちらはトレイルホークというモデルで、2.4Lエンジンを搭載しています。
外観はエンブレム程度でしか見分けがつきませんが、本格的なオフロード走破を体感したい人にはこちらがお勧め。

Renegade15.JPG

内装はこんな感じです。

Renegade16.JPG


以上ご紹介したように、ジープといいながらもイタリアのDNAが注入され、お洒落なスモールSUVに仕上がっていました。
オフロード車と言いながらもオンロードで使うシーンの方が多い方には、割り切った1.4Lの2WDモデルがいいかもしれません。

Renegade17.jpg

最後にちょっとだけ苦言を。
車の問題ではありませんが、今回の湘南Tサイトでのイベントは、当初レネゲードを試乗できるということでした。
試乗前に、事故の場合の賠償などが書かれた誓約書を書き、いざ試乗しようと思ったら、「助手席試乗のみ」に変更されていました。
事前に何の説明も無く、試乗しようと思っていらしたお客様はがっかりされたんではないでしょうか?
事情はいろいろあるかもしれませんが、イベント運営にちょっと疑問が残りました。


JEEP Renegade 公式サイト:http://www.jeep-japan.com/renegade/

reported by ハクナマタタ

September 6,2015 Sun   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

BRP Can-Am Spyder ターンパイク箱根試乗会

世界中
うんうんする
7


走りの聖地ターンパイク箱根で行なわれた”BRP Can-Am Spyder”の試乗会に参加してきました。
今年の4月に大磯ロングビーチにて開催された”JAIA 輸入二輪車試乗会”でも会場内を少し試乗しましたが、今回はターンパイクにて思いっきり試乗してきました。
IMG_5301-2.jpg
IMG_5338-2.jpg
BRP(ボンバルディア・レクリエーショナルプロダクツ)というメーカー、ご存知ない方も少なくないと思いますが、雪上・水上・陸上など様々なフィールドで活躍する車両を製造しているカナダの企業。ちなみスノーモービルは”Ski‐Doo”、水上バイクは”Sea-Doo”、そして陸上車両は”Can-Am”というブランド名で展開している。

今回試乗したCan-Am Spyderは、前2輪、後1輪という独特なレイアウトの3輪車両。
シートにまたがりバーハンドルで操るライディングスタイルは2輪のそれに近いものがあるが、そのフィールは2輪でもない4輪でもない、新しい刺激に満ちていた。
Spyderには、パッセンジャーとのロングライドも快適に楽しめるラグジュアリー仕様の"RT"と、よりダイナミックでスポーティーな走りを楽しめる"F3"がある。

3輪のSpyderならではの特徴
・普通自動車免許で乗れる。(セミAT仕様のSpyderならAT限定免許でもOK)
・2輪と違い転倒の心配もないのでタンデム走行等も安心してこなせる。
・ヘルメットの着用義務はない(ただし安全上ヘルメットの装着を推奨)
・車庫証明は不要。etc
見た目からは想像できないが意外とハードルは低い。


何にも似ていない特徴的なエクステリアデザイン
その特殊なレイアウトゆえに、外観は独特な雰囲気を醸し出している。
"RT"は大型のウィンドスクリーンやバックシートが備わるため一見して大型の2輪のように見えるが、独特なフロントフェイスはやはりSpyderならでは。
"F3"は低く構えた爬虫類を思わせるようなスタイルは、エクステリア同様他では味わえない走りを予感させる。
カラーリングの選択によってはフレーム及びサスペンションアームがオレンジ塗装となり存在感を際立たせている。
IMG_5296-2.jpgIMG_5375.jpgIMG_5406.jpg
IMG_5324.jpgIMG_5355.jpgIMG_5335-2.jpg
パワフル&イージーなパワートレイン
"RT"、"F3"共にRotax製の1330cc直列3気筒エンジン(115ps/7250rpm、130Nm/5000rpm)が搭載されている。
このエンジン、とにかく低回転からトルクフルで回転を上げずともスルスルと加速していき、気付けば結構な速度に達している。相対的に高回転域での伸びや回転フィールはそれなりに感じられてしまうが、普段その領域を使うことはあまり無いだろう。
IMG_5379.jpg
トランスミッションは6段+リバースのセミオートマチックとなる。発進時に若干のラグが感じられたが、何度か発進を繰り返せばすぐに感覚が掴め、その後は意識することなく運転できた。変速に関しては当然クラッチ操作などはなく、左手のグリップにあるパドルを親指(シフトアップ)人差し指(シフトダウン)で操作するだけ。変速時にアクセルを戻す必要もなく非常にイージー&スムースなシフトチェンジが可能だった。
IMG_5362.jpg
ブレーキは右足にあるペダル1本で3輪に最適な制動力をかけてくれ、そのフィールは初期制動での唐突なところもなく自然なフィール。4輪のようにシートベルトとシートで体を固定していないので、ブレーキフィールは重要だ。ちなみにブレーキは前4ピストン、後シングルピストンのブレンボキャリパーを装備している。
IMG_5397.jpg


味わったことのないコーナリングフィール
Spyderの乗り味で一番の特徴と言えば、やはり独特なコーナリングフィールだろう。
IMG_5383.jpg
ライディングポジションは2輪に近いので、コーナーに差しかかるとついイン側に体を傾け荷重移動をしながらコーナリングしようとしてしまう。フロントは4輪と同様なので、当然だが荷重移動ではなくハンドルを切らなければ曲がっていかない。実は試乗前にもインストラクターの方から説明は受けていたのだが、実際に乗るとやはりやってしまった。速度が上がるほど緊張感が増して"手アンダー"よろしくハンドルの切れ角が足りずアウト側のガードレールが近づいてくる。コーナリングフィールは4輪に近いのにライディングポジションやハンドルは2輪と…頭では分かっているが、なかなか体が慣れない。さらにコーナリング中にかかる荷重がフロントはアウト側のタイヤ、リアはセンターと荷重軸が斜めとなっている点も操舵感覚を迷わせた。
最初はこれはなかなか手強い乗り物だなと感じていたが、何度かコーナーを抜けるうちに「どうすればうまくコーナリングできるのか?」とSpyderとの対話を自問自答しながら楽しんでいる自分がいた。
結局スキルのない自分には試乗時間内に乗りこなすヒントすら得られないままだったが、久しぶりに未知の乗り物、新しいライディングフィールに出会えた喜びを味わえた。


セーフティーデバイス
こんな外観のなのでセーフティデバイスなんて…と思ったら大間違い。
車両安定システム(VSS)ということで、”スタビリティコントロールシステム”、”アンチロックブレーキシステム”、”トラクションコントロールシステム”が備わり、さらに車両安定システム(ビークルスタビリティシステムVSS)にてそれらを統合的に制御している。2輪同様に体がむき出しになっている乗り物ゆえ、想定外のリスクへの備えに抜かりはない。


それぞれの特徴に沿ったユーティリティ
ロングライドやタンデムも想定する"RT"に関しては、フロントカウル下部、リアのセンター及びサイド部にもラゲッジスペースが備わり、トータル155Lのスペースを確保。二人旅なら2~3日分、一人旅なら一週間分程度の荷物が収納できる容量だ。
IMG_5347.jpgIMG_5341.jpgIMG_5343.jpg
走りを追求する"F3"に関しては、必要最低限でフロントカウル下部の24.4Lのラゲッジスペースが備わるのみ。実質的にはヘルメットの収納場所か。その代わりと言ってなんだが、"F3"には”UFit”と呼ばれるライディングポジション調整機能が備わり、ハンドル、ステップを体型や好みに合わせた位置に調整できる。
IMG_5388.jpgIMG_5385.jpgIMG_5285-2.jpg
快適装備については、特に"RT"を中心にかなり充実している。
・電子クルーズコントロール("F3"と"RT"のそれぞれ一部のグレード)
・ipod接続ケーブル付FMオーディイオシステム("RT"全車)
・アジャスタブル電動ウィンドシールド("RT"全車)
・ドライバー用グリップヒーター("RT"全車)
・アジャスタブルリアエアサスペンション("RT"の一部グレード)
・パッセンジャー用グリップヒーター("RT"の一部グレード)
特に"RT"の電動ウィンドシールドは直接当たる風をかなり低減してくれるため、ロングライドには必須と感じた。
IMG_5334-2.jpgIMG_5338-3.jpg

Spyderのように最新の電子デバイスを備えつつもダイレクトでワイルドな乗り味を体現し、新しい楽しさやワクワク感を味わえる乗り物はそう多くはない。
2輪には乗ってみたいけど免許の取得や転倒の不安などで二の足を踏んでいる方はもちろん、飼い慣らされた現代の4車や2輪には魅力を感じなくなってしまった方にもSpyderを”乗りこなす楽しさ”を是非味わって頂きたい。
BRP JAPANでは各地で展示会やオーナーズミーティングを行っているとのこと。興味のある方はまずは参加して実物に触れてみてはどうだろうか。

< Can-Am Spyder >

  Spyder RT Spyder F3
希望小売価格
(税込)
2,338,200 円
~ 3,088,800 円
1,998,000 円
~ 2,322,000 円
乗車定員 2 2
全長×全幅×全高 2,667×1,572×1,510 mm 2,642×1,497×1,099 mm
ホイールベース 1,714 mm 1,709 mm
シート高 772 mm 675 mm
車両重量(乾燥重量) 459 kg 386 kg
エンジン Rotax1330 直列3気筒
総排気量 1330 cc
最高出力 85.8 kw(115ps)/7250 rpm
最大トルク 130 Nm/5000 rpm
トランスミッション 6速マニュアル、6速セミオートマチック(共に後退ギア付き)
燃料タンク 25.5 L 27 L

BRP JAPAN 公式ホームページ:http://www.brp-jp.com/
BRP CAN-AM SPYDER 製品ホームページ:http://jp.brp.com/spyder/
IMG_5419.jpg
IMG_5350.jpg
IMG_5360.jpgIMG_5361.jpg
IMG_5365.jpgIMG_5353.jpgIMG_5358-2.jpg
IMG_5390.jpgIMG_5384.jpgIMG_5402.jpg
IMG_5396.jpgIMG_5401.jpgIMG_5403.jpg

reported by 美あんこ

September 3,2015 Thu   CATEGORY:試乗インプレッション  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
愛知県西尾市に国内最大級のガレージタウンが12月完成予定!好きな車・バイクと共に暮らそう!
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る