ログイン
 
WEBマガジン形式で読む、カーくるマガジンが創刊しました。
毎回旬な話題や、取材記事をお届けいたします。
車の話題だけではなく、CAR&LIFEを今よりさらに豊かにするような雑誌にしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
5


JAIA輸入車試乗会で、VW ティグアン TSI Highline に乗りましたので、試乗記をお送りします。

P1000458.JPG
 
初代ティグアンは、2008年のデビュー
今回試乗したモデルは2世代目にあたり、欧州発売は2016年、日本では本年1月より発売を開始しています。 
専用デザインと大径タイヤを装備しているTSI R-Lineは既にカーくるでもレポートされていますが、エンジンは同じです。

P1000460.JPG
ご承知の通り、ティグアンはCセグメントのベンチマークであるゴルフをベースにしたSUVですが、乗った第一印象としてもゴルフを思い起こさせるものでした。

P1000459.JPG
 
エンジンパワーは1.4リッターガソリンですが150馬力有り、スムーズな6速DSGと相まって、ゴルフより約200キロ重い車重でも特に加速感は気になりません。

P1000496.JPG
 
乗り心地も、SUV特有の腰高感を殆ど感じませんし、ゴルフのように重厚かつ軽やかな印象です。 特に良いと感じたのは高速の段差を乗り越えた後のショックの収束が素晴らしい事。
タイヤサイズは、235/55R/18という結構大きめのサイズですが、うまく履きこなしていると思います。 もっとも、17インチを履くComfortLineは更にしなやかかもしれませんね。

P1000475.JPG
 
ステアリングもVW独特の軽いけどしっとりとした感じが健在でとても安心感があります。
DSGはスムーズとはいえ、出足に一瞬のタイムラグが有る等、完全にトルコンATと同じ扱いは難しいですが、速度が出てしまえばスムーズに変速を行っていき、相変わらず完成度が高いなと感じました。

P1000467.JPG
P1000462.JPG
 
今回はノーマルしか試していませんが、ダンパー減退力、シフトプログラム、パワステの設定はドライビングプロファイル機能で、各種設定を変更できるらしいので、よりユーザーの好みの乗り味にアレンジ出来るんでしょうね。

IMG_3366.JPG
 
ユーティリティも後部席も十分なフットスペースがあり、高い車高の為頭上も余裕がありますしゴルフよりもユッタリと乗るにはよいと思います。 ラゲッジ容量は、初代比+145ℓ! の615ℓ もあるのですね!

P1000466.JPG
P1000494.JPG
シートは、試乗車にはオプションのレザーシートが奢られていましたが、肉厚でなかなか良い感じでした。 オプションのパノラマルーフも装備されており、開放感がありますね。

P1000470.JPG
 
装備も、安全装備は前車との車間距離をキープするACC(アクティブクルーズコントロール)、レーンキープアシスト、レーンチェンジアシスト、渋滞時追従支援システムのトラフィックアシスト等装備満載ですし、アウディのバーチャルコックピットと同様に、メーター内にカーナビを表示する事が出来るアクティブインフォディスプレイ等、様々な装備が満載です。
 
P1000465.JPG
P1000463.JPG
 
初代のティグアンは、外装デザイン含めてもう少しカジュアルでライトな印象が有ったのですが、この2代目ティグアンは細部の質感や装備等含め高級車という印象を受けました。

P1000478.JPG
P1000477.JPG
 
もっとも、高級車としては同グループにアウディが有るわけですので、VWとしてもう少し内装デザイン、色使い等含めもう少しカジュアルな感じのほうがより差別化も図ることが出来る気もしますが。 トゥーランに設定されているクロスモデルとかを設定したら面白そうな気もしますね。
でも、アウディもあらたなユーザーを狙ったQ2を発売しましたので、このあたりは棲み分けが難しくなってきている気もします。
 
ゴルフよりも更なるユーティリティを求め、街乗りに加えて遠出等よりアクティブに使いたい方、ドイツ車の安心感と高品質感を求める方、流行のSUVに気軽に乗ってみたい方とかにはピッタリのクルマではないでしょうか。 

惜しむらくは、ボディカラーが6色しか設定の無い事、本国では設定の有る四輪駆動モデルやディーゼルエンジンモデルの設定が無い事でしょうか。
 
ご興味を持たれた方、一度お近くのディーラーに足を運ばれては如何でしょうか。
 
ティグアン諸元2.jpg

reported by はるぱ

May 21,2017 Sun   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2017  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
147


山梨県山中湖村にある”山中湖交流プラザ きらら”にて、ルノー・ジャポンが主催する『カングージャンボリー2017』が開催されました。
IMG_0269-2.jpg
カングージャンボリーは今年で9回目となるが、年々参加台数・参加者が増加し、今年はなんとカングー参加台数1243台(総来場台数は1977台)、4226名の参加者が訪れたとのことで、一大イベントに成長している。
前日降り続いた雨の影響が心配されたが、イベント当日は参加者の想いが通じ、厚い雲に覆われながらも終日雨が降ることもなく、穏やかで過ごしやすい一日となった。
IMG_0173.jpg IMG_0052.jpg

遠方からの参加者の為にゲートオープンは5時!
早朝より頑張っているスタッフのおかげもあり、スムースに入場できている様子でした。
IMG_0098.jpg IMG_0105.jpg
IMG_0033.jpg IMG_0102.jpg IMG_0041-2.jpg

イベント開始の9時30分にはメインステージでオープニングセレモニーが行なわれ、冒頭ルノー・ジャポンの大極社長が登壇し「カングージャンボリーではお客様がそれぞれに楽しむ一日としてほしい。ルノーはこれからも好きなものに囲まれた生活や好きなことができる生活を提案していきたい。」と挨拶があった。
IMG_0192.jpg
続いて山中湖村、高村村長も挨拶に立ち、訪れた大勢の参加者に感謝と歓迎を伝え、「思い出多き一日にして頂きたい」と締めくくった。
IMG_0195.jpg
テレビ神奈川の自動車番組「クルマでいこう!」からは自動車評論家の岡崎五朗氏が登場し、ルノー・ジャポンのブレン・フレデリック氏、コラボレート企業の”ロクシタン ジャポン”の石井さんと共に、この日お披露目となったカングーの限定車”カングー アン プロヴァンス”を紹介。ちなみにこの”カングー アン プロヴァンス”は70台限定で6月8日より販売します。
IMG_0215.jpg IMG_0206.jpg
IMG_0214.jpg IMG_0226.jpg IMG_0414.jpg
IMG_0234.jpg
オープニングセレモニー最後は、恒例となっている参加者全員での記念撮影。皆さんいい笑顔ですね。
IMG_0269-2.jpg 
IMG_0257.jpg

ステージ前のグリーン広場では、テントなども自由に張ることができ、家族や恋人、ペットと共にピクニック気分で楽しんでいる参加者を多く見かけました。
IMG_0411.jpg 
IMG_0346.jpg IMG_0408.jpg IMG_0081.jpg
IMG_0159.jpg IMG_0170.jpg IMG_0326.jpg
IMG_0443.jpg 
 IMG_0421.jpg IMG_0431.jpg IMG_0434.jpg
ピエール・エルメ・パリ”からはリシャール・ルデュ氏が特製カングーにて参加。
広場では、今年も難病と闘う子供の支援を目的としたチャリティの一環として来場者にマカロンがふるまわれた。
IMG_0304.jpg IMG_0303.jpg
IMG_0323.jpg IMG_0321.jpg IMG_0319.jpg
IMG_0315.jpg IMG_0314.jpg
会場にリサとガスパールが登場!
あっという間に子供たちに囲まれて記念の撮影会が開かれていました。
IMG_0425.jpg IMG_0427.jpg IMG_0428.jpg
”カングー アン プロヴァンス”が広場に展示されると、次の愛車候補として見学に来る参加者が続々。
IMG_0419.jpg IMG_0420.jpg
IMG_0416.jpg IMG_0417-2.jpg


メインステージ横に設けられたオフィシャルショップにはカングージャンボリー2017オリジナルTシャツをはじめ、ここでしか手に入らないグッズが盛りだくさん。
IMG_0080.jpg 
IMG_0074.jpg IMG_0072.jpg IMG_0073.jpg
IMG_0075.jpg IMG_0076.jpg IMG_0271.jpg
イベント中、絶えず行列ができるほどの人気で毎年コレを目的に来られる方もいるとか。
IMG_0067.jpg 
IMG_0065.jpg IMG_0071.jpg IMG_0274.jpg
並んでいる間も皆さん笑顔。これもイベントの一部と、仲間や家族で楽しんでいるようでした。
IMG_0078.jpg IMG_0077.jpg
和菓子の老舗”赤坂 青野”の特製ルノーどら焼きとルノー最中も大人気であっという間に完売。
これは是非賞味してみたかった!
IMG_0055.jpg IMG_0057.jpg
ん?あなたはもしや…カーくるでもお馴染みの…
IMG_0281.jpg IMG_0280.jpg
きもだこよし画伯ではないですか!カングーの素敵な画を描かれていました。

IMG_0278.jpg

オープニングセレモニーが終わったメインステージでは、イベント開催中、ライブやパフォーマンスなどが行われ参加者を楽しませておりました。
山中明神太鼓の演奏では、迫力のある和太鼓の鼓動が会場に響き渡っておりました。
IMG_0284.jpg IMG_0288.jpg
イオンペットドクターカー 2号車の贈呈式では、国内最大のペットビジネスカンパニーである”イオンペット”と協力し開発した「カングー ドクターカー 2号車」を贈呈。
災害時などにいち早く現地へ獣医師などを派遣し、ペットの救命活動やケアができる特別仕様。介助犬の紹介もされた。
IMG_0334.jpg IMG_0343.jpg
高校生ジャズバンド「富士学苑中学高等学校 ジャズバンド部」による演奏。
IMG_0398.jpg IMG_0397.jpg IMG_0403.jpg
ピエール・エルメ・パリによるクイズ大会では、お菓子の詰め合わせなどの豪華賞品が用意された。
最後まだ残った子供たちも大はしゃぎ。やはり子供はお菓子に目が無いようです。
IMG_0448.jpg IMG_0455.jpg IMG_0462.jpg
IMG_0467.jpg IMG_0468.jpg IMG_0471.jpg
世界No1 BMXライダー佐々木元によるデモラン。
BMXを手足のように自在に操り、世界レベルのパフォーマンスを披露。
IMG_0570.jpg IMG_0487.jpg IMG_0499.jpg
IMG_0482.jpg IMG_0553.jpg IMG_0563.jpg
ラストは地元山梨や東京を中心に活動しているバンドL.O.Dによるライブ。
IMG_0576.jpg IMG_0603.jpg
IMG_0594-2.jpg IMG_0589.jpg

さてもう一つのメイン会場となるカングー専用の駐車スペースに目を移すと、思い思いにカスタマイズされた車両と共に、家族や仲間とのんびりと過ごす参加者の姿が見られました。

IMG_0084.jpg IMG_0357.jpg IMG_0094.jpg
IMG_0110.jpg IMG_0117.jpg
IMG_0121.jpg IMG_0123.jpg IMG_0351.jpg
IMG_0124.jpg IMG_0126.jpg IMG_0348.jpg
IMG_0096.jpg IMG_0120.jpg
IMG_0361.jpg IMG_0368.jpg IMG_0369.jpg
IMG_0114.jpg IMG_0111.jpg
IMG_0354.jpg IMG_0355.jpg IMG_0356.jpg
IMG_0349.jpg IMG_0350.jpg
IMG_0379.jpg IMG_0393.jpg IMG_0381.jpg
IMG_0383.jpg IMG_0386.jpg IMG_0388.jpg
IMG_0375.jpg IMG_0380.jpg
IMG_0389.jpg IMG_0391.jpg IMG_0390.jpg
IMG_0373.jpg IMG_0376.jpg
カングー専用駐車場にはフリーマーケットゾーンが設けられており、ルノーやカングーに関するオリジナル商品が並んでいました。
売る方も買う方もルノーやカングーのファン!楽しくないはずがありません!こちらも往来が途切れることなく盛況でした。
IMG_0129.jpg IMG_0128.jpg IMG_0131.jpg
IMG_0133.jpg 
IMG_0135.jpg IMG_0139.jpg IMG_0141.jpg
IMG_0143.jpg 
IMG_0144.jpg IMG_0147.jpg IMG_0154.jpg
IMG_0158.jpg 
IMG_0156.jpg IMG_0347.jpg IMG_0395.jpg

一日を通して感じたのは、フランス系イベントに共通する和やかでゆったりとした心地良さ。これだけ賑わっている会場で、ともすれば逆に疲れてしまうのではないかという思いもあったが、行き交う人の笑顔がそれを忘れさせてくれ、こちらも笑顔になってしまう。カングーオーナーならずとも足を運んでしまう魅力を体感できるイベントでした。
「また来年、きっとここで……」最後の言葉は聞かれませんでしたが、参加者の多くは心の中でつぶやきつつ会場を後にしたのではないでしょうか。
”カングー”という小さな車が運んできたフランスのそよ風は、そのオーナーや家族、それぞれの想いを乗せてここ山中湖畔を流れる春風となって会場全体を包み込んでいました。
reported by 美あんこ

May 17,2017 Wed   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
15


キャディラックというと、高度成長期時代に外車の筆頭に挙げられたブランドでした。
360円/ドル時代の輸入車ですから、どう考えても安いわけがない。
その上、3ナンバーは自動車税がめっちゃ高いという時代背景もあり、オーナーは憧れの眼差しで見られたと思います。

そんな先入観が多少なりとも頭の片隅に残っていながら、キャディラック ATS-V SPEC-B に試乗する機会を得ることができました。

Cadillac01.JPG


押しの強いデザインは、アメ車の雰囲気を残していますが、最初の印象は「コンパクト!」でした。
「今のキャディラックって、こんなにコンパクトだったんだ」
と思いながら、時代の流れを同時に感じながら試乗に出ることにしました。

Cadillac02.JPG


ハンドルは左。
最近の輸入車は右ハンドルが多くなっている中、日本市場に合わせないところが如何にもアメ車。
ま、外車にステータスを求める世代には、左ハンドルのほうがいいのかもしれません。
でも、日本市場をターゲットにするなら、そのへんも考えないといけませんよ・・・トランプさん(笑)。

Cadillac03.JPG


インテリアの質感は、欧州車。さしずめドイツ車といったところでしょうか。
ツインターボで武装された V6 エンジンは、もちろんパワフルなのですが、乱暴さは感じられずとてもジェントルな雰囲気。
もちろん、アクセルを大きく踏み込めば、あっという間に制限速度に達してしまいます。

Cadillac04.JPG


これ、エンブレムを隠されて試乗したら、絶対アメ車って気づかないかもしれない、と思いながらクルージングする西湘バイパスは、とても気持ちがいいものでした。

Cadillac05.JPG


こうやって見ると、直線を基調としたエクステリアデザインは意外と嫌味がなく、かっこよく見えます。

Cadillac06.JPG

最初に感じたコンパクトに感じたサイズ感が、いい感じで表現されているのかもしれません。

軽量化を目指すために、エンジンフードにはカーボンファイバーを採用したり、ボディにはアルミニウムを使用したりと見えないところで小技が利いています。

Cadillac07.JPG

このボディサイズですが、
全長×全幅×全高=4,700×1,835×1,415(mm)
といったスペック。

ちなみに、トヨタのクラウン・ロイヤルのボディサイズは、
全長×全幅×全高=4,895×1,800×1,460(mm)
であり、そのサイズ感がおわかりになると思います。

Cadillac08.JPG

Cadillac09.JPG

リアスタイルもなかなか。
クアッドエグゾーストが、その隠れたスペックを主張しています。

Cadillac10.JPG

Cadillac11.JPG

街中を走る姿も、けっこう様になっています。

Cadillac12.JPG

4ドアセダンなので、ドアの開閉はこんな感じ。

Cadillac13.JPG

後部座席の乗り降りも、特に問題はなさそうです。

Cadillac14.JPG

トランクスペースも十分。

Cadillac15.JPG

あらためてインテリアのご紹介。
シートは、RECAROの16ウェイパフォーマンスシートを採用。
身体をしっかりとサポートし、最適なドライビングポジションを設定することができます。

Cadillac16.JPG

このサポート感が、ドイツ車っぽく感じた要因なのかもしれません。

Cadillac17.JPG

エンジンは先に紹介したように、V6ツインターボ。
470ps、603N・m のパワーとトルクの持ち主です。

Cadillac18.JPG

以上のように褒めまくったレポートですが、これが約1,000万円のプライスとなるとどう考えるでしょうか。
もちろんよく出来た車ですが、同価格帯で考えれば選択肢は沢山あります。
このキャディラックというブランドにユーザーが求めるものって、何なんでしょう?
なんか、キャディラックのアイデンティティを見失っているように思えてなりませんでした。

上級グレードのCTSには、V8OHVエンジンを搭載していますが、更に価格は上がります。
個人的には、OHVエンジンこそがアメ車の持ち味だと思っていますので、輸入バイクで圧倒的人気のハーレーダビッドソンのようにエンジンフィーリングで勝負してほしいと感じた次第でした。


【主な諸元】
全長×全幅×全高:4,700mm×1,835mm×1,415mm
ホイールベース:2,775mm
車両重量:1,750kg
乗車定員:5名
エンジン種類:V6インタークーラーツインターボ
総排気量:3,564cc
最高出力:364kW(470ps)/5,850rpm
最大トルク:603N・m(61.5kg・m)/3,500rpm
燃料タンク容量:62L
駆動方式:後輪駆動
オランスミッション:8速オートマティック
メーカー希望小売価格:10,900,000円(8%消費税込み)

公式ホームページ:http://www.cadillacjapan.com/

reported by ハクナマタタ

May 14,2017 Sun   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2017  
「うんうん」した人

世界中
うんうんする
15


THE WORLD'S MOST BEAUTIFUL FOUR DOOR SPORTS CAR


IMG_3260.jpg

大体の場合、4ドアクーペと言ってもやっぱり4ドアセダンにしか見えない場合が多い、と筆者は思う。

IMG_3257.jpg

ところがどうだ、このアストンマーティンラピードSというモデルは、本当にクーペしか見えない。実際に自分の目で見ると、さらにその思いは強くなる。

IMG_3259.jpg

アストンマーティンの製品は、普遍的な美の方程式である「黄金比」に基づいてデザインされているという。
確かに、どこから見ても、”均整のとれた体”である。

IMG_3263.jpgIMG_3267.jpg

一部では面白味に欠けるという話も聞くが、個性を強調するあまり、醜いデザインの車が溢れる今において、これほど誰が見ても美しいと思えるデザインは、アストンマーティンにおいて他ならないと思う。

IMG_3261.jpgIMG_3262.jpg

内装も細部まで行き届いた作り込みがされており、非常に華やかだ。そしてこのラピードSのアドバンテージは、クーペスタイルの超高級車でありながら大人4人乗れるところにある。

IMG_3265.jpgIMG_3266.jpg

かといってショーファードリヴンとは違う、あくまでドライバーズカーであるところが他のプレミアムブランドの4シーターとは違うところでもある。

IMG_3246.jpg

走っても、6リッターAM29 V12エンジンが十分過ぎる加速性能を得ることが出来る。正直スペックの割にはマイルドなフィーリングだと感じたのだが、アストンマーティンが考えるターゲット像として、この車に乗る人、乗ってもらいたい人のイメージからのチューニングなのではと感じた。

IMG_3250.jpg

そんな訳なので、まだまだやんちゃな車が好きなお年頃の筆者には随分と時期尚早な車であることが分かったが、あと10年、いや20年したら、少しは自分もこの車に寄り添えるようになるのだろうか。と考えたりもした。

IMG_3244.jpg

もっとも、20年後には内燃機関の車なんて、存在しないのかもしない。
そう考えると、この時代にこの車に乗らせていただくことは、後の世の中から見たらとっても贅沢な経験に違いない。

IMG_3247.jpg

2,445万円。これを高いと見るかどうか。
圧倒的なラグジュアリーさと、大人4人が快適に乗れる室内空間。性能的にも最高のスペックが備わった、唯一無二の存在。

上がりの車、という言葉がこの車には相応しいのかも知れない。


INFORMATION
http://www.astonmartin.com/ja/cars/rapide-s


reported by カーくる編集部

May 8,2017 Mon   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2017  
「うんうん」した人

AD2
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る