ログイン

カエルナラ 公式ブログ

カエルナラは現金を使わずに車を乗り換えてしまうWebサービスです。
少しでも興味を持たれた方はご登録ください。登録は無料です。
まだ交換するつもりのない方も大歓迎!
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
ホームページはこちら
プロフィール
caerunara
caerunara
車交換サイト[カエルナラ]の公式ブログアカウントです。よろしくお願いいたします。

2017年11月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
新着記事
記事検索
検索語句

カテゴリ
最近のコメント
タグ
アーカイブ
カウンター
Counter

その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。

フィアット浜松

written by caerunara
世界中
うんうんする
0


求む!
アルファード

国産外車(SUV,トラックなど)トヨタ、日産、ホンダ、Mbenz、VW, クライスラー、Jeep, ハマー、キャデラック、FORD 等 

新規の方、この機会に是非ご登録ください。
また、売りたいなどお知り合いの方でいらっしゃいましたら、
是非、カエルナラをご紹介ください。
お待ちしておりますm(_ _)m

J_SUV_LPG.jpg

ご登録はこちらからどうぞ 
https://caerunara.com/

2015年10月4日 08:55  | 個人売買  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
0


予備知識として知っておきたい 一般的な自動車流


その5)市場価格が決まる要素

一般的な売買個人売買の違い

個人売買では売りたい人と買いたい人が直接取引をするため、買取店、オートオークション、中古車販売店の経費分や利益などが全くかかりません。さらに、大きいのは個人同士の取引では消費税もかかりません。そのため、売りたい人は高く売れるし、買いたい人は安く買えるのです。

もちろん、個人売買にはデメリットもあります。なんといっても絶対数が少なめなので欲しいクルマがあるとは限りません。何より売買されるクルマはは基本的に「現状販売」で、プロによるチェックや点検がなされないまま売られているのが普通です。当然ながら保証もありませんので、安く買える分、デメリットも必ず存在しています。クルマのことをまったく知らない人には個人売買のハードルは高いと言えそうです。

001_UP_JPEG.jpg
 

次回につづきます。

2015年10月3日 08:55  | 個人売買  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
0


求む!!
アイシス  4WD

予算 10~100万円
ボディーカラーは白系を希望
交換希望 です。


アイシスオーナーの方、またお知り合いで手放す予定のある方がおりましたら、
ご一報、もしくは是非カエルナラへご登録ください。
お待ちしておりますm(_ _)m

ご登録はこちらからどうぞ 
https://caerunara.com/

isisJPEGi.jpg
2015年10月2日 08:55  | 個人売買  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
0


求む!
ランドクルーザー80 

予算:100万円~200万円
AT

皆様へ!
クルマ仲間のご友人や身内の方で手放してもと思われた方、
また、お知り合いの方でどうかな?!と思われましたら  
ご一報、もしくはカエルナラへ是非出品をよろしくお願い致します。
 情報、お待ちしております。

alancl_JPG.jpg

ご登録はこちらからどうぞ 
https://caerunara.com/


※イメージ写真、トヨタカタログから転記

2015年10月1日 00:00  | 個人売買  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
0


 皆様、こんにちは。

 カエルナラのロメオガマエッリです。

今日は クルマの保険についてお話をさせていただきます
...

まずは この度の台風及び土砂災害により被害に遭われた方
に心からお見舞い申し上げます。

地球規模で 気候変動が起こっていることは 季節ごと大
雨などを通じて感じられます。

天災は忘れたころにやってくる・・・・はもはや現代
には通用しなくなってきております。

クルマも水害には弱く一旦水に浸かってしまうと アウト
です。 

さて、皆様はクルマの保険には加入されていらっしゃい
ますか?
Yes!? No!?

もし水害が発生した場合に補償してもらえる保険は何でし
ょうか。

クルマの保険は「人「物「搭乗者」を基本として 
プラス「車輌保険」がございます。

車輌保険は、「一般車輌保険」と「エコノミー(車対車+
A)」の区分で分れておりますが、水没では一般でもエコノミーでも補償される場合が殆どです。

※1一般車輌保険は保険料が高め、しかしエコノミー(車
対車+A)※2ですと 条件が絞られますが、保険料自体は一般に比べ半分から1/3近くになります。
 
※1)車両保険の免責事項は次の通りです。 地震や津波
、噴火などの天災による災害です。
※2)○火災 ○爆発 ○盗難 ○台風 ○洪水 ○竜巻 ○高潮 が補償されます。
詳しくはご加入の保険会社もしくは代理店へお問い合わせください。

今年のような 気候による災害を想いますと 自己防衛で
はありませんが、今一度 保険の内容を見直してみてはいかがでしょうか。 

 
saigai_JPEG.jpg
2015年9月30日 08:56  | レポート  | COMMENT(0)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る