ログイン

カエルナラ 公式ブログ

カエルナラは現金を使わずに車を乗り換えてしまうWebサービスです。
少しでも興味を持たれた方はご登録ください。登録は無料です。
まだ交換するつもりのない方も大歓迎!
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
ホームページはこちら
プロフィール
caerunara
caerunara
車交換サイト[カエルナラ]の公式ブログアカウントです。よろしくお願いいたします。

2017年11月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
新着記事
記事検索
検索語句

カテゴリ
最近のコメント
タグ
アーカイブ
カウンター
Counter

その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。

フィアット浜松

written by caerunara
世界中
うんうんする
0


メルセデス・ベンツ日本は、高性能スポーツカー『メルセデスAMG GT』および『メルセデスAMG GT S』を一部改良し、10月25日より販売を開始した。価格はメルセデスAMG GTが1690万円、メルセデスAMG GT Sが2000万円。

20171026-AMG22.jpg


今回の一部改良では、「300 SL」レーシングカーに由来する、メルセデス最強の証「AMGパナメリカーナグリル」を採用。また、メルセデスAMG GTは最高出力476ps(従来比+14ps)、最大トルク630Nm(+30Nm)に、メルセデスAMG GT Sは522ps(+12ps)、670Nm(+20Nm)に出力を高めている。

また、クロームやカーボンのエクステリアパッケージなど、よりスポーティな印象を高める新規オプションを数多く設定。メルセデスAMG GT Sについては、AMGリアアクスルステアリング、レザーDINAMICAルーフライナー、AMGイルミネーテッドステップカバー、AMGエクステリアナイトパッケージなどを新たに標準装備した。

Presented by Caerunara
https://caerunara.com

2017年11月23日 12:40  | 追加モデル情報  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
0


ボルボ・カー・ジャパンは、日本市場における最量販モデル『V40』に特別仕様車「V40 D4 R-デザイン チューンド バイ ポールスター」を設定し、50台限定で10月27日より販売を開始した。価格は499万円。

20171030-V40.jpg


限定モデルは、クリーンディーゼル搭載車「V40 D4 モメンタム」をベースに、スポーティグレード「R-デザイン」の内外装を追加。さらに、エンジンプログラム、エキゾーストセット、シャシーセット、タイヤ&ホイールセットといったポールスター専用装備を採用し、コンプリートカーに匹敵する性能を発揮する。

ポールスター・パフォーマンス・ソフトウェアは、4気筒ディーゼルとしては最高レベルの最高出力200ps、最大トルクは4リットルガソリンエンジンにも匹敵する440Nmに向上。パドルシフト付8速ATとの組み合わせにより、スポーティでパワフルな特性と優れた燃費性能を両立する。また、デュアルテールパイプを備えるステンレススチール製のエキゾーストシステムは、ボルボのエンジニアとの密接な連携を通して、ポールスターが開発。エンジンパワーの立ち上がりを素早くし、パワフルな走りとスポーティなサウンドを楽しめる。

ポールスター・パフォーマンス・シャシーセットのコイルスプリングは「R-デザイン」のスポーツシャシー仕様よりスプリングレートを最大30%高め、車体のロールを低減してよりダイレクトなハンドリング特性を実現。ショックアブソーバーも減衰力を高め、強化コイルスプリングとともに作用しタイヤの接地性が向上する一方で、路面からの衝撃や跳ね返りを軽減することで揺れや振動を抑制する。またタイヤ&ホイールセットでは、ポールスターが開発した高剛性・軽量の19インチアルミホイールを装着。ばね下重量が軽いため、接地性に優れ凹凸の多い路面でもグリップ力を向上させる。ピレリ「P ZERO」はテストを繰り返した結果、同モデルに最もフィットしたタイヤとして選択した。

Presented by Caerunara
https://caerunara.com

2017年11月22日 12:40  | 追加モデル情報  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
0


メルセデス・ベンツ日本は、『メルセデスAMG GT C』および、メルセデスAMG設立50周年を記念した特別仕様車『メルセデスAMG GT C エディション50』を発表、10月25日より予約注文の受付を開始した。価格は2219万円より。

20171025-AMG.jpg


メルセデスAMG GTは、新開発4リットルV型8気筒ツインターボエンジン、アルミニウムスペースフレーム、理想的な前後重量配分など、数々の革新的技術を投入した高性能スポーツカーだ。国内では最高出力476psを発生するベースモデルの「GT」、最高出力を522psに高めた「GT S」、最高出力585psを発生する公道走行可能なレーシングモデル「GT R」の3モデルをラインアップ。今回投入する「C」は最高峰モデル「GT R」の技術を取り込んだAMG GTのエクスクルーシブモデルとなる。
AMG 4リットルV8直噴ツインターボエンジンは、徹底した軽量化やドライサンプ潤滑システムによる低重心化、2基のターボチャージャーをVバンク内側に配置する「ホットインサイドV」レイアウトなど、最新技術を投入。最高出力557ps、最大トルク680Nmを発揮、AMGスピードシフトDCTとの組み合わせで0-100km/h加速3.7秒を実現する。

また、1952年に開催された伝説的レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」で優勝を飾った「300SL」レーシングカーを彷彿とさせる「AMGパナメリカーナグリル」を備えるほか、フロントの電子制御式垂直ルーバーや、GT比で57mm拡大したリアエンドなどでエアロダイナミクスを強化し、最適なグリップを確保している。

さらに、渋滞追従機能を備えた「ディスタンスパイロット・ディストロニック」を含むレーダーセーフティパッケージを標準装備。スポーツカーでありながら高い快適性も実現している。

特別仕様車メルセデスAMG GT C エディション50は、全国限定12台(世界限定500台)。デジーノカシミアホワイトマグノ、および同グラファイトグレーマグノの2色を設定し、内装にはナッパレザー仕様のシルバーパールとブラックのツートーンを採用。内外装の随所にブラッククロームを施すことで、特別感を演出している。

Presented by Caerunara
https://caerunara.com

2017年11月21日 12:40  | 追加モデル情報  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
0


フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は、日本における新たなフラッグシップモデル、新型『アルテオン』を10月25日より発売。
20171017-VW.jpg


新型アルテオンは、フォルクスワーゲン(VW)の魅力を凝縮したフラッグシップモデルとなる、アバンギャルドなグランドツーリングカー。流麗かつダイナミックなファストバックデザインは、セダンの快適性、ステーションワゴンの機能性、クーペのスタイリッシュさを兼ね備えている。

ボディサイズは全長4865mm×全幅1875mm×全高1435mm。『パサート』よりも一回り大きく、さらに2835mmもの長いロングホイールベースを確保することで、広大な室内空間を提供している。

パワートレインは、最大出力280ps、最大トルク350Nmを発生する2.0リットルTSIエンジンに四輪駆動の4モーションを採用。トランスミッションは、新型『ゴルフR』に採用したものと同じ最新の湿式7速DSGを搭載することで、優れた動力性能を楽しむことができる。

また、新型アルテオンは、VWの最新技術を集約したテクノロジーショーケースとしての一面も。最新のデジタルインターフェースはもちろんのこと、VWオールイン・セーフティに基づき、日本では初採用となる「デイタイムランニングライト」のほか、後方からの衝突にも対応する機能が強化された「プロアクティブ・オキュパント・プロテクション」やデジタルメータークラスター「アクティブインフォディスプレイ」などの先進テクノロジーや、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」などの自動運転を見据えた運転支援システムを数多く採用している。

グレードは、「R-ライン 4モーション」「R-ライン 4モーション アドバンス」の2グレード。ボディカラーは新色のチリレッドメタリックを含む全6色展開。価格は「R-ライン 4モーションが549万円、R-ライン 4モーション アドバンスが599万円。


Presented by Caerunara
https://caerunara.com

2017年11月8日 13:21  | 追加モデル情報  | COMMENT(0)
written by caerunara
世界中
うんうんする
1


プジョー・シトロエン・ジャポンは、ミニバンから7人乗りSUVに生まれ変わった新型プジョー『5008』を9月25日より発売。価格は5008 アリュールが404万円、5008 GT ブルーHDiが454万円。

20170925-5008.jpg


新型5008は新プラットフォーム「EMP2」を採用し、ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm、ホイールベースは2840mm。全幅・全高は『3008』と同等レベルだが、ホイールベースを165mm、全長を190mm延長し、ボディサイズを拡大。大人7人がゆったりと座れる3列シートを確保した。2列目シートは独立3座でそれぞれ15cmの前後スライドと5段階のリクライニングが可能。荷室容量は5人乗車時では762リットル(VDA法)、2列目シートを畳んだ2人乗車では1862リットルの積載容量を実現。またパッセンジャーシートバックまで倒すと、約3.2mの長尺物も積載できる。

5008 アリュールは最高出力165ps、最大トルク240Nmを発生する1.6リットル直4ガソリンターボを、5008 GT ブルーHDiは同180ps/400Nmの2リットル直4ディーゼルターボを搭載。EAT6との組み合わせで、1550~1690kgのボディを軽快に加速させる。

5008 GT ブルーHDiは路面に対して最適なトラクション制御を行う「アドバンストグリップコントロール」を搭載し、FWDながら優れた悪路走破性を獲得。両グレードともに、アクティブセーフティブレーキ、アクティブクルーズコントロール、レーンキープアシスト、アクティブブラインドスポットモニターシステムなどの安全機能や電動テールゲートなど快適機能を装備する。

Presented by Caerunara
https://caerunara.com/

2017年10月30日 12:45  | 追加モデル情報  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る