ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by REPSOL
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのライダー、トニ・ボウがアメリカで行われた2レースで2勝。ハイメ・ブストがどちらのレースでも表彰台を獲得。
TrialGP_r6-2_Busto_6314_ps.jpg
トニ・ボウは今シーズンの8レースで7勝をあげた。金曜日の予選でファステストを記録したハイメ・ブストは、土曜日は3位、日曜日は2位を獲得した。藤波貴久にとっては厳しい週末になり、土曜日は8位、日曜日は7位でフィニッシュした。

今シーズンは残り2戦。9月10日にチェコ、9月17日にイタリアで行われる。


TrialGP_r6-2_podium_8495_ps.jpg

2017年7月31日 19:01  | トライアル2017
witten by REPSOL
世界中
うんうんする
0


 トニ・ボウが優勝、リードを広げる。藤波貴久が2位、ハイメ・ブストは6位だった。
TrialGP17_r5_Fujinami_8692_ps.jpg
トニ・ボウがシーズン5勝目をあげ、18ポイント差でリードを保っている。チームメイトの藤波貴久は、見事な2ラップ目を達成し、わずか7ポイント差でフィニッシュした。ハイメ・ブストは表彰台に上がるチャンスがあったが、最終パートでいくつかのミスをして6位に終わった。ボウが総合順位でリード、藤波が3位、ブストが4位。
次戦は7月28日から30日、アメリカで行われる。
TrialGP17_r5_9594_ps.jpg


トニ・ボウ (1位)
今日のような場所は好きではないけれど、今日は心地よかった。最後にミスをして、レースに勝つためにベストを強いられることになった。とても良いトライアルだった。アンドラの後、ここで価値のあるポイントを獲得できた。とても気分良く、次のレースに向けてアメリカに行けるよ。

藤波貴久 (2位)
予選ではあまり良い結果ではなかったけれど、この場所が好きだよ。今日はとても良い感触だった。表彰台を獲得できてとてもうれしいし、しかもチームで1-2。総合でも3位になったこともとてもうれしい。このレースに向けてトレーニングをしてきたし、ここでも頑張ってくれたチームに感謝したい。

ハイメ・ブスト (6位)
ゾーン8まではとてもうまく進んでいた。ゾーン8ではバイクが止まってしまった。それからもいくつかミスをして、2ラップ目をうまく始めるために、1ラップ目を終わりたかった。2ラップ目の進め方には完全に改善できたので満足している。表彰台フィニッシュにはならなかったけれど、よくやったと思っている。

2017年7月10日 10:29  | トライアル2017
witten by REPSOL
世界中
うんうんする
0


TrialGP17_r4_6475_ps (1).jpg
ボウがフランスでリードを広げ、ブストは藤波のすぐ前の3位表彰台。
トニ・ボウが5ラウンドで4勝目をあげ、総合順位で2位と13ポイントの差を付けた。
ハイメ・ブストは、前節アンゴラで表彰台を獲得し、今回2回目の表彰台を達成した。
藤波貴久も表彰台をかけて争ったが、1ラップ目にいくつかのゾーンで小さなミスをして、4位でレースを終えた。
次戦は、イギリスで7月9日に行われる。
TrialGP17_r4_4255_ps.jpgTrialGP17_r4_6794_ps.jpg

トニ・ボウ
アンゴラの後、再び良い感触があることがとても重要で、このトライアルでは心地よく戦えた。昨日ポールポジションを獲得して、今日はうまく乗ることができ、ゼロで2ラップ目を終えた。全てがポジティブで勝ったことは選手権を考えるととても重要なこと。また表彰台で一緒だったハイメも祝いたい。彼はびっくりするレベルだったし、良い結果がついてくると思ったよ。とても良い週末だった。全ての進め方がとても良かった。

藤波貴久
レース中盤まで悪かったけど、時間について神経質になっていて、最後のゾーンで失敗してしまった。終わったと思ったこのことが僕の障害になった。2ラップ目、何点か守って、シーズン2回目の表彰台を獲得したハイメに近づいた。彼をお祝いしたい、もちろんトニもね。結果は悪くない。表彰台フィニッシュに近づいたと思っている。

ハイメ・ブスト
難しかったレースで表彰台を獲得できて本当にうれしい。肋骨をアンゴラで痛め、少し困ったけど、一旦レースに入ったらレースの間は本当によく耐えることができた。ゾーンは1ラップ目が良かった。ドライで少し簡単だった。

2017年6月26日 14:35  | トライアル2017
witten by REPSOL
世界中
うんうんする
0


ハイメ・ブストが初の表彰台を獲得。トニ・ボウが3位を獲得し、レプソル・ホンダチームはアンドラで2位と3位に入った。
TrialGP17_r3_race_3649_ps.jpg
ハイメ・ブストは昨日の予選でポールポジションを獲得、今日のレースでは、優勝したアダム・ラガとわずか1ポイント差の2位で終了した。3位には、トップと2ポイント差で、トニ・ボウが入った。ボウは1ラップ目に通行義務があるところでミスをした。レプソル・ホンダチームの3人目のライダー、藤波貴久は1位を目指して争ったが5位で終えた。
トライアル選手権は、次週フランスで行われる。すべてのヨーロッパラウンドでは、レースは日曜日だけに行われる。
TrialGP17_r3_podium_3993_ps.jpg

トニ・ボウ
最も重大なミスをしたのは、ゾーン14だった。時間がなくて道を飛び越えてしまったので、見ないで近くのゾーンに行ってしまった。このミスで勝利を失ってしまった。他のペナルティーは当然だったけど、これほどのものではない。それらは起こってしまったことで、僕らはタイトル争いに向けて1戦1戦を戦っていかなくてはいけないということを僕らに語ってくれただけだと分かっている。

藤波貴久
今日のトライアルは、予想していたけど、とても厳しいレースだった。ゾーンを見に行った時、簡単そうに見えた。最後にはゼロをとるか失敗するかだった。いくつかミスをして、最後にはタイムペナルティーも受けたので、早くしなければならなかった。5位で終わり、少し表彰台からは遠いけど、良いレースができたと思う。初めて表彰台を獲得したハイメを祝福したい。ハイメ、その調子だ!

ハイメ・ブスト
選手権で初めて表彰台を獲得できてとてもうれしい。去年と今年の初めはとても近かった。今年はかなり悪い状態で始まったので、流れを変える時間になった。この週末は昨日はポールポジションだったし、今日の結果といい、とてもうまくいった。2位に入れて本当にうれしい。


2017年6月19日 13:03  | トライアル2017
witten by REPSOL
世界中
うんうんする
0


レプソル・ホンダチームのトニ・ボウがホンダのホームラウンドで2日とも優勝し、タイトル争いのリードを広げた。藤波貴久は3位と5位、ハイメ・ブストは2日とも6位だった。
trialgp17_r2-d1_7781_ps.jpg
日本での1日目、泥がレースを難しくしたが、トニ・ボウは24ポイントの差をつけ、申し分のない優勝をした。2日目もレースには勝ったが、わずか2ポイント差での勝利だった。トニ・ボウは、3ラウンドを消化し、2位と15ポイント差で総合順位をリードしている。
藤波貴久は、母国GPで3位表彰台を獲得し、2日目は5位に終わった。ハイメ・ブストは、両日6位で終了した。2日目はチームメイトの藤波貴久と同点だった。
trialgp17_r2-d1_8061_ps.jpg


トニ・ボウ
1st & 1st
最高だよ。レースがとても簡単だったので2日目は苦しんだけど、最後の結果を複雑にしたかもしれないミスをすることが可能だった。でも、その問題を最後のゾーンでゼロにして解消しレースに勝った。プレッシャーに耐えることができてよかったし、今週末のチームの素晴らしい働きに感謝したい。どのように次のレースが進もうと、僕らはタイトルに向けて良いスタートが切れた。

藤波貴久
3位 & 5位
昨日(1日目)の表彰台を繰り返すのに体調が良いと思ったので2日目は残念だった。簡単なゾーンの一つでチェーンに問題が出て、それが命取りになり、表彰台を逃してしまった。5位は悪くないけど、今日のような僅差の戦いでは、トニにも近づくことができた。日本でまた戦えて、ファンがゾーン1から15まで僕を応援してくれたし、この週末は最高だった。すべてのファンに感謝したい。

ハイメ・ブスト
6位 & 6位
1日目と同じ6位だけれど、少し良くなったと思う。1ラップ目、とても厳しい5をとり、最後のゾーンで失敗した。どちらも本当に簡単だった。2ラップ目では、ゾーン3で落ちてしまって、かろうじてペナルティーで終わった。1ラップ目の失敗で組み立てが充分ではなくなってしまって残念だった。

2017年5月29日 10:47  | トライアル2017
記事検索
検索語句
2017年8月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
先勝
23
友引
24
先負
25
仏滅
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
31
仏滅
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る