ログイン
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
+ カーくるにご参加ください +
カーくるとは?
+ カウンター +
Counter
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
+ + LINK + +
沖縄旅行激安サイト
北海道旅行激安サイト
ping
2017年7月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
先負
11
仏滅
12
大安
13
赤口
14
先勝
15
友引
16
先負
17
仏滅
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
31
友引
+ プロフィール +
カーくる編集部
カーくる編集部
カーくる編集部のアカウントです。カーくるを使ったビジネスホームページ・イベントページ・ブログページの作成や広告出稿などのご利用をお待ちしています!いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。
+ 記事検索 +
検索語句
スマートフォン向け表示
スマートフォン向け表示
カーくる編集部
世界中
うんうんする
1


■マイナーチェンジしたABARTH595+G-techの魅力

P4700105.jpgP4700070.jpgP4700134.jpgP4700226.jpg

ドイツのチューナーG-techによるTuneされたアバルト595competizione。

馬力は180ps→200psにアップ。

P4700120.jpgP4700122.jpgP4700126.jpg

G-techマフラー(試作品)で抜けが良く、しかし分厚いトルクのおかげでさらに加速は鋭くなっている。

G-techのロゴが入った114Φのマフラーは見た目も迫力があり、しかし五月蠅過ぎず、丁度いい塩梅の音量で、乾いた良い音を奏でてくれる。



マイナーチェンジされたアバルト595のコンペティツィオーネは車としての熟成がさらに進んでいた。

P4700130.jpgP4700067.jpg

硬すぎない乗り心地や、速いだけではない自分のコントロール下に収まる感覚といい、個人的にこれまで試乗したアバルト500シリーズの中でベストの1台に感じた。

P4700179.jpg
P4700069.jpgP4700074.jpg

マイナーチェンジで精悍になった顔立ちも◎


■意のままに操る愉しさ

 
P4700166.jpg
P4700212.jpg 

MT車の良いところは何といっても自分でコントロールする感覚を味わえるところだ。
 
自分の力量に合った走り方ができる。そして自分の限界がどの辺にあるかを知ることができる。速さを求めたら他に速い車はどれだけでもある。速い車をコントロールできることの面白さがMT車にあり、とりわけアバルトはMT車と相性が良いように思う。だからこいつに乗るのなら圧倒的にMTモデルをお勧めしたい。
 
P4700221.jpg

加速はというと、思わず笑いがこみ上げてしまう位、2,000回転ぐらいから盛り上がって3,000回転以上に行くと腹の底からウワーーっと浮き上がるような加速が体感できる。

P4700213.jpg

そこから更に4,000回転までの加速もたまらなく面白い。腰のあたりを背後から強烈に押される感覚は、例えるとその瞬間、空を飛んでいるかのようだ。たったの1.4Lのエンジンから、これ程の厚いトルクと力強いパワーを生み出す車を他に知らない。スポーツモードとノーマルモードの切り替えができるようになっているのだが、スポーツモードにした時のブっ飛んだ感じはノーマルモードにはない感覚であり、決定的な違いがそこにある。
 
 
■ならでは、の演出

イタリア車はとにかく「その気」にさせる演出が上手い。このアバルト595も随所にイタリア車らしい演出が満載だ。

P4700189.jpg

起動した際、ロゴが浮き出る。


nai.jpg

サベルト製のシートのシェルはカーボンで構成されている。

P4700141.jpg
P4700109.jpg

細かなところまでデザインされたシート。内外装の黄色と黒の組み合わせのコンビネーションが最高にお洒落。

P4700139.jpg

P4700107.jpg
P4700094.jpg

真鍮のシフトノブ。運転はドライビンググローブを着用したい。

P4700091.jpg

こういう部分にも手を抜かない。

P4700093.jpgP4700191.jpg

ABCペダルもアルミ製でABARTHのロゴ入り。

P4700156.jpg

普通は購入してからアフターパーツで装飾するような細かなところまでしっかりと贅沢なパーツが投入されており、この車を作った人達は本当に車が好きでやっているんだな、と思う。

また、ノーマルモードとスポーツモードでは液晶ディスプレイの表示までも変わる。

P4700154.jpg

これがノーマル。

P4700153.jpg

スポーツモードにするとこうなる。

ある意味子供っぽいような演出も、実際に乗るとその気にさせられてしまうから、ウマい。 
 
また、オーディオがBluetooth対応になったのも日常使いとしての利便性が大幅に向上したポイント。

  

P4700243.jpg

高速道路に連れ出しても印象は上々だった。この小さなボディには考えられないような接地感で、ハンドル操作に素直に車が追従してくれる。一般道より上がるロードノイズは許容の範囲内だ。そして5速からでも加速していくフレキシブルさを持ち合わたパワートレイン。どこを切ってもマイナーチェンジ前のアバルトよりレベルが上がっている。

筆者は普段の足車からしてマニュアル車乗りだが、この595はとにかく扱いやすかった。
全てにおいて違和感がないのだ。初めて乗る車はその車独特の癖などがあって、乗りこなすのに若干時間がかかるし、試乗が終わるまでその違和感が取れない車も結構ある。しかしこのアバルト595コンペティツィオーネという車は、まったく違和感くを感じることが無く、クラッチのつながり・加速・ブレーキフィール・ハンドリングなど、どれを取っても自然で、最初から思いのままに運転出来てしまう。

熟成が進んだABARTH595。最大の買い時が来たのかも知れない。

P4700146.jpg
P4700061.jpg
P4700177.jpgP4700185.jpgP4700169.jpg

INFORMATION

ウイングオート ヨーロピアンショールーム
http://www.wingauto.co.jp/shop/european/

住所 愛知県清須市春日砂賀東130
TEL 052-400-5554
FAX 052-400-5755
営業時間 10:00〜19:00
定休日 毎週水曜日



 
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=%2bu7AdXSa8w3WzM3pZsiJ7w%3d%3d
「うんうん」した人
2017年2月6日 17:12  | 未分類
うんうんする
1


「うんうん」した人
コメントの投稿
お名前

URL

メール(※公開されません。コメントに返信があった時に通知します。)

パスワード(※コメントを修正・削除する時に必要です)

このコメントの公開レベル
 答え=
※セッションが切れて計算結果が違うことがあります。その際は再度計算してご入力ください。

カーくるトップへ
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る