ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
15


キャディラックというと、高度成長期時代に外車の筆頭に挙げられたブランドでした。
360円/ドル時代の輸入車ですから、どう考えても安いわけがない。
その上、3ナンバーは自動車税がめっちゃ高いという時代背景もあり、オーナーは憧れの眼差しで見られたと思います。

そんな先入観が多少なりとも頭の片隅に残っていながら、キャディラック ATS-V SPEC-B に試乗する機会を得ることができました。

Cadillac01.JPG


押しの強いデザインは、アメ車の雰囲気を残していますが、最初の印象は「コンパクト!」でした。
「今のキャディラックって、こんなにコンパクトだったんだ」
と思いながら、時代の流れを同時に感じながら試乗に出ることにしました。

Cadillac02.JPG


ハンドルは左。
最近の輸入車は右ハンドルが多くなっている中、日本市場に合わせないところが如何にもアメ車。
ま、外車にステータスを求める世代には、左ハンドルのほうがいいのかもしれません。
でも、日本市場をターゲットにするなら、そのへんも考えないといけませんよ・・・トランプさん(笑)。

Cadillac03.JPG


インテリアの質感は、欧州車。さしずめドイツ車といったところでしょうか。
ツインターボで武装された V6 エンジンは、もちろんパワフルなのですが、乱暴さは感じられずとてもジェントルな雰囲気。
もちろん、アクセルを大きく踏み込めば、あっという間に制限速度に達してしまいます。

Cadillac04.JPG


これ、エンブレムを隠されて試乗したら、絶対アメ車って気づかないかもしれない、と思いながらクルージングする西湘バイパスは、とても気持ちがいいものでした。

Cadillac05.JPG


こうやって見ると、直線を基調としたエクステリアデザインは意外と嫌味がなく、かっこよく見えます。

Cadillac06.JPG

最初に感じたコンパクトに感じたサイズ感が、いい感じで表現されているのかもしれません。

軽量化を目指すために、エンジンフードにはカーボンファイバーを採用したり、ボディにはアルミニウムを使用したりと見えないところで小技が利いています。

Cadillac07.JPG

このボディサイズですが、
全長×全幅×全高=4,700×1,835×1,415(mm)
といったスペック。

ちなみに、トヨタのクラウン・ロイヤルのボディサイズは、
全長×全幅×全高=4,895×1,800×1,460(mm)
であり、そのサイズ感がおわかりになると思います。

Cadillac08.JPG

Cadillac09.JPG

リアスタイルもなかなか。
クアッドエグゾーストが、その隠れたスペックを主張しています。

Cadillac10.JPG

Cadillac11.JPG

街中を走る姿も、けっこう様になっています。

Cadillac12.JPG

4ドアセダンなので、ドアの開閉はこんな感じ。

Cadillac13.JPG

後部座席の乗り降りも、特に問題はなさそうです。

Cadillac14.JPG

トランクスペースも十分。

Cadillac15.JPG

あらためてインテリアのご紹介。
シートは、RECAROの16ウェイパフォーマンスシートを採用。
身体をしっかりとサポートし、最適なドライビングポジションを設定することができます。

Cadillac16.JPG

このサポート感が、ドイツ車っぽく感じた要因なのかもしれません。

Cadillac17.JPG

エンジンは先に紹介したように、V6ツインターボ。
470ps、603N・m のパワーとトルクの持ち主です。

Cadillac18.JPG

以上のように褒めまくったレポートですが、これが約1,000万円のプライスとなるとどう考えるでしょうか。
もちろんよく出来た車ですが、同価格帯で考えれば選択肢は沢山あります。
このキャディラックというブランドにユーザーが求めるものって、何なんでしょう?
なんか、キャディラックのアイデンティティを見失っているように思えてなりませんでした。

上級グレードのCTSには、V8OHVエンジンを搭載していますが、更に価格は上がります。
個人的には、OHVエンジンこそがアメ車の持ち味だと思っていますので、輸入バイクで圧倒的人気のハーレーダビッドソンのようにエンジンフィーリングで勝負してほしいと感じた次第でした。


【主な諸元】
全長×全幅×全高:4,700mm×1,835mm×1,415mm
ホイールベース:2,775mm
車両重量:1,750kg
乗車定員:5名
エンジン種類:V6インタークーラーツインターボ
総排気量:3,564cc
最高出力:364kW(470ps)/5,850rpm
最大トルク:603N・m(61.5kg・m)/3,500rpm
燃料タンク容量:62L
駆動方式:後輪駆動
オランスミッション:8速オートマティック
メーカー希望小売価格:10,900,000円(8%消費税込み)

公式ホームページ:http://www.cadillacjapan.com/

reported by ハクナマタタ

May 14,2017 Sun   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2017  
 

うんうんする
15


「うんうん」した人
コメントの投稿
お名前

URL

メール(※公開されません。コメントに返信があった時に通知します。)

パスワード(※コメントを修正・削除する時に必要です)

このコメントの公開レベル
 答え=
※セッションが切れて計算結果が違うことがあります。その際は再度計算してご入力ください。

「うんうん」した人
youtube
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
愛知県西尾市に国内最大級のガレージタウンが12月完成予定!好きな車・バイクと共に暮らそう!
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る