ログイン
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
プロフィール
Gure
Gure
Gureと申します。長年みんカラで情報発信して参りましたが訳の分からないクレーム→運営側と対立し退会、こちらに引っ越してきました。社会に出てからクルマ業界一筋(整備/新車・中古車営業/旧車営...
愛車情報
カーとも
参加オーナーズクラブ
参加コミュニティ
広告
カウンター
Counter
2017年5月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
31
仏滅
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
witten by Gure
世界中
うんうんする
1


これも前回のY30同様、未だヤンチャ系のニィチャンには人気ありますな!

泣く子も黙る71クレスタ?71弄りの典型みたいなのが出ていましたゼ、かつてはこのようなカスタマイズされた個体、マークⅡ/クレスタ多かったですよねー、今でも稀に見ますが…


⇒『昭和62年(1987)2代目GX71型クレスタ2000スーパールーセント改』!!


改の字が付いてる公認車輌、動力伝達装置となっていますのでAT→MTに載せ換えたモノではないかと推察されます。

71クレスタ、絶対的販売数は兄弟のマークⅡには劣るもマークⅡ、チェイサーと比較して丁度セドリックに対するグロリアの如くそれら兄弟より少数派でパーソナル性が高く多過ぎるマークⅡを嫌うこだわりのあるユーザーに選ばれていましたね!

71系のデビューの頃はバブルに向かう好景気の時代、前作GX61系でトヨタでも随一の人気車に踊り出て71で景気の波に乗り一気に増殖、85年前後の街中は3兄弟だらけっていう時代が確かにありました。
時代を反映して?遊び人的イメージの4HT人気が高かった中でクレスタは正統派のマークⅡセダンをベースに前任50/60系の4HTオンリーから一転してセダンオンリーに変貌、チャラい4HTはマークⅡとチェイサーに任せ独自路線を提唱しています。

営業用(TAXI)需要もあるマークⅡセダンは至ってオーソドックスで平凡な6ライトサルーンでしたがクレスタは4ライトとしロングノーズロングデッキのそれまでの日本のセダンにはないどこかジャガーを彷彿させるような個性的な出で立ちが時にはマークⅡHTを上回る評価を受けたり中古になってからはその筋(どの筋?=ヤンチャ系、走り屋系)に高い支持を受け日産のC32ローレルと並び4枚のドリ車として引っ張りダコの時期もありましたっけ!
勿論マークⅡやチェイサーでもそれは多く生息していました“セダンでやるのが粋”とばかりややひねくれ者はクレスタを選んでいたりと(^^;

↓クレスタのベースはマークⅡセダン、Fr部分とドア等は共通!マーバンでクレスタ顔とかもいましたよね(笑)


現車もかつてはよく見かけた弄り71らしい出で立ち、個人的にはマークⅡ、チェイサー含め71はオリジナルがスタイリッシュで気品もあり日産系と違いあまり弄るのは好きではなかったですがとにかく“輩”にはこのような71が好まれました。
と言っても現役時はマークⅡHTを弄るのが圧倒的、後に71神話にノせられた頭デッカチがクレスタ→マークⅡセダンまでもドリ車にしたりとよく売れて台数が多かったのもありいい教材だった訳ですね~。

出品車、後期モデルのシングルカム(1G-EU)の最も普及したスーパールーセント、マークⅡで言えば所謂“タダグラ”ってやつでそっちはバブル期には王者カローラをも登録台数上回ったという伝説のグレード、フル装備で当時流行のキャバクラワインカラーフカフカシート&内装が200万少々で買えたので好景気の中、今までカローラコロナで頑張ってきた普通のお父さんでも買えた点が大受けでした。

↓総合3.5、内外Cは30年経過車としては立派!経年劣化はあるも致命傷もなく距離も10万出た程度なのでまだまだイケますネ!


1Gでわざわざ5MT載せ換えとはご苦労なこって ですがこれもドリで活躍したんかな?普通に乗るんだったら1カムモデルは非力だし脚もフワフワ、ハンドリングもまだ「軽けりゃいいんだろ」的な部分が残ってましたし当時試乗して外観や豪華な内装にはウットリしながらこれ買ったら3日で飽きる!!と強く思ったり…
やはり71は最低でも1G-G(TWINCAM24)でないとまともには走れない、安いけどこの走りじゃいらねーって思いが強かったです。

↓外装色がこれですと内装は例のワインではなかったんですよねー。


71系は圧倒的にスーパーホワイト人気が高かったですがクレスタでは比較的パール2トンも見かけたと思います、ワインカラーの内装はドギツクて好きではなかったので内装色がブラウン系となる濃色系塗装のモデルの方が特にクレスタでは好みでした。マークⅡチェイサーでは滅多になかった2トン、こんな部分もクレスタのオリジナリティが感じられました。

↓オリジナルの美しさを壊さずなかなかセンスいいカスタマイズの71クレスタ、下品な感じはRrにはないのが好印象!


C評価ですが画像では艶もありピカピカな印象、ところどころにクリア剥げがあるようですが暫くは修正なしで愉しめるレベルは維持している感じですね。

希望ナンバーで『71』を奢られていますしマニアが大事にしてきた個体を伺わせます!

↓Frはやや下品な印象(私感)グリルはノーマルで残して欲しかったかも…


出品地は関東、落札額は71という数字に奇しくも極めて近い金額、いい値段付けてますナー。
71も底値の時代を見てきていますのでビックリですしつい最近のクルマという感覚が拭えないジジィとしては1カムモデルにコレまで出して買うのがいるんですから不思議としか言いようがないんですが71の時代に産まれた30前後の連中にはお宝なんでしょうね(^^)v
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=XiHPM%2bvaIbr5cK085sKGqg%3d%3d
2017年4月20日 20:12  | トヨタレア車  | コメント(0)  | トラックバック(0)
うんうんする
1


「うんうん」した人
コメントの投稿
お名前

URL

メール(※公開されません。コメントに返信があった時に通知します。)

パスワード(※コメントを修正・削除する時に必要です)

このコメントの公開レベル
 答え=
※セッションが切れて計算結果が違うことがあります。その際は再度計算してご入力ください。