ログイン
 

愛車のことを中心に日々の出来事を綴っていきます。

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
10


カーくるフォトコンテスト第3弾。

地元の車仲間とともに訪れた真冬の伊豆スカイライン。
駿河湾に沈む夕日をバックに。
PSX_20171123_135851_edited.jpg
アルファロメオのヌヴォラカラー3色が揃ったヌヴォラ党党大会より。
IMG_0377.jpg

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=L1TBqz2wlkGE6owC%2fc5reA%3d%3d

November 25,2017 Sat   その他  | COMMENT(0)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
8


ヌヴォラブルー、ヌヴォラホワイト、ヌヴォラレッド。
147や156が全盛時代だった1990年代後半から2000年代前半までオプションで用意されていた特別なボディーカラー。その美しさに魅せられたアルファオーナーが集うのが”全国ヌヴォラ党”。

そのヌヴォラカラーの生産が終了してから既に10年以上経過しており、メンバーのアルファロメオ達もほとんどが自動車税の割増(初登録より13年超)という憂き目にあう車齢となってきました。
かつては春と秋、年2回の全国党大会に加え、近場の仲間達と度々合って楽しんでいましたが、経年に伴い乗り換えるメンバーも少なくなく、近年では集まる機会も少なくなっていました。
今年は結党15周年ということもあって、秋にでも再び集まろうか…となり、今回は長野のビーナスラインでのオフ会が開催されることになりました。

素晴らしい秋晴れとなった当日の朝。最近出番の少なくなった147GTAを引っ張り出し、いざ出発!
仲間との待ち合わせは、山梨の清里。自宅から富士五湖周辺を通り山梨へと抜けるルートを順調に走っていた時に、まさかのトラブルが発生しました。
御坂峠に差し掛かる途中、突然のエンジンストール。
すぐにエンジン再始動を試みるものの、エンジンチェックランプが点灯し、エンジンかからず。

実は8月にも同様のトラブルに見舞われ、一度ディーラーに見てもらっていましたが、その後は再発していなかったため、様子見との判断でしたが、この大事な場面での再発。(;´Д`)
しばらく休ませた後に再始動するとエンジンがかかったので、ひとまず近くのコンビニまで移動するも再再発。
これはダメだと思い、オフ会幹事に連絡するとともに、保険会社のロードサービスを依頼。
幸いに20分ほどで積載車が到着し、とりあえず自宅へ向けて車と共にとんぼ返りすることにしました。
澄んだ青空とは対照的に気分は曇り空でしたが、道中で積載車のドライバーと交わしたレッカー四方山話が面白く、少しだけ救われました。(笑)

自宅まで戻ってきて、積載車から降ろす時には何故かエンジンチェックも消え、メーター内のディスプレイには誇らしげに”OK”の文字が……いまさらOK!って、あんた…(;´Д`)。

とはいえ、再び147で行くのはあまりにもリスキーなので、断腸の思いで他の車で再出発。
信頼のトヨタエンジンです。(涙)

この時、すでに大分時間が経っており、本体は清里の”アフガン”でカレーランチを楽しんでいる頃。
私が再び山梨に着く頃にはビーナスラインに向けてツーリングが始まっているはずなので、仲間と連絡を取りつつ途中で合流することに。
急ぎ現地へ向かう道中、中央道で赤色灯を点灯した覆面Pカーに張り付かれ、「終わった~(泣きっ面に蜂)」と思ったものの、なぜかPカーはそのまま通過して行ってしまい九死に一生を得ました。
そんなこんなで、蓼科湖付近でなんとか無事に合流。

実は今回のツーリングコースは私が考えており、先導する予定でしたので仲間には迷惑をかけてしまいました。久しぶりに会う仲間に挨拶を交わししばしの歓談。メンバーの中にはヌヴォラブルーGTVからヌヴォラブルーGTへ乗り換えたヌヴォラ変態もおられ、ヌヴォラ党の未来はまだまだ安泰だなと改めて確認。安心したところで再び出発。

蓼科方面のビーナスラインを通り白樺高原の”長門牧場”にやってきました。
ここでもう一人のメンバーと合流。この方も別車で参加でしたので少し気が楽になりました。(;´∀`)

長門牧場のソフトクリームは安定の美味しさ。昼飯を食べそこなったので余計に美味しく感じました。


日も傾いてきたところで、本日の宿がある車山に向けて出発。
白樺湖周辺は紅葉も始まっており、いよいよ本格的な秋の訪れを感じさせます。

ビーナスラインでは、夕日に照らされ金色に輝くすすき野原の中を疾るアルファが美しかった。




今日のお宿は車山高原にある”リゾリックス車山高原”。アルファロメオデー参加の方にはお馴染みですね。
ホテルの駐車場に綺麗に整列したヌヴォラ達。早速ボディカバーをかけている車もありますね。(笑)

チェックインした後はひとっ風呂浴びて汗を流し、お楽しみの夕食タイム。
ビュッフェスタイルなので好きなものを好きなだけ食べられます。おかげでお腹いっぱい。(;´Д`)

部屋に戻ってからの二次会は皆が持ち寄ったご当地グルメをつまみながら深夜まで盛り上がり、ホテル自慢の星空見学ツアーもスルーしてしまいました。折角晴れた日に泊まれたのにね。(爆)

明くる朝、この日も素晴らしい天気。部屋の窓からは遠く富士山も見えました。


朝食と恒例の洗車もささっと済ませ、いざ美ヶ原高原へ!
この時期、早朝のビーナスラインはもう肌寒いですが、澄んだ清々しい空気の中でのオープンドライブは最高!






途中”霧の駅”に寄り、本日参加の仲間と合流!ヌヴォラレッドの156GTAスポーツワゴン!
ヌヴォラレッドは156GTAにしか設定されていなかった希少なヌヴォラカラー。

3カラーが揃ったところで、再び美ヶ原へ向けて出発!



途中、自動車とバイクの事故現場に遭遇。自動車の前輪下にバイクが入り込んだ状態でした。(怖)
状況から見て、何らかの原因で対向車線にはみ出したバイクが、対向車に激突した様子でした。
ライダーの無事を祈るばかりです。


我々は安全運転にて、美ヶ原高原美術館に到着!









ちょっと試乗会なども開催。良い踏みっぷりでしたね。(爆)

今では高嶺の花となってしまった空冷ポルシェな皆様も来ておりました。

ドイツとイタリアの異文化交流。


この日のランチは、この美ヶ原高原美術館のすぐ上にある、”山本小屋 ふるさと館”でお蕎麦を頂きました。こんなところで十割蕎麦が食べられるなんて!(;´∀`)


ランチ後は腹ごなしに美ヶ原高原を少し散策。
天気が良いと本当に爽やかで気持ちが良いですね~。いつか、この先にある”王ヶ頭ホテル”に泊まって、じっくりと美ヶ原を散策してみたいものです。


美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」は、濃霧での遭難を防ぐ”霧鐘”を備えた避難塔とのこと。
(web調べ)


高原でのひと時を楽しんだ後は、岡谷方面に下山し諏訪湖畔にある”プリンス&スカイライン ミュウジアム”へ。
私設のこじんまりとしたミュウジアムですが、歴代スカイラインやプリンス時代の車が展示されており、スカイラインファンならずとも、車好きなら楽しめると思います。



我々40代にはやはりR32~R34が刺さりますね~。GT-Rには一度乗ってみたかった。


せっかく岡谷まで来ているので、最後は名物のうなぎで〆ることにしました。訪れたのは”うなぎ 水門”。
人気店と聞いていたので、オープン50分前に到着しましたが、さすがに一番乗りでした。(;´∀`)
午後5時のオープン時には我々の後ろに5~6人ほど並びましたが、それほど混雑している様子もありませんでした。

奮発して”うな重[特上]2800円”!
すこし甘めのタレが、パリッと香ばしく焼き上げた肉厚のうなぎにベストマッチ!
美味しいうなぎに舌鼓を打ちながら、最後の車談義に花が咲きました。

人気店の割には店内は比較的空いていて、私たちを含めても最初に入った20人程度で、その後まったくお客が来ない。そんなに人気でもないのかな?と思いましたが、お会計を済ませて外に出てみると、既に売り切れの看板が…(;´Д`)どおりでお客が入ってこないわけです。
お昼の営業がメインで、夜はそれほどうなぎの数が多くないのかもしれないですね。


ということで、最後まで美味しく楽しい党大会。参加の皆様、お疲れ様でした!
徐々に参加者は減ってきてしまいましたが、ここに集まる素敵な仲間といつまでもこんな楽しい党大会ができたらな~と思いました。
その為には、最新のアルファロメオにも是非ヌヴォラカラーを復活して頂きたいと願わずにはいられません。まあヌヴォラカラーがあったとしても、ジュリアやステルヴィオは買えませんので、早いとこ147を直さないとな~(;´∀`
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=ENFJwtYRb2btD7ohF7Pfwg%3d%3d

October 4,2017 Wed   アルファロメオ  | COMMENT(6)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
7


すでに1か月近く前の出来事で恐縮ですが、毎年恒例となっているヌヴォラ党 春の党大会 ”山梨さくらんぼ狩り”に参加してきました。

前日から現地入りして、仲間と共に山梨を楽しみました。
宿泊ホテルに集合した一行は、1台に相乗りして一路中央道を東へ。
勝沼ICで下りてワイナリー巡りを楽しみます。
ちなみに私は今回ドライバーでしたので試飲はできませんでしたが、割と呑まなくてもOKな人なので問題無し。それより皆でワイワイ移動するのは楽しいですね。

まずはシャトーメルシャンにてワインを楽しみながら軽くランチを頂きました。




ランチ後は時間の許す限り周辺のワイナリーを回ってみました。
今回訪れたワイナリーは、勝沼醸造ルミエール中央葡萄酒丸藤葡萄酒原茂ワイン
どこも気軽に試飲させてもらえるので、自分のお気に入りのワインを見つけることができます。





お気に入りのワインを片手に、ほろ酔いでホテルに戻り一休みした後は、甲府駅近くの地鶏や”弁天堂”で夜の宴会です。
久しぶりに集まった仲間と共に美味しい料理とお酒で盛り上がりました。



二次会は近くの地ビールのお店”Hops & Herbs”へ。
甲府の街中で地ビールを作っているとは驚きでした。(;´∀`)

うまいビールを片手に車談義の尽きない夜が更けていきました。


明けて翌朝。
さくらんぼ狩り本番当日ですが、まずはここに寄り道。

こうした地物野菜の直売所や道の駅は、トウモロコシをはじめ旬の野菜を求めるお客で早朝から大賑わいです。


お土産の朝採れトウモロコシを仕入れた後は、当日参加の仲間と合流しさくらんぼ畑へ。


今年は早くから気温が上がったこともあり、さくらんぼ狩りはすでに終盤戦でしたが、いつも通り美味しいさくらんぼが食べられました。


仲間の愛犬も『コイツらよく食うよね』と呆れ顔。(爆)


さくらんぼ狩りの後は近くのカフェレストラン”オーチャード”でランチ。


最後はスイーツ巡りへ。(;´Д`)
地元の仲間に美味しいスイーツ店を教えてもらいハシゴしました。


ここで今回の党大会は終了。
年々”ドライブ < グルメ&おしゃべり” となりつつありますが、それはそれで楽しいものです。
また来年、さくらんぼの木の下で会いましょうね!





・・・しかし、実はこの党大会の間、愛車に異変が・・・
いつもは90℃で止まっている水温計が、時折100℃近くまで上がっていました。(;´Д`)

水温が高くなるとラジエターファンが全開で回り水温が下がるのでオーバーヒートすることはないのですが、なんかヒヤヒヤです。
一応帰り道はヒーター全開で帰りました。(;´∀`)
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=nzWHgVOwvbE0QPHwo8H6Jw%3d%3d

July 17,2015 Fri   アルファロメオ  | COMMENT(7)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
11


今年も春の党大会の季節がやってきました。
ここ数年は山梨での開催が定番となり、今回もこの時期に旬を迎える”さくらんぼ”狩りをメインに山梨を満喫してきました。

中央道長坂IC近くの駐車場に集合し、まずは清里方面へぶらりツーリング。
集まったのは、156、GTV、スパイダー、147、イプシロンの5台。


途中の八ヶ岳高原大橋で一休み。
今日は曇りで残念ながら八ヶ岳も南アルプスも富士山も見られませんでした。(;´Д`)


気を取り直して清里観光名所”清泉寮”へ。
清泉寮と言えばやっぱりコレ!この日は手慣れた店員でしたので、形もボニュームも中々のものでした。(笑)


道すがらまきば公園で一休み。歳をとるとこまめな休憩が大切です。(爆)



八ヶ岳高原ライン→七里岩ラインを通り一路、ランチ会場へ。
晴れていれば絶景ドライブルートでしたがこればかりは仕方がない。


やってきたのは南アルプス市にある”たっちゃんうどん”。
見た目は吉田うどん系に見えますが、ちょっと甘めのしょうゆベースのつゆで優しい美味しさです。
地元に愛されている名店で、いつ行っても混んでいます。

私は肉うどん(冷)1.5倍。うまい。
幹事の方が常連なのでサービスでゆで卵がついてきました。(感謝)

ここから石和温泉郷へ向かい、本日のお宿”糸柳”へチェックイン。
 
あ、雨漏りが心配される車にはボディカバーが…(;´∀`)












さあ、ここからは1日目のメインイベント、勝沼ワイナリー巡りが始まります。
お宿がチャーターしてくれたマイクロバスで移動するので呑めます。
普段はドライバーなので呑めませんが、これは嬉しい!(;´∀`)


1軒目は建物全体を覆った緑の蔦が印象的な”中央葡萄酒”。
海外でも高い評価を得ているワインは200円~試飲ができます。
つい先日も、イギリスの品評会で日本初となる金賞を受賞したようです。



2軒目は勝沼ワイナリーでも指折りの有名店”原茂ワイン”。
古民家を改築したワインショップは歴史を感じさせる趣があります。
そして2階にあるカフェも人気でこの日もウェイティングがでておりました。



3軒目は1891年に設立され、現存する日本最古のワイナリーと言われている”マルキ葡萄酒”。
現在、1階部分を改築中で2階の仮店舗で営業中でした。
1万円以上の高級ワインから1000円台のリーズナボーなワインまで幅広く揃えています。また”山梨大学とのコラボレーション”により送り出したワインも購入できます。


4軒目はルバイヤートのブランド名で知られる老舗の”丸藤葡萄酒”。
ワイナリーの中にはワイン作りの歴史資料を展示しているギャラリーや熟成樽、ビン貯蔵庫など気軽に見学できるコースが用意されています。



最後5軒目は”ルミエール”。
直営レストランも併設されたワインショップは、数年前に新設され非常に綺麗でした。
ワインのほかワインビネガーなども扱っており、もちろん試飲もできます。


実はワインの味など全く分からない私ですが(爆)、こうして色々なワイナリーの色々なワインを飲み比べてみると、自分に合ったワインが見つかるものですね。
お気に入りを何本か購入できました。

ほろ酔いになり大満足した一行は一路宿に戻ります。
温泉で一汗流した後はお楽しみの宴会が始まります。

美味しい料理を食べながら、久しぶりに会った仲間たちと心行くまで車談義や近況報告。




部屋に戻った後は二次会も開催され、ディープな話題で盛り上がりつつ一日目の夜が更けていきました。



明くる朝、窓の外は雨模様。(;´Д`)

早起きしてひとっ風呂浴びた後、豪華な朝食ブッフェでエナジーチャージして宿を後にします。


2日目の朝は甲府市にある”風土記の丘 農産物直売所”にて旬のトウモロコシを仕入れます。
この時期の朝はいつも混んでいる人気の直売所ですが、雨が降っているのでそうでもないだろうと思っていたら…

めっちゃめちゃ混んでますがな。
幸い当日合流組の地元仲間が早朝より並んでいてくれたおかげで無事にGET!
みんなで分け分けできました。(;´∀`)


その後はいよいよメインイベント”さくらんぼ狩り”です。
今冬に記録的な豪雪で農作物等にも大きな被害があった山梨でしたが、この農園のさくらんぼは殆ど影響がなかったとのこと。
今年も甘くてプリプリした美味しいさくらんぼを堪能できました。



お腹いっぱいさくらんぼを堪能した後は、近くのレストランでランチです。(爆)
こちらも地元で人気の”オーチャード”。
地元の新鮮食材を使った美味しいイタリアンを楽しめます。
先程さくらんぼでお腹いっぱいになったはずですが、美味しいものを目の前に並べられると入っちゃうんですよね~。(;´∀`)






当日合流組とゆっくり話をしながら楽しみました。

ここで党大会は一区切りでしたが、最後にオプションツアーで清里、小淵沢方面を巡り北杜市にある山梨の銘酒で知られる”七賢銘醸”の蔵元、そして信玄餅で桔梗屋と人気を二分する”金精軒”に行きました。
最後まで山梨グルメを堪能するツアーでした。


本当に楽しく美味しい2日間でした。
参加の皆様、そして幹事のtoshiさん、Pi~さん本当にありがとうございました。
次回は秋でしょうか?またお会いできるのを楽しみにしています!

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=PfH%2fhKXHfYq0k4KpPkL7GA%3d%3d

June 27,2014 Fri   アルファロメオ  | COMMENT(8)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
6


先日、山梨で開催された全国ヌヴォラ党 春の党大会2013に参加してきました。

いまにも泣き出しそうな不安定な天気の中、笛吹川フルーツ公園にて党大会参加の仲間と合流。



久しぶりの再開に挨拶がてらの近況報告。皆さんもお車もお変わりないようで一安心。

一旦下山し麓のレストランでランチをしながら歓談タイム。


存分にしゃべった後、早めにホテルにチェックイン。
再度みんなで集まり、幹事の粋な計らいでチャーターされたワゴンに乗り込み向かったのは、勝沼のワイナリー巡り。


勝沼醸造(株)




シャトー・メルシャン

今回は時間の都合で、勝沼醸造とメルシャンだけだったけど、対照的な雰囲気の2つのワイナリーでの試飲はとても楽しめました。
なにより、車の集まりなのに呑めるって最高!(爆)

宿に戻るころに雨が降り出しましたが、ちょうど良いタイミング。
雨音を聞きながら温泉に浸かりリフレッシュ。
そして美味しいものを食べながらの歓談は格別でした。


もちろん部屋に帰ってからの2次会も楽しんで、党大会の一日目が過ぎていきました。


翌朝、雨はまだ降り続いていましたが、宿をチェックアウトする頃にはだいぶ小雨になっていました。


2日目の朝、まず向かったのは朝穫りのとうもろこしを買いに近くの直売所。
9時のオープンに合わせて向かいましたが、現地はとうもろこしをはじめ生鮮野菜を求める人たちで大混雑。

なんとかとうもろこしを確保しましたが、朝来ないと売り切れるというのも納得の人気ぶりでした。
おかげでとうもこし画像撮り忘れました。(;´▽`A``

さて、2日目から参加の仲間と合流し、いよいよ今回のメインイベント”さくらんぼ狩り”にやってきました。
今年の出来は上々のようで甘くてプリプリしたさくらんぼがたわわに実っております。


党員の知り合いの農園故、時間も余り気にせずに食べ放題。
いや~今回も沢山食べました。ごちそうさまでした。

さくらんぼでおなか一杯ですが、昼食会場へ。
私はおなかが一杯だったのでデザートだけにしました。(爆)



今回の党大会はここで一旦解散でしたが、解散後のオプションとして”サントリー白州蒸留所”の工場見学へ向かいました。


南アルプスの麓、自然豊かな森に囲まれた蒸留所はヒンヤリと気持ちのよい空気が流れています。
ぎりぎり見学ツアーにも間に合いレッツゴー!



工場内は蒸留中のウィスキーの匂いが漂います。
お酒に弱い人は匂いだけで酔ってしまうかもしれませんね。


ツアーの最後にはお待ちかねの試飲ができます。


が、残念ながらドライバーの方々に提供されたのは”南アルプス天然水”とおつまみでした。(涙)

いつか助手席参加でウィスキーを試飲したいものです。

工場見学が終わった頃には、すっかり初夏らしい清々しい空が戻ってきていました。


最後は南アルプスの山々を眺めながら七里岩ラインをプチツーリングして解散。


今回も最後まで楽し美味し党大会でした。
参加の皆さん、そして幹事のtoshiさん、お疲れ様でした。
また次回、皆さんにお会いできるのを楽しみにしています!
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=bqHz5zJhmBwIUPqxzPaWTA%3d%3d

June 24,2013 Mon   アルファロメオ  | COMMENT(6)




プロフィール
美あんこ
美あんこ
いつまで続けられるのか?日、伊、英の節操無しのカーライフ。
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2017年12月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
31
赤口
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る