ログイン
 

愛車のことを中心に日々の出来事を綴っていきます。

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
8


ヌヴォラブルー、ヌヴォラホワイト、ヌヴォラレッド。
147や156が全盛時代だった1990年代後半から2000年代前半までオプションで用意されていた特別なボディーカラー。その美しさに魅せられたアルファオーナーが集うのが”全国ヌヴォラ党”。

そのヌヴォラカラーの生産が終了してから既に10年以上経過しており、メンバーのアルファロメオ達もほとんどが自動車税の割増(初登録より13年超)という憂き目にあう車齢となってきました。
かつては春と秋、年2回の全国党大会に加え、近場の仲間達と度々合って楽しんでいましたが、経年に伴い乗り換えるメンバーも少なくなく、近年では集まる機会も少なくなっていました。
今年は結党15周年ということもあって、秋にでも再び集まろうか…となり、今回は長野のビーナスラインでのオフ会が開催されることになりました。

素晴らしい秋晴れとなった当日の朝。最近出番の少なくなった147GTAを引っ張り出し、いざ出発!
仲間との待ち合わせは、山梨の清里。自宅から富士五湖周辺を通り山梨へと抜けるルートを順調に走っていた時に、まさかのトラブルが発生しました。
御坂峠に差し掛かる途中、突然のエンジンストール。
すぐにエンジン再始動を試みるものの、エンジンチェックランプが点灯し、エンジンかからず。

実は8月にも同様のトラブルに見舞われ、一度ディーラーに見てもらっていましたが、その後は再発していなかったため、様子見との判断でしたが、この大事な場面での再発。(;´Д`)
しばらく休ませた後に再始動するとエンジンがかかったので、ひとまず近くのコンビニまで移動するも再再発。
これはダメだと思い、オフ会幹事に連絡するとともに、保険会社のロードサービスを依頼。
幸いに20分ほどで積載車が到着し、とりあえず自宅へ向けて車と共にとんぼ返りすることにしました。
澄んだ青空とは対照的に気分は曇り空でしたが、道中で積載車のドライバーと交わしたレッカー四方山話が面白く、少しだけ救われました。(笑)

自宅まで戻ってきて、積載車から降ろす時には何故かエンジンチェックも消え、メーター内のディスプレイには誇らしげに”OK”の文字が……いまさらOK!って、あんた…(;´Д`)。

とはいえ、再び147で行くのはあまりにもリスキーなので、断腸の思いで他の車で再出発。
信頼のトヨタエンジンです。(涙)

この時、すでに大分時間が経っており、本体は清里の”アフガン”でカレーランチを楽しんでいる頃。
私が再び山梨に着く頃にはビーナスラインに向けてツーリングが始まっているはずなので、仲間と連絡を取りつつ途中で合流することに。
急ぎ現地へ向かう道中、中央道で赤色灯を点灯した覆面Pカーに張り付かれ、「終わった~(泣きっ面に蜂)」と思ったものの、なぜかPカーはそのまま通過して行ってしまい九死に一生を得ました。
そんなこんなで、蓼科湖付近でなんとか無事に合流。

実は今回のツーリングコースは私が考えており、先導する予定でしたので仲間には迷惑をかけてしまいました。久しぶりに会う仲間に挨拶を交わししばしの歓談。メンバーの中にはヌヴォラブルーGTVからヌヴォラブルーGTへ乗り換えたヌヴォラ変態もおられ、ヌヴォラ党の未来はまだまだ安泰だなと改めて確認。安心したところで再び出発。

蓼科方面のビーナスラインを通り白樺高原の”長門牧場”にやってきました。
ここでもう一人のメンバーと合流。この方も別車で参加でしたので少し気が楽になりました。(;´∀`)

長門牧場のソフトクリームは安定の美味しさ。昼飯を食べそこなったので余計に美味しく感じました。


日も傾いてきたところで、本日の宿がある車山に向けて出発。
白樺湖周辺は紅葉も始まっており、いよいよ本格的な秋の訪れを感じさせます。

ビーナスラインでは、夕日に照らされ金色に輝くすすき野原の中を疾るアルファが美しかった。




今日のお宿は車山高原にある”リゾリックス車山高原”。アルファロメオデー参加の方にはお馴染みですね。
ホテルの駐車場に綺麗に整列したヌヴォラ達。早速ボディカバーをかけている車もありますね。(笑)

チェックインした後はひとっ風呂浴びて汗を流し、お楽しみの夕食タイム。
ビュッフェスタイルなので好きなものを好きなだけ食べられます。おかげでお腹いっぱい。(;´Д`)

部屋に戻ってからの二次会は皆が持ち寄ったご当地グルメをつまみながら深夜まで盛り上がり、ホテル自慢の星空見学ツアーもスルーしてしまいました。折角晴れた日に泊まれたのにね。(爆)

明くる朝、この日も素晴らしい天気。部屋の窓からは遠く富士山も見えました。


朝食と恒例の洗車もささっと済ませ、いざ美ヶ原高原へ!
この時期、早朝のビーナスラインはもう肌寒いですが、澄んだ清々しい空気の中でのオープンドライブは最高!






途中”霧の駅”に寄り、本日参加の仲間と合流!ヌヴォラレッドの156GTAスポーツワゴン!
ヌヴォラレッドは156GTAにしか設定されていなかった希少なヌヴォラカラー。

3カラーが揃ったところで、再び美ヶ原へ向けて出発!



途中、自動車とバイクの事故現場に遭遇。自動車の前輪下にバイクが入り込んだ状態でした。(怖)
状況から見て、何らかの原因で対向車線にはみ出したバイクが、対向車に激突した様子でした。
ライダーの無事を祈るばかりです。


我々は安全運転にて、美ヶ原高原美術館に到着!









ちょっと試乗会なども開催。良い踏みっぷりでしたね。(爆)

今では高嶺の花となってしまった空冷ポルシェな皆様も来ておりました。

ドイツとイタリアの異文化交流。


この日のランチは、この美ヶ原高原美術館のすぐ上にある、”山本小屋 ふるさと館”でお蕎麦を頂きました。こんなところで十割蕎麦が食べられるなんて!(;´∀`)


ランチ後は腹ごなしに美ヶ原高原を少し散策。
天気が良いと本当に爽やかで気持ちが良いですね~。いつか、この先にある”王ヶ頭ホテル”に泊まって、じっくりと美ヶ原を散策してみたいものです。


美ヶ原高原のシンボル「美しの塔」は、濃霧での遭難を防ぐ”霧鐘”を備えた避難塔とのこと。
(web調べ)


高原でのひと時を楽しんだ後は、岡谷方面に下山し諏訪湖畔にある”プリンス&スカイライン ミュウジアム”へ。
私設のこじんまりとしたミュウジアムですが、歴代スカイラインやプリンス時代の車が展示されており、スカイラインファンならずとも、車好きなら楽しめると思います。



我々40代にはやはりR32~R34が刺さりますね~。GT-Rには一度乗ってみたかった。


せっかく岡谷まで来ているので、最後は名物のうなぎで〆ることにしました。訪れたのは”うなぎ 水門”。
人気店と聞いていたので、オープン50分前に到着しましたが、さすがに一番乗りでした。(;´∀`)
午後5時のオープン時には我々の後ろに5~6人ほど並びましたが、それほど混雑している様子もありませんでした。

奮発して”うな重[特上]2800円”!
すこし甘めのタレが、パリッと香ばしく焼き上げた肉厚のうなぎにベストマッチ!
美味しいうなぎに舌鼓を打ちながら、最後の車談義に花が咲きました。

人気店の割には店内は比較的空いていて、私たちを含めても最初に入った20人程度で、その後まったくお客が来ない。そんなに人気でもないのかな?と思いましたが、お会計を済ませて外に出てみると、既に売り切れの看板が…(;´Д`)どおりでお客が入ってこないわけです。
お昼の営業がメインで、夜はそれほどうなぎの数が多くないのかもしれないですね。


ということで、最後まで美味しく楽しい党大会。参加の皆様、お疲れ様でした!
徐々に参加者は減ってきてしまいましたが、ここに集まる素敵な仲間といつまでもこんな楽しい党大会ができたらな~と思いました。
その為には、最新のアルファロメオにも是非ヌヴォラカラーを復活して頂きたいと願わずにはいられません。まあヌヴォラカラーがあったとしても、ジュリアやステルヴィオは買えませんので、早いとこ147を直さないとな~(;´∀`
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=ENFJwtYRb2btD7ohF7Pfwg%3d%3d

October 4,2017 Wed   アルファロメオ  | COMMENT(6)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
41


早いもので、うちのアルファ147も13年目、6回目の車検を迎えました。
今回もユーザー車検で挑みましたが、事前チェックにていくつか整備をしました。

まずはヘッドライトのポジション球交換。
2008年に当時まだ高価だったLEDのポジション球に交換していましたが、LEDといえども経年劣化には逆らえず、最近は助手席側が徐々に弱々しくなってきました。(この日確認したら完全に消えてました。)

交換しなければ…と思いつつも今まで放置してきましたが、この度重い腰を上げて交換しました。
ポジション球の交換ごときで大袈裟な~と思われるかもしれませんが、もともと直4エンジン用のボディに無理やりV6を乗せている147GTAは、特にフロント周りは整備性が犠牲になっています。
ヘッドライト周りもクリアランスが非常に狭く、バルブ交換などはバンパー脱着を伴う整備となります。

まずはジャッキアップしてフロントタイヤを外し、インナーフェンダー内にあるバンパー固定ボルトを外します。さらにバンパー上部とアンダーカーバーと接している下部のボルトも外すとようやくバンパーが外れます。


バンパーを外すとヘッドライトユニットも外すことが可能となります。ヘッドライトを外せばあとは裏蓋をを取って中のバルブを交換するだけなので簡単です。

バルブは警告灯のキャンセラー内蔵のものを使いますが、どれが良いのか分からなかったので、先人の知恵を拝借しBREXをチョイスしました。上は今までついていたASSOの製品ですがキャンセラーユニットがデカいですね~。

点灯を確認し、ヘッドライトユニット、バンパーを戻して交換終了。


これで一安心と点検を進めると、今度はホーンが鳴りません。そういえば前回の車検でも鳴りにくく、何度か押してようやく鳴った記憶がありました。普段滅多に使わないのですっかり忘れてました。
今回は何度押しても鳴りません。このままだと車検が通りませんので、ネットで原因を検索。
するとステアリング周りのスイッチを制御している基盤の不具合が多いとのこと。早速ディーラーに交換費用を尋ねると部品+工賃で3万円近くなるとのこと。う~ん普段使わないホーンごときに3万円は痛い。
そんな時は某オクで部品検索……ありました!中古で送料込み約7000円。この部品が原因かどうか特定されていないので冒険でしたが、とりあえず落札。早速交換してみました。

部品はステアリング内に設置されています。

センターのエアバッグユニットを外すとこの部品にアクセスできます。
各コネクタを抜いて部品を引き抜き交換。恐る恐るホーンボタンを押すと…鳴りました!(;´∀`)
良かった~。

外した部品のカバーを開けて、中の基盤を確認してみたら所々焦げ?ていました。(;´Д`)



一応、これで懸念事項は解決できましたので、ユーザー車検を受けてきました。
予備車検場で一通りチェックしてもらい本車検へ。

そういえば今回からヘッドライトチェックがロービームになりました。予備車検場ではハイビームの調整しかしてなかったですが、ロービームでも一発合格。良かった。
その他特に問題もなく車検合格。また2年乗れることになりました。

ちなみに今回の車検費用。

予備車検費用 3240円
自賠責保険料 25830円
自動車重量税 34200円
車検手数料 1800円
合計 65070円

13年超ということで重量税が約10000円割増になってます。ふざけてますね。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=%2fdXJIOTqCEJ5yZJCIyDLtQ%3d%3d

June 17,2017 Sat   アルファロメオ  | COMMENT(9)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
19


昨年の夏ごろから、徐々にエアコンの効きが悪くなっていた我が家の147ですが、すぐに秋になってエアコンを使わなくなったので放置していました。
今年の夏、本格的に暑くなってきた頃に、エアコンを入れたら温い風が…(;´Д`)
でも助手席側はそれなりに冷風が出ていましたので、コンプレッサー自体は問題なさそう。
147は運転席と助手席で独立して温度設定できるのですが、その辺の温度センサーか、冷風を振り分ける内部のフラップが壊れたか?

とりあえず一年ぶりとなるオイル交換をしにディーラーに行く予定だったので、そこで見てもらうことにしました。

結果的には、センサーやフラップに問題は無く、エアコンガスが本来500g程度入っていなければいけないところ、100g程度しか入っていなかったとのこと。また、147のエアコンは構造的に運転席側が冷えにくいとのことで、弱まった冷風が運転席側まで到達できていなかったとの見解。
今まで12年間一度もガスを補充したことがなかったので、そんなもんでしょうか。
ちょうどディーラーでエアコンガスのリフレッシュフェアをやっていたので、ガス全交換してしてもらいました。

帰りは昔のようにしっかり冷えるようになりました。とりあえずはこの夏はこれで乗り切れるかな?
そういえば我が家の147、1年間で2500kmしか走ってなかった。(;´Д`)
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=HdCXZLthBuQ9WmU310JdjA%3d%3d

August 21,2016 Sun   アルファロメオ  | COMMENT(8)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
20


少し前からドライブ中に水温が高めになるトラブルに見舞われていた147ですが、先日ディーラーにて診断&修理をしてきました。

症状は、いつもは90℃で止まっている水温計が徐々に100℃付近まで上昇。
その後ラジエターファンが全開で回りはじめ水温が下がりオーバーヒートまではいかないというもの。


クーラントは減っていない…・ウォーターポンプの破損なら恐らくOHまでいくだろう・・・
サーモスタット?水温計の故障か?
そういえばいつも回っている低速(低温)側のラジエターファンが回っていないような・・・。
ファン自体は高速(高温)側では回るのでファン自体は大丈夫・・・となればきっとコンデンサーかリレーのトラブルかな。

とりあえず、コンデンサーを外してチェックしてみましたが、パッと見は問題なさそうに見えます。

とはいえ、テスターも無いし、そもそも素人なので実際のところは分からず・・・。
さらにリレーに至ってはどれがファンリレーかも分からず・・・(爆)

ということで、素直に近所のディーラーに修理を依頼することに。


結果、やはりファンリレーが劣化して作動不良を起こしているとのこと。
リレーを交換して無事に直りました。大事にならなくて良かった。(;´∀`)
ちなみにこのリレー、4104円(税込)!結構お高いですね。




それと、最近クーラントのリザーブタンクにオイルっぽい汚れが付くようになり「ヘッドガスケットでも抜けてきたか?」と心配になったので、ついでに簡易的なリークテストをしてもらいました。

この”ヘッドガスケットリークテスター”というものを使い簡易的にテストできるとのこと。
クーラントのリザーブタンクに刺して、タンク内の空気を吸い込んでテストします。
もしヘッドガスケットが抜けてクーラントに排気ガスが混ざっていると、排気ガス内の二酸化炭素に反応してテスター内部の液体の温度が変わるというのも。
試しにマフラーからの排気ガスを吸わせると、液体の色が青→黄色に変わります。


早速テストしてもらいました。
緊張の瞬間でしたが、液体の色は変わらずで今のところ特に抜けている様子もないとのこと。


とりあえず一安心ですが、古くなってきたので色々心配事は尽きませんね。
エアコンの効きも弱くなってきたような…(;´Д`)
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=UmbsOdmXt796QkOUj1FTxg%3d%3d

July 30,2015 Thu   アルファロメオ  | COMMENT(8)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
7


先日、久しぶりにアルファで出かけようとエンジンをかけたら・・・
カチカチカチ・・・カチカチカチ・・・
バッテリーのインジケーターを覗いてみたら真っ暗。

どうやらお亡くなりになったようなので新しいバッテリーと交換しました。
約5年間がんばってくれたBOSCHからACDelcoにチェンジ!

前回使っていたBOSCHは純正より少し背が高いタイプを使っていたのでサクションパイプと干渉していましたが、今回は純正と同形状にしました。
なんとか無事に交換終わりましたが、相変わらずGTAはバッテリー交換しにくいですね。(;´Д`A ```

・・・ここまでやってふと心配になりましたが、某○○○マタタさんのようにオルタネーターの寿命とかじゃないよね?(;´▽`A``

それと今回はフロントバンク側のイグニッションコイル3本も交換しました。
昨年リアバンクのコイル不良でドナドナとなり、リア3本は交換したものの、資金不足からフロントはそのままでした。
実は先日ビーナスラインに行った際に途中で少し調子がおかしくなり、エンジンルームを確認したところ、以前コイルがダメになったときと同様のパチッ!パチッ!というリーク音(?)がフロントバンクから聞こえてました。
その時は無事に帰れましたが、近いうちにダメになると思い新品のコイルを仕入れておきました。
アルファ純正は1本約2万円しますが、今回はボッシュのもの(中身一緒で箱が違うだけ)を使用。
こちらは1本9600円で買えました。(;´▽`A``

フロントバンク側は自分でも簡単に交換できそうなのでチャレンジ!
ヘキサレンチ1本で交換できました。

外したコイルは錆びていましたが、見る限りはおかしなところはありませんでした。


ここ数年、イグニッションコイルのトラブルが頻発しましたが、これで少し落ち着いてくれるといいな。(;´Д`A ```
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=y213pQX%2byQWhCyUNbVT28A%3d%3d

September 17,2013 Feb   アルファロメオ  | COMMENT(6)




プロフィール
美あんこ
美あんこ
いつまで続けられるのか?日、伊、英の節操無しのカーライフ。
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2017年12月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
31
赤口
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る