ログイン
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
掲載日  2014/3/22
witten by チンクエチェント博物館
世界中
うんうんする
6


イタリア製大衆車フィアット500の常設ミュージアム“チンクエチェント博物館(IlMuseodella CINQUECENTO)”は、今年3月末をもって現在の愛知県南知多町“チッタ・ナポリ”内にある展示施設をクローズし、5月1日より山形県鶴岡市に移転・リニューアルオープンを図る運びとなりました。
2001年6月2日のオープン以来、主に東海・近畿地方の自動車愛好家の皆様にご愛顧いただいた当ミュージアムですが、創立当初より構想のあった『移動博物館』コンセプトに基づき、東日本大震災お...よび福島第一原発事故の惨禍から3年を経て、一歩一歩復興を進めている東北地方に新たな拠点を構えようという決断に至りました。

山形県鶴岡市“コルソプントエスト”内の一角を占める新ミュージアムには、チッタ・ナポリ時代と同様に、初代フィアット500(トポリーノ)、その後継車たるフィアット 600(セイチェント)、そして時代のアイコンとなったヌォーヴァ 500のそれぞれ最初期生産モデルのほか、幻の存在とされるヌォーヴァ 500 USA(北米仕様)、ビーチカーのギア・ジョリー、500 スポルトなど、希少なモデルが置かれます。
また『愛・地球博 2005』で話題を呼んだ、全身にチョコレートをコーティングしたフィアット 500 ボディも展示されます。
展示スペースはチッタ・ナポリ時代よりも大幅に拡張され、ご来場いただいたお客様には貴重なチンクエチェントたち一台一台を、ゆったりとご覧いただけることになります。

新生チンクエチェント博物館は、これからもイタリアを代表する大衆車である歴代のフィアット 500の素晴らしさと、それにまつわるイタリア文化を提唱してゆく所存です。
なおチッタナ・ポリでの展示は、3月30日に開催される当館主催イベント『第14回チンクエチェント・ポーリ』まで、通常通りに行います。
また、トリコローレなどのイベントを運営管轄していたチンクエチェント博物館・事務室は従来通りの名古屋市内にて今後も活動いたします。

チンクエチェント博物館(2014年5月1日以降)
-----------------------------------------------------------------------
〒997-0051 山形県鶴岡市荒井京田字荒田248-8 コルソ プントエスト内
TEL:0235-33-8588 FAX:0235-24-0999
休館日:毎週月曜/第3土曜・日曜 開館時間:AM11:00~PM6:00
入館料:500円(中学生以下無料)
担当:小林真季子(コバヤシ マキコ)
-----------------------------------------------------------------------

代表:伊藤精朗 (イトウ セイロウ)
館長:深津浩之 (フカツ ヒロユキ)
副館長:才門勇介(サイモン ユウスケ)
副館長およびPR担当:植草光太郎(ウエクサ コウタロウ)
副館長および広報担当:武田公実(タケダ ヒロミ)

チンクエチェント博物館-イメージ写真.jpg
2014年3月22日 13:30  | ニュース  | COMMENT(0)
掲載日  2014/3/8
witten by チンクエチェント博物館
世界中
うんうんする
31


2001年よりチッタ・ナポリにて開館してきました当博物館ですが、3月30日(日)をチッタ・ナポリでの最終開館とし、5月1日(木)より、山形県にて『チンクエチェント博物館・プントエスト』としてリニューアルオープンする運びとなりました。 3月30日(日)は最終開館日と同時に『第14回 チンクエチェント・ポーリ』も開催します。 移転に関する詳細情報は順次お伝えしていきます。 今月は通常通り週末の開館を行いますので、皆様のご来館をお待ちいたしております。 チンクエチェント博物館-イメージ写真.jpg
2014年3月8日 12:51  | ニュース  | COMMENT(2)
掲載日  2013/6/12
witten by チンクエチェント博物館
世界中
うんうんする
13


 
 
 
  今年からアバルトだけのレース「トロフェオ スコルピオーネ」を年4戦始めています。
7月14日(日)は岡山国際サーキットでTIPO オーバーヒートミーティング内に組み込んでもらっています。

レース経験のない方でも気軽に参加できる仕組みになっています。

皆さんの参加をおまちしています。

申込サイトはコチラ:http://www.hobidas.com/event/tohm/2013/


上:第一戦は3/31 TIPO オーバーレブミーティング@袖ヶ浦フォレストレースウェイで開催されました。

中/下:第一戦同様、スーパー耐久49号車とフォーミュラアバルトもサーキットに持込みデモ走行やサーキットタクシーも実施します。

記事 代表 kingpin
 
 
 
2013年6月12日 23:59  | ニュース  | COMMENT(0)
掲載日  2013/5/31
witten by チンクエチェント博物館
世界中
うんうんする
4


 
 
 
 
  今年からアバルト500/695アセットコルセでスーパー耐久に参戦していることは何度もこの博物館通信でご案内しました。
その為、ムゼオ チンクエチェント レーシング チーム(mCrt)(http://mcrt.jp/)というチームまで立ち上げました。

次に皆さんの持っているアバルトで一緒にサーキット走行やレースを楽しむために春から「トロフェオ・スコルピオーネ」(http://mcrt.jp/?page_id=19)というアバルトのレースを年4回開催を発表しました。
昨日の博物館通信でご紹介したばかりですね、、。

我々、博物館のアバルト好きなチームはこのアセットコルセがモータースポーツの入門車両としてとっても素敵な素材だと感じています。
そこで日本でスーパー耐久やトロフェオ・スコルピオーネでアセットコルセの魅力を皆さんに伝えつつ、そのインフラ作りの為、「オフィチーネ・スコルピオーネ」(http://mcrt.jp/?page_id=524 現在設立準備中)という組織を立ち上げアセットコルセの販売やスーパー耐久で開発したパーツの流通を行ないます。

明日はその記念すべき第一号車が納車されるメモリアルな日となります。
オーナーさんはサーキットで楽しんでもらうためにこの車両を所有されます。

この「オフィチーネ・スコルピオーネ」ですが、全国でアバルト好きな仲間で4店舗くらいで展開する予定です。
皆さん、楽しみにしててください。
もちろん、車両メンテ、レースサポート、スクール全て対応しますよ。
現在、菅生、鈴鹿、岡山国際のサーキットを活動の拠点にするつもりです。

あと少ししたらウエブも整備されるのでもう少しお待ちください。

上:納車の為、ロイヤルカーウオッシュさん(https://carcle.jp/UserBlog.aspx?UserID=2151)で洗車してもらいました。

下:明日はいよいよ納車の為、西に向かいます。

オフィチーネ・スコルピオーネが扱う車両はこの500と695のアセットコルセ、それとR3Tというラリーバージョン、フォーミュラアバルトの3種類です。

記事 代表 kingpin
2013年5月31日 19:56  | ニュース  | COMMENT(1)
掲載日  2013/5/29
witten by チンクエチェント博物館
世界中
うんうんする
4


 
 
 
  一大イベント「アバルト・デイズ」が終わるとすぐに6月のイベントが目白押しです。
移動博物館もなかなか大変です。

1) 6月7日(金)8日(土)とスプレンドーレ伊香保(http://splendore-ikaho.jp/newpage92.html)に参加します。
日頃仲良くさせていただいている伊香保、おもちゃと人形、自動車博物館の館長からお誘いをいただき、今回はASA1000GTで参加です。
現在、スーパー耐久で競技車両を造ってもらっている工場でブレーキ等の修理、調整中です。
間に合うかしら、、、?
画像上:これがASA1000GT、フェラリーナ(小さなフェラーリ)と呼ばれた知る人ぞ知る名車です。

2) 6月9日(日)今年で20周年の「フィアット フェスタ」(http://museo500.com/fiatfesta)にも当然、参加します。

3) 6月15日(土)16日(日)はいよいよ「浅間ヒルクライム 2013」(http://www.asama-hillclimb.com/)です。
まだまだ参加を受け付けています。
それと参加はまだちょっと、、という方は是非、会場に遊びに来てください。
画像中:今年の浅間ヒルクライムの案内です。

4) 6月30日(日)には恒例「ミラフィオーリ 2013」(http://museo500.com/mirafiori)を愛・地球博記念公園で開催します。
こちらも現在、参加受付中、ヨーロッパ車なら大歓迎ですよ。
画像下:去年のミラフィオーリです。
このクルマは自動車ジャーナリストの西川淳さんのクルマです。
とっても有名なクルマなので皆さん、ご存知ですよね。

6月も皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

記事 代表 kingpin

2013年5月29日 20:17  | ニュース  | COMMENT(0)
イベントのご案内
チンクエチェントポーリ


+ プロフィール +
チンクエチェント博物館
チンクエチェント博物館
チンクエチェント博物館 博物館通信カーくる版です。チンクエチェント博物館は「移動博物館」をテーマに様々な車のイベントを企画していますので、お気軽にご参加下さい。この博物館通信カーくる版にていろいろな情...
+ 記事検索 +
検索語句
2018年12月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
+ カウンター +
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る