ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

JAIA輸入車試乗会2019 ~プロローグ~

世界中
うんうんする
5


恒例の、日本自動車輸入組合(JAIA)主催の輸入車試乗会が開催され、今年もカーくる編集部は、メディアとして参加してまいりました。

カラカラ天気が続いてきた関東地方は、なぜかこの日だけは朝から雨。
いいお湿りではありますが、試乗会としてはちょっと残念な気分に・・・。

prologue19-02.jpg

prologue19-03.jpg


でも、大磯プリンスホテルの駐車場の試乗車を見ると、テンションはアップ!

prologue19-04.jpg

prologue19-05.jpg

prologue19-09.jpg



いつも思うのは、どんな天気でもベストコンディションで試乗してもらおうと準備をしているスタッフのみなさんです。

prologue19-01.jpg

prologue19-06.jpg


冬の冷たい雨の中、本当に感謝です。

prologue19-07.jpg

prologue19-08.jpg

prologue19-10.jpg


さて、ホテルのロビーでは、試乗前の注意事項がアナウンスされます。
特に安全運転は必須事項です。

prologue19-11.jpg


今回の試乗車は、ほとんど予約で埋まっており、時間になったら鍵の受け渡しで試乗を行います。

prologue19-12.jpg


大磯ロングビーチ横の第一駐車場は、主に静止状態での撮影場。
各メディア、思い思いの場所で撮影を行います。

prologue19-13.jpg


さあ、いよいよ乗り込みます。

prologue19-14.jpg

prologue19-15.jpg


雨ではありますが、それはそれでクルマの性能などを計る環境のひとつ。

prologue19-16.jpg


今年もいろいろな輸入車に試乗しました。
どんな試乗会になったか、これからのレポートに乞うご期待!


reported by ハクナマタタ

February 11,2019 Mon   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2019  
「うんうん」した人

アウディA3が飛び石被害に。一宮市のチューニングショップ「ドルト」さんでフロントガラス交換

世界中
うんうんする
13


カーくるのアウディA3号が納車早々に飛び石被害に見舞われました。
筆者自身、フロントガラスにヒビが入るほどの飛び石経験は初めてです。

今回は事故の経緯から一宮市のチューニングショップ『ドルト』さんでフロントガラス交換までの流れをレポートにしたためたいと思います。

DSC00111p.jpg

DSC00105p.jpg

事故はクリスマスも近い12月下旬の19時頃、東名高速で起こりました。
突然バチッという大きな亀裂音が聞こえました。
嫌な予感がする…嫌な予感しかしない…恐る恐るフロントガラスを見ると直径2cmほどのヒビが入っているではありませんか。
納車してまだ1ヶ月も経っていない愛車が飛び石被害…精神的ダメージを受けていると30秒ほど後、さらにガラスの割れる音がしました。
ヒビを見ると傷が15㎝ほどに広がっています。Wow!!!
素人目で見てもフロントガラス交換は避けられない事態だとわかりました。
前のトラックから飛んできたであろうと思われますが、停車して弁償してくださいと言うことはできません、証拠がないですからね。

誰にもぶつけられないモヤモヤを抱えたまま家に帰って早速保険屋さんへ連絡しました。
保険を適用し無償で交換できることが判明して先ず一安心。

修理はドイツ車のチューニングショップ『ドルト』さんにお願いすることにしました。
名神高速一宮付近から見える赤と黄色の『dort』の看板が以前からとても気になっていました。

IMG_0634.jpg

早速ドルトさんに電話でお願いしたところ、端にある傷は広がっていく可能性があるので早く交換したほうが良いとのことでした。
(実際に事故の翌日、傷はさらに広がっていました…)
年内に修理したいとお願いしたところフロントガラスをすぐに手配していただき、年末にA3の入院が決まりました。


ドルトさんへA3持ち込み

IMG_0658p.jpg

傷はピシッと15cmほど入っています。
納車早々傷物にしてごめんよ…

IMG_0663.jpg

内側から。

IMG_0647.jpg

A3は1泊2日の入院になります。
ドルトさん宜しくお願いします!


フロントガラス交換


DSC00103p.jpg

ここからはフロントガラス交換の作業シーンを紹介していきます。

作業スタートです。
まずは傷のアップ(ガラス汚れてますね…)

DSC00104.JPG

付属品を外していきます。
A3はルームミラーがフロントガラスから生えているタイプなので(最近のクルマはこのようたタイプが多いですね)このような付属品を取っていきます。

DSC00108.JPG

専用の道具を使ってガラスを切っていきます。

DSC00107.JPG

DSC00106.JPG

DSC00110p.jpg

DSC00113.JPG

DSC00114p.jpg

接着剤を塗布して、ガラスを取り付けます。

DSC00116.JPG

DSC00117.JPG

DSC00119.JPG

DSC00121.JPG

作業の翌日は1日置いて様子見とのことで、作業の翌々日に無事退院となりました。

フロントガラス代&工賃、トータルで16万円ほどでした。
今回はすべて自動車保険で支払いができましたが、免責が5万や10万であればその分の出費は発生してしまいますね。


ドルトさんショップ内を紹介します!

ドルトさんはドイツ車両を中心に車のチューニング、パーツ販売、取り付け、板金、塗装、サービス、修理を行うショップさんです。
かっこ良いカスタムに定評があり、ショップの前に並ぶクルマも一味違います。
A3もこっそり混ざらせてもらいました♩

IMG_0682p.jpg

店内です。
パーツやグッズがずらりと並んでいます。

IMG_0668.jpg

IMG_0670.jpg

IMG_0672.jpg

ドルトのカラーリングにロゴ刺繍入りのドライビングシューズも素敵!

IMG_0673.jpg

IMG_0675.jpg

IMG_0676.jpg

IMG_0678.jpg

今回のフロントガラス交換は最初から最後まで親切丁寧スピーディーに対応していただき人気ショップの理由が垣間見えました。
これからA3のメンテナンスはドルトさんにお願いしたいと思います。
これからもお世話になります!


SHOP INFORMATION

dort_logo.png
-----------------------------------------------------------------
有限会社 オートスタイリングショップ・ドルト
http://www.dort.jp/
〒491-0827 愛知県一宮市三ツ井7丁目1−15
TEL:0586-76-9599
営業時間:10:00~20:00(日曜日は~19:00)
定休日:水曜日
-----------------------------------------------------------------

reported by カーくる編集部

January 21,2019 Mon   CATEGORY:取材レポート  
「うんうん」した人

くるまマイスター検定

世界中
うんうんする
23


はい、いきなりの問題です。
この3人に共通することは何でしょう?一番適切なものを以下から選んでください。

①クルマが大好き
②名前を仮名で書くと6文字
③くるまマイスター検定応援団 

meister18-01.JPG


答は・・・全て正しいですが、ここでの一番適切な解答は、はい、③のくるまマイスター応援団です。
写真中央のテリー伊藤さんは応援団長、そして写真左のまるも亜希子さんと写真右の竹岡圭さんは応援団ということです。

この、くるまマイスター検定について簡単に紹介しますと、「くるまの知識」を深めることで、もっと自動車のことを好きになってもらい、「くるまのある生活」を楽しんでもらうことを目的とした検定です。
また、数ある検定試験の中で、唯一の「くるまの知識を試す」検定でもあります。

今年のくるまマイスター検定は、第6回目にあたり、試験は11月14日(水)ならびに18日(日)に全国130箇所の会場で実施されました。

そんな、くるまマイスター検定をカーくる編集部でも受験してきました。
受験会場は、横浜市の日産グローバル本社を選択。

受付を済ませて会場に入ると・・・

meister18-03.JPG

おお、こんなに大きな会場!

meister18-04.JPG

試験前の緊張のひとときです。
ちなみに試験のクラスは、1級、2級、3級、ジュニアに分かれており、1~3級は難易度は異なるものの、60分で100問、ジュニアは60分で50問と結構ハードルが高いものです。

60分で100問ということは、1問当り30秒くらいで解かないと間に合わない!

meister18-05.JPG

ちなみに私は、初めての受験であるにもかかわらず、2級に挑戦!
合格発表は12月末とのことなので、自信は微妙ですが楽しみでもあります。

meister18-06.JPG

さて試験が終わってからは、特設ステージでトークショー。

meister18-07.JPG

そう、最初の写真のお三方によるもので、それはもう楽しいものでした。

meister18-08.JPG

答え合わせということで、この日の問題から出題。
まずはジュニアクラスから。
みなさん、免許を持っていない小学校低学年にもかかわらず、なかなか難しい問題をすぱっと答えていました。

meister18-09.JPG

次は3級。
実はこの方、先ほどのお子さんのお父さんでもあります。
親子受験、いいですねぇ~。

meister18-10.JPG

そして2級。難易度があがってきます。

meister18-11.JPG

この受験者の特徴は、若い世代が多いこと。
もっと年配が多いのでは?と思っていましたが、嬉しい傾向ですね。

meister18-12.JPG

そして1級。
テリー伊藤氏曰く「日本で一番難しい試験!」

実はこの1級受験者の中には、既に合格しているもののまた受験をしたというリピーターも何人か含まれていました。

テリー伊藤氏も、
「ええーっ、それって東大に合格しているのに、また東大を受験するようなものじゃない!」
とびっくりしていました。
更に、
「今度、問題作って」
と懇願していました。

meister18-13.JPG


さて、トークショーは続き、くるまに対するいろいろな意見が飛び出しました。

まるも「女性からは、くるまマイスター検定合格者に、くるまの相談をしたい」
竹岡 「若者のくるま離れって本当なの?」
テリー「おいしい食べ物、生活など、くるまで想い出をつくってほしい」

そして、テリー伊藤氏は、
「くるまは日本が世界に誇れる文化。くるまマイスター検定を受けて、日本の誇りを感じて、くるまを愛してほしい」
と締めくくりました。

meister18-15.JPG

最後に、次のくるまマイスター検定について紹介がありました。
今年までは年1回の試験でしたが、2019年は春と秋の2回開催になるとのこと。
受験の機会も増えますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう。

さらに、今年の10月から「カーデイズ」というコミュニティも始まり、ここでは問題を作成したりすることもできます。
マニアックな知識をお持ちの方は、ぜひ問題作成にチャレンジしてみてはいかがでしょう。

meister18-16.JPG


最後に、今回受験してみての個人的な感想ですが、問題の範囲はかなり広く事前の勉強も必要ですが、公式ガイドブックもありますし、今まで知らなかったことを認識できるとともに、新たなくるまに関する知識を得ることができたのは大きな収穫でした。
また勉強をすすめていく中で、知らないことをネットで検索したりすると、「へぇ~、そうだったんだ」とか「なんでこんなくるま作ったの?」とか、いろいろな事実を知ることになり、それも楽しいひと時でした。

試験って・・・と思う方もいるかと思いますが、好きなことの知識を増やす機会と捉えてチャレンジすることをお勧めいたします。

【くるまマイスター検定公式HP】
https://www.meister-kentei.jp/car/


reported by ハクナマタタ

November 22,2018 Thu   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

カシオ エディフィス EDIFICE「ECB-800」

世界中
うんうんする
22


私は、出掛ける時はいつも腕時計をしています。
昔からの習慣なので、スマホで時間を確認できる今でも左手に時計が無いとやっぱり落ち着きません。
これまではシンプルな機械式腕時計とカシオ G-SHOCK の2つの腕時計を服装や気分に合わせて使い分けてきました。ちなみに両方とも20年来の古女房です。(汗)

基本的には時間が分かれば良いので、今の時計でも十分なんですが、最近カーくるでも紹介されていた”カシオ『EDIFICE』の記事”を見てにわかに気になりだしていました。正確には、再び気になりだした…なんですが。

実は数年前に G-SHOCK の電池交換をカシオのショップに依頼した際、ショーケースに並んだ EDIFICE シリーズを見て以来ずっと気にはなっていたんです。
一目見て『おっ!これは!』と惹かれるものがありました。そして価格を見て驚いた…「本当にこの値段?」。もう一度時計をじっくり確認してみましたが、デザイン性や機能性、バリエーション、そして各部のクオリティの高さに価格以上の価値を感じました。
その時はまだ前出の時計たちもそれほど古くなっておらず購入には至らなかったのですが、それ以来、心の片隅にはずっと”いつかは EDIFICE”という想いが残っていました。
最近、使っていた G-SHOCK もだいぶくたびれてきたので、普段使いの時計が一つ欲しいなと思っていたところに、件の記事が目に入ったわけです。

そして先日、私の元にやってきたのが カシオ EDIFICE『ECB-800』。
IMG_0404-2.jpg

3眼クロノグラフを備えたアナログタイプが多い EDIFICE シリーズにおいて、久々にデジタル液晶画面を採用したデジ・アナのコンビモデル。
同モデルには、ブラックベゼルにオレンジ インダイアルの「ECB-800DB-1AJF」や、ブラックケース&ベルトの「ECB-800DC-1AJF」もありますが、今回選んだのは普段使いとしてオールマイティーなシルバーモデルの「ECB-800D-1AJF」。
モータースポーツデザインをコンセプトにしているということで、クールなカーボン調フェイスが特徴的。
ECB-800DB-1AJF.jpgECB-800DC-1AJF.jpg
収まっていたボックスもカッコいいです。
IMG_0400.jpg

「ECB-800」は、スマートウォッチではないですが、今どきの腕時計らしく”スマートフォンリンク”というブルートゥースを使ってスマホと連動する機能があります。
IMG_0419.jpg
専用のアプリをダウンロードし EDIFICE とリンクすれば、時刻設定やタイマー、アラームなどの設定はもちろん、モータースポーツシーンでの使用をメインとしたストップウォッチ機能(1/1000秒まで計測可能)も充実しており、サーキットなどでの目標タイムの設定や各ラップタイムデータの記録などもできます。レース観戦をしてる時にも嬉しい機能ですね。
IMG_1050.jpg
さらに、ちょっと便利なのが、EDIFICE からスマホのアラームを鳴らして探すことができる携帯電話探索機能。ブルートゥースの届く範囲に限られますが、家の中や車内でスマホを探す時に重宝します。(笑)

手に取ってみると「普段使いにはちょっと大きすぎるかな?」と思いましたが、腕にはめてみると意外に軽く感じられ、驚くほどしっくり馴染みました。
なにより、文字板やベゼル、針、インデックス、プッシュボタン、ロゴなどどれもハイクオリティなディテールで、大きなボディでも大味にならず、むしろ良いモノ感が強調され存在感が増してます。タフソーラーで電池切れの心配も少ないし、時刻合わせも自動で行い、いつでも正確な時間を示してくれるので、普段使いの時計としてはベストです。
IMG_2669-2.jpgIMG_2673-2.jpg
これだけカッコいいと、ファッションの一部としてさりげなく袖から覗かせて主張したくなります。
実際、EDIFICE を身に着けて出かけたときに、知り合いから「良い時計ですね。どちらのですか?」と声をかけられることが何度かあり、周りからも中々の高評価でした。
IMG_0602.jpgIMG_2060-2.jpg

普段使い用にと気軽に手に入れた EDIFICE でしたが、今ではすっかり気に入りどこへ行くにも身に着けています。
私はクルマ好きなので、お気に入りのドライビンググッズと共にドライブに出かけることが多いですが、その一つにこの EDIFICE が加わりました。
当分、コイツと一緒に色々なところへ旅をしていくことになりそうなので楽しみです。
IMG_2657.jpg
IMG_0709.jpg


カシオ 公式サイト:https://casio.jp/
カシオ EDIFICE 公式サイト:https://www.edifice-watches.com/jp/ja/

reported by カーくる編集部

November 16,2018 Fri   CATEGORY:コラム  
「うんうん」した人

新城ラリー観戦記!

世界中
うんうんする
23


今年もやってまいりました!
全日本ラリー選手権 最終戦 新城ラリー

SINNSIRO2018 (1).JPG

カーくるも応援するモータージャーナリスト 竹岡圭さんが今年も参戦!
無論、カーくる編集部も会場入りして応援して来ましたので新城ラリーをレポートさせていただきます。

SINNSIRO2018 (6).JPG

お天気に恵まれ、会場は少し暑いぐらいのお天気。
会場の新城総合公園内のレイアウトは例年とは変わり、サービスパークが一番遠くの場所に・・・暑い。
そんな愚痴はさておき、早朝の5時に名古屋を出発し7時には会場入り。
さっそく竹岡さんのチーム 圭 Rally Project のテントへお邪魔させて頂きました!

SINNSIRO2018 (7).JPG

さすが、人気モータージャーナリストの竹岡さんのサービスパークテント!
作りが他のテントとは違い、とても華やかな雰囲気です。

SINNSIRO2018 (23).JPG

テントを訪れた方のためにこうしたお土産も用意されていました。
ファンの皆さんには嬉しいサービスですね!

SINNSIRO2018 (11).JPG

レース前の忙しいタイミング、参戦車両のアルファロメオ ジュリエッタは準備万端で清掃中。
竹岡さんもチームスタッフと入念に打ち合わせをされています。

SINNSIRO2018 (13).JPG

早朝からあまりゆっくりされることなく、竹岡さんはコドラの佐竹さんと共にサービスパークからスタート!
朝からとても忙しいスケジュールで動き回られています。

SINNSIRO2018 (14).JPG

ちょうどその出発風景の動画がこちらです。
行ってらっしゃーい!



この後、竹岡さんの走行シーンは残念ながらタイミングが合わず撮影することが出来ませんでした。
皆さんに竹岡さんの活躍をお伝えできなくて残念!

でも、竹岡さん以外にもカーくるに馴染みのあるドライバーに会場でお会いすることが出来ましたのでご紹介したいと思います。
今年はTOYOTA GAZOO Racingチームから全日本ラリーに参戦している眞貝選手と安藤選手です!

SINNSIRO2018 (20).JPG

2017年度シーズンまではチンクエチェント博物館のレーシングチームからABARTHで参戦していたお二人、今年はヴィッツで元気に参戦されています。

SINNSIRO2018 (3).JPG

ちょうど新城ラリーのSSスタート前にお二人をキャッチして勇姿を撮る事ができました。

SINNSIRO2018 (21).JPG

真剣な眼差しの眞貝選手、さすが、これからSSを走るという事で目力が強いですね!
上位常連のトップラリードライバーの雰囲気がビンビン伝わってきました。

新城ラリー2018は今年の全日本ラリーの最終戦。
竹岡さん、眞貝さん共に無事にゴールされ、眞貝さんはJN5クラスで2位入賞でフィニッシュ。
竹岡さんはJN4クラスで11位と惜しくも入賞とはなりませんでした。
でも、無事にシーズンを終えられて本当に良かったです。

SINNSIRO2018 (12).JPG

お二人とも来年の参戦体制はまだ発表されていませんが、是非、来年もご活躍を期待したいところです!

さあ、ここまでは竹岡さん&眞貝さんの事をご紹介しましたが、新城ラリーはそれだけではありません。
毎年5万人を超える大観衆を集める日本国内屈指のラリーイベントですから、会場では来場者を楽しませるアトラクションが色々と用意されています。

SINNSIRO2018 (34).jpg.jpg

多くの企業ブースには来場者が楽しめるゲームなどがいっぱい!

SINNSIRO2018 (26).JPG SINNSIRO2018 (25).JPG
SINNSIRO2018 (27).JPG SINNSIRO2018 (2).JPG

ゲームコーナーが設置されていたり、バイクにまたがる事も可能な展示や、
イベントならではのディスカウントアイテムの販売まで各社気合が入った展示となっています。

SINNSIRO2018 (32).jpg

また、TOYOTA GAZOO Racing PARKには多くの展示車両や公式グッズの販売ブースも!

SINNSIRO2018 (33).jpg SINNSIRO2018 (4).JPG
SINNSIRO2018 (5).JPG SINNSIRO2018 (24).JPG

さすが、トヨタさんは毎年のことですがかなりの規模での出店となっています。

SINNSIRO2018 (31).JPG

こんなGAZOO Racingのキャラクターもいて会場にきた子供達には大人気!

その他、メイン会場の県営新城総合公園内のコースではデモンストレーションランや来場者の同上走行などが行われているので思いっきり楽しめます。

SINNSIRO2018 (28).JPG

新城ラリーの記念タオルを購入すると同乗走行の抽選に参加出来るというシステムなので、多くの方がタオルを購入されていました。
同上走行のデモランの動画になります。
※大きな音が出ますので再生時はご注意ください。



また、今回は2017年シーズンにTOYOTA GAZOO Racing WRTからWRC(世界ラリー選手権)にフル参戦したユホ・ハンニネン選手も来場し、会場でヤリスWRCのデモ走行を行い、ギャラリーを沸かせました。

SINNSIRO2018 (16).JPG

最後にオマケ!
こうしたイベントには欠かせないのが尾根遺産ですね!

SINNSIRO2018 (15).JPG

SINNSIRO2018 (17).JPG

SINNSIRO2018 (18).JPG

SINNSIRO2018 (30).JPG

全日本ラリー選手権 新城ラリーはクルマ好き・ラリー好きが集まるだけのイベントではありません。
地元の企業・自治体なども手を取り合う総合イベントです。

クルマ好きはもちろん、クルマ好きでない方も楽しめるイベントとなっていますので、是非、また来年以降開催されれば来場されてみてはどうでしょうか。

SINNSIRO2018 (19).JPG
 
SINNSIRO2018 (22).JPG
 
reported by い~さん

November 9,2018 Fri   CATEGORY:イベント取材  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る