ログイン
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

新型Audi RS Q3 / RS Q3 Sportbackを発売

掲載日  2020/10/27
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
4


 アウディ ジャパン株式会社は、今年7月に第二世代にフルモデルチェンジしたプレミアムコンパクトSUV、Audi Q3シリーズのハイパフォーマンスモデルAudi RS Q3 / RS Q3 Sportbackを発表。
12月8日より全国のアウディ正規ディーラーを通じて発売する

_Audi_RS_Q3_RS_Q3_Sportback_01.jpg

新型Audi Q3 / Q3 Sportback は、洗練されたエクステリアデザインと75ミリ延長したホイールベースによる広い室内空間や荷室スペース、フルデジタルの液晶パネルと最新世代のナビゲーションシステムを採用した先進的なインテリア、新開発の1.5 TFSIガソリンエンジンもしくはクリーンディーゼルの2.0 TDIによる優れた走行性能などで、発売以来高い人気を得ている。

今回発売するAudi RS Q3 / RS Q3 Sportbackは、Q3シリーズの頂点に位置する高性能モデルで、「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」の2.0~2.5リッターカテゴリーにおいて、9年連続でベストエンジン賞に選出された5気筒エンジンとquattroフルタイム四輪駆動システムを組み合わせており、SUVの枠に収まらない、ハイエンドスポーツモデルにふさわしい性能となっている。

オールアルミ製の直列5気筒TFSIガソリン直噴ターボエンジンは、クラストップレベルの最高出力400PS、最大トルク480Nmを発揮。7速Sトロニックトランスミッションとともに組み合わされるquattroフルタイム四輪駆動システムは、コンパクトかつ軽量な電子油圧制御式の多板クラッチを採用。前後アクスルにトルクを可変配分することにより、大パワーを確実に路面へ伝達し、優れた高速安定性と操縦安定性を実現。0-100km/h加速タイムは4.5秒の俊足。サスペンションは、Audi Q3 / Q3 Sportbackに比べて車高を10mm低めたRSスポーツサスペンションを標準装備。さらに減衰力を電子制御するRSダンピングコントロールサスペンションをオプションで選択できる。

エクステリアは、ブラックのハニカムメッシュグリルを備えたシングルフレームグリルや大型エアインレットや、RSシリーズ専用の前後バンパーやリヤディフューザー、左右2本出しの楕円形テールパイプを採用。往年の Audi Sport quattroを彷彿とさせる前後のブリスターフェンダーや彫りの深いサイドのロワーラインなどにより、RSシリーズならではの力強さが表現されている。20インチの10スポークスターデザインアルミホイールを標準装備。オプションで21インチアルミホイールやカラードブレーキキャリパーレッド、セラミックブレーキ、RSスポーツエキゾーストシステム等も選択できる。

インテリアにも、オクタゴンのシングルフレームグリルをモチーフとしたデザインがインストルメントパネルに配され、RSシリーズ専用モード付きのアウディバーチャルコックピットプラスを採用。またRSロゴ付きアルカンターラ/レザースポーツシートなどを装備し、スポーティさとプレミアム性が向上している。
さらにSスポーツシートを備え、ステアリングやシフトノブ、シートベルト、フロアマットなどにアクセントとなるステッチを配したRSデザインパッケージなどがオプションで選択できる。


_Audi_RS_Q3_RS_Q3_Sportback_02_RS_Q3.jpg

_Audi_RS_Q3_RS_Q3_Sportback_03_RS_Q3.jpg

車両本体価格 (消費税10%込)

Audi RS Q3 : 838万円
Audi RS Q3 Sportback : 863万円
2020年10月27日 18:00  | プレスリリース
「うんうん」した人

GR YARIS 用 OZ Superturismo-WRC デビュー

掲載日  2020/10/27
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
4


TOYOTA GAZOO Racing WRT を含めたWRCに参戦するすべてのチームにホイールを供給するオーゼットより、GR ヤリス 用 OZ Superturismo-WRC が登場した。

Superturismo_WRC_RaceWhite_F.jpg

Superturismo-WRC (スーパーツーリズモWRC)」
世界最高峰のラリーであるWRCターマックステージで使用されるレプリカモデル。
レーシングテクノロジーはそのままに、オーゼット・ラリーカラーの象徴であるホワイトにレッドロゴをあしらい、ワークスマシンが持つ魅惑のオーラを想起させる。


WRC.png


トヨタ自動車がWRCで勝つために造り出した GR ヤリス。
既にラインナップされているグラベルステージデザインの Rally Racing に続いて、ターマックステージデザインの Superturismo-WRCが登場。

WRCワークス車両のオーラを出すには必要不可欠なアイテムであることは間違いない。
あなたの GR ヤリスにもWRC直系で
ワクワク感を更に沸騰させる逸品をチョイスしてみてはいかがだろうか。
 

【GR ヤリス 用 Superturismo-WRC サイズ】
サイズ1.png

今回、カーくるの通販サイト 「カウくる」にていち早く商品ラインナップに投入!
お買い求めは下記リンクから

GR YARIS 用 スーパーツーリズモWRC 4本セット

カウくる 楽天市場支店:
item.rakuten.co.jp/caucle/superturismo-wrc/
カウくる Yahoo! ショッピングサイト:
store.shopping.yahoo.co.jp/caucle/superturismo-wrc.html



2020年10月27日 17:48  | プレスリリース
「うんうん」した人

BMW M4 Competition x KITH 世界限定150台 予約開始!

掲載日  2020/10/23
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
2


 BMW M 社は新型 BMW M4 Competition の特別限定エディションを発表した。世界的な人気を誇るニューヨークのライフスタイル・ブランド Kith(キス)とのコラボレーションにより、エクステリアとインテリアに比類ないデザイン・ディテールを施した全世界 150 台限定生産の BMW M4 Competition x KITH が誕生した。BMW M 社は、現代アーティストの FUTURA 2000 氏とのコラボレーションの例にもみられるように、影響力の大きい最新のファッション・シーンの動向をキャッチし、成長市場で地位を築いている。Kith の設立者で熱心な BMW ファンのロニー・ファイグ氏にとって、今回のコラボレーションは原点に立ち返る思いを抱かせるものとなっている。BMW M4 Competition x KITH は、10 月 24日より予約受付が開始する。同時に、Kith は全店舗およびオンラインで、特別デザインによる 96 点のウェアとアクセサリーからなるコレクションを販売する。

 
P90403622_highRes_bmw-m4-competition-x.jpg

ハイライトは、KITHカーボン・ルーフである。このオプション装備では、グレーの文字のKITHロゴとBMW Mストライプがルーフ表面に配置されている。

P90403631_highRes_bmw-m4-competition-x.jpg

標準装備のMコンパウンド・ブレーキ・システムには、Mロゴの入ったレッドのブレーキ・キャリパーが備わっている。これらは、フロント19インチ、リヤ20インチのM鍛造ホイール826Mバイ・カラー/ジェット・ブラック(ソリッド)のダブル・スポークを通してよく見ることができる。

P90403621_highRes_bmw-m4-competition-x.jpg

ボディカラーは以下の3色から選択可能となっている。
 

フローズン・ブラック

フローズン・ダークシルバー
フローズン・ブリリアント・ホワイト
 
3色全てがマットカラーである。



室内空間は、3色のMカーボン・バケット・シートが装着される。
ブラックのフル・レザー・メリノには、BMW Mカラーのライト・ブルーとレッドのディテールが鮮やかなアクセントを添えている
センター・コンソールには、KithロゴとBMW Mストライプがあしらわれた専用のエンブレムが配置されている。前席ヘッドレスト下方の照明付きMバッジにも、同様にKithロゴが入っている。

 
P90403626_highRes_bmw-m4-competition-x.jpg

P90403630_highRes_bmw-m4-competition-x.jpg


日本におい
ては、消費税込み 1,680 万円で販売される予定となっている。
2020年10月23日 22:40  | プレスリリース
「うんうん」した人

「メルセデス AMG GLA 35 4MATIC」「メルセデス AMG GLA 45 S 4MATIC+」を発表

掲載日  2020/10/22
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
2


 メルセデス・ベンツ日本株式会社は、都市型 SUV の GLA に、公道での気持ちの良いドライビングに焦点を当てたハイパフォーマンスモデル「メルセデス AMG GLA 35 4MATIC(以下 GLA 35)」と、世界で最もパワフルな 2 リッター4 気筒ターボエンジンを搭載した「メルセデス AMG GLA 45 S 4MATIC+(以下 GLA 45 S)」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて2020年10月22日より予約注文の受付を開始した。

gla45s-exterior-1.jpg

納車はGLA 35 は 2020 年 12 月頃、GLA 45 S は 2020 年 11 月頃が予定されている。
 
 
「メルセデス AMG GLA 35 4MATIC」
 
gla35-exterior-3.jpg
 
GLA 35は、「メルセデスAMG 35シリーズ」5番目のモデルとなった。
前輪駆動アーキテクチャーモデルに高出力なエンジン、
十分なトラクションを確保する四輪駆動システム、高い剛性とアジリティのためのシャシーの補強やサスペンションのセッティングなど高次元のドライビングパフォーマンスを実現しつつ、快適性も損なうことがないように開発された、クルマの挙動と対話しながら、気持ち良くドライビングすることに焦点を当てたモデル。


「メルセデス AMG GLA 45 S 4MATIC+」
 
gla45s-exterior-3.jpg
 
gla45s-interior-1.jpg

GLA 45 Sは、世界で最もパワフルな2リッター4気筒ターボエンジンを搭載。
最大過給圧2.1バールとなるこのターボエンジンは最高出力421PS、最大トルク500N・mを発生。シャシーやサスペンション、四輪駆動システムやESPの制御なども全て最新の技術が惜しみなく投入され、メルセデスAMG社のブランドスローガン「ドライビングパフォーマンス」を体現したモデルとなっている。
 
 
なお、GLA 35およびGLA 45 Sには、新車購入から3年間、一般保証修理/定期メンテナンス(点検整備の作業工賃・交換部品)/24時間ツーリングサポート/地図データ更新が無償で提供される走行距離無制限の保証プログラム「メルセデス・ケア」が適用される。
 
また、メルセデス・ケア期間中には、ご希望のモデルを3回無料でご利用いただける週末貸出サービス「シェアカー・プラス」も利用可能となっている。
 
メルセデス・ケア終了後も引き続き2年間、一般保証、定期メンテナンスや24時間ツーリングサポートをご利用いただける有償のサービスプログラム「メンテナンス&保証プラス*1」が選択可能となっている。


 
*1: メンテナンスサービスは総走行距離 75,000km までで終了となる。


  
車両本体価格 (消費税10%込)
 
メルセデス AMG GLA 35 4MATIC : 707万円
メルセデス AMG GLA 45 S 4MATIC+ : 900万円
 


2020年10月22日 21:50  | プレスリリース
「うんうん」した人

ポルシェが700PSの新型パナメーラ モデルを発売

掲載日  2020/10/21
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
3


 性能、快適性、航続距離をさらに向上させた2つのプラグインハイブリッドモデルを追加

porsche1.jpg

ポルシェジャパン株式会社は、514kW(700PS)、870N・mを誇るフラグシップモデル「新型パナメーラターボS E-ハイブリッド」と「新型パナメーラ4 E-ハイブリッド」の予約受注を日本全国のポルシェ正規販売で開始した。

最もパワフルなパナメーラターボS E-ハイブリッドは、420kW(571PS)の4リッターV8ツインターボエンジンと100kW(136PS)の電気モーターを組み合わせた。
17.9kWhの新しいバッテリーと最適化されたドライビングモードによって、電気駆動のみによる航続距離がWLTP準拠による計測で最大30%延長された。
これは、新しいパナメーラ4 E-ハイブリッドにも当てはまりり、先代と同じ243kW(330PS)の2.9リッターV6ツインターボエンジンがエレクトリックシステムによって補完され、340kW(462PS)のシステム出力を発生。


電気駆動によるドライビングエクスペリエンスが向上した2つのハイブリッドモデルを追加

ポルシェは、直近に発表された412kW(560PS)のシステム出力を備えるパナメーラ4S E-ハイブリッドとあわせて、3つのパナメーラプラグインハイブリッドモデルをラインナップし、体系的にE-パフォーマンス戦略を拡張している。
ドライブアーキテクチャーの中心となる100kW(136PS)の出力と400N・mのトルクを発生するエレクトリックシステムは8速デュアルクラッチトランスミッション(PDK)に統合され、各エンジンとの組み合わせで卓越した走行性能をもたらす。
420kW(571PS)(先代:404kW/550PS)の4リッターV8ツインターボエンジンを搭載したパナメーラターボS E-ハイブリッドは、標準装備のスポーツクロノパッケージを使用すると0-100km/h加速タイムは先代を0.2秒上回る3.2秒をマークし、最高速度は先代を5 km/h上回る315km/hにも達する。
パナメーラ4E-ハイブリッドは、静止状態からわずか4.4秒(-0.2秒)で100km/hまで加速し、280km/h(+2km/h)で最高速度に達する。

高電圧バッテリーの総容量は、最適化されたセルの使用によって14.1kWhから17.9kWhに増加し、ドライビングモードはより効率的なエネルギー利用に適合されている。
パナメーラターボS E-ハイブリッドは、WLTP EAER Cityモードで最大50km(NEDC:最大59km)の電気駆動のみによる航続距離を備え、パナメーラ4E-ハイブリッドは、WLTP EAER Cityモードで最大56km(NEDC:最大64km)をバッテリーのみで走行することができる。
ポルシェプラグインハイブリッドモデルは、標準の家庭用コンセントまたは電源ソケットを介して自宅で充電でき、標準装備のポルシェモバイルチャージャーを使用するとき、モデルに応じて7.2kWの充電容量が得られる。


優れたコネクティビティーとシャープな外観

パナメーラターボS E-ハイブリッドの新設計されたフロントエンドは、デュアルC形ターボ フロントライトモジュールと、大型サイドエアインテークによって差別化された。
改良されたリアライトバーは、フォルムを適合したラゲッジコンパートメントリッド上をシームレスにつなぐ。
オプションには、ダイナミック “カミング/リービングホーム” アニメーションを備えたエクスクルーシブデザイン ティンテッドテールライトモジュール、3種類の新しい20/21インチ ホイール、2色の新しいエクステリアカラー(チェリー メタリックとトリュフブラウン メタリック)が含まれる。
 
さらに高いディスプレイ解像度を備えたポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)には、改良されたオンラインボイスコントロールのボイスパイロットやApple® CarPlay、ポルシェコネクトなどその他多くのデジタル機能とサービスが含まれる。

 
 
さらなる性能、さらなる快適性

全ての新型パナメーラでは、シャシーおよびコントロールシステムがスポーツ性と快適性に合わせて調整されている。
 
新世代のステアリングコントロールシステムと新しいタイヤによって、横方向のダイナミクスと精度が向上。フラグシップモデルのパナメーラターボS E-ハイブリッドには、ポルシェ トルクベクトリングプラス(PTV Plus)を含むポルシェ ダイナミックシャシーコントロールスポーツ(PDCC Sport)電子制御ロール安定化システム、パワーステアリングプラスを含むリアアクスルステアリング、ポルシェ セラミックコンポジットブレーキ(PCCB)システムなど、現在利用可能な全てのシャシーおよびコントロールシステムが標準装備される。
日本仕様ではレーンキーピングアシスト、コンフォートアクセス、アダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、サラウンドビューを含むパークアシストといった他のマーケットではオプションとなる装備を標準で搭載している。

porsche3.jpg

車両本体価格 (消費税10%込)

パナメーラ4 E-ハイブリッド : 1528万円
パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリズモ : 1575万円
パナメーラターボS E-ハイブリッド : 2973万円

porsche5.jpg

porsche4.jpg

porsche2.jpg
2020年10月21日 00:17  | プレスリリース
「うんうん」した人
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る