ログイン

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
  LINK
ウイングオート

G-TECH
  最近のコメント
  その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
2019年1月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
赤口
7
先勝
8
友引
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
大安
30
赤口
31
先勝
  カウンター
Counter
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
4


_DSC9657.jpg

G-TECH EVO-R 224

G-TECHで取り扱っている様々なチューニングパーツの中からパーツをチョイスし、G-TECH JAPANの限定モデルとして作り上げられているのがEVO-R 224 です。
_DSC9640.jpg_DSC9645.jpg
_DSC9641.jpg_DSC9644.jpg
G-TECH EVO-R 224 は、アバルト500をベースとしG-TECHのEVO-Rパフォーマンスキットによりエンジンチューニングが施され最高出力が224psまで引き上げられています。

今回試乗したモデルは特別にベース車両にアバルト695トリブートフェラーリ(フェラーリとのダブルネーム限定車)をチョイスしG-TECHをインストールしているので、更にスペシャル感満載な1台です。
_DSC9630.jpg

4段階のモードでコンフォート~じゃじゃ馬を乗りこなす楽しさまで
エキゾーストシステムはフラップバルブ付で排気音量の切り替えが可能で、アバルトのSPORT/ノーマルモードと合わせると4段階のパワー調整が可能です。
車庫入れや都市部で乗る時はSPORTモードオフ、バルブを閉めて走れば静かでご近所迷惑にもならない快適な乗り心地だし、高速道路やドライブウェイでスイッチをひとつづつ入れていけば、どんどんそれに応じて車が過激なじゃじゃ馬に様変わりしていく、、そんな変化を楽しむこともできます。
もともと素のアバルトの基本性能の高さにG-TECHチューンを加えることで、走る、曲がる、止まることがさらに高いレベルで実現されています。
これまでアバルト500を乗るとどうしても1.4Lエンジンの「底の浅さ」が透かして見えてしまうことがありましたが、このEVO-R 224に関しては全くそれを感じることなく、そのトルクフルな走りは大排気量の車と比較しても引けを取らないレベルにまで来ていることを実感しました。

_DSC9633.jpg
_DSC9739.jpg

胸がざわつく異次元の加速

G-TECHチューンされたアバルトのエンジン、下からのトルク溢れる走り出しはとてもベースが1.4Lのエンジンとは思えないスムーズさでぐいぐいと加速していきます。
そしてこのG-TECHパフォーマンスシステムの真骨頂は4千回転を超えたあたりから急激に牙を露わにします。
胸がざわっとするような強烈な加速はイメージするならば映画バックトゥーザフューチャーで異次元にでも飛び立つかのような、これまでの車とは性質を異なるかのようでもありました。

それが計算して出せるのも操っている喜びにつながります。アクセルを踏み込み、4千回転に飛び込んだ後の「来るぞ、来るぞーーー、ほら来たー!!バビューーーーーン!!」みたいな分かり易さです。
ここまで気持良く速い車、このサイズの車で他にありますでしょうか?
 
_DSC9726.jpg

恋する車と暮らす
今回もガレージハウスG-Styleの撮影としても使わせていただきました。どちらの物件も趣向が凝らされており、考えられた間取りやガレージになっています。

_DSC9671.jpg_DSC9688.jpg
アバルトで、フェラーリとのコラボモデル限定車、そして極め付けはG-TECHチューンと、現在考えられるアバルト最速のうちの1台は、手に入れられるオーナーさんはこだわりを持っている人に違いありません。この車と恋に落ちていることでしょう。
それを格納しておく箱もやはり重要ですよね。
 
_DSC9694.jpg

G-TECH EVO-R224 との夢のガレージライフ。絵になります。車好きの理想の形がここにはあります。

_DSC9713.jpg_DSC9720.jpgDSC01683.jpg

最後にマフラーサウンドを。乾いた音が痺れますね。



なお、G-TECH EVO-R 224 出演のガレージハウスG-styleプロモーションビデオも近日公開予定です。公開されたらまたこちらでご報告しますね!

224R2.jpg

224R1.jpg


Information
G-TECH JAPANホームページ
http://g-techgmbh.jp/home/

撮影協力:太陽ハウジングリース「G-style」
http://g-styleclub.com/


この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=RaHThhw%2bAOMgFxUPKhx55Q%3d%3d
2013年10月23日 14:32  | G-TECH EVO-R 224  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
7


1-s.jpg

G-TECHとは

FIAT500、アバルト好きの方ならG-TECH(ジーテック)という単語を最近よく目にするのではないでしょうか。まずG-TECHのことをご紹介しておきますと、G-TECHはドイツに本拠地を置くカーチューニング/パワーアップキット開発ブランドです。代表のHelmut Giessl氏は80年代に、ポルシェのチューニングとして知られるRUFAutomobileでチューナーとして学び、その後エンジン開発チームのチーフとして、ポルシェ初のエレクトロニックインジェクション装備(ポルシェ911ターボ3.3)の開発に携わりました。

6.jpg

そして、フェラーリやマセラティのチューニングメーカーのNovitecの前身である会社を共同経営した後、現在のAbarth、FiatのチューニングメーカーであるG-Tech Gmbhを立ち上げました。
Helmut Giessl氏は今までの多くの経験を活かし、エンジンコンピューターのチューニングやオリジナルマフラーの製作、レースカーのプロトタイプの開発も行い、ヨーロッパでチューナーとしての不動の地位を確立しています。

_DSC7782-s.JPG

About Sportster GT

ですので、よくこの写真の黄色いチョップトップアバルトのことが「G-TECH」と思われている方がいますが、G-TECHはブランド名であり、その中の1つのモデルとしてSportster GTがある、というわけです。
そのG-TECHのアバルト 500をベースにし、ルーフの高さを100mm低くしたG-TECH Sportster GTに乗る機会を得ました。

このSportster GT、エンジンの最高出力はベースのアバルト500では135psなのに対しG-TECH独自のエンジンチューニングにより、224psにまで引き上げられています。

_DSC7421-s.JPG

エンジンだけでなく、エキゾーストシステム、ブレーキ、サスペンション、ホイール至るまでほぼ全ての箇所に手が入れられており、アバルト500をベースにほぼ1から作り変えられたG-TECHのコンプリートカーとなっています。

_DSC7350-s.JPG

乗り込んでまず驚いたのは、乗車定員が4人乗りから2人乗りに変更されていて、運転席、助手席にはRecaro製のフルバケットシートが装備されていました。

したがって後部座席は無く、屋根が低く、車高も低く、アバルトと並べて見るとかなり低く構えていて、シルエットからでは同じ車には見えません。

それだけでかなりのスペシャル感があり、まずこの外観だけで「人と違った車が欲しい」とお考えの方にはおすすめの1台だと思います。

_DSC7525-s.JPG

超刺激的&攻撃的な走り

さらにその走りもこの外見そのままのトンがりようで、相当刺激的というか衝撃的です。

エンジンスタートからかなりの咆哮ぶりであり、ボタン一つでエンジンの始動音と乾いたマフラー音があたりに響きわたります。この感覚、言うなればイタリアのスーパーカー系のエンジンスタート音と共通のものを感じました。

走り始めるとさらにイタリアピュアスポーツの味付けに酔ってしまいます。

drive.jpg

引き締められた足回りは明らかに乗り心地よりも速く走ることを念頭に開発されたことがわかり、路面から伝わってくるインフォメーションは明確に状況を乗り手に伝えます。

また吸排気では切り替えスイッチ一つでマフラーを絞ることによるトルクとサウンドの調整ができるようになっており、低速域では締めてトルクを稼ぎだし、スピードに乗って来たらスイッチONで解放、加速とサウンドに酔い痴れることができます。

3.jpg

エンジンもこの小さく軽いボディに224馬力という過大とも言えるパワーを屠るとこうなるんだ!という直球勝負な主張がとても気持ち良く、その豪快さには運転していると笑顔を通り越して笑いが止まらなくなるほど。

パワーとトルクの出方が急激で、いかにも「はい、ここからターボが利き始めます!」という分かり易い味付け。暴れ馬を自分の手で制御している、いわゆる「じゃじゃ馬」を飼い慣らしている快感。自分の手で運転しているダイレクトさはビンビンに伝わってきます。とにかくエンジンを回していたくなる1台であり、新しいピュアスポーツがアバルトをベースに誕生したと言っても過言では無いと感じました。

_DSC7957-s.JPG
どこへ連れ出しても注目度抜群。

_DSC8049-s.JPG
岐阜の金華山をバックに。


今回はガレージハウスG-Styleの撮影としても使わせていただきましたが、こんな車が格納されたガレージ、いいですよね。夢が膨らみます。

_DSC7397-s.JPG_DSC7574-s.JPG_MG_9149-s.jpg_MG_9164-s.jpg


Information
G-TECH ホームページ
http://g-techgmbh.jp/home/

撮影協力:太陽ハウジングリース「G-style」
http://g-styleclub.com/

 

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=poNfgTRixV5MBvg5LDDllg%3d%3d
2013年10月21日 12:41  | G-TECH SportSterGT  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
4


ウイングオートさんにFIATQUBOをお借りしましたので、編集部レポートをお届けします。
 
◆ファーストインプレッション
 

ブサ可愛い

DSC06849.jpg
 
ムルティプラのマイナーチェンジ前の顔といい、イタリア車のフロントデザインはどこかファニーフェイスで、ともするとブサイクなのが、逆に可愛くてたまらない。
 
このQUBOもその伝統(?)にならって、このアングリ突き出したアゴのようなフロントフェイスが何ともブサイクで、かわいい。
 
これだけでも十分買う動機になるから不思議だ。
 
実は編集部も2009年にイタリアに行った時に、QUBOに一目ぼれしたクチで、その時に書いた記事を2本ご紹介。
 
このQUBOのCMは必見。笑えます。
 
この見た目と、ウイングオートさんの派手なデカールのせいもあると思うけど、街中でも、
そしてQUBOで参加したカーくる新舞子サンデーでもいろんな人がジーーっとみていく。注目度はやはり高いようだ。
  
_DSC5605.jpg_DSC5589.jpg

◆使い勝手編

広い!

ぱっと見た印象は意外と大きい。でも実は全長3,959mm 全幅1,716mm 全高1,713 というコンパクトサイズに収まっている。
 
これで全長ほんとに4m以下!?というくらい車内は広い印象。じゃあ横幅があるのかと思いきや、
全幅も1716mmと、最近の肥大化した同じクラスのライバルのボディと比べても全然狭いはずなのに、どうしてこんなに室内が広く感じるのだろう。
背が高い分、アイポイントと解放感がそうさせるのかも知れない。パッケージングの妙なのだろう。
sDSC06853.jpg  _DSC5750.jpg 
 

キーレスが効く!

ためしにやってみたらものすごい遠くからもキーレスエントリーが効くからびっくり。
最近の日本車より、よっぽど遠くまで届く。
昔のイタ車はガラスにくっつけて開けていたことを考えると、便利になったなあと変なところで関心。
 

カーナビ収まりいい!

現代においてカーナビは必須アイテムと言えよう。
しかし輸入車というのは未だにこのナビへの対応が積極的でないので、こういう収まりの良いナビは見た目にこだわるイタリア車乗りとしてはありがたい。
聞くところによると海外をいろいろと探してパーツを取り寄せているそう。
こういう地道な作業が嬉しい。
 _DSC5889.jpg

エアコン効く!

これも昔からの輸入車乗りには朗報なポイントだと思う。
室内が広い分、エアコンの効きはとても気になるが、ものすごくよく効く。
マニュアルエアコンの1段階目にしただけで、勢いよく冷気が飛び出てくる。
 

ミラーが大きい!

ミラーは大きいに越したことはない。
成り立ちが商用車なだけにここは重要なポイントの一つ。
レーンチェンジがとてもしやすく、死角が少ないのは◎
sDSC06854.jpg
 

両側スライドドアー

家族持ちにはとっても便利な両側スライドドアー。
お隣りの車にドアパンチを食らわすこともなく、みんなに優しい両側スライドドアーは嬉しい機能の一つ。
_DSC5617.jpg
 
 


かの地では商用車として売っているだけあって、日常的な使い勝手は申し分ないと言えよう。
 
では、肝心の走りはどうか。
 
_DSC5624.jpg_DSC5586.jpg
 

◆走り編
 

ハンドルの持ち手

まず、ハンドルがいい。
何かいいって持ち手の部分。
皆さん自動車学校で習いましたよね?ハンドルは10時10分の位置に持てと。
この微妙な張り出しが、同じフィアットのチンクエチェントやプントなどより若干膨らみが大きいだけで、随分と印象が変わる。
ついここに手を乗せたくなるのだ。
安全をデザインするということは、なかなかできることではないと思う。
_DSC5883.jpg
 

一般道路

乗り込む前、目を閉じてエンジン音を聞くと小型のトラックのようなテイストの音がする。
でも、実際乗り込むとNVH対策がなされており、車内にいると音、振動ともに気にならないレベル。
最初はAUTOモードで走ってみる。要するにオートマモードだ。アイポイントの高さとガラスエリアが広いことが功を奏して視界は良好。
1.3L直列4気筒ディーゼルターボで75馬力というスペックよりも、実際は速く感じるのはディーゼルエンジンならではのトルクの厚みの恩恵だと思う。これでも十分走るのだが、AUTOモートを解除して、積極的に動かしてみる。
 

ディーゼルエンジン

低回転からトルク発生に伴い、モリモリ加速していく。3500回転を超えたあたりでトルクバンドから外れる感じがあるので、小気味よくデュアロジックをシフトアップしていくと、俄然スピードに乗ってきて、「きたきたーー」という感じがある。
逆にうまくバンドに乗せてあげないと走りも普通なものになりがちなので、ある意味通好みなディーゼルならではの楽しみがあると言える。
やはり車好きとしては積極的にシフトアップ、ダウンを使いこなしたい。
DSC06851.jpg
 

高速道路

今回の試乗で感じたのはむしろ高速道路のスムーズさだ。
イタリアで商用バンとして売っているとは思えない足回りのしっかりさがある。
つまりはきびきびと走ってくれて、合流などは厚いトルクのお蔭でスムーズに入ることが出来たし、コーナーでは意外と踏ん張ってくれる。
計算されてか、丁度踏ん張る右足のスネの部分がいい感じに当たってくれるので、それほどホールド感があるわけではないシートの割には自分自身も踏ん張れるのは良かった。
 _DSC5580.jpg

様々なシーンに

奥様がのんびり走ることもできるし、その気になったらお父ーさんがガチャガチャと
シフトを使ってモリモリ走ることもできる、そして広くて両側スライドドア。まさに一家に一台的な一石二鳥グルマだし、広い室内&キャリアなどを使って、ホビー車として派手なデカールなんかを貼ったりして使うのも面白いと思う。
_DSC5608.jpg
 

転がしてるだけで楽しい

色々な視点で書いたけれど、イタリア車の魅力というのはそういうものでは計ることの出来ないものがある。
転がしているだけで、何だかワクワクしてきて、どこかに出かけたくなる。
そんな、イタリアの伝統に則った1台が、このQUBOだと思う。
 
_DSC5701.jpg


_DSC5592.jpg
_DSC5599.jpg 

Information

 株式会社ウイングオート 名古屋ショールーム
 〒464-0807
 名古屋市千種区東山通3-34  加藤第一ビル1F
 TEL 052-782-7844
 FAX 052-782-7866
 OPEN AM10:00-PM7:00 CLOSE 水曜日

    http://www.wingauto.co.jp/lineup/eurocompact/


この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=n4dK8RZdaAHaS4daAyQziQ%3d%3d
2013年10月21日 07:27  | FIATQUBO  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る