ログイン

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
  LINK
ウイングオート

G-TECH
  最近のコメント
  その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
2019年1月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
赤口
7
先勝
8
友引
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
大安
30
赤口
31
先勝
  カウンター
Counter
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
14


■パンダとは?
 
パンダはコンパクトで扱いやすいサイズのクルマなので日常の足として本国イタリアをはじめ世界中で愛されているクルマです。 
 
初代フィアットパンダは1980年にデビュー。
巨匠ジウジアーロが手掛けた直線と面で構成されたシンプルなデザインは今でも斬新で色褪せることはありません。日本でも多くのファンにいまだに所有され、毎年パンダのイベントが開催されるほど愛されています。
 
2代目パンダは2003年にデビュー。
シンプルでベーシックなコンセプトはそのままに、こちらも多くの人の日常の足として愛されました。
 
DSC00752.jpg

そして2012年、ついに3代目パンダがデビューしました。日本には2013年にデリバリーが開始され、2013年のカーオブザイヤーのベスト10にも入るほどの実力と人気を備えた1台です。
外観は初代と2代目のデザインをうまく融合させたデザインに見えます。
スクエアとサークルを足した造語「スクワークル」をキーワードに角が取れた四角がデザインのコンセプトになっていて、さすがはイタリアンデザイン。モダンなデザインの1台に仕上がっています。

ユーティリティはドアが4枚、背も高く荷物も乗り、大人4人が余裕を持って乗れることからご家族で乗ることも必要十分な使い勝手の良いクルマです。4×4ならウインタースポーツをやる冬山だって怖くはありません。
 
 
■毎日をアクティブにしてくれる相棒
 
rs1103.jpg

さて、3代目パンダの魅力はデザインや使い勝手にとどまりません。
この3代目パンダはFIAT500でお馴染みのツインエアの2気筒875ccのエンジン搭載。
ということは、燃費も良い。カタログ値18.4km/Lというと日本車の超低燃費車に見慣れた目にはそれほど優れているようには見えないかも知れませんが、欧州車のカタログ値はかなり実燃費に近いので、それを考えるとそれほど実燃費に差はなく、十分に低燃費な車と言えます。

走りも極めて元気な印象です。今回走り始めてまず感じたのは、とにかく「元気」「軽快」にエンジンが回り、飛ぶように加速していくこと。同時に乗ったFIAT500Sの車高が低く、そしてこのパンダの車高が高いこともあり、かなり視野の解放感があり、そこにG-techのパフォーマンスキット(サブコン)インストールの効果も相まって、まるで車自身がパワーアップに喜んでスキップしているかのようにビュンビュン走ってくれました。
 
DSC00820.jpg
 
そしてFIAT500と比較して、2気筒の振動をかなり抑えている印象を受けました。やはり後発モデルだけにNVH対策は進んでいるようです。

しかし走り出すとちゃんと独特の「トコトコ」という音が車内に入り込んできて、それがまた良い「味つけ」に感じ、息吹のように感じさえするのです。

そして編集部が大好きな左のMTであることも◎な点。ツインエアー、アイドリングストップと相性が良いのはやっぱりMTです。小排気量の車は状況に応じて最適な変速位置を自分で選べるMTの方が上手に操れるし、クラッチを切ることでアイドリングのON、OFFをコントロールできることは、非常に自然で運転の流れに沿った操作だからです。



■G-Tech performance kitを装着してパワーチェック

 このパンダにはG-Techのパフォーマンスキット(サブコン)がインストールされており、試乗のついでにパワーチェックを行ってみました。
 
SANY0005.jpg
PANDAにG-Techサブコン装着!


DSC00691.jpg

伺ったのはスーパーオートバックスナゴヤベイ。こちらのシャシーダイナモでパワーチェックを行いました。

DSC00788.jpgDSC00793.jpgDSC00795.jpg
 


結果は102.8psとノーマルのカタログ値85psと比較して17.8psものアップ。トルクも18.5kg-mとノーマルの14.8kg-mと比較して3.7kg-mもアップに成功していました。
お客様から納車前に特別に許可をいただいて試乗した車両であり、慣らし前であることや、G-Techのマニュアルにも明示してありますが、本来の出力を出すためにサブコンの学習を100km以上走り込む必要があるのですが、納車前なので当然そのような距離を走ることは出来ないため、まだ学習前であることなど、パワーチェックとしては悪条件下でのこの数値はかなりのパフォーマンスだと思います。

次回はデモカーのFIAT500 RS110で学習をさせてからパワーチェックレポートをしたいと思いますので、お楽しみにしていてください。




Information
ウイングオート
http://www.wingauto.co.jp/
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=ULeWhv0ZkoILkZCXg8at9Q%3d%3d
2013年12月26日 00:00  | FIAT PANDA  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
4


■しなやかで力強い走り

DSC00719.jpg

G-TECH RS110はツインエアーエンジンのFIAT500にG-Techパフォーマンス・キット(サブコン)をインストールすることでベース車両の最高出力85psを110psまで、トルクは14.8kg-mを20.1kg-mまでパワーアップさせたモデルです。
試乗したのはベース車両が500S左ハンドルの5MT。外装色はマットブラックという特別色を纏った大変希少な1台です。

DSC00646.jpg
 
シートに真っ赤な500Sのロゴ、そして真っ赤な専用シフトノブ。素の500Sだけでも十分スポーティなのにさらにはG-Techチューンの証のサイドデカールを纏う事で、ひと目でより走りに拘った1台であることをアピールします。

 

エンジン始動すると少し低く太めのマフラーサウンドが運転者の気分を高揚させてくれます。
そして走り出すとG-Techによって引き上げられた太いトルクがもたらす滑らかでスムーズで走りは地面をスルスルと滑るように加速していきます。足回りはしっとりとしていて、高速道路の継ぎ目などのショックもさらりと乗り越えていってくれます。

パワーアップされたエンジンと相まって、これまで乗ったどの500よりもしなやかで高級感のある走りに感じられました。
アバルトほど固くなく、かと言ってノーマルのFIAT500ほどフワフワすることもなく、どちららかと言えばしっとりとした落ちつきのある乗り味で、1クラス上の車格の車に乗ったように感じました。

DSC00656.jpg

都市高速はカーブと合流が多くそのたびに減速と加速、そして合流が繰り返されます。
そのどれもが楽しく、いとも簡単に操作ができてしまうのはFIAT500の軽いボディにこの十分なトルクを与えられたおかげなのでしょう。

合流の加減でスピードダウンを余儀なくされる場面でも下は3速に入れておけばどんな状況からでも力強く加速して行くので頻繁にシフトを操作しなくても済むので楽ですし、3500回転を超えてからの4速5速の加速の伸びも素晴らしい。
とてもベースがわずか875ccの排気量のエンジンとは思えません。これで小さなボディとこの小排気量がもたらす軽さのおかげで燃費も良いのだから、もう鬼に金棒状態です。



■アバルトとフィアットの丁度良いブレンド

DSC00669.jpg

スペックをアバルトと比較すると馬力はアバルトの135psに対して110psと若干及ばないものの、トルクに関してはアバルトの21kg-mに対して20.1kg-mと、ほぼ互角のパフォーマンスを示しています。

アバルト500では行き過ぎだけど、ノーマルのFIAT500では普通過ぎて物足りない、そんな人のためにちょうどその中間の隙間を埋める1台として、このRS110はポジショニングされると思います。

ヤンチャ過ぎず、普通すぎず、アバルトとフィアットの丁度良いブレンド加減が絶妙で、さらにはこの艶消しマットブラック塗装の外装としっとりした乗り味が「大人が乗る500」として最適な1台だと思います。



DSC00648.jpg
スプリントブースターではボタンを押すことにより3段階のパワー調整が可能。

rs1101.jpg
マット塗装の艶消しブラックのボディが存在感を際立たせます。まさに大人が乗る500と言えると思います。

 rs1102.jpg

G-Tech JAPANでは現在マットブラックの500Sを【限定10台】のみ、G-Techパフォーマンス・キット(サブコン)をインストールして、「G-Tech RS-110 MBL」として販売しているそうなので気になった方はぜひお問い合わせしてみて下さい。

Information
G-Tech JAPANホームページ
http://g-techgmbh.jp/home/

 

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=VHhH86len0CKbvS0QgAoyg%3d%3d
2013年12月24日 15:00  | G-TECH RS110  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る