ログイン

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
  LINK
ウイングオート

G-TECH
  最近のコメント
  その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
2019年1月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
赤口
7
先勝
8
友引
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
大安
30
赤口
31
先勝
  カウンター
Counter
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
9


IMG_1605.jpg

G-TECHと言えばフィアット・アバルト・アルファロメオなどのイタリア車のチューニングメーカーとして最近では徐々に認知度が上がって来ていて、編集部の周りでも装着しているユーザーが何人かいるが、そのパフォーマンスの評価は上々だ。

IMG_1616.jpg

そして今後はメガーヌ・ルーテシア・カングー・キャプチャーなど、ルノーの車のチューニングも手掛けて行くとのことで、その第一弾となるのがメガーヌRS用のパフォーマンスKIT(サブコン)だ。

今回はウイングオートヨーロピアンショールームを出発し、名神高速道路を使って彦根ICを下り、琵琶湖のほとりを周遊ドライブしながら目的地は奥琵琶湖パークウェイのつづら尾崎展望台と設定した。

P4680148.jpg


マシンスペックは以下の通り。

Renault MEGANE RS

全長×全幅×全高 4320×1850×1435mm
ホイールベース 2640mm
トレッド前/後 1590/1545mm
車両重量 1430kg
最高出力 250ps(184kW)/5500rpm
G-TECHサブコン装着後→272ps
 
最大トルク 34.7kg・m(340Nm)/3000rpm
G-TECHサブコン装着後→390Nm
 
種類 直列4気筒DOHC16バルブターボ
総排気量 1998cc
内径×行程 82.7mm×93.0mm
圧縮比 8.6
過給機 ターボ
サスペンション形式(前) マクファーソン(ピボット独立式)/コイル
サスペンション形式(後) トレーリングアーム/コイル
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 235/40ZR18
タイヤサイズ(後) 235/40ZR18
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT

P4680162.jpg


社外パーツ
・RAYS TE37アルミホイール18inch
・アラゴスタ車高調

G-TECHパフォーマンスキット………………………………128,000円(工賃別)



■高速道路~抜群の安定感と強烈な加速~

まず高速道路に乗って感じたのはこの車、とにかく安定していて安心して加速できる。1850mmあるマシンの全幅と、アラゴスタの車高調で引き締められた足回りと低く構えた車高がもたらす低重心、さらにはRAYS製ホイールTE37と組み合わされるミシュランパイロットスポーツの相性が抜群で、とにかく路面に吸い付くように走る。G-TECHパワーをそのままタイヤを通じてこれでもかと言うほどアスファルトを蹴り込んでいくのだ。

P4680151.jpgP4680059.jpg

G-TECHのパフォーマンスKITの恩恵を受けたエンジンは走り出しから強烈なGを感じる。その強大なパワーをガッチリとマシン全体で受け止め更に加速していく。鋭すぎてどこか脆さを感じるイタリア車と違い、車体の大きさやパッケージングにもある程度余裕を持たせて安定の上に速いメガーヌRS。車としての扱い易さは、かなり高く感じた。

P4670953.jpgP4680052.jpg



■一般道路~湖畔クルーズで考える"Circle of Life"~
マシンの方向性がスパルタンな部分もあり、名神高速道路の路面状況の悪さも手伝って、高速道路での乗り心地は正直お世辞にも良いとは言えなかったが、彦根ICを下り、湖畔道路に入ったあたりから、比較的新しいフラットな道路に入るので非常に気持ちよく流せるようになる。

P4670950.jpgP4680028.jpg

琵琶湖には多くの人が訪れ、思い思いの休日を過ごしている。水上スポーツを楽しむ人、釣りを楽しむ人、カフェで寛ぐ人達や、同じように琵琶湖を周遊するバイカーや自転車でのツーリングの仲間達。それぞれの人生を過ごしている。

最近のルノーは車単体としてのデザインではなく、それぞれの人生のステージに合った車を、というの考え方の「サイクル・オブ・ライフ」がルノーとしてのデザインコンセプトになっている。

circlelife.jpg

人と人が出会い恋に落ち(LOVE)、ふたりは世界中を旅し(EXPLORE)、家族を持ち(FAMILY)、働いて充足し(WORK)、余暇を楽しみ(PLAY)、そして賢さを得る(WISDOM)という6つのライフステージがあり、ステージごとにクルマのコンセプトが決まる。(LOVE)はアルピーヌや初代トゥインゴ、(EXPLORE)はクロスオーバー、(FAMILY)はMPV、(WORK)は商用車やビジネスセダン、(PLAY)はルノースポール、(WISDOM)は電気自動車。

このようにして、ルノーのデザイン理念のもと、それぞれのステージを表現するクルマをデザインする計画が「サイクル・オブ・ライフ」である。

このメガーヌRSは(PLAY)に当たると思うが、まさに余暇を楽しむためにある車だと思う。左ハンドルの6速マニュアルトランスミッションの組合せなど、他のインポーターはなかなか出せるものではない。今後もぜひこの姿勢を貫いて欲しいとイチ車趣味人として節に願う。

IMG_1518.jpgIMG_1534.jpgIMG_1544.jpgIMG_1574.jpgP4670935.jpgP4670940.jpgP4680084.jpgP4680117.jpg

琵琶湖を見ながらのドライブは所々に秋を感じながら、景色の良いところで止まって撮影しつつ、奥琵琶湖パークウェイへ入っていく。


■ワインディング~G-TECHの真骨頂~

そして目的地の奥琵琶湖パークウェイのつづら尾崎展望台へと到着。

P4680129.jpg
P4680149.jpg
IMG_1268.jpg

天気が良いとこのような素晴らしい景色を拝むことが出来る。この展望台も土日はかなり車やバイクのツーリングのお客さんで賑わう場所だ。

そして最後のドライビングプレジャースポット、つづら尾崎展望台から国道303号線までの約13㎞のワインディングコースを駆け抜ける。

タイトなコーナーの連続で、まさに車としての総合力を試される場所である。
しかしだからこそ、このワインディング、メガーヌRS G-TECHの真骨頂が引き出せる場所でもあった。

P4680165.jpg

切れば切るほどにそのまま曲がっていくハンドリング、路面に喰らい付くかの如くまったく挙動が乱れない。

P4680170.jpg

そしてアップダウンの激しい此処では2速と3速を交互に使ってマシンパワーを引き出していくことになるが、兎に角、とにかくレスポンスが良い。ちょっとギアの選択を間違ったかなと、思う場面からでも力強く加速していく。これはエンジンパワーだけでなく、トルクも向上するG-TECHのパフォーマンスKITだからこその真骨頂と言えよう。

P4680171.jpgP4680177.jpg

運転に夢中になっているうちにあっという間に13㎞を駆け抜けてしまった。

P4680184.jpg

ルノー×G-TECHの今後の展開が楽しみだ。


この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=fX5muZHFylkRDizznKULmw%3d%3d
2015年11月21日 21:02  | ルノー メガーヌRS G-TECH Version  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
3


アバルト595の世界限定車、パールホワイトのボディーが高級感を醸し出す特別なアバルト『Abarth 595 50th Aniversario』のG-TECHチューンであるEVO-R224をご紹介。

DSC02553.jpg

EVO-R224のベースとなる「Abarth 595 50th Aniversario」は、「FIAT ABARTH 595」が1963年に発表されてから50周年を迎えたのを記念して、世界で299台だけ作られた特別なモデル。

DSC02569.jpg
 
商業的に大成功収めているアバルトシリーズの その秘訣は矢継ぎ早に投入する限定車がどれも魅力的だからという理由も一つあると思う。 このモデルにも強烈なアピールホイントがいくつも詰まっている。筆者がまず魅了されたのがこのパールホワイトの外装色だ。しかも艶消しのマット塗装はこの上なく洒落ている。こういう色使いのセンスはさすがはイタリアプロダクトと感心してしまう。

DSC02546.jpg
DSC02426.jpgDSC02427.jpg
 
そしてこのモデルのデザインは、かつてのアバルトのオマージュでもある。外装の白に赤ラインのカラーリングや、旧のロゴを模したエンブレムなどが目を引く。

595.jpg

DSC02411.jpg

丁度借りた日が車好きが集まる日曜日、カーくる新舞子サンデーの開催日だったので会場に持ち込んだところ、多くの来場者が興味深々に集まってきた。

DSC02436.jpg
DSC02415.jpgDSC02422.jpg

DSC02406.jpg
DSC02432.jpg
ワンコも気になる!?

DSC02559.jpgDSC02578.jpg

インテリアでも、赤と白のコントラストがJAPANカラーを思わせる美しい本皮のスポーツシート、イタリア国旗のセンターポジション入りのレザーステアリングなど、細部のディティールにまで拘りを感じさせる。

DSC02554.jpg
周りにアーチ状の赤いラインが入った17インチのアロイホイールが足元を引き締める。
 
 気になるエンジンは595モデルとしては最強となる、ターボチャージャー付き1.4リッター直列4気筒エンジンは最高出力180psを発揮。これは、アバルト「695 トリブート フェラーリ」やアバルト「695 エディツィオーネ マセラティ」と同じエンジンである。そこにG-TECHのサブコンを付けることでさらに44psをも上乗せし224psの出力を叩きだす。最大トルクも270Nm → 310Nmになり、その加速感、トルクの盛り上がり感はベースとなるAbarth 595からは到底想像できないレベルにあり、別世界の速さを見せつけてくれる。なおかつ豊富なトルクの恩恵か、これまで乗ったどのアバルトよりも扱い易かった。

DSC02394.jpg

ATモード付き5段シーケンシャル「アバルト コンペティツィオーネ」トランスミッションと組みあわせられたパドルシフトをアップダウンすると独特の乾いたエキゾーストが唸りを上げその気にさせる。

DSC02418.jpg
新旧の500のすれ違いが普通にあったりするのがまいこサンの良いところ。

まいこサンの会場を後にし、次はCGCLUB中部が主催しているイベント会場へ。

DSC02596.jpg

イベント会場「パスカル清美」へ至るまでのルート「せせらぎ街道」は、アップダウン、カーブ、そして川沿いの景色など、どこを切り取ってもツーリングコースとして格別に気持ち良く、この特別な1台を走らせる舞台としてはお勧めできるスポットである。

DSC02480.jpg
木々の緑の中を駆け抜けたり、トップガラスルーフを開けて川のせせらぎ音や鳥の鳴き声を聴きながらのドライビング。

当日、パスカル清美を過ぎて飛騨高山の方面まで車を走らせていくと徐々にテクニカルなコースになっており、このG-TECHチューンのアバルトのレスポンスの鋭さ、コーナリングの速さなどが存分に堪能することが出来た。相当にエキサイティングな車がこのG-TECH EVO-R224である。

DSC02462.jpg
パスカル清美で開催のCGCLUB中部のイベントにも参加。ここでも人気。

DSC02488.jpgDSC02501.jpg

DSC02485.jpg

 
 
 
Abarth 595 50th Aniversario G-TECH EVO-R224 Version

ボディサイズ|全長 3,655 × 全幅 1,625 × 全高 1,500 mm
ホイールベース|2,300 mm
トレッド 前/後|1,410 / 1,405 mm
重量|1,160 kg
エンジン|1,368 cc 直列4気筒 直噴DOHC ターボ
 
最高出力| 132 kW(180 ps)/ 5,500 rpm
→G-TECHサブコン装着後224ps

最大トルク|270 Nm(25.5 kgm) / 3,000 rpm
→G-TECHサブコン装着後310Nm

トランスミッション|5段オートマチック(アバルト コンペティツィオーネ)
駆動方式|FF
サスペンション 前|マクファーソン ストラット
サスペンション 後|トーションビーム
タイヤ|205/40R17
ブレーキ 前/後|ベンチレーテッドディスク / ディスク
燃費(JC08モード)|14.3 km/ℓ
CO2排出量|162g/km
 
DSC02515.jpgDSC02523.jpgDSC02537.jpg

DSC02541.jpgDSC02545.jpg

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=nbeHnJPaJlSadi2D%2fQj6SA%3d%3d
2015年11月19日 02:58  | Abarth 595 50th Aniversario G-TECH  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る