ログイン
 スポーツの精神(alfa romeoのカタログより)/TSUBASA FILMは趣味のコンテンツです。
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
6


 36485866_2025618130842373_2040577677164806144_n.jpg

「大人のサロン」第1回 〜「太陽にほえろ」のプロデューサーが今だから語る〜

 

太陽にほえろ、あぶない刑事などを手がけた元日本テレビプロデューサー岡田さんのトークイベントに行ってきた♪
モータージャーナリストの嶋田さん、ファッションプランナーの稲田さんは聞き役として、いろんな話を聞いていた。

《問題》太陽にほえろに登場するマカロニはなぜマカロニというニックネームになった?
※解答は最下部にて。


太陽にほえろではスズキ自動車がスポンサーで、当時売り出し中のジムニーが使われた。
でも、1年で降りてしまって、トヨタに変わったとか。
正義はトヨタ、悪役は日産かと思いきや、そこはライバル企業はダメという理由で、外車とか使われたとか。
カーステレオのスポンサーは三菱、でも車はトヨタ・・・といった問題もあったようだ(笑)

その後、使用された車は返却されずスタッフが受け継いだが、撮影で派手に使ったのでボロボロだったようだ(笑)

ドラマでは公道を走行するシーンなどかあるが、ちゃんと道交法を守っての撮影だった。
シートベルトをして、追い越し禁止区間は追い越さず・・・。
車に乗る、シートベルト装着する、発進するがという一連の流れも、カメラのカット割りでシートベルトを装着すシーンは見せなかった。
松田優作は免許を取得しておらず、運転は代役で、運転しているかのように見せたとか。

警察がドラマをチェックしており、時折指導もあったようだった。
つまり警察も視聴者だった(笑) 太陽にほえろは女子中高生をターゲットにしたドラマで、裏テーマでは、「命を大切に」、また愛、慈愛ということも考えられていた。
例えば、使っている銃は、殺傷能力が低い物だったり、玉を込めるシーン、血が流れるシーンがなかった。
「許す」ということもテーマだったようだ。
真似をして事件を起こさないようにとの考えもあった。
ゴールデンタイムに、今とは違い一家に一台のテレビを家族で見るということも考えて製作されていた。


太陽にほえろでは、刑事が殉職するが、マカロニの発案だった!
ドラマに飽きてしまったショーケンを制作側は続けてと説得したが、ショーケンの「じゃぁ、死ぬよ」との一言で決まったようだ。
これが思いのほかよく制作側は味をしめたとか(笑) ちなみに今までの視聴率を合わせるとのべ80億人が見たとのこと。

傷だらけの天使は深夜枠であり、太陽にほえろとは真逆だった。
時間も深夜枠で、例外的な扱いで、ショーケンがやりたいようにやったようだ。
この時代の背景に学生闘争もあり、大人が悪、若者が正しいといったことも反映された。

岡田さんは業界では有名なプロヂューサーで、お話を聞ける機会は滅多になく、とても貴重な時間でした。
ドラマは作り手の想い、考え、視聴者のこと、時代背景など様々な事が織り交ざり作られていたと実感した。
他にも俳優さんのことも、ここでは書けないことも、2時間では足りないくらい面白い話を聞けた♪

《解答》マカロニウエスタンの格好。
この格好をしたショーケンが、この姿でやりたいと言い出し、そこからマカロニとなったようだ。




 

2018年6月30日 23:09  | 未分類  | COMMENT(0)
2018
6月
19
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
6


IMG_7098.jpg
高山の大自然を求めて5時に起床し朝練へ♪

IMG_7104.jpg
片道150Kmを駆け抜けいつものカフェに到着!

IMG_7070.jpg
この時期は綺麗な緑と花々が咲いています。

IMG_7078.jpg
何気に飾られた花が綺麗です。

IMG_7068.jpg
さぁ、美味しい珈琲が待ってる♪

IMG_7064.jpg
車を眺めながら、大自然の美味しい空気を吸い、セミの合唱も聴こえ、五感すべてで癒される♪

IMG_7108.jpg
春蝉の抜け殻
蝉といえば夏ですが、春蝉はこの時期に現れます。
体調は2~3㎝ですが、音を共鳴する構造になっていて、一般的なセミよりも音量は大きいかもしれません。

IMG_7089.jpg
こういう自然の中にいるのが一番良いですね!
人だけでなくクルマもね!

IMG_7022.jpg
綺麗な緑を背景に撮ってみた。

IMG_6983.jpg
まだまだ緑色が鮮やかで良い

IMG_7038.jpg
さぁ、走りに行くよ٩( 'ω' )و

最近は1か月に1回しか乗ることができなくなってしまったが、このクルマに乗ると楽しい!
アルファロメオがそうさせてくれる。
来月はどこへ行こう?










2018年6月19日 21:51  | 未分類  | COMMENT(0)
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
4


自動車雑誌、SNSなどでよくみかけ、とても気になっていた代官山蔦屋書店に行ってきました。
代官山は初めて訪れましたが、とくにかくオシャレな町でした。

IMG_3401-1.jpg
建物は3つに分かれており、2号館に自動車コーナーがあります。

IMG_3405-1.jpg
車も展示されていたり、他の書店とはかなり違う雰囲気でした。

特に目立ったのが洋書が棚の大半を占めていました。
新書だけでなく中古も置かれており、1時間半近く見てしまった(笑)
初めて訪れたら立ち読みでなく、洋書なので読めないので立ち見しまくりです♪

何気なく手に取った洋書は1万円・・・2万円・・・それ以上も!!
値段を見た瞬間にそっと戻しました(笑)

ココは車好きが来たくなる本屋さんですね♪
カフェなどもあり、ちょっとしたらドライブにも良いかも。

何か面白い車も来ているのかなと思ったら、ロールスロイスを発見!
IMG_3407-1.jpg
真っ赤なシルバースパーが普通にいて驚きました(笑)
他にもRS6、クラシックミニ、500などもいました。

今回、とても気になったのが、この本です。
IMG_3421.JPG
背表紙に「特集 アルファロメオ・アルナ」とあり、反射的に手に取りました。

IMG_3422.JPG
アルナとは、アルファロメオと日産が共同開発した車です。
心臓部はアルファロメオで、ボディは日産という面白い車です。

IMG_3423.JPG
特集の割にはページ数は少ないでが、知らない情報ばかりだった。
イタリアでは日産は知らていない存在だった。

IMG_3424.JPG
先行販売はイタリアではなく、イギリスで成功を収めつつあった。
さらに、大人しいデザインとは裏腹にイタリアでのよくできた魅力的な車だった。

IMG_3425.JPG
工場の見取り図も記載されていた。

面白いのが、この雑誌の1ページ目には日産+フォルクスワーゲンが生み出した「サンタナ」の広告が(笑)
IMG_3426.jpg
特集記事にも記載があったが、当時は日本企業と海外起業のジョイントベンチャーが避けて通れない時代だったようだ。
当時の人が、現在のアルファロメオとマツダ、日産とルノー、トヨタとBMWが手を組んだ姿を見たら、どんなことを想うのかな。

欲しい本がたくさんあったけど、今回はこの3冊だけにした。
IMG_E3420.jpg
アルナ特集のカースタイリング、車が映ったジャケットをまとめた本、近い将来のためのF355の本♪

せっかく東京にいるのだから、少しはこっちのクルマの事も取り上げていこうと思います。





余談ですが、プジョー一宮店のブログに木製カーモデルが掲載されていた。
https://carcle.jp/UserBlogComment?UserID=3907&ArticleNo=294
製作者の落合さんが、奥さんから旦那さんへのプレゼントということで思いを込めて作った1台。
大切にされているようで安心しました♪


2018年4月30日 22:16  | 未分類  | COMMENT(0)
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
10


ミクスチャーツーリングvol.8は天候にも恵まれ絶好のツーリング日和となった♪

IMG_6909-1.jpg

ミクスチャーツーリングは、高速道路が走れる乗り物なら何でもアリなツーリングです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
そんな車たちの一部です。

IMG_6753-1.jpg

IMG_6826-1.jpg

IMG_6828-1.jpg

IMG_6765-1.jpg

IMG_6771-1.jpg

IMG_6767-1.jpg

IMG_6772-1.jpg

IMG_6780-1.jpg

IMG_6776-1.jpg

IMG_6795-1.jpg

IMG_6741-1.jpg

IMG_6755-1.jpg

IMG_6745-1.jpg

IMG_6759-1.jpg

IMG_6773-1.jpg

IMG_6805-1.jpg

IMG_6800-1.jpg

IMG_6813-1.jpg

IMG_6818-1.jpg

IMG_6810-1.jpg

IMG_6830-1.jpg

IMG_6922-1.jpg

IMG_6930-1.jpg

IMG_6960-1.jpg

IMG_6832-1.jpg

IMG_6920-1.jpg

IMG_6947-1.jpg


今回はケイマンにスポットを当てて撮影してみた♪
IMG_6732-1.jpg

IMG_6736-1.jpg

IMG_6738-1.jpg


IMG_6823-1.jpg

IMG_6861-1.jpg

IMG_6879-1.jpg

IMG_6884-1.jpg

IMG_6887-1.jpg

IMG_6896-1.jpg


2018422 ミクスチャー8_180423_0083-1.jpg
車好きが集まって、いろんな車を楽しむ♪
これがミクスチャーツーリングの醍醐味٩( 'ω' )و

次回、ミクスチャーツーリングのご参加もお待ちしております!




4月より東京に転勤になり、今までのようにツーリングの企画ができなくなりました。
今回は前日に帰宅し参加しました。しかし、「しおり」は代表作成の簡易的なものになってしまった。
珍車クラブの企画部長の肩書がありますが、思うように活動ができない状態です。

また、今年はミラフィオーリもトリコローレも参加が難しく、「ピニンファリーナ」での集まりもできないです。
「ピニンファリーナで集まろう!Ⅱ」も開催しかったのですが歯がゆい気持ちです。
いろんな事が落ち着いたら「関東支部」的なものが出来ればとも思っています。

ブログの更新頻度も減りますが、車遊びは続けていきます!!
















2018年4月25日 23:09  | 未分類  | COMMENT(2)
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
9


第69回新舞子サンデーは寒さもゆるみ、暖かく過ごしやすい1日でした♪

そして、「絶滅危惧種!6気筒NA大集合!!」を開催しました!
https://carcle.jp/UserEvent?UserID=4470&ArticleNo=5" target="_blank"> https://carcle.jp/UserEvent?UserID=4470&ArticleNo=5
たくさんの方が集まって下さいました。

IMG_6525-1.jpg
近年のダウンサイジング、ターボ化で6気筒NAがなくなりつつあります。
いよいよ絶滅危惧種になってきました。
自然吸気6気筒の健在ぶり、今後も生息し続けてほしい想いをアピールできたでしょうか。
珠玉、至宝、官能、シルキー.・・・などと言われる6気筒NAの名機たちが揃いました!!


IMG_6513-1.jpg

IMG_6501-1.jpg

IMG_6495-1.jpg

IMG_6545-1.jpg

IMG_6551-1.jpg

【参加車種】
ALFA ROMEO 156(前期)
ALFA ROMEO 156(後期)
ALFA ROMEO RZ
ALFA ROMEO GTV
ALFA ROMEO スパイダー(916)
BMW M3(E36)
BMW M3(E46)
HONDA NSX
HONDA NSX


IMG_6540-1.jpg

IMG_6538-1.jpg

IMG_6547-1.jpg

IMG_6554-1.jpg

IMG_6562-1.jpg

究極の選択!シルキー6と珠玉のV6
IMG_6579-1.jpg



今日は参加してくださった皆さん、有難うございました!

楽しい1日になりました♪
また、いつか企画したいと思います。








2018年3月18日 21:51  | 未分類  | COMMENT(0)
+ プロフィール +
つばさ~TSUBASA FILM~
つばさ~TSUBASA FILM~
『TSUBASA FILM』と題していますが、趣味のコンテンツです。ツーリングムービーや写真を撮り楽しんでいます♪愛知でアルファロメGTVに乗っています!!車を通して、いろんな方に出会えればと思ってい...
+ 愛車情報 +
+ 広告 +
+ カウンター +
Counter
2018年7月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
先負
13
赤口
14
先勝
15
友引
16
先負
17
仏滅
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
31
赤口
+ 記事検索 +
検索語句
+ カテゴリ +
+ 最近のトラックバック +
+ タグ +
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する