ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


 マルク・マルケスは、メカニカル・トラブルでイギリスGPをリタイヤ。ダニ・ペドロサは7位。
12Silverstone17MGP_CARRERA_REPSOL-2981.jpg
マルケスが新リーダー、アンドレア・ドビツィオーソから9ポイント離され、トップ5ライダーは35ポイント差に離れた。ダニ・ペドロサは厳しい週末で9ポイントを加算し、タイトル争いにまだ加わっている。
12Silverstone17MGP_CARRERA_REPSOL-3698.jpg


マルク・マルケス
今日はバイクの感触がとても良く、他のライダーの中に加われたのに、本当にアンラッキーだった。レースやタイヤをうまくコントロールした。特にフロントタイヤは昨日より温度が高かったので、セーブして最後にアタックしたかった。ドビがビニャーレスやロッシ以上に速いことは見てとれたけど、彼と戦おうと思った。それですべてがうまくいっていたけど、急にストレートエンドでエンジンに問題が出た。もちろん残念なことだけど、何かが起こり、ホンダでは初めてのことだった。前向きに見れば、他のコースと同じようにここでも速く走れたし、まだタイトル争い圏内であること。今日は0ポイントだけど、まだバイクの感触は良いし、次のレースを楽しみにしている。

ダニ・ペドロサ
週末全体を通してこのコースは僕らには本当に難しかった。でもチームはベストバイクを僕に与えようとしてくれたし、僕もレースではベストを尽くそうとした。全力を出し、ペースは練習走行より良くて、この週末のタイムと比べて1秒ぐらい速かった。前向きにとらえられる部分もあったけど、残念ながらそれでも前方のグループについていくには不十分だった。事実、どうにかして少し改善した。タイトル争いではトップとの差は同じなので、このレースは置いておいて、次のレースでは前戦でより強く争えるように頑張るよ。

2017年8月28日 10:38  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


silverstone.jpg
レプソル・ホンダチームのライダーは、3戦連続表彰台中。9レースでお互い7表彰台を獲得し、ミサノでテストを行ってからシルバーストーンに到着した。
11レースを消化し、マルク・マルケスは174ポイントでタイトル争いをリード。5位のダニ・ペドロサとは35ポイント以上の差がある。マルケスはシルバーストーンで2勝(2010年125cc、2014年モトGP)している。ペドロサはドニントン・パークで行われたイギリスGPで2勝(2004年、2006年)している。シルバーストーンでは2012年と2013年に3位を獲得している。


マルク・マルケス
少しずつバイクの良いベースを見つけることができるようになって、僕らの目標はいつも前の方で戦い、全てのコースやコンディションでコンスタントに走ることなので、これはとても良いことだ。もちろんシルバーストーンでも同じで、僕が好きなサーキットだけど、ライバルたちが毎回とても強くて、チャレンジングなレースになることは分かっている。去年は週末の間は良い仕事ができたけど、レースだけ完璧なフロントタイヤの選択ができなかった。今年はやることをしっかりやって、また表彰台を獲得できるように頑張るよ。

ダニ・ペドロサ
チームは頑張ってくれている。オーストリアでは難しい週末を覆し、レースではポジティブな結果だった。今は路面がバンピーで難しく、天気が変わりやすいコースに向かっている。去年は苦戦したので、日曜日のレースに向けてタイヤとセットアップについて学び、周回しなくてはならない。
2017年8月25日 02:29  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


 レプソル・ホンダチームのライダーは、最終ラップまでもつれたオーストリアGPでそれぞれ2位と3位
11Austria17MgpREPSOL-1544.jpg
マルク・マルケスは2位でタイトル争いのリードを広げ、2位との差を16ポイントとした。
オーストリアGPは今シーズン11戦目で、レプソル・ホンダチームの二人が一緒に表彰台を獲得したのは6戦目になる(オースティン、スペイン、カタルニア、ドイツ、チェコ、オーストリア)。
今回の結果により、二人は現在のカレンダーにある全てのサーキットで表彰台を獲得したことになり、ここ9戦でお互い7回の表彰台を獲得している。
11Austria17MgpREPSOL-1655.jpg


マルク・マルケス
2nd +0.176 sec.
最終コーナーで優勝にむけて進めなかったらと思うと、昨夜はよく眠れなかった。今日はドビツィオーソが僕らより少し速くて、彼を抜くことは難しかった。ベストなレースをしようとしたけど、本当に全てを出したけど、何度かリアタイヤのグリップを失った。ドビツィオーソとのバトルはすごかったし、ドビはうまくバイクを扱っていて、優勝の価値がある走りだった。僕らは2位だったけど、まあ良かった。去年苦しんだこのサーキットで20ポイントを獲得できてとてもうれしい。タイトル争いの上で重要な結果。僕らは少しずつうまく働けている。状況ごとに対応できる良いベースを見つけた。今日はバイクの感覚がすごく良く、最後には抜くこともできたかもしれない。これを続ける事が重要で、どのレースでも表彰台に登れるように頑張るよ。

ダニ・ペドロサ
3rd +2.661 sec.
今週末の進め方や表彰台フィニッシュをとてもうれしく思っている。練習走行で苦しんで、Q1を経て、最後は予選で8番手担った。でもレースになると、想像以上に速かった。まだフロントブレーキのロックと、リアタイヤの空転という問題があったけど、レース戦略が当たった。序盤はあまり積極的にいけなかった。フルタンクの状態で時間がかかった。マルクとドビツィオーソがバトルをしていて、お互いに邪魔をしていたので、燃料をセーブし、前との差を縮めるまで少しずつペースを上げた。残念ながら彼らを捕えた時、リアタイヤが熱くなってかなり空転し、グリップがなかった。彼らにくっついて争いたかったけどできなかった。でも表彰台に上がれたのはチームにとっても良かった。

2017年8月14日 18:41  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


 レプソル・ホンダチームの二人は、マルケスがリードを広げ、ペドロサとともに最近の8レースで6表彰台を獲得し、第11戦オーストリアGPに挑む。
10Austria16MgpREPSOL_JOC5441_2.jpg
マルク・マルケスは、後半戦をトップでスタート、今シーズン最大のアドバンテージ(154ポイント、2位と14ポイント差)をもってオーストリアに到着。レプソル・ホンダチームの二人は、最近の8レース中6レースで表彰台を獲得。マルケスが3勝(アメリカズ、ドイツ、チェコ)、ペドロサが1勝(スペイン)している。今のコースでオーストリアGPが行われるのは4回目(1996, 1997, 2016, 2017)。レプソル・ホンダチームのライダーが初めの2回では優勝している(アレックス・クリビーレ、ミック・ドゥーハン)。


マルク・マルケス
レッドブル・リンクは少し苦しめられているけど、今年は違ったものになることを期待している。ブルーノもまたチャレンジングなコースだったけど、素晴らしい結果が出た。それでオーストリアに前向きな感覚で行ける。レース前のテストでバイクのセットアップを調整した。次戦の見方も観察した。それで加速が良くなり、ホイールスピンが減少した。もちろんいつものことだけど、ブレーキの良いレベルでの安定性が必要なのでチェックして、良い折衷案を見つけた。良い結果を出して、重要なポイントを獲得できるようにベストを尽くすよ。

ダニ・ペドロサ
レッドブル・リンクは新しいサーキットで、1回しかレースをしていなくて経験がない。去年は良いセットアップを見つけるのに苦労した。でも今年は良い結果が出せることを楽しみにしている。ブルーノでレース後の月曜日に良いテストをして、その時のセットアップでオーストリアGPが金曜日から始まる。セッション毎の明確な計画をもって、それを実行できるようにする。また天気を考慮しなくてはならないかもしれないので、どんな状況に対しても準備しなければならないし、この良い勢いを維持して集中したい。
2017年8月12日 18:36  | 2017 MotoGP情報
世界中
うんうんする
0


10RCheca17MgpREPSOL_FK9038.jpg
マルク・マルケスは一番初めにバイクを替え、チェコGPで勝利。タイトル争いの差を広げた。ペドロサは2位。自身のキャリア150回目の表彰台を獲得した。この結果マルケスは今季3勝目。2位との差を14ポイントに広げた。
レースはウェットが宣言されたが、すぐにドライになり、レプソル・ホンダチームのマルク・マルケスは2周後に誰よりも最初にバイクを替えた。ダニ・ペドロサは4周後にバイクを替え、8位から2位に順位を上げた。
今シーズンレプソル・ホンダチームの1-2フィニッシュは、ヘレスに続いて2回目。二人とも表彰台に登るのは5レス目(オースティン、スペイン、カタルニア、ドイツ、チェコ)。マルケスはフラッグ・トゥ・フラッグのレースで5勝目(2014年オランダ、2015年サンマリノ、2016年アルゼンチン、2016年ドイツ、2017年チェコ)。
10RCheca17MgpREPSOL_JOC3610.jpg

マルク・マルケス
1st, 44:15.974
みんながアンヘル・ニエトに捧ぐレースで、とても特別な日曜日だった。でもとてもチャレンジングなレースにもなった。グリッド上で、バイクを換える前の5周で強力なグリップを得ようと思ったので、ソフトリアタイヤを使うリスクを取った。でもそれはうまくいかなかった。すぐに多くの問題を抱え、かなり順位を落とした。それを見て、すぐにピットに入り、スリックをはくことにした。レースに復帰し、正直、まだ所々水気があり、1周目にはクラッシュしそうだった。フラッグ・トゥ・フラッグになり、またバイクの感覚を得るのはとても難しかったけど、グリップの状態を早く理解するようにした。正直、今日はいくつかのリスクを取ったけど、そうしなくてはいけない日だった。差を広げてからはそれを維持できるようにうまくバイクを扱い、レースを終われるようにした。この結果は本当にとてもうれしい。通常でもいろいろ苦しめられるコースで、毎年悩まされているけど、25ポイントを獲得できたのはとても重要。チームの素晴らしい仕事に感謝している。夏休みの間、ここでテストをして準備してここに来たのは正しい方法だった。徐々に改善できている。タイトル争いはまだとても僅差で、あらゆる状況にすばやく対応しなければならない。

ダニ・ペドロサ
2nd +12.438 sec.
今週末は、昨日の予選でも今日もどの場面でも戦闘力があった。それが表彰台につながった。パフォーマンスには満足しているし、バイク上での感覚にも満足している。全般的にシーズン前半より強い感覚がある。細かい部分でまだ改良が必要で、今日の場合、止まる正しいタイミングを知ることだけど、それを学びたい。通常は、まだ少し濡れている時にスリックに換えるには、すごく集中しなければならない。これがマルクの長所で、いつもこれらの状況でとても良い。これはとても重要なことなので、次は同じ集中力をキープできるようにしなければならない。とにかくチームとミシュランにはバイクでのすばらしい感覚を与えてもらって感謝している。マルクには5ポイント離されてしまったけど、他のライバルには近づいた。夏休みの間にここにテストに来るというチームの戦略は正しかったと思う。特にこのコースでのバイクのセッティングが良かった。バイクの細かい部分でも改良して、シーズンの後半に入り、今は快適に感じている。タイトル争いにあまり集中しないで、どのレースでも良いパフォーマンスに集中したい。

2017年8月7日 11:44  | 2017 MotoGP情報
記事検索
検索語句
2021年6月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
大安
11
赤口
12
先勝
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る