ログイン

プジョーのクーペで“ガレージライフ”

【 406Coupé “settant anni” 】 ・・・ Pininfarinaの70周年記念の限定車です。
明るいブルーの色に一目ボレしてしまいました。

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
プロフィール
コンドウ☆
コンドウ☆
【 406Coupé   Pininfarina “70th アンニ” 】 ・・・・・名古屋のコンドウです。現在 3台めのプジョーとして 406クーペ と 206Maxi(増車)に乗っています。クルマ...
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2019年6月
1
先勝
2
友引
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
仏滅
27
大安
28
赤口
29
先勝
30
友引
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
witten by コンドウ☆
世界中
うんうんする
1



今年で8回めとなる ”オフ会、406クーペで平猫クラブの人気イベントに初参加しました。
夏の混雑が過ぎた“やな”で、ゆったりと落ち鮎を堪能します。

場所は 岐阜県揖斐川の上流、揖斐川町は“川口やな さん。

キレイな河の流れを見ているだけで癒されます。


値打ちでもお腹一杯になる3.500-の“鮎づくし”コース。“鮎の御造り&酢の物”に続いて“焼き鮎”が
出てきました。 早速いただいたお刺身は、落ち鮎ならではの大きなサイズなので、タップりな身が
シコシコと美味しい。

“塩焼き&味噌田楽”。 鮎独特の香りがおいしい~。  焼きも最高ですね!

初挑戦の“鮎フライ”。  実はコレが一番美味しかった~!
想像しているよりさらに数倍おいしいですよ!!(驚きでした)


最後は御飯を入れて、贅沢な“鮎雑炊”です!


雑炊ウマ過ぎ~!  3杯 イッときました。
お腹が苦しくて動けません・・・・(^_^;)


*こちらのお店、夏は暑いので この時期が お薦めです!
 夢のガレージライフ・・・  興味のある方は コチラ をクリック! →  
【 Kondo Architects Atudio 】


いや~ぁ  お腹一杯の鮎オフでした。

参加のnaosanさん、hoiさん、inakichiさん、るる&おぉでさん、そして ingram@くみちょさん。
今回もありがとうございました。  次回もよろしくです~。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=UoL9AVQQkXsdlDYn%2f5XyMQ%3d%3d
2010年9月27日 17:00  | オフ会  | コメント(6)  | トラックバック(0)
witten by コンドウ☆
世界中
うんうんする
0



PEUGEOT RCZ
プジョーRCZを貸してもらったので、あっちこっち 街中を走ってきた。
このヤル気満々のエクステリアは、どこに行っても注目の的です。

『パッとしない走り・・ 平凡!』 と ウワサでは聞いていたアイシン製6ATですが、
『期待するな・・』 と 言う方が無理。  いっぱい走ってしまいました。
そのアイシン製ATが影響したその走りは、“まるで日本車”・・・・
たしかに・・ 運転するのが 退屈でイヤになります(^_^;)


一番の売れ筋な【日本仕様】が、この“156psの1.6リッターエンジン+6ATの右ハンドル”
(でも本物の純粋プジョーは、、“200psの1.6リッターエンジン+6MTの左ハンドル”です)

以前に試乗した“プジョー308CC”の時にも感じていた事ですが、
この1.6リッターのツインスクロールターボエンジンと、型式名で「AT6」と呼ばれる
新しい6段ATとの組み合わせは、どーやら “ハズレ”・・・ _| ̄|o

どちらもすばらしいユニットなのですが、
それをまとめるセンスがダメダメなのか? このコンビを台無しにしてしまった。
プジョー乗りが、長い間 期待して待っていただけに・・ 残念です。  


7段DSGを普段足にしていると、この6ATのプログラムは何とも古すぎ・・・ で、
クルマが可哀想です。

大至急、″AT”と“乗り心地”について全てやり直してください。 現状では、
今までのプジョーのレベルで言うと・・・  0点ですよ。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=re4ohiO%2b9NX33vaLVnl12A%3d%3d
witten by コンドウ☆
世界中
うんうんする
0



自分の406クーペは、タイベル交換時に上部のエンジンマウント&ブラケット交換
してます。まだ未交換なマウント類は“ミッション側”と“ドライブシャフト側”という状態。

『ミッション側のマウントはDIYで交換可能ですよ~』 と 同じプジョー406クーペ
乗りの“hidetonさん” にアドバイスをいただいたので、今回お手伝いしていただいて
クーペのミッションマウントの交換開始です。



で、 コレが取り外した 9年と7万kmを使用済みのマウント。
潰れたゴムはヒビ割れて、部分的にはチギれはじめてました(苦笑)


新旧マウントを較べると、左側の古い方は当然ですが小さく潰れて縮んでます。
ゴムの弾力性はゼロな状態・・ なので、エンジンの動きを吸収することは不可能ですね。


手際良く作業していただいた 今回のお助けマンの“hidetonさん”。
実際には、全ての作業をやってもらってしまった・・・   ありがとうございました。

交換後のクーペの走りは、一段と気持ちのイイ~ 状態になり、大満足です (^o^)丿


*重たいV6エンジンは、マウント類は痛みやすいです。、
 ガレージがあれば、エンジンマウントだって交換できますよ (^o^)丿
 夢のガレージライフ・・・  興味のある方は コチラ をクリック! →  
【 Kondo Architects Atudio 】





 

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=tI7DQHXIr%2fVKLsCxQzxYXA%3d%3d