ログイン

プジョーのクーペで“ガレージライフ”

【 406Coupé “settant anni” 】 ・・・ Pininfarinaの70周年記念の限定車です。
明るいブルーの色に一目ボレしてしまいました。

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
プロフィール
コンドウ☆
コンドウ☆
【 406Coupé   Pininfarina “70th アンニ” 】 ・・・・・名古屋のコンドウです。現在 3台めのプジョーとして 406クーペ と 206Maxi(増車)に乗っています。クルマ...
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2019年6月
1
先勝
2
友引
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
仏滅
27
大安
28
赤口
29
先勝
30
友引
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
witten by コンドウ☆
世界中
うんうんする
0



相原郷公会堂 建設工事   去年 秋から工事が進められて来ました。  → コチラ
いよいよ2月末に完成。 明日は完成検査を行います。

なので・・・、 今月のまいこサンは欠席 (ToT)
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=iweAJD80rJXKUI1apllBKw%3d%3d
2012年2月18日 22:06  | ガレージライフ  | コメント(8)  | トラックバック(0)
witten by コンドウ☆
世界中
うんうんする
0



今は無きUCG・・・  2004年3月号のクーペ記事は、自分がクルマを購入する良いきっかけになったモノです。

この本には、『カッコいいヘソの曲げかた』 として406クーペの紹介をしているのですが、まさに自分のよーな
“斜め45° な見方”でしか物事を考えたり、クルマを好きになれない者には、ホントに的を射た内容です。


 『湾岸道路に入ると、高級サルーンや高級スポーツカーが増えてきた。
  メルセデスのSクラスやBMWがウジャウジャいる。 360モデナや911も追い越し車線を飛んでいく。

  フェラーリやポルシェは濃すぎる、 アルファは熱すぎる、 BMWやメルセデスは多すぎる、 
  国産のクーペでは ガキっぽすぎる。
  プジョーの406クーペはカッコいいヘソの曲げかたなのかもしれない。

  クルマは、スタイリングで選ぶのが一番幸せなんだから。
  飽きもこないしね。
  特にクーペの場合は、見た目が最重要ポイントと信じている。
  ヤバイぞ、本当に欲しくなってきた。 』                 by. 文 : 野田さん


406クーペ乗りの人が全て、自分と同じ変わり者とは思っていません。 ・・・  が、
この記事に賛同してくださる方は多いのではないでしょうか (^o^)丿

この後 5年たって、ついに自分もお気に入りの406クーペに乗り換える事になります。


ちなみに・・・ 、

その記事の車両は 『BL東京有明』のルガノ・グリーン。 この取材の後に、現在のオーナーさんの
元にやってくるのですが、それがなんと “カーとも”の みどりのぷじおさん である事をFBMで知りました(笑)

FBMで開催した406クーペ・オフ会に参加していただき、その実車に会うことができた。

“みどりのぷじお”さんのクーペも自分と同じピニン限定ホイール。  ルガノグリーンにも映えてましたよ。
自分が406クーペを購入するキッカケになった車両そのものに 会うことが出来て、すごく興奮したのを
今もよく覚えています。

そして、まさかと思っていましたが・・・

この古いUCG本を、当たり前のよーに 皆さんが持っている事実!
すご~く 狭い世界でお仲間は 昔~から繋がっていたんですねー (^o^)丿
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=D%2fIfrOsGabvymGFPNgHflw%3d%3d
witten by コンドウ☆
世界中
うんうんする
0



『ENGも徐々に組み上がっています。 クランクの研磨と、ボーリングは完成いたしました。』 との
メールと写真を見たら、ソワソワして心が落着かない・・・

我慢できなくなって、岐阜のSRSさん にオーバーホール中のエンジンを見に来ました。

順調にメンテナンスが進んできて ピカピカになった“1600 GTA ”タイプのアルミ・エンジンです。


ツインスパークのヘッドも分解されてキレイな状態になっていました。 燃焼室に左右に開いた穴が“ツインスパーク”のあかし。

流石はレーシング・エンジン! 
この技術のおかげで、サイズの大きなバルブを使用してハイパワーを生み出してくれます。

開けたばかりの時のヘッドの状態がこちら。 うれしい事に、大きな問題になるところは無かったので、
普通に全てのパーツを新品に交換してもらいます。


腰下も特に問題が無く、使用状態は普通にOH時期を向かえた感じ。


,『古い時代のエンジンはすごく作りがイイ。』 とよく言われていますが、左の新しい時代のと 初めて並べて見て、
アルミの質の良さが分かりました。 バリもムラも無い本当に美しいエンジンです。

エンジンのOHでは、その腕の良さが有名な岐阜のSRSさん 
名人技で すばらしい 『“神”エンジン』 に仕上がるのが楽しみです。

ガレージの隅で、エンジンルームが空っぽのジュリアが静かに待っています。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=kO845oywa%2fqtg2Kqc586bQ%3d%3d
witten by コンドウ☆
世界中
うんうんする
0




ガレージングスタイルの家 12   ガレージライフを楽しむ家 ~ 12棟目は・・・




愛車2台をビルトインガレージに納める住宅を提案、 設計も本格的に進んできました。  

さらに今回は・・

最近とても人気な“薪ストーブ” を設置する予定です。
ピザやパンも焼けるし、憧れのダッチオーブンも置ける~ → 詳細は コチラ 



この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=GlbrvrGAKVBsLyD70YeA2A%3d%3d
2012年2月1日 18:47  | ガレージライフ  | コメント(8)  | トラックバック(0)