ログイン
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

マセラティ ギブリ2018年モデル発表 ~2種のトリムオプションと先進運転支援システム採用~

世界中
うんうんする
0


マセラティジャパンは、11月7日、都内にて改良された『ギブリ』の2018年モデルを含むフルラインナップの発表会を行った。
IMG_2877.jpg
発表会で壇上に立ったグイド・ジョバネッリ社長からは、マセラティのグローバルでの販売実績が好調に推移していることが報告された。特に2013年に登場した新世代の『クアトロポルテ』、『ギブリ』以降、販売台数が急速に伸びており、さらに同社初となるSUV『レヴァンテ』が2016年に登場したことにより、100万台と言われる世界ラグジュアリーカーマーケットセグメントも100%カバーできるようになり今後もマーケットシェアが伸びていくと予想される。マセラティは日本国内マーケットも重要視しており、ここ数年の販売台数もグローバル同様に非常に伸びている。その中でも『レヴァンテ』は国内販売の50%を占め、その90%は初めてマセラティを購入する新規顧客となっており、一層シェアを伸ばす重要なモデルとなっているとした。
IMG_2812.jpg
IMG_2788_edited.jpgIMG_2791_edited.jpgIMG_2792_edited.jpgIMG_2794_edited.jpg


『ギブリ』

2018MYでの主な変更点は以下の通りとなる。
  ・新型バンパー採用によるエクステリアの刷新
  ・2種のトリムオプション「グランルッソ」、「グランスポーツ」を展開
  ・電動パワーステアリングの採用
  ・410ps → 430psへパフォーマンスアップしたエンジン
  ・レベル2先進運転支援システム(ADAS)の採用
  ・ソフトクローズドアの採用
特に、2種の特徴的なトリム・オプション「グランルッソ」と「グランスポーツ」は、いずれも独創的なデザインによってそれぞれの個性を主張しながら、マセラティの真髄とも言えるエレガントでスポーティな世界観をよりいっそう際立たせている。
「ギブリグランルッソ」はエクステリア・デザインの完成度を高めるだけでなく、エルメネジルド・ゼニアのシルクとレザーのコンビネーション・インテリアを採用するなど、インテリアにおいてもラグジュリーを追求。一方「ギブリグランスポーツ」には、さらなる精悍さをアピールするエクステリア・デザインを施し、ピアノブラックトリムやスポーツシートなどの魅力的なインテリア装備とともにマセラティに息づくレーシングへの情熱を表現している。「ギブリグランロッソ」「ギブリグランスポーツ」は、すべてのエンジン・モデルにラインアップ。またエクステリアにおいてはマトリクスハイビーム技術を採用したアダプティブフルLEDヘッドライトを新たに採用している。
オプションとして設定可能な最新の先進運転支援システム(ADAS)は、既存の機能に加えて、レーンキープアシスト(LKA)、アクティブブラインドスポットアシスト(ABSA)、交通標識認識(TSR、モバイルアイテクノロジーに基づく)などのアクティブ機能を装備した。
価格は「ベース」が935万円~、「グランルッソ」、「グランスポーツ」が1,070万円~となる。(いずれも税込)

「ギブリ グランルッソ」
IMG_2890.jpgIMG_2894.jpg
IMG_2900.jpgIMG_2901.jpgIMG_2902.jpgIMG_2904.jpg
IMG_2916.jpg
IMG_2899.jpgIMG_2903.jpgIMG_2893.jpg

「ギブリ グランスポーツ」
IMG_2891.jpgIMG_2888.jpg
IMG_2908.jpgIMG_2909.jpgIMG_2910.jpgIMG_2912.jpg
IMG_2917.jpg
IMG_2907.jpgIMG_2913.jpgIMG_2918.jpg
IMG_2884.jpg
IMG_2878.jpgIMG_2905.jpgIMG_2914.jpg

ギブリ改良点の説明
IMG_2816_edited.jpgIMG_2823_edited.jpgIMG_2824_edited.jpgIMG_2825_edited.jpg
IMG_2826_edited.jpgIMG_2829_edited.jpgIMG_2830_edited.jpgIMG_2831_edited.jpg
IMG_2832_edited.jpg
IMG_2833_edited.jpgIMG_2835_edited.jpgIMG_2836_edited.jpg
IMG_2838_edited.jpgIMG_2841_edited.jpgIMG_2842_edited.jpgIMG_2843_edited.jpg
IMG_2844_edited.jpgIMG_2845_edited.jpgIMG_2846_edited.jpg


『レヴァンテ』

2018MYでの主な変更点は以下の通りとなる。
  ・レヴァンテSに右ハンドル仕様を導入
  ・2種のトリムオプション「グランルッソ」、「グランスポーツ」を展開
  ・電動パワーステアリングの採用
  ・レベル2先進運転支援システム(ADAS)の採用
  ・ソフトクローズドアの採用
価格は「ベース」が986.7万円~、「グランルッソ」が1,116.3万円~、「グランスポーツ」が1,081.7万円~となる。(いずれも税込)

「レヴァンテ グランスポーツ」
IMG_2929.jpg

「レヴァンテ グランルッソ」

IMG_2722.jpgIMG_2762.jpgIMG_2761.jpg
IMG_2896.jpgIMG_2897.jpgIMG_2898.jpgIMG_2895.jpg

レヴァンテ改良点の説明
IMG_2799_edited.jpg
IMG_2849_edited.jpgIMG_2850_edited.jpgIMG_2851_edited.jpgIMG_2852_edited.jpg


『クアトロポルテ』

2018MYでの主な変更点は以下の通りとなる。
  ・410ps → 430psへパフォーマンスアップしたエンジン
  ・電動パワーステアリングの採用
  ・レベル2先進運転支援システム(ADAS)の採用
  ・ソフトクローズドアの採用
  ・2種のトリムオプション「グランルッソ」、「グランスポーツ」はMY2017で導入済み
価格は「ベース」が1,225.55万円~、「グランルッソ」が1,363万円~、「グランスポーツ」が1,553万円~となる。(いずれも税込)
IMG_2756.jpg
IMG_2758.jpg
IMG_2801_edited.jpg


『グラントゥーリズモ』、『グランカブリオ』

2018MYでの主な変更点は以下の通りとなる。
  ・エクステリアの刷新
  ・「スポーツ」、「MC」の2バージョン展開
  ・新型インフォ・テインメント・システムの採用
価格は、「グラントゥーリズモ スポーツ」が1,890万円~、「グラントゥーリズモ MC」が2,216万円~、「グランカブリオ スポーツ」が2,000万円~、「グランカブリオ MC」が2,175万円~となる。(いずれも税込)
IMG_2771.jpgIMG_2777.jpg
IMG_2731.jpgIMG_2725.jpgIMG_2768.jpg
IMG_2750.jpgIMG_2755.jpgIMG_2753.jpg
IMG_2733.jpgIMG_2780.jpgIMG_2802_edited.jpg


マセラティ ジャパン 公式HP : https://www.maserati.com/maserati/jp/ja


会場には1966年~1973年まで生産されていた初代ギブリが展示されていた。
IMG_2718.jpgIMG_2920.jpgIMG_2716.jpg

マセラティグッズ、アパレルも展開。
IMG_2740.jpgIMG_2743.jpgIMG_2744.jpg
IMG_2747.jpgIMG_2745.jpgIMG_2778.jpg

ブルガリとのパートナーシップにより誕生した高級時計「オクト レトロ マセラティ」も紹介された。
2つのトリムオプションと同様のネーミングが与えられた「
オクト レトロ マセラティ グランルッソ」、「オクト レトロ マセラティ グランスポーツ」。
世界限定250本となり、マセラティオーナー限定での販売となる。価格はオクト レトロ マセラティ グランルッソ」が344万円(税別)、オクト レトロ マセラティ グランスポーツ」が132万円(税別)となる。
IMG_2741.jpgIMG_2742.jpg

2017年11月8日 14:43  | プレスリリース
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る