ログイン
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

JAIA二輪試乗会2017 HALEY-DAVIDSON XL1200CX ROADSTER

世界中
うんうんする
55


JAIA二輪試乗会インプレッションVol.6
 
第6弾はハーレーの新型ROADSTERです
 
IMG_9192.jpg

tt-2.jpg
 
インプレVol.5のFortyeightとは全く違うキャラが登場ですがハーレーの中でも異色な存在で異端児っぽい雰囲気が個人的にけっこう好きです!
 
XL1200CX ロードスターの開発コンセプトはダークカスタムが加えられたカフェレーサーで現代のバイクブームの中心にあるカテゴリー「ネオクラシック」を意識したデザインになっています。
 
P4190540.jpg
 
トライアンフのストリートカップやドゥカティのスクランブラーがライバルモデルとなっているようです。
 
ローダウンモデルが揃うハーレーですが、XL1200CX ロードスターはサスペンションが伸ばされたスポーツバイクであり、個性的なディテールが異彩を放っています。
 
IMG_9228.jpg
 
排気量1,201ccエボリューションエンジンとフレームをベースに、専用設計とされる43mm倒立フロントフォーク、コンチ型のローライズハンドルバー、デジタル速度計内臓の専用メーター、フロント19/リア18インチという新設計ホイール、ダンロップ製ラジアルタイヤGT502などを採用しています。
 
ホイールサイズは従来のスポーツスターならば、フロント19/リア16インチとなるところを、フロント19/リア18インチとより大きなサイズに変えています。
 
カフェレーサーというコンセプトに基づいてデザインをした結果、従来のフロント19/リア16インチでも他のヴィンテージバイクのようにフロント18/リア18インチでもなく、フロント19/リア18インチが1番スタイリッシュだったという理由なのだとか
 
ホイールの径が大きくなればその分高さも増し、カフェレーサースタイルということもありお尻の位置がぐっと高いポジションです。
 
P4190510.jpg
 
足つきが心配でしたが両足ベッタリとはいかないですがしっかり支えれれます
 
158cmでも写真の通り両足でしっかり支えられます。
 
178cmのスタッフが跨るとこんな感じです。
 
P4190551.jpg
 
かなり両足べったりですね
 
そしてハンドルに手を置くと、思った以上にグリップ部分が下を向いたデザインになっており、ライデイングポジションはかなり前屈気味になります。
 
P4190522.jpg
 
このレーシーな姿勢はライダーなら走り出したくなるでしょう
 
上級者向けのバイクであるという感じを抱いていましたが、実際に乗ってみるとわたしのようなビギナーでも楽しく乗ることができるバイクであることがわかりました
 
IMG_9225.jpg
 
新たなステアリングジオメトリが採用されたことでハンドル操作が簡単になり、思い通りの素早いレスポンスが得られます。
 
最高級のサスペンションが採用され、凹凸がある道路でもタイヤと路面が良好に接触しライダーの体への影響が軽減されるように設計されています。
 
アグレッシブなライディングポジションにずっと走り続けたくなる快適な乗り心地が両立しており、ワインデイングに挑戦したくなりました
 
バイクの楽しさを存分に味わうことができる1台でした
 
名称未設定-5.jpg
 
マイナスポイントを挙げるとするとギアが自分の意思に反して足を置くと変速してしまいました。
 
これはこのバイクの特徴なのかわたしとは相性が合わないのははわかりませんが足を置くだけで2束から1速になってしまったりということがあり足を置かないように乗りました。
 
あとはクラッチが固く左手の疲労がすごかったです
 
クラッチが軽くなるとより長時間快適に乗れるのかなぁと思いました^^
 
 P4190513.jpg
 
 
INFORMATION
----------------------------------------------------
HALEY-DAVIDSON XL1200CX ROADSTER
ハーレーダビッドソン ロードスター
http://www.harley-davidson.com/ja_JP/Motorcycles/roadster.html
----------------------------------------------------
 
≪ディメンション≫
全長:2,185 mm
シート高:785 mm
最低地上高:150 mm
レイク(度):28.9
トレール:140 mm
ホイールベース:1,505 mm
フロントタイヤ:120/70R19 M/C
アタイヤ150/70R18 M/C
フュエルタンク容量(L):12.5
オイルタンク容量(L):2.6
車両重量:259 kg
 
≪エンジン≫
エンジン型式:Evolution®,空冷45度Vツイン
ボア:88.9 mm
ストローク:96.8 mm
排気量:1,202 cc
圧縮比:10:1
燃料供給方式:インジェクション(Electric Sequential Port Fuel Injection)
ドライブトレイン
プライマリードライブ チェーン式, ギヤ比:38/57
ギヤ比(オーバーオール)1速:9.315
ギヤ比(オーバーオール)2速:6.653
ギヤ比(オーバーオール)3速:4.948
ギヤ比(オーバーオール)4速:4.102
ギヤ比(オーバーオール)5速:3.517
 
≪シャシー≫
エキゾースト:レーザー加工ブラックヒートシールド付、クローム、テーパードマフラー付デュアルショートエキゾースト
フロントホイール:ブラックオフセット、スプリット 5-スポーク キャストアルミ
リアホイール:ブラックオフセット、スプリット 5-スポーク キャストアルミ
ブレーキ、キャリパータイプ:前-デュアルピストン、後-デュアルピストン
 
≪パフォーマンス≫
エンジントルク測定方法:EC 134/2014
最大トルク(Nm):90.1
最大トルク(rpm):4,000
リーンアングル、右(度):30.8
リーンアングル、左(度):31.1
 
≪エレクトリック≫
ランプ類、インジケーター:ハイビーム、ニュートラルランプ、油圧警告灯、ターンシグナルインジケーターランプ、エンジンチェックランプ、燃料警告灯、バッテリー警告灯、ABS、セキュリティシステム(オプション)
計器類:ハンドルバークランプ一体型4インチ電気式スピードメーター(オドメーター、時計、デュアルトリップメーター、回転数/ギアインジケーター)
reported by カーくる編集部

May 10,2017 Wed   CATEGORY:第3回JAIA二輪試乗会  
 
「うんうん」した人
SUZUKI Vストローム250


1DAY 1CLICK 活動
新着記事
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
記事検索
検索語句

早川温子【atsuko.hayakawa】
バイク乗りの集まるコミュニティ「バイクる」の編集長。 2輪を楽しむ人が集まり、楽しさを共有する場所を作りたいと思い、初心者ながら「バイクる」の活動をスタート。 イベント「オアシスパークサンデー」を主催してバイク乗りの輪を広げる活動を行っている。 イベントや試乗会では初心者目線のレポートが共感を呼んでいる。休みの日は愛車に跨って気ままにツーリングするのが楽しみ。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る