ログイン
 
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
24


◆2018年11月~2019年3月12日(火)まで
クルマが完成したのは前週の土曜日の夜。つまり3月9日の夜に「今夜慣らし行ってきます」と、チーフメカニックの神田さんから一報が入りました! 間に合うのか?間に合わないのか? ここまで来たらもう、神田さんを信じるしかなかったわけですが、信じてよかった! 間に合ったぁ~!とホッと胸を撫でおろす私。
こんなギリギリになった理由のひとつは、まず新車を投入したこと。そして、ポロGTIで参戦している方は他にはいないので、すべてがワンオフ状態であること。なのにも係わらず、神田さんの元にクルマが届いたのが1月半ばであること。さらに、全日本ラリー選手権が、いつもより1か月早かったこと。こんなことが押せ押せで重なっちゃったんですよね~。圭rpを応援してくださっているテクニカルサポーターのみなさま、本当にありがとうございました! そして別分野で頑張っていただいたのが、フォルクスワーゲンジャパン広報部の皆さま。実はVWポロGTIは競技車両としての申請をしていなかったんです(VWポロR5はFIAの公認が取れていましたが、GTIは未登録)。さらに、メーカーとしての準加盟団体登録の期限も切れていたので、イチから奔走して登録していただくことに…。これ、申請書類や手続きが山ほどある上に、JAFに認定していただくのに、結構時間もお金も掛かるんですよね。期日もギリギリだったので本当に焦りまくりだったのですが、この手続きのために出張先からとんぼ返りしていただいたりと(本当にすみません…。)、皆さまのおかげでなんとか間に合いました。本当に感謝感謝です。ありがとうございました!というわけで、ポロGTIのホモロゲーション取れていますので、レースでもジムカーナでもいろんな競技に参加できますので、皆さま是非ポロGTIちゃんを使ってモータースポーツしてくださいね~。

0O6A0487.jpg

◆2019年3月13日(水)参戦発表会
「戦闘力より宣伝力」と公言している私のこと、応援してくださっている皆様へのご恩返しと言ったらおこがましいですが「モータースポーツとクルマを日本の文化にするために」も、今年もやっぱり参戦発表会を開催したい…。と、VWジャパン広報部の皆様にご相談させていただいたところ、参戦発表会開催にあたり、全面的にご協力いただくことになり、東京マリオットホテルという身に余るほどの豪勢な場所で、立派な参戦発表会を開催させていただきました。結果、ご参加いただいた方は64名。嬉しい限りです!豪華なお花もいただきました。Web、ポータルサイトのニュース、新聞、雑誌等々、たくさんた~くさんご紹介もいただきまして本当に有難い限りです。ありがとうございます。

IMG_5763.jpg


◆2019年3月14日(木)新城へ向けて出発!
クルマの完成に合わせて、出発日の前日が参戦発表会というギリギリスケジュールだったため、そのまま東京マリオットホテルから自宅までVWポロGTIを乗って帰りまして、翌日羽田空港へコ・ドライバーの佐竹尚子さんをお迎えに行き(佐竹さんはお仕事がどうしても抜けられず、前日の参戦発表会に参加できなかったんです。ご本人もとても残念がっていらっしゃいました)、いざ出発!
途中御殿場で途中下車し、三菱デリカD:5のメディア試乗会に参加するというお仕事をこなし、三菱自動車の皆様にもラリーカーをお披露目しつつ、今回の宿泊地、豊橋駅前のホテルへ。そこでようやく今回のチームメンバー皆さん顔合わせとなり決起大会~のハズだったのですが、来る途中に発覚したポロGTIのちょこっと手直しに、今回お手伝いいただくサーラカーズジャパンの腕利きメカニックさん、ご挨拶もそこそこに早速駆り出されて作業することに…。それを待っての晩御飯兼決起大会になりました。

0O6A0255.JPG


◆2019年3月15日(金)レッキ
タイムスケジュール的に問題なさそうなのと、少しでもポロGTIに慣れたいということで、今回のレッキは本番車でいくことにしました。久しぶりのレッキで、勘を取り戻すのに時間が掛かり、今回のペースノートの出来は正直ダメダメ。マシンの方は東京~豊橋~新城総合公園での移動区間でも、やや気になっていた部分をレッキで再度確信し、足回りのセッティングを決めてみました。
そしてもうひとつ、この日に決まったのがVWポロGTIの愛称。昨年のジュリエッタは尚子さんの命名でモモちゃんとなりましたが、今年のマシンは実はモモちゃんのカラーリングの反転バージョンなんですよね。白の部分がピンクに、ピンクの部分が白になっているんです。2代目だから「コモモちゃん」「スモモちゃん」「2代目モモちゃん」等々いろんな意見が出ましたが、イマイチピントこない…。悩んでいたところ「ピンクだからさくらちゃんは?」とご提案をいただいたんです。デビューの季節もちょうど春だし、レッキの間に尚子さんが「いつもはこの季節はイチゴなんだけど、なぜか今年はさくらにちなんだお菓子が多いのよねぇ。これもインバウンド需要かしら?」なんて言っていたこともあり(笑)「さくらちゃん」に決定!
SNSで早速お披露目したところ、早くも愛称で呼んでくださるファンの方々もいらっしゃって、翌朝「さくら」と書いた千社札を持ってきてくださった方もいらっしゃいました。リアに千社札を貼らせていただいたので、モントレー嬬恋で皆さんに見つけていただけると嬉しいです。

1903SHINSHIRO (4).JPG


◆2019年3月15日(土)DAY1
さくらちゃんラリーデビューは、いきなりのSSS。いまだ全開走行してないので、果たしてどれくらい行けるのか?どれくらいブレーキが効くのか、正直未知の状況でした。しかも、ここはギャラリーステージ。観客の皆さまが大声援を送ってくださっている場所。当然カッコよく走りたい気持ちはありますが、それよりも何かあって観客席に飛び込んだらどうしよう…という不安の方が先に立ったりして。
でも!これが! 前日のセッティング変更が大当たり!フロントの接地感が上がり、頭の入りもよくなってかなりハンドリングが向上。タイヤも乗り慣れたADVAN A052ということで、不安はすぐに安心感に代わり、若干車体の重さを感じるけど、なかなか行けるのでは?という手応え。

1903SHINSHIRO (1).JPG


でも午前中のSSは、まずはマシンのフィーリングを掴むのが先決。スーッと無理せずこなすことにしました。これくらい力抜いて乗ってて、これくらい行けるなら、これは今年は行けるんじゃないの?なんて密かに秘かに思っていたんですよね。
そしてサービスの時間には、た~くさんのファンの方にお出迎えしていただきました! 皆さん拍手で出迎えてくださって嬉しいやら気恥ずかしいやら。ちなみに圭rpでは、今年はクリアホルダーと大会ごとの缶バッジと通年の缶バッジ、新城用にはキーホルダーも作ってみました。こちらも大人気で200個の缶バッジは初日でスッカラカン。来年はもっとたくさん用意しなきゃですね。
さて、走りの方ですが、ブレーキもばっちり効いてくれたので、午後はちょっと乗り方を変えて、気合いを入れて突っ込み気味のドライビングに変えてみました。すると…、なぜかタイムダウン(涙)。ABSとシフトスケジュールの関係なのか、ガツンとスピードを落とすと、エンジンが吹き上がるのに時間が掛かり、立ち上がらない時間が長くなってしまうんですよね。それよりも、極端に言えばタラーッと乗った方がタイムが出る様子。まだまだ研究が必要ですが、ひとまずタラーッと走法をベースにした方がいいのかもしれませんね。
そして、心配だった電子デバイス。ASRカットやスポーツESCなど試してみましたが、新城のコースではスポーツESCだと一切邪魔な介入はせずいけることがわかり、昨年の苦労を思いホッと胸を撫でおろしました。グラベルになるとまたわからないけれど、今回はとりあえずよかったぁ~。

1903SHINSHIRO (7).JPG


そしてもうひとつ心配だったトランスミッション。VWポロGTIは2ペダル、トランスミッションがDSGなので、油温や水温が心配だったのです。昨年もオイルを変えただけで油温が下がり、2ペダルのアルファTCTの変速が速くなったので安心はしていたのですが、今回もまったく問題なく最後までトランスミッションはノートラブルでした。
そしてもうひとつ感動したのがヘルメット。今回からBELLのヘルメットをご協賛いただいたのですが、実はBELLってなんとなく重いイメージがあったんですよね。ところが今回ご提供いただいたヘルメットの軽いこと!しかも頭の形状もバッチリ!音声もクリア!間違いなく今まででいちばんしっくりくるヘルメットだったんです。米国形状タイプのXXSを手配していただいただけあって、長時間被っていてもまったく苦にならない、感動ものの被り心地でしたよ~。

1903SHINSHIRO (5).JPG


◆2019年3月16日(日)DAY2
さてDAY1は無事生き残ったということで、DAY2はもう少しだけ行ってみようかな~なんて秘かに思いつつも、この後モータースポーツジャパンフェスティバルの展示も迫っているので、無理はできないぞと気を引き締めつつ、走り出しました。やはりタラーッと走法が効いたのか、前日よりホンのわずかだけタイムアップ。そこそこ満足しつつ、サービスパークへ戻ります。今日は前日を上回るほどのファンの方々が出迎えてくださった他、VW豊橋の顧客のみなさま方を招いてのSS観戦ツアーも開催しておりましたので、お客様がたーくさんいらっしゃって嬉しかったですね~。SS観戦ツアーの方はほとんどがそうでしたが、一般の方でも初めてラリーに来たんです!どうしたらいいでしょう? という方がいらっしゃったので、お客様同士連れだってSSに行っていただいたりなどしてみました。こういったところから、新たなるお友達関係が生まれたらこれまた素晴らしいですからね。ラリーに行
ったことがないという皆さま、是非観に来てくださいね~!

1903SHINSHIRO (2).JPG


午後は天候が変わり、なんと、最後のSSは吹雪のためキャンセルになっちゃったんです~。ご覧いただいて皆さま、とっても寒くて大変だったと思います。そんな中、最後まで応援していただいて本当にありがとうございました!

1903SHINSHIRO (6).JPG


◆次戦に向けて
とりえあえずは初戦、無事完走できました。これもひとえにサポーターの皆様のおかげです。本当にありがとうございました。新城ラリーでは、下は小学生から上は80歳のおじいちゃんまで、たくさんのファンの方々に応援していただき、本当に私はとっても幸せ者だと痛感しました。本当に本当にありがたい限りです。そしてさくらちゃんは、モータースポーツジャパンフェスティバルに展示された後、すぐにグラベル戦を戦えるマシンへの変身作業に突入するそうです。
モータースポーツジャパンフェスティバルにも、圭rallyprojectとして出展しますので、是非遊びに来てくださいね!

「いくつになってもチャレンジはできる! 眠れなくなるほどの大きな夢を、竹岡圭と一緒にみて、追いかけて、叶えてくださいね~!」

1903SHINSHIRO (3).JPG


この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=CHUy8Jm5C6Psd9TsyJQFQg%3d%3d

 

竹岡 圭【kei.takeoka】

「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、 日本車・輸入車問わず、軽自動車からスーパーカーまで、全ジャンルの自動車をインプレッション! 毎日のクルマ生活からハレの日のクルマ旅行まで、カーライフ全般を女性の視点でチェック&レポート! 日本のみならず世界各国で開催されるモーターショーにも訪 れ、世界のカーライフを見聞している。

クルマを販売する側、クルマを購入する側の両方から、購入前~購入後に至るまで、カーライフのサポーターとして、幅広い活動を心掛けている。 さらに、究極のクルマ遊びとしてモータースポーツ業界にも参加。レーシングチームのマネージャーとして、 数々の全日本選手権等で活動したのをきっかけに、自身も ドライバーとして、ツーリングカーの耐久レースやスプリントレースに参戦。2009年にはひと味フィールドを変えて、ラリーレイドにも挑戦、「ラリーレイドモンゴ ル」で完走を果たした。
記事検索
検索語句
カテゴリ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る