ログイン
 
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
102


いやはや1年間ってあっ!という間ですね~。モータースポーツを追いかけていると、本当にあっという間なんですよね。いよいよ、2019年ラストのラリーとなりました、セントラルラリー2019 愛知&岐阜。来年いよいよやってくるWRCのプレイベントということで、一部ではものすごく話題になっていましたが、みなさまのところには聞こえてきましたか? というのも、あまり告知はされていなかったようなのです。あくまでテストイベントということで。でも、お客様の数もものすごかったし、TVや動画中継などもたくさん入っていました。来年に向けて、そして来年のWRCに向けて、もっともっと盛り上がることを期待したい!私も何かお役に立てたらいいなぁーと、思っているところです。

1911セントラル (2).JPG

そして、今回のラリーは、私的にも手応えがありました!コースも通常の全日本ラリー選手権とまったく違う雰囲気で、民家の前、山、スカイライン的道など変化に富んでいて、走っていてとっても面白かった! さらにハイスピードコースだったのもよかったみたいで、さくらももちゃん号、総合順位でこれまでの最高成績でした! 順位もそうですが、タイムもよかったんですよね。いつも全日本ラリー選手権で同クラスで私よりも、う~んと上を走っているクルマと同タイム! ほぼ変わらないタイム! なんていうSSもいくつかあったくらい。自分的には大満足のラリーとなりました。
もちろん、お客様にとっても、わざわざ山の中のギャラリーステージまで出かけなくてもご覧いただけるところが多いということで、海外のWRCみたいで、こういうラリーは本当にいいなぁ~と思った次第であります! だってお客様にご覧いただいてこそのモータースポーツですからね!

1911セントラル (5).JPG

◆2019年11月7日(木)受付 晴れ
本日は移動日&参加受付や明日からの準備等々の日です。チームメンバー住んでいるところがバラバラなので、現地集合。私は途中でカメラマンの原田淳さんを乗せて、なんだかももちゃんより人気が高い(笑)、MINIクロスオーバーのしろちゃんでHQの愛知県長久手市の愛・地球博公園に向かいます。さくらももちゃんは、青トラちゃんに載せて神田誠チーフメカニックが運んできてくれました。今回大変だったのは宿泊の手配。この周辺は本当に宿が取れなくて四苦八苦したんですよね。ようやくゲットしたのは、HQから15分という交通は至便なところ。ただし名前が微妙だったので(笑)、ドキドキしながら向かいましたが、結果は、お隣の部屋のいびきが聞こえるレベルのところでした(笑)。とはいえまぁ、ギリギリセーフレベル。なんたってHQまでの距離が近いのは、朝早く夜遅いラリーではやっぱり重要ですからね。

1911セントラル (6).JPG

◆2019年11月8日(金)レッキ 晴れ
今回のラリーは、全体的な距離が本州の全日本戦に比べると長めなんですよね。でも何が長いって…リエゾンが長いんです~。SS自体は長いもので15kmくらいというのが1本当たりの最長距離なので大したことないのですが、そのSSに行くまでのリエゾンが60kmくらいあったりして、移動が大変。お客様も見て回るのが大変だったんじゃないかしらん…。
しかし、何と言っても、コースの内容がすごかった。今回は「自宅の前をラリーカーが疾走するような、WRC的なコース設定する」というのがコンセプトだったそうで、本当に民家の中を走ったんですよ。もちろんSSとして! これはもう地元の方、警察の方々、主催者の方々に大感謝ですよね。いつもは、街中で見られるのはリエゾンだけで、SSは山の中にいかないと見られないですからね。街中をラリーカーが疾走する姿は、さぞかしお楽しみいただけたんじゃないか、ラリーってこういうものなんだ~!と、知っていただけたんじゃないかなと思います。モータースポーツの魅力が伝わっていることを願いたいです。
選手としては、全日本戦ではあまり出てこないジャンクションが多数出てくるので、コ・ドライバーさんは大変だったと思います…。いつもありがとうございます!

1911セントラル (10).JPG

レッキ終了後は、開会式、記念撮影、セレモニアルスタート!そんなに告知されていなかったハズなのにお客様の数にビックリ。実は、今回は来年のWRCのテストイベントの意味合いが強いので、お客様は入れない非公開ラリーで行う予定もあったくらいだったんですって。WRCカーが走る国際格式クラス、他にもクラシックカーが走るクラスも併設されていましたし、なかなか時間管理が大変だったと思います。また近隣で他のラリーも同日に開催ということで(1か所はSSも同じところを使いました)、主催者の方は本当に大変だったと思います…。そんなわけだったので、ほとんど告知してなかったにもかかわらず、た~くさんのお客様が出発を見送ってくださって、本当に嬉しかったですね~。来年のWRCの盛り上がりに向けて、期待がメチャクチャ膨らみました~。

1911セントラル (8).JPG

◆2019年11月9日(土)DAY1
確かに楽しいコースではある。でもちょっと心配…。なんたって私、一生懸命頑張ってもどうしても道を覚えられない、こりゃちょっと病気なんじゃないか?って思うくらいの方向音痴なんです…。でね、やっぱり間違えました。まずSS1はジャンクションを行き過ぎてしまいました。SS2はジムカーナのようなところがあったのですが、パイロンを見落としてミスコースしてしまいました。SS3はリエゾンで道を間違えてしまいました…。そんなチームも多かったようで、時間的に余裕がなくなりSS5はキャンセル。私としてはSS5はもう一度走りたかった再チャレンジしたかったので(Uターンまでしたわりにはタイムがそれほど悪くなかった)、超残念でしたが、これもラリー。仕方ないですね~。1本目から行けるように、レッキを頑張らないとですね。

1911セントラル (11).JPG

◆2019年11月10日(日)DAY2 晴れ
さて、本日はもう一段階上のチャレンジということで、タイヤを替えてみました。横浜ゴムA08Bを前後に履かせてトライすることにしたんです。こちらは普段履いているA052よりもスイートスポットが狭まったタイヤなのですが、お天気もよかったからいけるかなぁ~と! 午前中はコレが大当たり! 特に1本目のSS7は、いつも全日本戦では、同じクラスで私よりもかなり上のタイムで走られている方と、なんと!同タイム! ただしこのSS7(SS12としても走りました)は約4km。これがSS8、SS9、SS13となると(SS14はキャンセル)、距離が約15km。となると20~30秒くらい離されちゃう…。う~む、まだまだ、まだまだ修行は必要ですが、なんと2019年3月の新城大会以来のターマック、しかもぶっつけ本番としては、これまでを考えると上出来かもしれません。こうなったら~と、オフシーズン練習したい欲がグングン高まってきた!でもお仕事しないとラリーできないし…。このバランスが難しいんですよねぇ。

1911セントラル (3).JPG

そして今回何と言っても嬉しかったのは、我が師匠、第二の父の日下部保雄氏がとうとう見に来てくれたんです! とはいっても、本当は別の取材でいらっしゃっていたのですが、日下部おとーちゃん師匠、私がラリーを始めたことに実は大反対していたんですよね。いまも本音では反対かもしれませんが(笑)、実は密かにチェックはしてくださっていたようで、わざわざサービスパークのテントまで来てくださって「少しは早くなったな!」と、声を掛けてくださいました! 思わず涙がこぼれるほど嬉しかったです。他にも仲良しの安東弘樹アナウンサーも実況解説トークショーの合間を縫ってテントまで来てくださったり、主催者サンズの親方三好正巳さんも「着実にタイムアップしてるじゃん!」と、清里ROCKの舩木良さんも「頑張ってるね~!」と…。他にももう数えきれないくらい、ラリーを始めた当初からた~くさんお世話になった方々がお声を掛けに来てくださって、勇気百倍。いやはやもう、いま思い出しても涙が浮かんでくるくらい嬉しかったです!

1911セントラル (9).JPG

そして結果ですが、クラス順位的には4位でしたが、総合順位はナント13位!今まででいちばん好成績で2019年のラリーを締めくくることができました。みなさま本当にありがとうございました!
どうやら、さくらももちゃんは、今回のようなハイスピードコースの方が合っているようです。そして私も、比較的ハイスピードで、しかも下りのコースが得意なんですよね。マシンの特性と私の特性を生かし、なんとか来年はもう少し全体的に勝負できるようになりたいと思っています。
機械式LSDがない、車重が重い、統合制御のため電子デバイス系が切れない(なんたってクルーズコントロールも衝突被害軽減ブレーキも生きてるくらいですからね…)とか、いろいろありますが、この中で頑張れることを見つけていきたいなと思っています。

1911セントラル (7).JPG

正直なことを言うと…。もう本当に資金面で厳しいので、自分でチームを動かすのは今年で終わりにしようと思っていました(誰かが乗せてくださるというのなら別ですよ!それならいくらでも乗ります!)。でも、WRCが来るなら、出なければ絶対後悔すると思うので、なんとかあと1年、自分でチームを動かしてチャレンジする、圭rallyprojectで頑張ろうと思います!もちろん、もっともっと応援してくださるスポンサーがついてくださったりしたら再来年も、その先も続けますし、自分でチームは動かさないにしても、乗ってくださいなんていう方がいらっしゃったらいくらでも乗りますよ!

1911セントラル (1).JPG

来年のモータースポーツカレンダーが発表されたばかりなので、まだどのラリーに参戦するかは決めきれていませんが、ひとまず新城ラリーには参戦する予定です。

「いくつになってもチャレンジはできる! 眠れなくなるほどの大きな夢を、竹岡圭と一緒に追いかけて、叶えてください~!」

1911セントラル (4).JPG
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=MRbaDBLsBDcYAaJxz8IQ1w%3d%3d

November 24,2019 Sun  | 総合順位はナント13位!
 

竹岡 圭【kei.takeoka】

「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、 日本車・輸入車問わず、軽自動車からスーパーカーまで、全ジャンルの自動車をインプレッション! 毎日のクルマ生活からハレの日のクルマ旅行まで、カーライフ全般を女性の視点でチェック&レポート! 日本のみならず世界各国で開催されるモーターショーにも訪 れ、世界のカーライフを見聞している。

クルマを販売する側、クルマを購入する側の両方から、購入前~購入後に至るまで、カーライフのサポーターとして、幅広い活動を心掛けている。 さらに、究極のクルマ遊びとしてモータースポーツ業界にも参加。レーシングチームのマネージャーとして、 数々の全日本選手権等で活動したのをきっかけに、自身も ドライバーとして、ツーリングカーの耐久レースやスプリントレースに参戦。2009年にはひと味フィールドを変えて、ラリーレイドにも挑戦、「ラリーレイドモンゴ ル」で完走を果たした。
記事検索
検索語句
カテゴリ
圭rally project 始動(1)
とにかくとにかく忙しいです(1)
デビュー戦でクラス3位をゲット(1)
モントレーin嬬恋でクラス4位入賞(1)
ラリー北海道に参戦します(1)
ラリー北海道で無念のリタイア(1)
新城ラリーのコースって難しいんです!(1)
ラリーにチャレンジしてみて本当によかったなぁ~(1)
圭rally projectの動画が完成しましたっ!(1)
2018年の圭rally projectはアルファロメオジュリエッタで参戦(1)
モントレー2018まで残すところ1週間!(1)
なんとかかんとか、完走は致しました(1)
第6戦のカムイ大会がやってきちゃった~(1)
完走できただけでもよかったのかも?!(1)
来年こそは、絶対完走するぞ!(1)
全日本ラリー選手権2018年の最終戦がやってきてしまいました~。(1)
今回私結構いけてるんじゃない?乗れてるんじゃない?(1)
あっという間に2019年シーズンが始まってしまいました。(1)
さくらちゃんラリーデビュー!(1)
今年初のグラベル戦になるんです(1)
モントレー2019 JN2クラス 3位!(1)
手のかかる子ほどカワイイとも言いますけれど(1)
結構慣れてきた感じで、走るのが楽しい!(1)
あっ!という間にお次の横手大会。(1)
横手ラリー2019 盛り上がりに大感動しちゃいました。(1)
絶対完走してきたいと思います!(1)
これまでよりいちばん速い結果で、さらに無傷で完走することができましたっ!(1)
今年最後のラリーに参戦します。(1)
総合順位はナント13位!(1)
みなさま応援のほどよろしくお願いいたします!(1)
無念の無観客開催(1)
圭rallyprojectは今年がラストイヤー(1)
1年ぶりのラリー(1)
ラリー丹後に参戦してきました~。(1)
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る