ログイン
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール

世界中
うんうんする
0


 ども!

今回はDSGオイル交換のご紹介!
DSGとは「ダイレクトシフトギアボックス」の略で、自動でクラッチ操作、変速操作を行ってくれる夢のようなメカニズムです。BMWだとDCT「デュアルクラッチトランスミッション」、ポルシェだとPDK「ポルシェドッペルなんとか」です(笑
そんなミッションにも当然オイルが入っております。オイルは機械の潤滑や冷却、汚れを吸収するために重要な役目を果たしております。
そんなDSGオイルをメーカーでは基本的にメンテナンスフリー!
いやー便利な世の中です!ついに劣化せず汚れないオイルが開発されましたか!(笑
当店にはそんなハイテクオイルありませんので交換させて頂きます(笑

IMG_5097
ということで赤ゴルフ7GTIは10万キロ走行でDSGオイル無交換
やるしかないです(笑

IMG_5087
DSGオイルは下抜き下入れです。
DSGオイルフィルターはミッション上部にあります。
フィルターとカバーを交換しました!
画像奥に見えるcpmが尋常じゃないくらい削れているのは見ないでください(笑

IMG_5088
新しいオイルをドレンから入れていきます。
レベルゲージはありませんので、油面調整という方法で適正量にします。
オイルは色々あるんですが、ウチでは純正を使うことが多いです。
もちろん純正がベスト!ってワケではありません。
けどアフターのオイルも自分の車で試してみましたが、ボク的にはうーんって感じです。
トルコンオイルをベースにしてるものはまず論外で、DCTオイルとして開発しているオイルを数点試しました。
サーキット走行で温度が上がるとエラー入るオイル、変速しにくくなるオイルなどなど。。
結果、純正が可もなく不可もなくということで純正を使ってます。
大体6~7万キロごとに交換をお薦めしております!


ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る