ログイン
トップページへお問い合わせ代理店サポートページへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
世界中
うんうんする
0


マルク・マルケスの最後まで勝利に向けての能力がアルベルト・プーチに影響を与えた。彼は「オーストリアでネガティブな部分は何もない」と言うが、レースの勝者を祝福し、次戦シルバーストーンでレプソル・ホンダチームとマルク・マルケスがさらに強くなることを讃えている。また、イギリスGPではホルヘ・ロレンソが復帰し、アルベルト・プーチとチームは一緒に働けることを楽しみにして、前進し続ける。
 

01Qatar19MgpREPSOL_AA_JOC2107.jpg
 

Q: 「レッドブルリンクでの戦略は何でしたか?」

Puig: 「戦略は良い安定したリズムを持って、そこからどこに行けるか確認するようにすることで、いつもしていること。タイヤ選択はミスだと言いたくないけど、違ったタイヤを使っていたら違う結果になっていただろう。それは確信している。でも、見ての通り、マルクは最後まで優勝争いをしてプッシュすることができた。」

 

Q: 「ポジティブな点と、ネガティブな点は?」

Puig: 「オーストリアでのネガティブな点はまったくない。誰もケガしなかったし、レーズ全体として全てがうまく進んだ。普段は勝つためにレースをしているけど、打ち負かされた時は敗北を認めて、彼らを祝福するべき。でも、こんな状況の時は、次戦でもっとがんばって取り返さなければならない。これがホンダとマルクの考え方。2週間後は違うレースをして、また優勝できるようにするよ。」

 

Q: ピット・ウォールからの眺めは?

Puig: 「ピットウォールからは1つのことしか見れない。とてもシンプル。週末を通してマルケスは、他のライダーより0.3から0.4秒速かった。でも、今日のレース、練習で見せたようなペースはなかった。雨がコースとグリップを変えたのかもしれない。正確には分からないけれど、練習とは違ったものだった。すぐに状況が予測通りに進んでいないことが分かった。もちろんレースの計画と予測は数分で変わる可能性がある。」

 

Q: 「次戦シルバーストーンではホルヘ・ロレンソが戻ってきます。」

Puig: 「シルバーストーンでホルヘ・ロレンソに会えることは楽しみ。ケガの後、体力的にOKであることを期待している。彼は100%にならないことを理解している。彼のような長いケガの後、2ヶ月もの間バイクに乗っていない後で、速度を見つけ出すことは困難。チームに参加し、フィードバックを与えて前進するために、またライディングするモチベーションを持って戻ってきてほしい。

去年のシルバーストーンは、コンディションの影響で難しい日だったけど、サーキットを全面再舗装したと聞いて、最初のフィードバックはとても前向きに思う。イギリスに行って何が起こるか見てみたい。」

2019年8月15日 11:21  | 2019 MotoGP情報  | コメント(0)  | トラックバック(0)
記事検索
検索語句
2020年10月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
先負
13
仏滅
14
大安
15
赤口
16
先勝
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
アーカイブ
2020年08月 (15)
2020年07月 (11)
2020年04月 (1)
2020年03月 (1)
2020年02月 (7)
2020年01月 (2)
2019年11月 (15)
2019年10月 (19)
2019年09月 (12)
2019年08月 (15)
2019年07月 (12)
2019年06月 (16)
2019年05月 (12)
2019年04月 (11)
2019年03月 (10)
2019年02月 (13)
2019年01月 (4)
2018年11月 (10)
2018年10月 (7)
2018年09月 (6)
2018年08月 (4)
2018年07月 (8)
2018年06月 (7)
2018年05月 (7)
2018年04月 (6)
2018年03月 (6)
2018年02月 (5)
2017年11月 (2)
2017年10月 (7)
2017年09月 (5)
2017年08月 (6)
2017年07月 (3)
2017年06月 (9)
2017年05月 (6)
2017年04月 (2)
2017年03月 (8)
2017年02月 (4)
2016年11月 (2)
2016年10月 (5)
2016年09月 (4)
2016年08月 (2)
2016年07月 (3)
2016年06月 (6)
2016年05月 (3)
2016年04月 (8)
2016年03月 (1)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (6)
2015年08月 (3)
2015年07月 (5)
2015年06月 (12)
2015年05月 (4)
2015年04月 (7)
2015年03月 (1)
2014年11月 (2)
2014年10月 (4)
2014年09月 (3)
2014年08月 (2)
2014年07月 (2)
2014年06月 (2)
2014年05月 (3)
2014年04月 (2)
2014年03月 (4)
2013年11月 (1)
2013年10月 (4)
2013年09月 (3)
2013年08月 (2)
2013年07月 (3)
2013年06月 (2)
2013年05月 (5)
2013年04月 (2)
2013年03月 (1)
2012年11月 (4)
2012年10月 (5)
2012年09月 (3)
2012年08月 (4)
2012年07月 (3)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (1)
2011年12月 (1)
2011年10月 (3)
2011年09月 (3)
2011年08月 (1)
2011年07月 (4)
2011年06月 (2)
2011年05月 (2)
2011年04月 (2)
2011年03月 (5)
2010年10月 (2)
2010年09月 (3)
2010年08月 (3)
2010年07月 (3)
2010年06月 (2)
2010年05月 (4)
2010年04月 (3)
2010年03月 (6)
2009年11月 (7)
2009年10月 (2)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る