ログイン
カーくるトップへ

Mitoで旅するTORINO~MILANO

アルファロメオMitoでトリノ~ミラノをドライブした時の記録を綴ります。
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by とぐさん
世界中
うんうんする
0


4日目 モデナ リストランテ「Cavallino」あのフェラーリの創始者エンツォ・フェラーリがこよなく愛したというレストランです。
ここでの食事は目的の一つでした。

DSC03280.jpg
思いもよらず、イタ雑の太田さんと、ShoppingFomura1のオーナー・ルカさんもご一緒いただけるとのことで、大変心強いし、食事は1人より2人、2人より3人ですよね

DSC03631.jpg
店内はトラッドな落ち着いた雰囲気。12時半開店と同時に行ったので、最初はお客様もまばらでしたが、そのうちにどんどん人が入ってきて、さすが有名店といった感じでした。
カメリエーレもとても感じの良い方でしたが、僕らのテーブルに付いたのがナポリ出身の方らしく、なまりがかなりあったようです(どのみち僕には理解できませんでしたが・笑)

DSC03635.jpg
プリモ・セコンドはもとより、写真上にも写っています、パンがとっても美味しかったです。
なんでもこの地方特有のパンらしく、素朴なのですが、良く味わうとパン自体の味がじわっと出てきて、すごく美味しかったです。

DSC03633.jpg
もちろんプリモは言うまでもなく、本当に美味しかったです

DSC03632.jpg
僕はこのリゾットをいただきました。ここで初めて知ったのですが、イタリア人といえどもフルコースで食べるわけでもなく、ルカさんはプリモのパスタまででFinitoでした。太田さんも。
え!そうなの!?セコンドまで頼むのは僕だけですか?って感じでしたが、言っちゃった手前引き下がれないので、どれが良いかと相談したら、、、

DSC03634.jpg
こんな串カツのようなメニューもあるんですねー!実際、エビの串カツを300倍イタリア風に解釈したような食べ物で、日本人の口にもあった、とても美味しいものでした。
ルカさんのチョイスだったのですが、日本人の少食な胃袋と、味の好みに配慮した選択で、イタリア人のそのおもてなし感は日本人と通じる部分があることがとてもうれしく、感激しました。


DSC03630.jpg
ドルチェも言うまでもなく美味しい、イタリアにしては見た目も綺麗で手の込んだものでした。複雑なバニラアイスのようなものに、ソースとチョコチップがまぶしてあり、これまた最高に美味しかったです(今日そればっか)

DSC03636.jpg
最後はエスプレットで〆。
脇に見える、リストランテカバリーノ特製ZUCCHEROは使わずに記念に持って帰ってきたのは言うまでもありません(笑)

最後にたかさんのお土産のハネウマのエチケットのランブルスコと、バルサミコ酢を買ってお店を出たのでした。

たかさん、ちなみにハネウマランブルスコ(と、じつはお土産のボールペンも)ルカさんのプレゼントだったのですよ~!イタリアに行って、御礼して来てくださいね(笑)

つづく。
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=nr8I3pyb4wSesa0CKbc1HA%3d%3d
2010年1月29日 22:09  | italia  | コメント(5)  | トラックバック(0)


witten by とぐさん
世界中
うんうんする
0


Car&Driverさんから2010年のカレンダーをいただきました記念。

カードラさんでおなじみの定点観測をFerrari本社前からお届けします。コメントもカードラ風に(笑)

y.jpg
▲Giovane Tre(ジョーヴァネ トレ)。イタリアの若者が旧型Y(イプシロン)に乗っていたのでカメラを向けると気さくに手を振ってくれました。社交的なお国柄ですね

y2.jpg
新しいランチアYもたくさん走っていました。ブランド消滅の危機にあるとかないとか。絶対無くしてはいけませんよ。このブランドは。

y3.jpg
159のワゴン2台に、向こうからやってくるのはMINI、そしてマイナーチェンジ後のムルティプラ。何とも嬉しい車ばかりがファインダーに収まっています。

y4.jpg
グランデプントとスクーター(すみません、バイクは疎いもので)AREOってなんでしょうか?バイクに乗ってる人の胸をよくる見るとハネウマが。お昼時間だったので、きっと従業員の方なんでしょう。

y5.jpg
159、セイチェント。159は本当に多かった。しかもイタリアで見ると本当に伊達でカッコいい。

y6.jpg
特にこのリアビューがしびれた。

y7.jpg
159のワゴンも非常に多く見かけた。しかもキャリアルーフ付きの。これが付いているとまた一段とカッコ良くなるのは不思議だ。その向こうを歩くは従業員。
こんなかっこいいツナギを来て仕事できるんだから、幸せものだ。

y8.jpg
パンダもこのとおりハネウマ仕様。よく見るとリストランテカバリーノと書いてある。なんて素敵な営業車!

DSC03575.jpg
そして最後はやっぱりFerrari。612スカリエッティ、向こうは黄色の430スパイダー。ランチアの、、、なんだっけ。おそまつさまでした
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=mFZTlzjZ7EwY7B8qov66KA%3d%3d
2010年1月22日 01:09  | italia  | コメント(6)  | トラックバック(0)


witten by とぐさん
世界中
うんうんする
0


まだまだ続きます(苦笑)

DSC03553.jpg
フェラーリの工場入口。

DSC03556.jpg
F430Spider

DSC03562.jpg
そしてスクーデリア!

よく見たらさっきの10分50ユーロやん

払った人おんのねー

いいなあ、、、ボソ。
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=WcY8Stub1EviPJ5bdoA9uQ%3d%3d
2010年1月21日 02:54  | italia  | コメント(4)  | トラックバック(0)


witten by とぐさん
世界中
うんうんする
0


GALLERIA FERRARIから出た後はまた街をぶらつきます。

500mo.jpg
おうー。チンクエチェント!イタリア滞在中は本当にたくさん見かけました。
オシャレなイタリアの街に、モデナの街によく似合います。

DSC03487.jpg
まあ、素敵なバス停だこと

DSC03495.jpg
正門前にて。おねーさん、おれもその社印証ほっしいわーー。

DSC03497.jpgDSC03498.jpgDSC03499.jpg
やたらアルファがたくさん走っていました。やっぱりフェラーリ、マセラティの周りは関係者が多いのでしょうね。イタ車率が高かったです。159wagon

DSC03500.jpg不評のマイチェン後の166も、イタリアで見るとミョーにかっこよく見える。

DSC03501.jpg
これは先のブログで紹介した「ShoppingFormura1」

DSC03502.jpg
良い音がして振り向くと、いるって感じです。



・    ・    ・



フェラーリ本社の周りをうろうろしているとずーーっと「音」がします。これだけはブログでは伝えれらませんが。

そう、あの例の「フォン!フォン!フォーーーーーンン!!」っていう甲高い音ですよ。

フィオラノサーキットが近いので、常に音がします。

そこで太田さんが案内してくれました。

普通は外からは見れないのですが、金網越しにのぞける覗きポイントがあり、そこから激写してしまいましたパチリとな。


430.jpg
わおーー430!

599.jpg
599、まさにフィオラノ!車もカッコよければ中に乗ってる人もなんだかカッコよさげだぞーー!

そりゃそうです。だってここはイタリア。

だってここは・・・
maranerro.jpg
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=QWb47a0XEqcWAZXDE9jBNQ%3d%3d
2010年1月15日 22:37  | italia  | コメント(6)  | トラックバック(0)


witten by とぐさん
世界中
うんうんする
0


やってきましたフェラーリ博物館。
外観は超モダンな建物です。

DSC03480.jpg
平日だったせいかそれほど人は多くありませんでした。

DSC03336.jpg
フェラーリの観光バス!わおー乗ってみてえー。レアです。

DSC03476.jpg
入ってすぐの所にはショップがあり、魅力的なものがたくさん置いてあります。
これはバルサミコ酢。モデナのあるエミリア・ロマーニャ州はランブルスコワインと並んでバルサミコで有名な場所でもあるのです。
これは自分だけに買って帰りました。正直バルサミコのイメージ変わります。甘いです。このバルサミコは。美味しいかった。

DSC03475.jpg
ランブルスコのワインもハネウマのエチケットです。
これと同じデザインのものをここでは買わずにリストランテカバリーノで買い、たかさんへのお土産としました。だってカバリーノの方がいいでしょう?なんとなく。

DSC03346.jpg
写真撮影がOKってのもすごいところです。さすがはフェラーリ。
でも、みなさんが行かれた時に感動が薄れてもいけないので、さわりだけにしておきますね(*^^)v

DSC03380.jpg
発表されたばかりの458イタリアがあったのは嬉しかった!

DSC03391.jpg
発表された時に写真で見たのと、現物はやっぱり全然違います。
イタ車って皆そう。Mitoも写真より現物の方が断然グラマラスでセクシーでかっこいい。458も然りです。

DSC03393.jpg
DINOを彷彿とさせるこのサイドの流れるようなラインは本当に美しい。
なんつったって車名に「ITALIA」を付けちゃうくらいですからね、その自信の程が伺えます。
ENZO FERRARIの名を車名にした時は「これ以上どんな名前を付けるんだ?」と思ったものですが、こんどはITALIAですか。。フェラーリさんのその先を考えないイタリア人的な命名の仕方、最高に好きです

じゃあ次はイタリアを飛び出して「CAMPIONI DEL MONDO」とか行っちゃいますかー!

DSC03396.jpgDSC03397.jpgDSC03434.jpgDSC03447.jpgDSC03457.jpg
599のモックアップ?なんだか超かっこよかった。

DSC03460.jpg
DSC03472.jpg
エンツォフェラーリの執務室を再現してたりして、見応え十分の博物館でした。

つづく。


この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=5NTWjPRq9npX4hGfL4v49Q%3d%3d
2010年1月11日 20:35  | italia  | コメント(7)  | トラックバック(0)


プロフィール
とぐさん
とぐさん
イタリア車のアルファロメオ好きが高じてイタリア好きになってしまったtogと申しますヌヴォラブルーのアルファロメオだけのオーナーズクラブ「全国ヌヴォラ党」の幹事をやっております。自分の車、アルファロメオ...
本になりました
Mitoで旅するTorino~Milano電子書籍
315円(税込)
アルファロメオMitoでトリノやミラノほか、イタリア各都市をドライブした時のフォトエッセイ。 道中に撮った約6000枚の中から厳選した写真や、イタリア車好きには堪らない数々の訪問先のレポートなど、写真集、エッセイ、ガイド、ホテル情報、グルメ情報、ドライブルート図から訪問先の予約方法まで、様々なエッセンスが一冊にギュッと詰まった、新感覚の『フォト・ブログ・ガイドブック』です。これからイタリアを車で旅行したいという人にも大変参考になる内容となっています。

※電子書籍ですのでダウンロードで購入するものです。

愛車情報
アーカイブ
フレンド
参加クラブ・イベント
カウンター
Counter
2017年3月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
先負
29
仏滅
30
大安
31
赤口
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
タグ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る