ログイン
 

愛車のことを中心に日々の出来事を綴っていきます。

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
35


早いもので、うちのアルファ147も13年目、6回目の車検を迎えました。
今回もユーザー車検で挑みましたが、事前チェックにていくつか整備をしました。

まずはヘッドライトのポジション球交換。
2008年に当時まだ高価だったLEDのポジション球に交換していましたが、LEDといえども経年劣化には逆らえず、最近は助手席側が徐々に弱々しくなってきました。(この日確認したら完全に消えてました。)

交換しなければ…と思いつつも今まで放置してきましたが、この度重い腰を上げて交換しました。
ポジション球の交換ごときで大袈裟な~と思われるかもしれませんが、もともと直4エンジン用のボディに無理やりV6を乗せている147GTAは、特にフロント周りは整備性が犠牲になっています。
ヘッドライト周りもクリアランスが非常に狭く、バルブ交換などはバンパー脱着を伴う整備となります。

まずはジャッキアップしてフロントタイヤを外し、インナーフェンダー内にあるバンパー固定ボルトを外します。さらにバンパー上部とアンダーカーバーと接している下部のボルトも外すとようやくバンパーが外れます。


バンパーを外すとヘッドライトユニットも外すことが可能となります。ヘッドライトを外せばあとは裏蓋をを取って中のバルブを交換するだけなので簡単です。

バルブは警告灯のキャンセラー内蔵のものを使いますが、どれが良いのか分からなかったので、先人の知恵を拝借しBREXをチョイスしました。上は今までついていたASSOの製品ですがキャンセラーユニットがデカいですね~。

点灯を確認し、ヘッドライトユニット、バンパーを戻して交換終了。


これで一安心と点検を進めると、今度はホーンが鳴りません。そういえば前回の車検でも鳴りにくく、何度か押してようやく鳴った記憶がありました。普段滅多に使わないのですっかり忘れてました。
今回は何度押しても鳴りません。このままだと車検が通りませんので、ネットで原因を検索。
するとステアリング周りのスイッチを制御している基盤の不具合が多いとのこと。早速ディーラーに交換費用を尋ねると部品+工賃で3万円近くなるとのこと。う~ん普段使わないホーンごときに3万円は痛い。
そんな時は某オクで部品検索……ありました!中古で送料込み約7000円。この部品が原因かどうか特定されていないので冒険でしたが、とりあえず落札。早速交換してみました。

部品はステアリング内に設置されています。

センターのエアバッグユニットを外すとこの部品にアクセスできます。
各コネクタを抜いて部品を引き抜き交換。恐る恐るホーンボタンを押すと…鳴りました!(;´∀`)
良かった~。

外した部品のカバーを開けて、中の基盤を確認してみたら所々焦げ?ていました。(;´Д`)



一応、これで懸念事項は解決できましたので、ユーザー車検を受けてきました。
予備車検場で一通りチェックしてもらい本車検へ。

そういえば今回からヘッドライトチェックがロービームになりました。予備車検場ではハイビームの調整しかしてなかったですが、ロービームでも一発合格。良かった。
その他特に問題もなく車検合格。また2年乗れることになりました。

ちなみに今回の車検費用。

予備車検費用 3240円
自賠責保険料 25830円
自動車重量税 34200円
車検手数料 1800円
合計 65070円

13年超ということで重量税が約10000円割増になってます。ふざけてますね。
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=%2fdXJIOTqCEJ5yZJCIyDLtQ%3d%3d

June 17,2017 Sat   アルファロメオ  | COMMENT(9)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
17


うちのロードスターには、NA8の限定車RSリミテッドに純正装着されていたレカロバケットシートを付けています。万人向けの純正ゆえにポジションやホールドはイマイチですが、逆に純正の安心感やカーボンケブラーシェルを採用して軽量な事、そして後ろから見た時のチラリと見えるゴールドのシェルが気に入って使っています。


しかし、中古で購入してかれこれ15年ほど経ち、特に運転席側の劣化が目立ってきました。
以前、ディーラーで補修の見積もりをしたら、生地の部品だけで1脚8万円するとかで、さすがにそれは無いわ~と、イマイチ形状の合わないレカロのサイドカバーを付けてごまかしていました。



しかし、こんなレアなシートのシートカバーを作っているところを発見し、この度購入してみました。
SUPERIOR スーペリア”というメーカーですが、検索してみると結構色々な車種で出しているようですね。ロードスター用ではラインナップされていませんが、このシートはFD RX-7にも採用されていたのでRX-7用のシートカバーを購入。パーフォレイトバージョンというセンター部がパンチング処理されているものを選びました。(購入は偶然某オクにて、定価の3万8千円より少し安く落札)
モノはフェイクレザーということで質感はそれなりですが、なんせ安いし自分で施工できるので工賃も節約できるので有難い。

ただ、このまま付けてしまうと、折角の”RECARO”の文字が隠れてしまい、「うちのシートはレカロだぜ~!」という虚栄心を満たせなくなってしまうので、ロド仲間から紹介してもらった近所の刺繍屋さんで刺繍してもらいました。どうせならオリジナリティーを!と色気を出して”RoadSter”のロゴをシルバー糸でメインに入れ、ダークグレー糸でさりげなく”RECARO”も入れてみました。


装着はシートを取り外して被せるだけの単純作業ですが、カバーの寸法が微妙で背中部のベルトホールと全体の位置が合わず苦戦しました。座面と背中面のクッションは取り外せるので、袋状になっているカバーの中に入れるだけで完成。片側30分程度の作業でした。



シートを車両に戻して完成!
座ってみると、シートカバー自体にもスポンジが張ってあり、元のクッションと相まって少し厚みが増して腰高感がありますが、ボロボロだった見た目はだいぶましになりました。ちなみに軽井沢ミーティングに行く前に装着しましたが、ロングドライブではこのクッション性が意外と効果を発揮して疲れにくかったです。


耐久性は分かりませんが、この価格なら5年くらいもってくれればいいかな。無理かな?(;´∀`)
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=3qokG4XzsUg0HXlCBye2cw%3d%3d

June 9,2017 Fri   ロードスター  | COMMENT(6)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
29


参加の皆様、そして運営スタッフの皆様、お疲れ様でした!

この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=4%2fnF3vzcI80QA9Bm1sb9%2bw%3d%3d

June 4,2017 Sun   未分類  | COMMENT(3)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
12


in モリコロパーク。
爽やかな風が吹いてます!




この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=PxjTS64r8IQ8%2fq%2fvHJ7cwg%3d%3d

June 3,2017 Sat   未分類  | COMMENT(0)




witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
16


行ってきました”ロードスター軽井沢ミーティング2017”。

今年から多くなりすぎた参加台数を抑制するため、参加方法が台数限定の抽選となり、雰囲気がどんな風に変わるのか?ちょっと不安でしたが、例年と変わらず活気ある軽井沢ミーティングでした。


ちなみに今年の参加台数はNA 378台、NB 242台、NC 176台、ND 259台、合計 1055台。NDがすごい勢いで増えてますね!新しいオーナーが増えるのは当たり前ですがNAもまだまだ頑張ります!
ちなみに昨年の参加台数は1452台。台数は大幅に減らしましたが、これで会場周辺やスタッフの負担が減り、スムースに運営できれば、この先の開催も安泰ですが、どうでしょうかね?

さて、今回も仲間と共に山梨方面から軽井沢を目指しました。
途中、清里付近から天候が怪しくなり所々で小雨に合いながらも無事に軽井沢までやってきました。
軽井沢に近くなると走っている車がロードスターだらけになります。(;´∀`)


今回はメイン会場の第一駐車場の駐車券を手にすることができたので、そちらに向かいます。
ボランティアスタッフの方々の誘導に従って…って、なんと中山主査じゃないですか!(笑)

いつもより早めに会場入りしたので、前の方にとめられました。


さて10時になり開会式が始まりました。
朝方は曇っていて少し肌寒かったですが、開会式を迎えるころにはこの天気!

地元の熊野皇大神社に2012年から晴天祈願をしてもらっているが、それからは毎年晴天とのこと。
この日もレストハウス屋上から神主様がご祈祷をしてくれました。


開会式が終わるといよいよショップエリアが開店し大変な賑わいとなります。毎年このショップエリアでのスペシャルプライスなパーツを楽しみに来ている方も多いですね。



私も愛用しているドライビンググローブの”CACAZAN”ブースも賑わってました。



今年もロードスター100万台記念車の展示がありました。昨年の軽井沢ミーティングで書いたはずの自分のサインが見つからず10分ほど探してしまいましたが、無事に発見!(;´∀`)

以前から話題となっている”NAロードスター レストアプロジェクト”についても無事に?進行しているようで、メーカーのトライアル版が展示されていました。個体はNA6で18万キロ走行車。

現代の環境基準に適応しない素材を使っていたため生産終了となっていたNAのビニール幌も素材を見直し再生。さらに当時のパターンを再現した純正タイヤも復刻(涙)。その他、内外装や機関系もリフレッシュされ新車に近いクオリティでレストアされていました。







また、会場ではレストアプロジェクトに関してのアンケートがとられており、そのアンケートを提出する際に山本前主査が1通1通目を通してオーナーと気さくに対話をしておりました。ロードスターの開発の方々は本当にユーザーフレンドリーですね。そしてとても真剣で真面目です。
こうしたメーカーの方と直接対話ができるのも軽井沢ミーティングの魅力ですね。


午前、午後と2回にわたり行われたマツダ開発陣によるトークショーでは、レストアプロジェクトや歴代のロードスター開発、再来年の30周年記念などについて語られていました。ユーザーからの質問では”NDロードスターのボディーカラーを増やしてほしい!”との要望も多く寄せられていました。前々から言われていますが、なかなか増えませんね~(;´Д`)




昼過ぎには恒例となっている記念撮影。今年は100万台記念車を囲んでの撮影となりました。
皆さんイイ笑顔ですね!



トークショーを聞いたり、仲間と談笑していたら会場を見る時間が無くなってしまい、慌てて一回りしてきました。(;´∀`)














最後も恒例となっている大抽選会&オークション&じゃんけん大会!
今年も多数の景品がありましたが、まったくかすりもしませんでした。(;´∀`)

閉会式が行われ、今年の軽井沢ミーティングも終わりました。


参加の皆様、そしてボランティアスタッフの皆さんお疲れ様でした。
また来年もここで逢えることを祈りつつ帰路につきました。
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=KXRU554PFqLZo5uM9pNt4g%3d%3d

May 31,2017 Wed   ロードスター  | COMMENT(7)




プロフィール
美あんこ
美あんこ
いつまで続けられるのか?日、伊、英の節操無しのカーライフ。
愛車情報
カーとも
参加オーナーズクラブ
参加コミュニティ
広告
カウンター
Counter
2017年6月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る