ログイン

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
  LINK
ウイングオート

G-TECH
  最近のコメント
  その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
2019年1月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
赤口
7
先勝
8
友引
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
大安
30
赤口
31
先勝
  カウンター
Counter
written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
10


■マイナーチェンジしたABARTH595+G-Techの魅力

P4700105.jpgP4700070.jpgP4700134.jpgP4700226.jpg

ドイツのチューナーG-TechによるTuneされたアバルト595competizione。

馬力は180ps→200psにアップ。

P4700120.jpgP4700122.jpgP4700126.jpg

G-Techマフラー(試作品)で抜けが良く、しかし分厚いトルクのおかげでさらに加速は鋭くなっている。

G-Techのロゴが入った114Φのマフラーは見た目も迫力があり、しかし五月蠅過ぎず、丁度いい塩梅の音量で、乾いた良い音を奏でてくれる。



マイナーチェンジされたアバルト595のコンペティツィオーネは車としての熟成がさらに進んでいた。

P4700130.jpgP4700067.jpg

硬すぎない乗り心地や、速いだけではない自分のコントロール下に収まる感覚といい、個人的にこれまで試乗したアバルト500シリーズの中でベストの1台に感じた。

P4700179.jpg
P4700069.jpgP4700074.jpg

マイナーチェンジで精悍になった顔立ちも◎


■意のままに操る愉しさ

 
P4700166.jpg
P4700212.jpg 

MT車の良いところは何といっても自分でコントロールする感覚を味わえるところだ。
 
自分の力量に合った走り方ができる。そして自分の限界がどの辺にあるかを知ることができる。速さを求めたら他に速い車はどれだけでもある。速い車をコントロールできることの面白さがMT車にあり、とりわけアバルトはMT車と相性が良いように思う。だからこいつに乗るのなら圧倒的にMTモデルをお勧めしたい。
 
P4700221.jpg

加速はというと、思わず笑いがこみ上げてしまう位、2,000回転ぐらいから盛り上がって3,000回転以上に行くと腹の底からウワーーっと浮き上がるような加速が体感できる。

P4700213.jpg

そこから更に4,000回転までの加速もたまらなく面白い。腰のあたりを背後から強烈に押される感覚は、例えるとその瞬間、空を飛んでいるかのようだ。たったの1.4Lのエンジンから、これ程の厚いトルクと力強いパワーを生み出す車を他に知らない。スポーツモードとノーマルモードの切り替えができるようになっているのだが、スポーツモードにした時のブっ飛んだ感じはノーマルモードにはない感覚であり、決定的な違いがそこにある。
 
 
■ならでは、の演出

イタリア車はとにかく「その気」にさせる演出が上手い。このアバルト595も随所にイタリア車らしい演出が満載だ。

P4700189.jpg

起動した際、ロゴが浮き出る。


nai.jpg

サベルト製のシートのシェルはカーボンで構成されている。

P4700141.jpg
P4700109.jpg

細かなところまでデザインされたシート。内外装の黄色と黒の組み合わせのコンビネーションが最高にお洒落。

P4700139.jpg

P4700107.jpg
P4700094.jpg

真鍮のシフトノブ。運転はドライビンググローブを着用したい。

P4700091.jpg

こういう部分にも手を抜かない。

P4700093.jpgP4700191.jpg

ABCペダルもアルミ製でABARTHのロゴ入り。

P4700156.jpg

普通は購入してからアフターパーツで装飾するような細かなところまでしっかりと贅沢なパーツが投入されており、この車を作った人達は本当に車が好きでやっているんだな、と思う。

また、ノーマルモードとスポーツモードでは液晶ディスプレイの表示までも変わる。

P4700154.jpg

これがノーマル。

P4700153.jpg

スポーツモードにするとこうなる。

ある意味子供っぽいような演出も、実際に乗るとその気にさせられてしまうから、ウマい。 
 
また、オーディオがBluetooth対応になったのも日常使いとしての利便性が大幅に向上したポイント。

  

P4700243.jpg

高速道路に連れ出しても印象は上々だった。この小さなボディには考えられないような接地感で、ハンドル操作に素直に車が追従してくれる。一般道より上がるロードノイズは許容の範囲内だ。そして5速からでも加速していくフレキシブルさを持ち合わたパワートレイン。どこを切ってもマイナーチェンジ前のアバルトよりレベルが上がっている。

筆者は普段の足車からしてマニュアル車乗りだが、この595はとにかく扱いやすかった。
全てにおいて違和感がないのだ。初めて乗る車はその車独特の癖などがあって、乗りこなすのに若干時間がかかるし、試乗が終わるまでその違和感が取れない車も結構ある。しかしこのアバルト595コンペティツィオーネという車は、まったく違和感くを感じることが無く、クラッチのつながり・加速・ブレーキフィール・ハンドリングなど、どれを取っても自然で、最初から思いのままに運転出来てしまう。

熟成が進んだABARTH595。最大の買い時が来たのかも知れない。

P4700146.jpg
P4700061.jpg
P4700177.jpgP4700185.jpgP4700169.jpg

INFORMATION

ウイングオート ヨーロピアンショールーム
http://www.wingauto.co.jp/shop/european/

住所 愛知県清須市春日砂賀東130
TEL 052-400-5554
FAX 052-400-5755
営業時間 10:00〜19:00
定休日 毎週水曜日



 
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=rt5zGRaJoB1XsmjdFiOv0A%3d%3d
2017年2月6日 17:12  | 未分類  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
14


500Lとは

500LはFIAT500ファミリーの1つであり、2015年に日本で正規輸入車として登場した500Xよりも前の2013年から本国では発売されている。

s-P4690001.jpg

名称の500Lの「L」は(エコ的な意味での)LIGHTやLIFESTYLE、LOVEなど、いろいろな意味を持たせているようだが、端的に言うと荷物を入れるスペースが増えた「LARGE」バージョンである。

s-P4690037.jpg

日本には正規輸入車としてディーラーで売っていない車種なので、現在手に入れようと思うと、海外からの直接買い付けを得意とする会社にお願いしないといけない状況となっている。

s-P4690008.jpg
 
日本で手に入れられないと思うと途端にどうしても欲しくなるのが人間の性(サガ)というもの。

ウイングオートはそんなオーナー達の熱い思いに応え、これまでに最も日本において500Lを多く販売している実績を持つ。

仕様選びのアドバイスからメンテナンスにおいて、独自のノウハウを持ったスタッフが対応してくれるのが心強い。

s-P4690043.jpg
 
500Xの販売が開始された今、隠れがちなこの兄貴分の500Lの魅力を再度クローズアップし、500Lならではの優れた特徴や、G-techによるチューンナップでノーマルより遥かに刺激的な走りとなった特別な500Lの魅力をお伝えしようと思う。 



外観、サイズ、積載量
 
500ファミリーのカテゴリで言うと、500は2ドアコンパクトハッチバック。500XはSUV風のクロスオーバー。500Lはいわゆるミニバン的とも言えるのだろうか。500のデザインを踏襲しながらも、500のドア2枚に対しドアが4枚になっている上、外観のデザインも他の2車種と比べかなり四角いデザインとなっている。

s-P3270547.jpgs-P3270553.jpg

このスクエアな外観は、コロンとした丸っこいデザインの500のイメージからすると、500っぽさが薄れるデザインではあるが、積載量に確実にプラスになっているメリットは大きく、500や500Xと比較して多くの荷物が搭載可能だ。

s-P3270566.jpgs-P3270571.jpg

ボディサイズを500兄弟で比較してみよう。
 
500L 全長4140×全幅1780×全高1660mm
500  全長3545×全幅1625×全高1515mm(全長+595mm、全幅+155mm、全高+145mm)
500X 全長4250×全幅1795×全高1610mm(全長-110mm、全幅-15mm、 全高+50mm)
 
この数値を見てざっくり言えるのは500<500L<500Xというサイズ感であること。
 
そう、意外と?500Xより全長、全幅は小さいのだ。とは言え全高は500Lのが高いし、実質的な車内空間は断然500Lに軍配が上がる。トランク容量は500の185L、500Xの350Lに対し、455Lと大容量。しかも後部座席を倒せば1480Lにまで拡大する広大な荷室空間が確保できる。

s-P3270556.jpgs-P3270554.jpg
 
家族で使うことや荷物をたくさん載せたい場合などを思うと、断然500Lだということが分かる。

しかしながらこの500L、決して大きすぎるというわけでもなく、比較する対象が500という元々小さい車だから大きさが目立つが、国産車のミニバンなどに比べたらとっても扱いやすいサイズと言える。
  
ちなみに500Lで買い物に行った際に隣に止まっていたトヨタのエスティマと比較してみると実はコンパクトに出来ていることが分かる。

500L-2.jpg
 
小さすぎず、大きすぎず、絶妙なサイズ感。それが500Lなのだ。
 
500l-1.jpg


走行性能・フィーリング
 
希少モデルが故に一部のファンの間では圧倒的な人気を誇るというこの500Lだが、走りはどうだろうか。
 
以前インプレッションしたのはディーゼルマニュアルモデルでノーマル状態が85馬力のところ、G-techのサブコンチューンにより105馬力にアップしていた。
 
【参考】500L 105HPインプレッション
https://carcle.jp/UserBlogComment.aspx?UserID=3723&ArticleNo=6

500に比べてずいぶん大きなボディーではあったが、サブコン装着の105馬力のおかげもあり、十分な加速を感じることができ、必要十分ではあった。しかし今回の1台を試乗して、目から鱗が飛び出るぐらいに明確な違いを体感した。
 
エンジンは1.4Lマルチエアターボの140馬力のエンジンで、いわゆるアバルト500などに採用されている
エンジンがベースになっているが、それをG-techのオリジナルECUチューンで200馬力までアップしている。
 
それほどスペックについて詳しく聞いて借りたわけではなかったので、走り出してまずその強烈な加速に驚いた。「これが本当に500Lの加速か!?」と。

s-P3270580.jpg

しかもこの500Lは他にもG-techによる様々なチューンが施されている。
 
その内容はこうだ。
ビッグタービン、ローコンプピストン、大容量インジェクター、ブレーキ・システム、キャリパー、
オリジナルキャタライザー、車高調(ノーマル比-30mm)、18インチアロイホイール225/40R18、
そして最高出力:200ps/5380rpm 、最大トルク:340Nm/2890rpm

s-P4690015.jpg

これは紛れもなく500Lアバルトである。
 
1速から2速へシフトアップしていくと、2,500回転から加速度がグッと増し、そのまま3,500回転まで一気に盛り上がる。そして3速も3,000回転あたりの盛り上がりと伸びが何とも言えず楽しく、鋭くそしてドラマチックにこれぞ、ザ・イタリア産といったような走りを魅せてくる。

s-P3270558.jpg

500Lはそのパッケージから、荷物が乗る、ファミリーカーのようなことを想像される人も多いかもしれない。
 
しかしこのG-techバージョンは、500Lの利点はそのままに、印象としてはアバルト595と同等の加速感を感じた。それもそのはず、よくスペックを比較してみると1.4のアバルトと同じエンジン、そして595アバルトが180馬力に対して、これは200馬力と言うことで、595よりもむしろ速い「500Lアバルト」なのである。

s-P4690006.jpg

走りの磨きはエンジンチューンだけにとどまらず、足回りは大径ホイールに加え車高調により30mm車高を落とし、ノーマルで感じた足回りのふらつきも無い。またブレーキシステムも変わっているため、ブレーキも非常に良く利き、熱い走りにも頼ることのできるストッピングパワーが備わった1台になっている。

s-P4690026.jpg
 
6速マニュアルであること、レスポンスの鋭いエンジンなどのおかげで、とにかく運転するのが楽しく、大ぶりなボディーを感じさせない走りを実現していた。

s-P3270575.jpg
 
癒し系な見た目と裏腹に、十分ドライバーズカーとしての実力を備わっている。
 
s-P3270585.jpg

マニュアルの車でありながらシフトアップのタイミングをディスプレイに表示して教えてくれるというのも良い。
運転に慣れない人も、自己流で乗っている人にも、シフトアップ、ダウンのタイミングが分かるのは非常に参考になるし、何となく、そのこと自体が攻略的な要素を含んでいて、運転の楽しさが上がる効果があるように感じた。
 
s-P4680998.jpg


秀逸なインターフェース
 
次に感じた事はとにかく運転に対する操作性が良いこと。手と足に優しいこと。

特にクラッチの軽さは特筆すべきもので、必要な踏力はごく僅か。筆者が今乗っている2代目PANDA4×4と比較しても断然軽い。

s-P4690064.jpg
 
決してPANDAのクラッチが重いというわけではないが、比べると圧倒的にソフトで、クラッチ操作が楽に感じた。左足が疲れずに済むのは長距離ドライブや渋滞時の運転も助かる。
そしてクラッチのストロークが深いため、つながるポイントも分かりやすく、このクラッチなら、マニュアルミッション初心者でも運転がし易いと思う。

s-P4690029.jpg

シフトは大きめの四角い、でもカドが取れて「触り心地の良い」シフトノブで、手にどっしりと馴染み、かつ素材も樹脂で出来ているため、直射日光が当たってノブが熱い!という事態は無い。
サイドブレーキもどうしてこんなに大きいの?と疑問に思うくらいの大きさで、限りなく間違いが起こりにくい形状となっている。
 
s-P4690032.jpgs-P4690049.jpg
 
ハンドルも含め、3代目PANDAで採用されたスクエアークルという、四角く、それでいてカドが取れたデザインは、安定感があり、見ている者を安心させる効果もあると個人的には思う。

s-P4690017.jpg

シートに関しても、座った感触はソフトで座り心地が良く、かといって柔らかすぎず、長距離でも疲れにくいシートになっている。

s-P4690062.jpg
 
黒と赤のツートンの色使いや、またメーター周りなども見やすくかつオシャレにデザインされていて、運転していて目に飛び込んでくるのはおしゃれで上質な空間であり、運転手や家族などの同乗者の満足度を上げることに貢献することになるだろう。
 
  
経済性・利便性
 
走行性能面だけではなく、燃費性能も優れていてこそ現代の車である。
新車なので総走行距離はまだ短く、今の段階で平均燃費を語ることは難しいが、燃費を測るディスプレイ
を見た時点では、リッター100km走るのに必要な燃料量は7.1Lだった。という事は1リッターあたり約14.2kmの燃費性能だと言える。
 
これは維持する面でも非常にプラスに働く部分だと思う。
 
利便性に関しても、トランク内は2つのゾーンに分けることができるようにトレイが中段に入っているため、スペース効率よく使えそうだ。

s-P4690021.jpgs-P4690022.jpg
 
ハッチを閉める取っ手に関しても、きちんと成型された取っ手がついていたのは嬉しかった。500は革製の取っ手で、正直扱いづらい。

s-P4690023.jpg
 
たくさんの荷物を載せることを想定し、考えた上の商品造りがなされていることを感じた。
 

 
総評
 
この1台は、いいとこ取りの商品だ。アバルトに乗りたいが、荷物も載せたい。荷物が載って家族が載せられて、家族の要望をも満たす最高の解決方法がこの500Lだ。
 
ウィングオートは日本一の500Lの品揃えだと思うので、ぜひ興味を持たれた方は名古屋ショールーム、ヨーロピアンショールームに足を運んで、実際に見てみるとその良さが伝わると思う。
 
実際にハンドルを握って走ってみると、さらに欲しくなること間違いないと思う。やっぱりイタリア車は左のマニュアルが一番だと筆者は思う。
 
 
s-P3270544.jpg
 
 
 
 
 
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=AlyVHlsvnKpCvgYrbJvKUA%3d%3d
2016年4月18日 04:24  | FIAT500L G-Tech RS-EVO200  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
9


IMG_1605.jpg

G-TECHと言えばフィアット・アバルト・アルファロメオなどのイタリア車のチューニングメーカーとして最近では徐々に認知度が上がって来ていて、編集部の周りでも装着しているユーザーが何人かいるが、そのパフォーマンスの評価は上々だ。

IMG_1616.jpg

そして今後はメガーヌ・ルーテシア・カングー・キャプチャーなど、ルノーの車のチューニングも手掛けて行くとのことで、その第一弾となるのがメガーヌRS用のパフォーマンスKIT(サブコン)だ。

今回はウイングオートヨーロピアンショールームを出発し、名神高速道路を使って彦根ICを下り、琵琶湖のほとりを周遊ドライブしながら目的地は奥琵琶湖パークウェイのつづら尾崎展望台と設定した。

P4680148.jpg


マシンスペックは以下の通り。

Renault MEGANE RS

全長×全幅×全高 4320×1850×1435mm
ホイールベース 2640mm
トレッド前/後 1590/1545mm
車両重量 1430kg
最高出力 250ps(184kW)/5500rpm
G-TECHサブコン装着後→272ps
 
最大トルク 34.7kg・m(340Nm)/3000rpm
G-TECHサブコン装着後→390Nm
 
種類 直列4気筒DOHC16バルブターボ
総排気量 1998cc
内径×行程 82.7mm×93.0mm
圧縮比 8.6
過給機 ターボ
サスペンション形式(前) マクファーソン(ピボット独立式)/コイル
サスペンション形式(後) トレーリングアーム/コイル
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 235/40ZR18
タイヤサイズ(後) 235/40ZR18
駆動方式 FF
トランスミッション 6MT

P4680162.jpg


社外パーツ
・RAYS TE37アルミホイール18inch
・アラゴスタ車高調

G-TECHパフォーマンスキット………………………………128,000円(工賃別)



■高速道路~抜群の安定感と強烈な加速~

まず高速道路に乗って感じたのはこの車、とにかく安定していて安心して加速できる。1850mmあるマシンの全幅と、アラゴスタの車高調で引き締められた足回りと低く構えた車高がもたらす低重心、さらにはRAYS製ホイールTE37と組み合わされるミシュランパイロットスポーツの相性が抜群で、とにかく路面に吸い付くように走る。G-TECHパワーをそのままタイヤを通じてこれでもかと言うほどアスファルトを蹴り込んでいくのだ。

P4680151.jpgP4680059.jpg

G-TECHのパフォーマンスKITの恩恵を受けたエンジンは走り出しから強烈なGを感じる。その強大なパワーをガッチリとマシン全体で受け止め更に加速していく。鋭すぎてどこか脆さを感じるイタリア車と違い、車体の大きさやパッケージングにもある程度余裕を持たせて安定の上に速いメガーヌRS。車としての扱い易さは、かなり高く感じた。

P4670953.jpgP4680052.jpg



■一般道路~湖畔クルーズで考える"Circle of Life"~
マシンの方向性がスパルタンな部分もあり、名神高速道路の路面状況の悪さも手伝って、高速道路での乗り心地は正直お世辞にも良いとは言えなかったが、彦根ICを下り、湖畔道路に入ったあたりから、比較的新しいフラットな道路に入るので非常に気持ちよく流せるようになる。

P4670950.jpgP4680028.jpg

琵琶湖には多くの人が訪れ、思い思いの休日を過ごしている。水上スポーツを楽しむ人、釣りを楽しむ人、カフェで寛ぐ人達や、同じように琵琶湖を周遊するバイカーや自転車でのツーリングの仲間達。それぞれの人生を過ごしている。

最近のルノーは車単体としてのデザインではなく、それぞれの人生のステージに合った車を、というの考え方の「サイクル・オブ・ライフ」がルノーとしてのデザインコンセプトになっている。

circlelife.jpg

人と人が出会い恋に落ち(LOVE)、ふたりは世界中を旅し(EXPLORE)、家族を持ち(FAMILY)、働いて充足し(WORK)、余暇を楽しみ(PLAY)、そして賢さを得る(WISDOM)という6つのライフステージがあり、ステージごとにクルマのコンセプトが決まる。(LOVE)はアルピーヌや初代トゥインゴ、(EXPLORE)はクロスオーバー、(FAMILY)はMPV、(WORK)は商用車やビジネスセダン、(PLAY)はルノースポール、(WISDOM)は電気自動車。

このようにして、ルノーのデザイン理念のもと、それぞれのステージを表現するクルマをデザインする計画が「サイクル・オブ・ライフ」である。

このメガーヌRSは(PLAY)に当たると思うが、まさに余暇を楽しむためにある車だと思う。左ハンドルの6速マニュアルトランスミッションの組合せなど、他のインポーターはなかなか出せるものではない。今後もぜひこの姿勢を貫いて欲しいとイチ車趣味人として節に願う。

IMG_1518.jpgIMG_1534.jpgIMG_1544.jpgIMG_1574.jpgP4670935.jpgP4670940.jpgP4680084.jpgP4680117.jpg

琵琶湖を見ながらのドライブは所々に秋を感じながら、景色の良いところで止まって撮影しつつ、奥琵琶湖パークウェイへ入っていく。


■ワインディング~G-TECHの真骨頂~

そして目的地の奥琵琶湖パークウェイのつづら尾崎展望台へと到着。

P4680129.jpg
P4680149.jpg
IMG_1268.jpg

天気が良いとこのような素晴らしい景色を拝むことが出来る。この展望台も土日はかなり車やバイクのツーリングのお客さんで賑わう場所だ。

そして最後のドライビングプレジャースポット、つづら尾崎展望台から国道303号線までの約13㎞のワインディングコースを駆け抜ける。

タイトなコーナーの連続で、まさに車としての総合力を試される場所である。
しかしだからこそ、このワインディング、メガーヌRS G-TECHの真骨頂が引き出せる場所でもあった。

P4680165.jpg

切れば切るほどにそのまま曲がっていくハンドリング、路面に喰らい付くかの如くまったく挙動が乱れない。

P4680170.jpg

そしてアップダウンの激しい此処では2速と3速を交互に使ってマシンパワーを引き出していくことになるが、兎に角、とにかくレスポンスが良い。ちょっとギアの選択を間違ったかなと、思う場面からでも力強く加速していく。これはエンジンパワーだけでなく、トルクも向上するG-TECHのパフォーマンスKITだからこその真骨頂と言えよう。

P4680171.jpgP4680177.jpg

運転に夢中になっているうちにあっという間に13㎞を駆け抜けてしまった。

P4680184.jpg

ルノー×G-TECHの今後の展開が楽しみだ。


この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=fX5muZHFylkRDizznKULmw%3d%3d
2015年11月21日 21:02  | ルノー メガーヌRS G-TECH Version  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

written by カーくる編集部
世界中
うんうんする
3


アバルト595の世界限定車、パールホワイトのボディーが高級感を醸し出す特別なアバルト『Abarth 595 50th Aniversario』のG-TECHチューンであるEVO-R224をご紹介。

DSC02553.jpg

EVO-R224のベースとなる「Abarth 595 50th Aniversario」は、「FIAT ABARTH 595」が1963年に発表されてから50周年を迎えたのを記念して、世界で299台だけ作られた特別なモデル。

DSC02569.jpg
 
商業的に大成功収めているアバルトシリーズの その秘訣は矢継ぎ早に投入する限定車がどれも魅力的だからという理由も一つあると思う。 このモデルにも強烈なアピールホイントがいくつも詰まっている。筆者がまず魅了されたのがこのパールホワイトの外装色だ。しかも艶消しのマット塗装はこの上なく洒落ている。こういう色使いのセンスはさすがはイタリアプロダクトと感心してしまう。

DSC02546.jpg
DSC02426.jpgDSC02427.jpg
 
そしてこのモデルのデザインは、かつてのアバルトのオマージュでもある。外装の白に赤ラインのカラーリングや、旧のロゴを模したエンブレムなどが目を引く。

595.jpg

DSC02411.jpg

丁度借りた日が車好きが集まる日曜日、カーくる新舞子サンデーの開催日だったので会場に持ち込んだところ、多くの来場者が興味深々に集まってきた。

DSC02436.jpg
DSC02415.jpgDSC02422.jpg

DSC02406.jpg
DSC02432.jpg
ワンコも気になる!?

DSC02559.jpgDSC02578.jpg

インテリアでも、赤と白のコントラストがJAPANカラーを思わせる美しい本皮のスポーツシート、イタリア国旗のセンターポジション入りのレザーステアリングなど、細部のディティールにまで拘りを感じさせる。

DSC02554.jpg
周りにアーチ状の赤いラインが入った17インチのアロイホイールが足元を引き締める。
 
 気になるエンジンは595モデルとしては最強となる、ターボチャージャー付き1.4リッター直列4気筒エンジンは最高出力180psを発揮。これは、アバルト「695 トリブート フェラーリ」やアバルト「695 エディツィオーネ マセラティ」と同じエンジンである。そこにG-TECHのサブコンを付けることでさらに44psをも上乗せし224psの出力を叩きだす。最大トルクも270Nm → 310Nmになり、その加速感、トルクの盛り上がり感はベースとなるAbarth 595からは到底想像できないレベルにあり、別世界の速さを見せつけてくれる。なおかつ豊富なトルクの恩恵か、これまで乗ったどのアバルトよりも扱い易かった。

DSC02394.jpg

ATモード付き5段シーケンシャル「アバルト コンペティツィオーネ」トランスミッションと組みあわせられたパドルシフトをアップダウンすると独特の乾いたエキゾーストが唸りを上げその気にさせる。

DSC02418.jpg
新旧の500のすれ違いが普通にあったりするのがまいこサンの良いところ。

まいこサンの会場を後にし、次はCGCLUB中部が主催しているイベント会場へ。

DSC02596.jpg

イベント会場「パスカル清美」へ至るまでのルート「せせらぎ街道」は、アップダウン、カーブ、そして川沿いの景色など、どこを切り取ってもツーリングコースとして格別に気持ち良く、この特別な1台を走らせる舞台としてはお勧めできるスポットである。

DSC02480.jpg
木々の緑の中を駆け抜けたり、トップガラスルーフを開けて川のせせらぎ音や鳥の鳴き声を聴きながらのドライビング。

当日、パスカル清美を過ぎて飛騨高山の方面まで車を走らせていくと徐々にテクニカルなコースになっており、このG-TECHチューンのアバルトのレスポンスの鋭さ、コーナリングの速さなどが存分に堪能することが出来た。相当にエキサイティングな車がこのG-TECH EVO-R224である。

DSC02462.jpg
パスカル清美で開催のCGCLUB中部のイベントにも参加。ここでも人気。

DSC02488.jpgDSC02501.jpg

DSC02485.jpg

 
 
 
Abarth 595 50th Aniversario G-TECH EVO-R224 Version

ボディサイズ|全長 3,655 × 全幅 1,625 × 全高 1,500 mm
ホイールベース|2,300 mm
トレッド 前/後|1,410 / 1,405 mm
重量|1,160 kg
エンジン|1,368 cc 直列4気筒 直噴DOHC ターボ
 
最高出力| 132 kW(180 ps)/ 5,500 rpm
→G-TECHサブコン装着後224ps

最大トルク|270 Nm(25.5 kgm) / 3,000 rpm
→G-TECHサブコン装着後310Nm

トランスミッション|5段オートマチック(アバルト コンペティツィオーネ)
駆動方式|FF
サスペンション 前|マクファーソン ストラット
サスペンション 後|トーションビーム
タイヤ|205/40R17
ブレーキ 前/後|ベンチレーテッドディスク / ディスク
燃費(JC08モード)|14.3 km/ℓ
CO2排出量|162g/km
 
DSC02515.jpgDSC02523.jpgDSC02537.jpg

DSC02541.jpgDSC02545.jpg

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=nbeHnJPaJlSadi2D%2fQj6SA%3d%3d
2015年11月19日 02:58  | Abarth 595 50th Aniversario G-TECH  | COMMENT(0)  | TB(0)
「うんうん」した人

ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る