ログイン
 スポーツの精神(alfa romeoのカタログより)/TSUBASA FILMは趣味のコンテンツです。
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
4


自動車雑誌、SNSなどでよくみかけ、とても気になっていた代官山蔦屋書店に行ってきました。
代官山は初めて訪れましたが、とくにかくオシャレな町でした。

IMG_3401-1.jpg
建物は3つに分かれており、2号館に自動車コーナーがあります。

IMG_3405-1.jpg
車も展示されていたり、他の書店とはかなり違う雰囲気でした。

特に目立ったのが洋書が棚の大半を占めていました。
新書だけでなく中古も置かれており、1時間半近く見てしまった(笑)
初めて訪れたら立ち読みでなく、洋書なので読めないので立ち見しまくりです♪

何気なく手に取った洋書は1万円・・・2万円・・・それ以上も!!
値段を見た瞬間にそっと戻しました(笑)

ココは車好きが来たくなる本屋さんですね♪
カフェなどもあり、ちょっとしたらドライブにも良いかも。

何か面白い車も来ているのかなと思ったら、ロールスロイスを発見!
IMG_3407-1.jpg
真っ赤なシルバースパーが普通にいて驚きました(笑)
他にもRS6、クラシックミニ、500などもいました。

今回、とても気になったのが、この本です。
IMG_3421.JPG
背表紙に「特集 アルファロメオ・アルナ」とあり、反射的に手に取りました。

IMG_3422.JPG
アルナとは、アルファロメオと日産が共同開発した車です。
心臓部はアルファロメオで、ボディは日産という面白い車です。

IMG_3423.JPG
特集の割にはページ数は少ないでが、知らない情報ばかりだった。
イタリアでは日産は知らていない存在だった。

IMG_3424.JPG
先行販売はイタリアではなく、イギリスで成功を収めつつあった。
さらに、大人しいデザインとは裏腹にイタリアでのよくできた魅力的な車だった。

IMG_3425.JPG
工場の見取り図も記載されていた。

面白いのが、この雑誌の1ページ目には日産+フォルクスワーゲンが生み出した「サンタナ」の広告が(笑)
IMG_3426.jpg
特集記事にも記載があったが、当時は日本企業と海外起業のジョイントベンチャーが避けて通れない時代だったようだ。
当時の人が、現在のアルファロメオとマツダ、日産とルノー、トヨタとBMWが手を組んだ姿を見たら、どんなことを想うのかな。

欲しい本がたくさんあったけど、今回はこの3冊だけにした。
IMG_E3420.jpg
アルナ特集のカースタイリング、車が映ったジャケットをまとめた本、近い将来のためのF355の本♪

せっかく東京にいるのだから、少しはこっちのクルマの事も取り上げていこうと思います。





余談ですが、プジョー一宮店のブログに木製カーモデルが掲載されていた。
https://carcle.jp/UserBlogComment?UserID=3907&ArticleNo=294
製作者の落合さんが、奥さんから旦那さんへのプレゼントということで思いを込めて作った1台。
大切にされているようで安心しました♪


2018年4月30日 22:16  | 未分類  | COMMENT(0)
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
10


ミクスチャーツーリングvol.8は天候にも恵まれ絶好のツーリング日和となった♪

IMG_6909-1.jpg

ミクスチャーツーリングは、高速道路が走れる乗り物なら何でもアリなツーリングです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
そんな車たちの一部です。

IMG_6753-1.jpg

IMG_6826-1.jpg

IMG_6828-1.jpg

IMG_6765-1.jpg

IMG_6771-1.jpg

IMG_6767-1.jpg

IMG_6772-1.jpg

IMG_6780-1.jpg

IMG_6776-1.jpg

IMG_6795-1.jpg

IMG_6741-1.jpg

IMG_6755-1.jpg

IMG_6745-1.jpg

IMG_6759-1.jpg

IMG_6773-1.jpg

IMG_6805-1.jpg

IMG_6800-1.jpg

IMG_6813-1.jpg

IMG_6818-1.jpg

IMG_6810-1.jpg

IMG_6830-1.jpg

IMG_6922-1.jpg

IMG_6930-1.jpg

IMG_6960-1.jpg

IMG_6832-1.jpg

IMG_6920-1.jpg

IMG_6947-1.jpg


今回はケイマンにスポットを当てて撮影してみた♪
IMG_6732-1.jpg

IMG_6736-1.jpg

IMG_6738-1.jpg


IMG_6823-1.jpg

IMG_6861-1.jpg

IMG_6879-1.jpg

IMG_6884-1.jpg

IMG_6887-1.jpg

IMG_6896-1.jpg


2018422 ミクスチャー8_180423_0083-1.jpg
車好きが集まって、いろんな車を楽しむ♪
これがミクスチャーツーリングの醍醐味٩( 'ω' )و

次回、ミクスチャーツーリングのご参加もお待ちしております!




4月より東京に転勤になり、今までのようにツーリングの企画ができなくなりました。
今回は前日に帰宅し参加しました。しかし、「しおり」は代表作成の簡易的なものになってしまった。
珍車クラブの企画部長の肩書がありますが、思うように活動ができない状態です。

また、今年はミラフィオーリもトリコローレも参加が難しく、「ピニンファリーナ」での集まりもできないです。
「ピニンファリーナで集まろう!Ⅱ」も開催しかったのですが歯がゆい気持ちです。
いろんな事が落ち着いたら「関東支部」的なものが出来ればとも思っています。

ブログの更新頻度も減りますが、車遊びは続けていきます!!
















2018年4月25日 23:09  | 未分類  | COMMENT(2)
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
9


第69回新舞子サンデーは寒さもゆるみ、暖かく過ごしやすい1日でした♪

そして、「絶滅危惧種!6気筒NA大集合!!」を開催しました!
https://carcle.jp/UserEvent?UserID=4470&ArticleNo=5" target="_blank"> https://carcle.jp/UserEvent?UserID=4470&ArticleNo=5
たくさんの方が集まって下さいました。

IMG_6525-1.jpg
近年のダウンサイジング、ターボ化で6気筒NAがなくなりつつあります。
いよいよ絶滅危惧種になってきました。
自然吸気6気筒の健在ぶり、今後も生息し続けてほしい想いをアピールできたでしょうか。
珠玉、至宝、官能、シルキー.・・・などと言われる6気筒NAの名機たちが揃いました!!


IMG_6513-1.jpg

IMG_6501-1.jpg

IMG_6495-1.jpg

IMG_6545-1.jpg

IMG_6551-1.jpg

【参加車種】
ALFA ROMEO 156(前期)
ALFA ROMEO 156(後期)
ALFA ROMEO RZ
ALFA ROMEO GTV
ALFA ROMEO スパイダー(916)
BMW M3(E36)
BMW M3(E46)
HONDA NSX
HONDA NSX


IMG_6540-1.jpg

IMG_6538-1.jpg

IMG_6547-1.jpg

IMG_6554-1.jpg

IMG_6562-1.jpg

究極の選択!シルキー6と珠玉のV6
IMG_6579-1.jpg



今日は参加してくださった皆さん、有難うございました!

楽しい1日になりました♪
また、いつか企画したいと思います。








2018年3月18日 21:51  | 未分類  | COMMENT(0)
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
5


『6気筒NA大集合!!』in新舞子サンデー

IMG_5043_003.jpg
近年のダウンサイジング、ターボ化が進む中、6気筒にもターボ化が進んでいます。
6気筒NAが希少な存在になり、いずれは絶滅危惧種になるかもしれません。
新舞子サンデーの会場の一部をお借りして、「6気筒NA」だけを並べて、健在ぶりアピールしませんか?
参加資格は6気筒NAであれば、メーカー、車種、排気量は問いません。

IMG_4853.jpg

3月18日の新舞子サンデーで、みんなで、ボンネットを開けて楽しみましょう♪

イベント詳細はコチラから
https://carcle.jp/UserEvent?UserID=4470&ArticleNo=5



2018年3月11日 00:27  | 未分類  | COMMENT(0)
written by つばさ~TSUBASA FILM~
世界中
うんうんする
5


偶然にも面白い車に乗ることができたので、アルファロメオから離れて楽しんでみた♪
と思ったけど、日産とアルファロメオがコラボした「アルナ」があったことを思い出し、結局、アルファロメオからは離れられないのか?!


IMG_6353-10.jpg
NISMOと言えば、GT-Rを筆頭にフェアレディZ、ノート、マーチまで幅広く手掛けている。
その中でも異色な存在は、セレナハイウェイスターをベースにオーテックが手掛ける『セレナNISIMO』。

IMG_6347-1.jpg
NISMO仕様の車両は一目で分かる赤いラインが特徴的なエアロパーツ。

IMG_6322-1.jpg
サイドは控えめで、リアはディフューザーもあり、高速走行での安定性が期待できる。
(リアの写真を失敗したので、ありませんが・・・)

IMG_6293.jpg
内装は全体的にブラックで纏められており、インパネはスエード調のパネルで赤いステッチが入っている。
全席、後席のドアにも同様なデザインとなっており、また、シフトノブは本革で巻かれ、高級感が増している。

IMG_6289.jpg
ステリングはD型、本革、アルカンターラが巻かれ、赤いセンターマークが入り、とてもスポーティーな印象を受ける。
ステアリングは上下・前後にも調整ができるので適切なポジションがとれる。
標準車よりも一回り小さい径で、扱いにくさはない。
専用車速感応式電動パワーステアリングとなっており、こちらの操作感も良い。
ただ、ブレーキペダルよりアクセルペダルのが奥まった位置にあり、ここは気になる。

IMG_6361.jpg
エンジンスタートボタンを押すと、液晶モニターにセレナNISMOが表示される。
こういう細かい点にも手が入っており、ワクワク感を演出している。

IMG_6353-1.jpg
パワートレインに関しては、コンピューター、マフラーがチューニングされている。
気持ちよさを向上しているとのことだが、標準車を知らないので、比較ができない。
走りだしのモタツキが気になるが、セレナの特徴らしい。
あくまでもミニバンであり、割り切りも必要だろう。

serena_1711_nismo_07.jpg.ximg.l_4_m.smart.jpg
(日産の車両紹介のページより)
ボディの補強、専用サスペンション、ハイグリップタイヤを装備している。
ミニバン特有のゆるい感じが消されており、これはボディ補強の効果が高いと思われる。

足回りは程よく引き締まっており、荒れた路面でも気にはならない。
ただ、運転席での印象なので、2列目、3列目には座っていないので、乗り心地が分からない。

IMG_6367.jpg
ポテンザ・アドレナリンRE003を装着し、「走る気」にさせる。
オーバースペックとも思わせるが、悪い印象はない。
ブレーキは標準車と同じと思われ、もう少し効きの良いパッドが欲しいところ。
これらにより直進性、安定性が高く、高速走行はミニバンにはない走りを期待できる。
IMG_6270-1.jpg
一般道を40Kmほど走行したが、「走りの日産」を垣間見えた。
全体的にシッカリしており、アップダウンの少ないワインディングも楽しく流せると思う。
ただ、あくまでもミニバンなので、後席に人を乗せているときは、オトナな走りを忘れずに。

IMG_6326-1.jpg
初代エルグランド(E50、3.5リッターV6)を15年ほど乗ってきた。
確かにパワフルなV6エンジンで走る豪快さはないが、NISMOが手掛けたことによって、ミニバンだけど走りが楽しい車に仕上がっている。

とある雑誌に、この車はマスオさんタイプよりも亭主関白的な家庭が向いているとあった。
乗ってみると意外と、そうでもないかも?!

まだ試していないプロパイロット機能、高速走行も近々試してみます。













2018年3月3日 23:11  | 未分類  | COMMENT(0)
+ プロフィール +
つばさ~TSUBASA FILM~
つばさ~TSUBASA FILM~
『TSUBASA FILM』と題していますが、趣味のコンテンツです。ツーリングムービーや写真を撮り楽しんでいます♪愛知でアルファロメGTVに乗っています!!車を通して、いろんな方に出会えればと思ってい...
+ 愛車情報 +
+ 広告 +
+ カウンター +
Counter
2018年5月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
先負
11
仏滅
12
大安
13
赤口
14
先勝
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
31
友引
+ 記事検索 +
検索語句
+ カテゴリ +
+ 最近のトラックバック +
+ タグ +
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する