ログイン

Alfa Spider のある暮らし

アルファロメオの妖艶な魅力!
アルファスパイダーに乗る快感!
そしてヌヴォラな輝きの優越感!

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
プロフィール
ハクナマタタ
ハクナマタタ
車全般好きですが、やはりイタリアはいいですね。
カウンター
Counter
2021年9月
1
先勝
2
友引
3
先負
4
仏滅
5
大安
6
赤口
7
友引
8
先負
9
仏滅
10
大安
11
赤口
12
先勝
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
スパ燃費

蘭ちゃん燃費

witten by ハクナマタタ
世界中
うんうんする
18


以前、イタリアから後期型916スパイダーのカタログを取り寄せたことをお伝えしましたが、この度ドイツのカタログを取り寄せました。

表紙は、ブルーの916スパイダーの写真とともに、2004エディションと表示されています。

catalog01.jpg

カタログを開くと、赤いスパイダーの写真とともに、JTSエンジンの写真が掲載されています。
この赤は、所謂アルファレッドとは違うように見えますが・・・。

catalog02.jpg

ボディカラーを見ると、青と赤の2色しかなさそうです。
でも、このカラーコードと色は今まで見かけないような・・・。

catalog03.jpg

そこで、イタリアと日本のカタログを引っ張り出してみました。
左から、ドイツ、イタリア、日本です。
ちなみに、日本のカタログは gtv と一緒になっています。


catalog04.jpg

こちらは、イタリアのカタログのボディカラーの一覧です。

catalog05.jpg

ということで、日独伊の916後期スパイダーのボディカラーの比較表を作成してみました。
ドイツの2色は、他とは全く違う色ですね。
調べてみると、赤はヌヴォラレッドでした。
青も、ランスブルーとでも呼ぶのでしょうか?いずれも156に設定されていた色です。

謎は、何故にこの2色?
塗料が余っていたのかな?

catalog06.png

今回、ドイツのカタログを取り寄せてわかったことは、2004年エディションとしてユーロ4対応であることを謳っていること。
ユーロ4は2005年から適用になっているので、それを前面に打ち出したかったのでしょうね。
そしてこのボディーカラーも、ユーロ4対応であることを識別するためだったりして。

ちなみに、日本ではTwin Sparkモデルはカタログには掲載されていません。
我が家のスパイダーもそうなのですが、左ハンドルもカタログに掲載されていません。
たぶん、ユーロ4対応ではないので在庫がダブつき、日本に販路を求めたモデルなんでしょうね。

しかし、ヌヴォラレッドのスパイダーは魅力的ですねぇ。
どなたか、ドイツから輸入される方はおりませんか?(笑)

といった適当な考察でした(笑)。

2021年9月10日 07:35  | Spider  | コメント(0)  | トラックバック(0)
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る