ログイン
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

JAIA二輪試乗会2017 TRIUMPH BONNEVILLE BOBBER

世界中
うんうんする
21


JAIA二輪試乗会第2弾はトライアンフのボンネビルボバーを紹介します

IMG_8023.jpg

IMG_7979.jpg

ボンネビルT120を昇華したボバーはボンネビルのDNAを受け継ぎ、クラシックで無駄のないカスタムバイクとして誕生しました。

デザインの魅力はアメリカンタイプ×クラシカルの融合ですね(^o^)

アメリカンとは言ってもハーレーのボバーとは一線を画すクラシカルなルックスがクラシカルと言いつつも新しいデザインに感じるのです。

そこがハーレーと違うところ〜(*´-`)

IMG_7965.jpg

キャブレターは1950年代のものをオマージュして現代風にアレンジしています。

古き良きものは残しつつアレンジを加えるワザがうまいぞ!

IMG_7943.jpg

IMG_7964.jpg

IMG_7966.jpg

バイクの特徴や操作方法を学んだとことで試乗スタート

IMG_7984.jpg

まず佇む姿に圧倒されます…
感じるのはボンネビルの伝統とボバーの正統派から来る気品

IMG_7972.jpg

IMG_7974.jpg

フューエルキャップはブランド名付きでタンクのアクセントとして、またバイク全体をプレミアムに仕上げます。

IMG_7978.jpg

低いスタンス、シングルシート、ワイドでフラットなハンドルバー、無駄のないコンパクトな車体、ブラックバーエンドミラー…
その全てがボバーの完成された世界観を作り上げています。

IMG_7976.jpg

そしてライディングの姿勢はと言うと、とっても楽です(*'ω'*)

IMG_8002.jpg

アメリカンタイプとは言っても足が前に出すぎるとかハンドルが遠いといったことは全くなく、無理のない姿勢で乗ることができます

アジャスタブルライディングポジションを導入しているのでライダーの体型にぴったり合わせることができます。

シートは上下、前後に調節することができるのでライディングスタイルに合わせてぴったりの位置を見つけることができます。

やはり伝統的なボバーは『低め後ろめ』でしょうか

ちなみに身長178cmのバイクる編集部スタッフが乗るとこんな感じです。

IMG_8062.jpg

IMG_8048.jpg

身長158cmだとこんな感じです。

IMG_7998.jpg

ハンドルが少し遠い感じがしたので私が乗るならシートはもう少し前かなと思います。

そんな調整が出来るのがGood!

ライディング姿勢が楽なのでもちろんライディングも楽ちん♪

IMG_7982.jpg

このボバーの良いところは足つきもかなり良く、軽量化された小ぶりなボディーで取り回しが簡単なところです(^^)v

小回りもバッチリなので試乗コースの狭い部分てもクネクネ曲がることができました。

IMG_8035.jpg

心臓にはカテゴリー最高の高トルク型ボンネビル1200ccエンジンをボバー用にチューンした特別なエンジンが採用され、低回転域でのトルクとパワーをさらに補強しています。

申し分ない加速です!

IMG_7992.jpg

ただこのボバーはものすごいスピードを出して楽しむよりもゆったりまったりなライディングがお似合いかなと思いました(^o^)/

渋めで気品あふれるデザインなのでお似合いになる年齢層は高めかなと思います

我こそはちょい渋オヤジだと言うおじ様に乗りこなして欲しいですね~(*'ω'*)

ワイルドで美しいという相反する要素を持つ唯一無二の存在、佇む姿も駆け抜ける姿も魅了されてしまう、そんな1台でした。

IMG_7975.jpg

IMG_8098.jpg

ボバーにしあがれ!

ツーリング : ★★★★☆
街乗り : ★★★☆☆
乗りやすさ : ★★★★☆
楽しさ : ★★★★☆
ちょい渋オヤジ:★★★★★


INFORMATION
トライアンフ ボンネビルボバー
http://www.triumphmotorcycles.jp/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AB/classics/bonneville-bobber/2017/bonneville-bobber

≪エンジン・トランスミッション≫
タイプ:水冷SOHC並列2気筒 8バルブ270°クランク
排気量:1200CC
ボア/ストローク:97.6 / 80 mm
圧縮:10.0:1
最高出力:77PS (57kW) @ 6100rpm
最大トルク:106 Nm @ 4000 rpm
システム:マルチポイントシーケンシャル電子燃料噴射
エグゾーストシステム:ブラシ仕上げステンレス製 2-INTO-2 ツインスキンエキゾーストシステム、ブラシ仕上げステンレス製サイレンサー付き
駆動方式:チェーン
クラッチ:湿式多板アシストクラッチ
トランスミッション:6速

≪寸法・重量≫
ハンドルを含む横幅:800 mm
全高(ミラーを含まない):1025 mm
シート高:690 mm
ホイールベース:1510 mm
キャスターアングル:25.8º
トレール:87.9 mm
車両重量:243kg (燃料、油脂類、冷却水を含む)
燃料タンク容量:9.1 l
 
reported by カーくる編集部
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=uEIJDCbVRL1BdBcnKd94MQ%3d%3d

April 23,2017 Sun   CATEGORY:第3回JAIA二輪試乗会  
 
「うんうん」した人
SUZUKI Vストローム250


1DAY 1CLICK 活動
新着記事
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
記事検索
検索語句

早川温子【atsuko.hayakawa】
バイク乗りの集まるコミュニティ「バイクる」の編集長。 2輪を楽しむ人が集まり、楽しさを共有する場所を作りたいと思い、初心者ながら「バイクる」の活動をスタート。 イベント「オアシスパークサンデー」を主催してバイク乗りの輪を広げる活動を行っている。 イベントや試乗会では初心者目線のレポートが共感を呼んでいる。休みの日は愛車に跨って気ままにツーリングするのが楽しみ。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る