ログイン
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
1


 エスシーアイ株式会社は、2022年9月22日より全国の正規販売代理店にて、MORGAN PLUS FOUR 1962 EDITION(モーガン・プラス・フォー・1962エディション)の販売を開始すると発表した。

1.jpg
 

MORGAN PLUS FOUR 1962 EDITIONは、2020年6月26日より日本で販売を開始し大変好評のMORGAN PLUS FOURをベースに、UK/ヨーロッパで発売されたMORGAN PLUS FOUR LM62 EDITIONをコンセプトとした、10台限定の日本市場専用モデル(MT5台/AT5台)となる。日本デリバリーは2022年10月以降を予定している。

 
16.jpg

11.jpg

 
PLUS SIXで開発されたCXジェネレーション接着アルミプラットフォーム、モーガンの中心モデルであることを特徴づけるユニークなウイング外形をまとったナローボディー、ローオフセットのワイヤーホイール使用を容易にするダブルウィッシュボーン採用の最新プラットフォーム、190kw(258ps)を発生する4気筒ターボチャージャーエンジン(2.0リッター BMW ツインパワーターボエンジン)、動力性能0-100km加速5.2秒(MT)/4.8秒(AT)&最高速240km/h、6速マニュアル/8速オートマチックトランスミッション、今までに生産されたモーガン車の中でもっともクリーンな環境性能、軽量モーガンスポーツカーを継承する1013kg(MT)/1009kg(AT)の車両重量(乾燥重量)などそれだけで魅力的なMORGAN PLUS FOURをベースに、MORGAN PLUS FOUR 1962 EDITIONは数多くの1962 EDITION特別専用装備とPLUS FOURオプション装備(オプション価格として算出できる金額のみで2,200,000円相当)を標準装備している。
 
MORGAN PLUS FOUR 1962 EDITION車両本体価格(MT13,860,000円/AT14,190,000円)はPLUS FOURのオプション価格として算出できる金額のみで2,200,000円相当を標準装備しておりながら、PLUS FOURのベース価格(MT12,210,000円/AT12,540,000円)よりも1,650,000円のみのアップとなり、装備的にも価格的も大変魅力的な限定車となっている。
 
モデル名にもなっている1962年は、同年のルマン24時間レースで、モーガン社とクリストファー・ローレンスが準備したPLUS 4スーパースポーツが参戦し、2リッタークラスで優勝した年である。ローレンスとシェパード・バロンがドライブした「TOK258」は、平均速度94マイルで2261マイルを走行し、ドライバー交替/燃料補給/ピットロードでの調整には全部で32分を要したので、実際の平均スピードは97マイルでの走行となり、レース後タイヤを交換すると、モーガンイギリス本社まで公道を自走して楽しく帰ったという話は今でも語り継がれている。UK/EU向けに発売発表された限定記念モデル(PLUS 4ベースとPLUS FOURベース)は大好評で両モデルとも即完売となった。

 
20.jpg

18.jpg

19.jpg
※実車には、ダッシュボード中央部、スイッチの下部分に、1962真鍮製特別プレートが装着されます。
※運転席液晶メーター/シフト回り/パーキングブレーキ回り/サイドシル回りの水色部分は、保護フィルムとなります。
※リアフェンダー上部の白い部分は、保護のためのクッション材となります。


 
メーカー希望小売価格(消費税10%込)

MORGAN PLUS FOUR 1962 EDITION (MT) 車両本体価格:13,860,000円
MORGAN PLUS FOUR 1962 EDITION (AT)  車両本体価格:14,190,000円
2022年9月22日 09:50  | プレスリリース  | COMMENT(0)
+ 広告 +
+ 関連グループ +
2022年10月
1
友引
2
先負
3
仏滅
4
大安
5
赤口
6
先勝
7
友引
8
先負
9
仏滅
10
大安
11
赤口
12
先勝
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
仏滅
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
31
仏滅
+ 記事検索 +
検索語句
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する