• プロフィール2に写真を追加してください。
  • プロフィール3に写真を追加してください。
カーくる編集部的に目に止まったプレスリリースを車好きな皆さんと共有するコーナーです
witten by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 メルセデス・ベンツ日本株式会社は、プレミアムミドルサイズ SUV新型「GLC」を発表し、全国のメルセデス・ベンツ正規販売
店ネットワークを通じて2023年3月16日より予約注文の受付を開始したと発表した。納車は 本年3月下旬頃を予定している。

glc220d4matic-exterior-7--amgline.jpg

glc220d4matic-exterior-4-amgline.jpg

glc220d4matic-exterior-2-amgline.jpg

 
GLCは2015年にデビューし、2020年と2021年ではメルセデス・ベンツの中でベストセラーSUVモデルとなった全世界での累計販売台数260万台を販売するメルセデスのプレミアムミドルサイズSUV。新型GLCは、伸びやかで美しいシルエットの中にスポーティかつ洗練された要素を取り入れたエクステリアと、リアルウッドインテリアトリムを採用した質感の高いインテリアを併せ持つSUVモデルとして生まれ変わった。

新型 GLC は、メルセデスのデザイン基本思想である「Sensual Purity(官能的純粋)」というデザインの基本思想を継承し、ひと目でメルセデス・ベンツSUVファミリーの一員であることが分かるとともに、他のモデル同様、『Intelligence(知性)』と『Emotion(感情)』を感じさせるモデルとなった。
先代モデルと比較しホイールベースを 15mm、全長を 50mm 伸長し、伸びやかでスポーティなシルエットとした。なお、全幅は先代モデルと同じ 1,890mm を維持している。

ダッシュボードは上下2つの部分に分かれ、上部は翼のような形状に、航空機エンジンのナセルを想わせる丸みをつけたやや横長の新デザインの角型エアアウトレットが配置されており、スポーティさを演出。下部には大きなインテリアトリムが広がり、標準仕様でもオプション選択時でもリアルウッドインテリアトリムを採用し、質感の高い室内空間を演出している。

また、ダッシュボードと縦型の11.9インチのメディアディスプレイを6度、ドライバー側に傾けた新しいデザインを採用し、ドライバーの視認性を向上させている。
運転席に備わる12.3インチの大型コックピットディスプレイは自立型でダッシュボード上部と大きなインテリアトリムの手前に浮かんでいるように見えるデザインになっている。
コックピットディスプレイとメディアディスプレイは3つのスタイル(ジェントル、スポーティ、クラシック)と4つのモード(ナビゲーション、アシスタンス、サービス、オフロード)の中から選択することでカスタマイズが可能である

glc220d4matic-interior-3-exclusivepackage.jpg

glc220d4matic-interior-4-exclusivepackage.jpg


GLC 220 d 4MATIC には、エンジン単体で 197PS (145kW)、440N・m を発生する、2.0リッターのクリーンディーゼル直列 4気筒ターボエンジンの「OM654M」が採用され、エンジンとトランスミッションの間に配置されるマイルドハイブリッドシステム
のISGによって、短時間、最大で23PS (17kW)、200N・mのブーストが可能で、高トルク、省燃費が売りのクリーンディーゼルエンジンに、電気による緻密なサポートが組み合わさることで、さらにスムーズな加速感と、燃費の低減に寄与する。

 
メーカー希望小売価格(消費税込み)

GLC 220 d 4MATIC:8,200,000円



広告
メンバー
関連グループ
2024年5月
1
先勝
2
友引
3
先負
4
仏滅
5
大安
6
赤口
7
先勝
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
仏滅
27
大安
28
赤口
29
先勝
30
友引
31
先負
記事検索
検索語句