ログイン
 
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 竹岡圭
世界中
うんうんする
31


2017年4月2日。圭rally project2017の第1戦。「TOYOTA GAZOORacing Rally Challenge in 富士山すその」大会。当日は私の大好きな富士山が顔を出してくれて、嬉しかったなぁ~。

TGR1.JPG

裾野市でラリーが開催されるのは、ものすごーく久しぶりだったのと(緊張しすぎて何十年振りだったか忘れてしまった…汗)、やはり多くのユーザーさんが集まりやすい場所なんでしょうね。なんとエントリーは85台!
本当は88台エントリーがあったそうで、3台お断りしたとのことですから、いやはやすごい盛り上がりですよね!早くも大緊張でしたが、前日に行われた初心者講習会では、私と同じような方が数名いらっしゃつたので、ちょっと安心したりして。今回はオープンクラスということで、最終ゼッケン。後ろから追ってくるのはスイーパーカー(追い上げ車)だけなので、その点だけは心が軽かったです(笑)。

TGR2.JPG

 
さて、翌週! とうとう私の長年の夢! 全日本ラリー選手権「全日本ラリー選手権2017第2戦ツール・ド・九州2017 in 唐津」が、やってきました!というより、もうやってきちゃったよ~!という感じもあったくらい、バッタバタの中準備してスタートラインに漕ぎつけたという感じでしたけどね。
 
木曜の夕方に唐津入りしたのですが、その日はまだよかったんです。ちゃんと眠れたし(笑)。翌日のレッキは、ペースノート作りがまだまだダメだなぁ…と落ち込みつつも、まだ大丈夫。開会式、救急救命講習、閉会式と、流れもわからないまま、あっちへオロオロ、こっちへオロオロと進んでいっちゃった感じだったので…。そしてその夜、ペースノートとビデオをニラメッコし始めた頃から、徐々に緊張感が高まってきてあまり眠れないまま、朝が来ちゃって…。

KARATSU1.JPG

 
唐津神社でご祈祷を受けさせていただき、セレモニアルスタートへ並ぶまで、もう緊張感マックスで、いまやあまり思い出せないくらいでして…。チームの方によると、魂がどこかへ飛んでいっていたそうです(笑)。
 
 
「安全なところで、早めに一度アクセル全開にしてごらん」という監督の言葉通り、一度アクセル全開にしたら落ち着くものですね。さすがのアドバイスに感心しながら、なんとか午前の部終了。
 

KARATSU4.JPG

サービスに戻って、大好きなイチゴでパワーを補給。そして午後ですよ…。雨強くなってきちゃったじゃん! 実はワタクシ、超晴れ女のため、いままで20年以上のモータースポーツ経験の中、一度しか雨降ったことなかったんです。しかもその雨、1コーナーでコースアウト(笑)。いい思い出がないんですよね。さらに山なのですごい霧が出てきちゃって、まったく前見えず…。相当ペースダウンして無事走り切ることに徹しました。

KARATSU2.JPG

そしてその夜、いやはやなんだかまったく眠れなくなっちゃって、私って小さいなぁ…なんて思いながら朝を迎えました。私が参加したJN5クラスは今回は参加台数が少なかったため、今日を無事走り切ればこのままクラス3位ということが、スタート前にわかったので「初戦はとにかく結果を残す!とにかく完走だ!」という目標に徹して、超安全圏で走行。ラッキーにも無事クラス3位をゲットすることができました。

KARATSU5.JPG
 
ラッキーなクラス3位だけれど、それでもデビュー戦で入賞できたことで、みなさまの応援に少しは応えられたかなと思っています。今回走ってみて、もっと速く走りたいという気持ちが湧いてきたので、次戦はもう少し攻めの気持ちで挑んでみたいと思います。

KARATSU3.JPG
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=V9VlMZGW7GK9b9GWGh15OQ%3d%3d




witten by 竹岡圭
世界中
うんうんする
61


いま…。とにかくとにかくとにかく忙しいです。初めてのことなのでバッタバタであります。昨年、ちょこっと圭ラリートレーニングプロジェクトとして練習参戦しましたが、今年は圭rally projectとしてラリーレーシングチームをひとつ動かすということで、やらなければならないことが半端なく多いんです。
 
先日の参戦発表会もそうですが、イベントを仕切るというのは本当に大変。皆様の本当に本当に温かいお心とお気持ちとご協力があって、なんとか回っている? いや回ってないな~という状況であります。

KORAMU-2 (4).jpg
※チーム監督の小西重幸氏と打合せ

というわけで、参戦発表会が終わって、そのご報告やらなんやらが終わるまでは「あれ?私ラリーで乗るんだよね?」って自分に問いかけたくなっちゃうほど、乗ること以外のことの方が正直忙しかったんですよね。まぁ今も、なんだかんだ細かい準備に追われておりまして、もう猫の手も借りたいというのは変わらない状況ではありますが…。

KORAMU-2 (3).jpg
 
 
自分がラリーという競技に参戦するのも初めてなら、ラリーレーシングチームを運営するのも初めてという初めて尽くし。自分でやり始めたこととはいえ、本当に大変です。もちろん生活するために、普段のお仕事も大切ですしね。でもやり始めてからには、しっかり前を向いて頑張りたいと思っています。
 
そういいながら、とりあえず時間切れで準備しきれないものも、すでにたくさん出てきちゃってますが…。2017年、まずは圭rally projectのトレーニングプロジェクトとして、4月2日の「TOYOTA GAZOORacing Rally Challenge in 富士山すその」戦。私の大好きな富士山に見守れながら、頑張ってきますね~。

KORAMU-2 (2).jpg

TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジ2017 Rd.1
富士山すその/西シリーズ(静岡)
2017.04.02
参戦車両:RENAULT LUTECIA RS2.0
 
KORAMU-2 (1).jpg KORAMU-2 (5).JPG KORAMU-2 (6).jpg
この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=5O2A3%2bZ8bluOMLUrvPLNSw%3d%3d

April 1,2017 Sat   とにかくとにかく忙しいです  



witten by 竹岡圭
世界中
うんうんする
70


みなさま初めまして。タレント&モータージャーナリストの竹岡圭です。
もしかすると、BS日テレで放送中の「おぎやはぎの愛車遍歴NOCAR,NO LIFE!」で見たことあるっ!と言う方もいらっしゃるかもしれませんね。

実はワタクシ、2017年から全日本ラリー選手権に参戦することを決めまして、カーくるさんに応援していただくことになり、ここに登場することになった次第です~。

思い起こせば、ラリーに出たいなぁと思い出したのは2000年くらいのこと。そんな思いが届いたのか、2003年のラリー北海道、2004年のラリージャパンに、参戦するチャンスが巡ってきました。ところが…、寸でのところでコケまして…。それ以来、ず~っとラリーに参戦するのが私の夢でした。

_OG_1589.jpg

ラリーへの参戦を夢見てコツコツ貯金を始めたのですが、2009年のラリーレイドモンゴル参戦で使い果たし、再び貯金を開始。まだ貯まりきってはいないのですが、2016年の春に落ち込むことがた~くさん起こりまして、これを吹っ切るには好きなことしよう! そうだラリーしよう! と見切り発車ながら、思い立ったというワケなんです。

_OG_1735.jpg

ラリーを始めるには、どこかのラリーチームに所属して…というのが一般的なのでしょうけれど、実績もない、プロのラリードライバーとして育ててもらう年齢でもない私。それならばいっそのことと、自分でラリーレーシングチームを立ち上げることにしたんです。名付けて「圭rally project」。ラリーレイドモンゴルの時からお世話になっているTEAM Gradualeのメンバーのひとりが、新しくプロジェクトを立ち上げるというカタチでスタートすることになりました。

当初は旧型のBMW MINIを買ってきてラリーカーを制作し参戦する予定でしたが、そんな話を聞いたチンクエチェント博物館の伊藤精朗代表から「ABARTH500RallyR3Tを貸してあげるから、あとは自分で頑張りなさい!」と、温かいお言葉をいただきまして、2017年の全日本ラリー選手権ターマック戦はこちらで参戦させていただくことに。その練習車として左ハンドルのMT車が必要ということで、ルノールーテシアRS2.0を購入(2001年式)。ラリーカーに仕立て上げ、2016年後半から「圭rally training project」として、地方戦に参戦しています。

MI4_4783.jpg

右も左もわからない初めてのど素人の挑戦ではありますが、実は私、ガチンコの競り合いが苦手なんですよ…。ラリーはレースのようにヨーイドン!の一斉スタートではなく、時間を置いて1台ずつのスタートなので、自分との闘いという面がより強いんですよね。元来、自分にチャレンジすることの方が好きな私、レースより向いているのではないかな? なんて早くも思っていたりして(笑)。結果はともかく、精神的には向いている気がします。

「圭rally project」は順位よりも結果重視。つまり完走することが目的なんですけれど、ラリーの場合はレースと違って、自分のペースで走っても他人の邪魔や迷惑になることがないですからね。

それにね、レースがサーキットで開催されるのに対し、ラリーは一般公道。当然、競い合うためだけに作られた場所ではないので、路面状況もさまざま。そういった状況で走ることで、自分もまた何か変われるんじゃないかしら? 日頃のお仕事にもまた違った角度から取り組めるんじゃないかな? なんていう期待もあります。夢を叶えると同時に、自分磨きの場でもあるのです。

_OG_1659.jpg

さらに偉そうに言っちゃうと、モータースポーツ大好きの私、モータースポーツを文化にしたいんです。日本ってね、こんな小さな島国で、こんなにたくさん自動車メーカーがあるにも係わらず、クルマやモータースポーツがまったく文化になっていない。こんな国、世界中どこを探してもないんです。そんなの悲しいじゃないですか…。

私ひとりがそんなこと言ってても何も変わらないかもしれませんが、これを読んでくださっているみんなで力を合わせれば、何か変わるかもしれません。一緒に、クルマやモータースポーツを日本の文化にしてみませんか? な~んて、偉そうなこと言っちゃってますけど、とにかくラリーがやりたい!という一心な気持ちだけが、いま私を動かしています。

というわけで、是非是非応援に来てください! ラリーには「呼び集める、再び集う」という意味があります。みんなで一緒に愉しみましょう!

次の参戦予定は…。2017479日 全日本ラリー選手権第2戦 「ツールド・九州in唐津」です。

20160827_105224.jpg

この記事へのトラックバックURL
http://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=lC2zi67oeMtRW%2fj%2f5HQ6eA%3d%3d

January 22,2017 Sun   圭rally project 始動  




竹岡 圭【kei.takeoka】

「クルマは楽しくなくっちゃネ!」をモットーに、 日本車・輸入車問わず、軽自動車からスーパーカーまで、全ジャンルの自動車をインプレッション! 毎日のクルマ生活からハレの日のクルマ旅行まで、カーライフ全般を女性の視点でチェック&レポート! 日本のみならず世界各国で開催されるモーターショーにも訪 れ、世界のカーライフを見聞している。

クルマを販売する側、クルマを購入する側の両方から、購入前~購入後に至るまで、カーライフのサポーターとして、幅広い活動を心掛けている。 さらに、究極のクルマ遊びとしてモータースポーツ業界にも参加。レーシングチームのマネージャーとして、 数々の全日本選手権等で活動したのをきっかけに、自身も ドライバーとして、ツーリングカーの耐久レースやスプリントレースに参戦。2009年にはひと味フィールドを変えて、ラリーレイドにも挑戦、「ラリーレイドモンゴ ル」で完走を果たした。
記事検索
検索語句
カテゴリ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る