ログイン
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
1


FCAジャパン株式会社は、Alfa Romeo(アルファ ロメオ)のプレミアムスポーツサルーン「Giulia(ジュリア)」に、上質感溢れる専用ボディカラーやインテリアを特徴とする限定車「Giulia 2.0 Turbo Veloce Visconti Edition(2.0ターボ・ヴェローチェ・ヴィスコンティ・エディション)」を設定し、2021年3月13日(土)より、全国のアルファ ロメオ正規ディーラーにて45台限定にて販売を開始する。


4_2019_ALFA_STELVIO_PAGE_07_LOCATION_01-0001-1_0828_visconti_0224a-scaled.jpg
 
限定車「ヴィスコンティ・エディション」は、上質感とスポーティさを兼ね備えた「2.0 ターボ・ヴェローチェ」をベースに、エレガントな雰囲気を一層引き立てる専用のボディカラーや内外装、および特別装備を採用したモデル。ボディカラーには、アルファ ロメオのロゴと同様にヴィスコンティ家に着想を得た、ヴィスコンティ・グリーンメタリックを採用。アルファ ロメオロゴには、ロンバルディアの名家、ヴィスコンティ家の紋章から採ったビッシオーネ(大蛇)がグリーンで描かれているが、そうした歴史背景に由来するグリーンのボディカラーには、アルファ ロメオのヘリテージに対するオマージュが込められている。
 
2_Fca_Giulia_colonne_0218_2-scaled.jpg

 
さらに限定車では、ボディカラーに合わせて随所に専用カラーのエクステリアパーツが採用された。
通常はレッド仕上げとなるブレーキキャリパーにはイエローが用いられ、特別感が高められている。一方、フロントグリルの縁やミラーハウジングはブラックで仕上げられ、ほかにもダークタイプのエキゾーストパイプフィニッシャーやエンブレム、モノトーンのホイールセンターキャップを採用するなど、落ち着いた色調の仕上がりとなっている。
 
DSC05083_0213-scaled.jpg

DSC05162_0212-scaled.jpg

DSC05143_0212-scaled.jpg

DSC05111_0212-scaled.jpg
 
 
インテリアも“上質”をテーマとした特別な仕立てとなっている。グリーンと相性のいいタンのレザー内装が組み合わされるほか、インテリアパネルにはアルミニウムの代わりにグレーオークウッドが採用され、豪華さが高められた。
  
04942a_0215a-scaled.jpg 

04919a_0215a-scaled.jpg

DSC05056_0212-scaled.jpg
 
また、特別装備のサンルーフが前席だけでなく、後席にも明るく広々感のある空間をもたらす。

DSC05191_0212-scaled.jpg

 

車両本体価格 (消費税10%込)
Giulia 2.0 Turbo Veloce Visconti Edition:6,190,000円
2021年3月3日 16:14  | プレスリリース  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 ビー・エム・ダブリュー株式会社は、特別なブルー「ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック」を纏った限定車「MINI Crossover Boardwalk Edition(クロスオーバー・ボードウォーク・エディション」を、日本全国200台限定で、2021年3月2日より全国のMINI正規ディーラーにて、販売を開始した。
 
 P90414255_highRes_mini-crossover-board.jpg

 
英国のプレミアム・ブランドMINIにラインアップされるMINI Crossoverは、2011年にMINIの4番目のモデルとして、それまでのMINIモデル・ラインアップからは一線を画すプレミアム・コンパクトSAVモデルとして誕生し、2017年に二代目に進化し、さらに昨年秋には、主にエクステリア・デザインを洗練させると共に、機能性を向上させ、MINI初のプレミアム・コンパクトSAVとして生まれ変わっている。
 
 P90414261_highRes_mini-crossover-board.jpg

 
新型MINI Crossover Boardwalk Editionは、MINI Crossoverの掲げる“この日常に、ひらめきを”のコンセプトを体現するモデルとして開発された、都会での日常から週末のアウトドアまで、多様なシーンに適したパワフルなクリーン・ディーゼル・エンジンを搭載したMINI Cooper D Crossoverをベースにした限定車である。

SUP(スタンドアップパドル)をコミュニケーション・アクティビテイとして設定し、「日常から解放されオープン・エアの環境で自然と対峙するとともに、水面上から眺める世界という新視点を通じた体験から、日常へのひらめきを持ち帰っていく。」というストーリーをコンセプトとしている。

エクステリアには、MINI Crossover初導入となる、深い湖の色、水辺の空を想起させる特別なブルーの限定色「ディープ・ラグナ・ブルー・メタリック」をボディ・カラーとして採用し、スポーティーな18インチ・ブラック・ホイール、ブラック・ルーフレール、ピアノ・ブラック・エクステリア、BOARDWALK専用ルーフ・ステッカーや専用サイド・スカットルを組み合わせることで全体を引き締め、力強くスタイリッシュなデザインとなっている。

P90414267_highRes_mini-crossover-board.jpg

P90414266_highRes_mini-crossover-board.jpg

P90414263_highRes_mini-crossover-board.jpg


内装には、BOARDWALK専用ステッカー付インテリア・サーフェス・ピアノ・ブラック、専用シート・クロス/レザレット・ブラック・パール、マルチ・ディスプレイ・メーター・パネル、BOARDWALK専用ドアシル・プレートを特別装備するなど、限定車らしい装いとなっている。

P90414265_highRes_mini-crossover-board.jpg



車両本体価格 (消費税10%込)

MINI Crossover Boardwalk Edition:4,950,000円
2021年3月2日 19:40  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 Groupe PSA Japan株式会社は、2021年3月1日(月)よりPEUGEOT(プジョー)ブランドの人気MPV、RIFTER(リフター)に上級グレードのGTを投入し、新ラインナップとなった。

20210301_RIFTER_05.jpg


 プジョーのリフターは、MPV、ミニバンと呼ばれるジャンルでありながら、オフロードに対応する性能とスタイルを併せ持ったSUVテイストで独自の存在感を発揮し人気となっている。具体的には、よりアクティブな走破性のためのグリップコントロールや高い地上高を備え、2008、3008、5008のプジョーSUVラインの一角を占めているともいえる存在。今回、このリフターに、上級グレードとしてGTが投入された。

RIFTER GT
車体各部のエンブレムをGTに変更。マルチパノラミックルーフは標準装備となる。
 
20210301_RIFTER_03.png
 
20210301_RIFTER_04.png

RIFTER Allure
Allureに今回変更はない。

20210301_RIFTER_01.png
 
20210301_RIFTER_02.png
 
 

車両本体価格 (消費税10%込)

RIFTER GT:3,610,000円
RIFTER Allure:3,390,000円
2021年3月1日 14:04  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
3


 ビー・エム・ダブリュー株式会社は、オープン・エア・ドライビングを可能とする「BMW 4シリーズ カブリオレ」を、全国の正規ディーラーにて、2021年2月25日より販売を開始すると発表した。納車は、本年3月以降を予定している。

P90402009_highRes_the-all-new-bmw-4-se.jpg

BMW 4シリーズ カブリオレは、スポーティでエレガントなデザインとダイナミックな運動性能を持つBMW 4シリーズ クーペをベースに、屋根を開けることで、オープン・エア・ドライビングが可能なモデルである。

P90400436_highRes_the-all-new-bmw-4-se.jpg


新たにソフトトップへ生まれ変わる 
 従来の4シリーズはメタルトップを採用していたが、新型BMW 4シリーズ カブリオレのルーフは、閉じている状態から約18秒で開けることが可能なキャンバス製ソフトトップを採用している。ソフトトップを閉じれば、AピラーからCピラーにかけて流れるような美しいルーフ・ラインを持つエレガントなクーペ・スタイルとなり、ソフトトップを開ければ、見るものを魅了するオープン・モデルとなる。
 
P90400415_highRes_the-all-new-bmw-4-se.jpg

P90400420_highRes_the-all-new-bmw-4-se.jpg

 
巨大キドニーグリルによる圧倒的な存在感 
 フロント・デザインにおいては、BMWのアイコンとなるキドニー・グリルを、1930年代に一世を風靡したBMW 328、1960年代に登場のBMW 1600やBMW 2002同様に、縦型にデザインすることで、スポーティかつエレガントなキャラクターを、際立たせている。さらに、キドニー・グリルを大型化することで、その存在感を、余すことなく表現している。
 
P90400433_highRes_the-all-new-bmw-4-se.jpg
 
リア・デザインにおいては、BMW伝統のL字型リア・コンビネーション・ライトを、BMW 4シリーズ同様に、立体的かつ有機的な曲線を与え、さらに、ライト周りをブラックアウトすることで、BMWのクーペ・モデルらしい個性的なリア・ビューを表現している。
 
P90400395_highRes_the-all-new-bmw-4-se.jpg
 

カブリオレにも2.0リッターエンジン搭載モデルが導入
 従来までは3.0Lのストレート6が国内に導入されていたが今回のモデルより待望の2.0L直列4気筒が導入された。
BMW 420iカブリオレには、最高出力184PS(135kW)/5,000rpm、最大トルク300Nm/1,350-4,000rpmを発揮する高効率な2.0L直列4気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンが搭載される。WLTCモードでの燃料消費率は13.3km/L。


BMW M440i xDrive Cabriolet
 420iカブリオレと同時にMパフォーマンスモデルとなる BMW M440i xDrive Cabriolet も登場した。
BMW M社が開発する高性能マシンMモデルには、2つのカテゴリーがある。1つはサーキットでの走行を可能としたMハイ・パフォーマンス・モデル、もう1つはサーキットで培われた技術を余すことなく取り入れ走行性能を高めたMパフォーマンス・モデルである。今回発表のBMW M440i xDrive CabrioletはMパフォーマンス・モデルに位置付けられる。


BMW伝統のストレート6は健在
 BMW M440i xDrive Cabrioletには、最高出力387PS(285kW)/ 5,800rpm、最大トルク500Nm/1,800-5,000rpm を発揮する直列6気筒BMWツインパワー・ターボ・ガソリン・エンジンを搭載し、0-100km/h加速は4.9秒 (欧州仕様値) を実現している。また、BMWのインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive(エックス・ドライブ)」や、Mアダプティブ・サスペンション、Mディファレンシャルによって、悪路でも安定したコントロールとスポーティな走りを実現することが可能となっている。


ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能を搭載
 BMW 4シリーズ カブリオレには、BMW社が国内認可取得モデルとして初めて導入したハンズ・オフ機能が搭載される。「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」とは、高速道路※1での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システムである。この機能は、ドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限りにおいて、ステアリングから手を離して走行が可能※2となる。

 
安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」を標準装備
 高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力によって、より精度と正確性が向上した、最先端の運転支援システムを標準装備している。アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニング、ペダル踏み間違い急発進抑制機能を、標準装備としている。
 
さらに、標準装備となるパーキング・アシスタントには、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるリバース・アシスト機能が採用されている。日本に多数点在する細い道での対向車とのすれ違いに困った際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰することが可能となる。

 
※1: 高速自動車国道法に定める高速自動車国道、及び指定都市高速道路に分類される道路が対象。
※2: SAE International(Society of Automotive Engineers)が定めるレベル2の段階であり、自動運転ではなく、前方注視が必要となるなど、ある一定の条件が必要。
 

車両本体価格 (消費税10%込)

BMW 420i Cabriolet:6,410,000円
BMW 420i Cabriolet M Sport:6,960,000円
BMW M440i xDrive Cabriolet:10,890,000円

全車8速オートマチック、右ハンドルとなる。
2021年2月25日 13:08  | プレスリリース  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 アウディ ジャパン株式会社は、プレミアムコンパクトSUVの Audi Q2 シリーズを4年ぶりに大幅に刷新して、全国のアウディ正規ディーラーを通じて2021年5月(予定)より発売を開始する。
また、発売を記念して、導入記念モデルとして、限定125台 Audi Q2 1st editionを設定。

013_Audi_Q2_photo_01_advanced__European_spec.jpg

今回のアップデートでは、デザインに魅力的なブラシュアップを施し、多角形のモチーフがインサートされた8角形のシングルフレームの位置は従来よりもわずかに下げられ、フロントセクションの幅の広さが強調され、LEDヘッドライトとともにシャープ印象を与えている。ボンネット先端には往年のAudi Sport quattroのイメージを受け継ぐ3分割スリットを設けた。さらに開口部が拡大したフロントバンパー、5角形のモチーフを取り入れた力強い印象のリヤバンパー、新デザインのリヤディフューザーなどにより、これまで以上にスポーティで存在感のあるデザインとなった。
 
013_Audi_Q2_photo_02_advanced__European_spec.jpg
 
 
新たなグレード構成をadvancedとS lineの2つとした。advancedのアンダーガードはシルバーに、サイドシルやブレードにはマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントが施され、S lineではアンダーガードとサイドシルはボディ同色となり、ブレードのコントラストペイントはセレナイトシルバーで、Sルーフスポイラーが備わる。

 
013_Audi_Q2_photo_03_advanced__European_spec.jpg

013_Audi_Q2_photo_05_S_line__European_spec.jpg
 
インテリアでは、エアベントやシフトレバーのデザインを変更。ダイヤモンドペイントフィニッシュ シルバーグレーのデコラティブパネルを配し、オプションのS lineプラスパッケージを装着すれば、スポーツシートをはじめ、アルミニウムルックインテリア、マルチカラーアンビエントライティング、ステンレススチールフットペダル、ライトグラフィックのデコラティブパネル等により、さらにスポーティな仕様にすることができる。
 
メーターパネル内には、12.3インチ液晶ディスプレイのアウディバーチャルコックピットを採用。MMIナビゲーションシステムやAudi connect、アウディスマートフォンインターフェイス等、利便性の高いインフォテインメントシステムを搭載。またドライバーアシスタンスシステムとしては、従来のアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブクルーズアシスト、サイドアシスト、プレセンスベーシック、ハイビームアシストをセーフティパッケージとして設定している。
 
パワートレインは、新開発の1.5 TFSIエンジンを搭載。高圧の直噴システムの採用などにより最高出力 110kW(150PS)、最大トルク250Nmを発揮。高効率な7速Sトロニックトランスミッションを組み合わせ、前輪を駆動。エンジンが低負荷の際には2気筒となる気筒休止システムのシリンダーオンデマンド(cod)の採用により低燃費を実現している。
 
また、導入記念モデルとして Q2 35 TFSI S lineをベースとした、限定125台のAudi Q2 1st editionを導入。ボディカラーは、アウディとして初となるアップルグリーンメタリック、そしてアローグレーパールエフェクトの2色を用意、ともにコントラストペイント、マンハッタングレーのブレードを採用。この限定モデルは、コンビニエンス&アシスタンスパッケージ、ナビゲーションパッケージ、テクノロジーパッケージ、S lineプラスパッケージ、ブラックスタイリングパッケージのほか、Audi Sport 19インチアルミホイール、マトリクスLEDヘッドライトダイナミックインジケーター付(フロント・リヤ)を標準装備。

013_Audi_Q2_photo_04_advanced__European_spec.jpg

 車両本体価格 (消費税10%込)

Q2 35 TFSI advanced:3,940,000円 
Q2 35 TFSI S line:4,300,000円 
Q2 1st edition:5,440,000円
2021年2月24日 14:33  | プレスリリース  | COMMENT(0)
+ 広告 +
+ 関連グループ +
2021年3月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
先負
11
仏滅
12
大安
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
31
友引
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する