ログイン
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、スポーツ・サルーン「XE」の2021年モデルの受注を2021年5月11日より全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて開始した。

XE 21MY_exterior_03.jpg

 
2021年モデルでは、新たに最高出力150kW/204PS、最大トルク430Nmを発揮する、最新の2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)をラインアップし、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(P250、P300)と合わせて3種類を用意し、さらに全輪駆動と後輪駆動との組み合わせで全9機種展開となった。
 
XE 21MY_exterior_04.jpg
 
 
今回新たにスポーツ・サルーンとしての「XE」の特徴をより際立たせた新グレード「R-DYNAMIC BLACK」を追加。
「R-DYNAMIC SE」(P250、P300)をベースにブラックパック、ブラックホイール、ラゲッジリッドスポイラー、ブライトメタルベダルなど黒で引き締めた外観に仕上げられている。
 
XE 21MY_exterior_01.jpg

XE 21MY_exterior_02.jpg

 
インテリアについては、スプリットリムステアリングホイールのデザインをアップデートしたほか、ヘッドレストにはエンボス加工されたジャガーのリーパーロゴを施し、シートは、快適性を追求して形状を見直して、「R-DYNAMIC」グレードにはクリケットボールを思わせるステッチを採用するなど、英国のクラフトマンシップが細部にまで注ぎ込まれている。
 
XE 21MY_interior_03.jpg

XE 21MY_interior_01.jpg

XE 21MY_interior_02.jpg

XE 21MY_interior_04.jpg
 
 
さらに、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リアパーキングエイド、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなど多彩なドライバー支援システム、最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」を標準装備し、安全性と利便性も大幅に向上している。
 
XE 21MY_interior_07.jpg
 


車両本体価格(消費税10%込)

■2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
最高出力:150kW/204PS 
最大トルク:430Nm
XE R-DYNAMIC S D200:6,340,000円
 
 
■2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:184kW/250PS 
最大トルク:365Nm
XE S P250:5,690,000円
XE R-DYNAMIC SE P250:6,210,000円
XE R-DYNAMIC HSE P250:6,760,000円
XE R-DYNAMIC BLACK P250:6,530,000円
 
 
■2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:221kW/300PS 
最大トルク:400Nm
XE R-DYNAMIC S P300:6,450,000円
XE R-DYNAMIC SE P300:6,880,000円
XE R-DYNAMIC HSE P300:7,420,000円
XE R-DYNAMIC BLACK P300:7,200,000円
2021年5月12日 07:53  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社は、ダイナミック・ラグジュアリー・サルーン「XF」および「XF SPORTBRAKE」の2021年モデルを2021年5月11日より、全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにて受注を開始した。
 
Jag_XF_21MY_01.jpg

Jag_XF_SB_21MY_01.jpg

Jag_XF_SB_21MY_02.jpg

 
2021年モデルでは、新たに最高出力150kW/204PS、最大トルク430Nmを発揮する、最新の2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)をラインアップし、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン(P250、P300)と合わせて3種類を用意し、さらに全輪駆動と後輪駆動、そしてボディタイプをサルーンとステーションワゴンの組み合わせで全11機種展開となった。
 
エクステリアは、バンパー(フロント/リア)、ジャガーのヘリテージロゴをかたどったグリルメッシュデザインのフロントグリル、“ダブルJ”グラフィックのプレミアムLEDヘッドライト(シグネチャーデイタイムランニングライト付き)など、より存在感のあるデザインに変更しながら利便性を向上させている。
 
Jag_XF_21MY_05.jpg

Jag_XF_SB_21MY_05.jpg
 
 
インテリアもよりモダンで高級感があり、ドライバーにフォーカスした改良が加えられた。
乗り心地をよくするためシートフォームを見直したり、センターコンソールやシフトレバー、ステアリングホイールなどのドライバーを取り囲む装備をより洗練されたデザインに更新。さらにインターネット接続によりストリーミングメディアや各種情報をインターネットから取得する最先端のテクノロジーを搭載した最新インフォテインメント・システム「Pivi Pro」も標準装備しコネクティビティも大幅に強化された。
また、3Dサラウンドカメラ、ブラインドスポットアシスト、アダプティブクルーズコントロール、フロント&リアパーキングエイド、リアコリジョンモニター、リアトラフィックモニターなどの多彩なドライバー支援システムも備え安全性も大幅に向上させている。
 
Jag_XF_21MY_06.jpg
 
 
さらにオプションとして、センターコンソールのくぼみに置くだけで、スマートフォンなどの充電が可能になるワイヤレス・デバイス・チャージングや、後方視界が悪い時に視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高めるClearSightインテリア・リアビューミラー(サルーンのみ)、鍵を車内に置いたまま車両の施錠または開錠が可能なウォータープルーフ仕様・耐衝撃のリストバンド型アクティビティキー、ロードノイズを軽減させるアクティブ・ロードノイズ・キャンセレーション、空気イオン化テクノロジー(PM2.5 フィルター付)など、利便性の高い最新機能も好みに応じて選択が出来る。


車両本体価格(消費税10%込)

■2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼル・エンジン(MHEV)搭載モデル
最高出力:150kW/204PS 
最大トルク:430Nm
 
XF S D200:6,770,000円
XF R-DYNAMIC SE D200:7,530,000円
XF SPORTBRAKE S D200:7,220,000円
XF SPORTBRAKE R-DYNAMIC SE D200:7,980,000円

 
■2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:184kw/250PS 
最大トルク:365Nm
 
XF S P250:6,970,000円
XF R-DYNAMIC SE P250:7,560,000円
XF R-DYNAMIC HSE P250:8,130,000円
XF SPORTBRAKE S P250:7,420,000円
XF SPORTBRAKE R-DYNAMIC SE P250:8,010,000円
XF SPORTBRAKE R-DYNAMIC HSE P250:8,580,000円


■2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリン・エンジン搭載モデル
最高出力:221kW/300PS 
最大トルク:400Nm
 
XF R-DYNAMIC SE P300:8,380,000円
2021年5月12日 07:40  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
7


 Groupe PSA Japan株式会社は、5月10日(月)に人気のコンパクトSUV、C3 AIRCROSS SUVの特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV CUIR」(C3 エアクロス SUV キュイール)を追加し、発売を開始した。

20210510_C3AIRCROSS_CUIR05.jpg
 

キャメルカラーのハーフレザーシートと同色ダッシュボードでコーディネイト
 基準車でツイード調のファブリックだったシートが、鮮やかなキャメルブラウンのレザーと千鳥格子(ハウンドトゥース)のファブリックとアルカンタラのアクセントを組み合わせたハーフレザーシートに変更され、さらにダッシュボードとセンターコンソールの一部をレザー同色のキャメルブラウンに、ドアアームレスト部分も千鳥格子のファブリックとしたスタイリッシュなコーディネイトが最大の特徴となる。カジュアルで気の置けないフレンドリーなC3 AIRCROSS SUVの魅力はそのままに、フランス語のレザーを意味するCUIRという名の通り、より上質なニュアンスと質感をプラスしたモデルとなる。
 
20210510_C3AIRCROSS_CUIR01.jpg

20210510_C3AIRCROSS_CUIR06.jpg
 
20210510_C3AIRCROSS_CUIR03.jpg
 
20210510_C3AIRCROSS_CUIR04.jpg

 
また、エンジンは先にデビューした「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」同様に130ps/230Nmにパワーアップされ、欧州排ガス規制Euro 6.3に適合し環境性能も向上している。出力がアップしたにも関わらず、燃費は16.7km/ℓ(WLTCモード)と約14%もの向上を果たした。
装備面ではフロントシートヒーター、運転席センターアームレスト、前方可倒式助手席シートバック、後席用ロールアップサンシェード、フロアマット、ラゲッジフロアボードを装備。CUIRパッケージ装着車には、パノラミックサンルーフ、17インチアロイホイール、オールシーズンタイヤ、グリップコントロール&ヒルディセントコントロールなどが追加される。さらに、グリップコントロールによってFFながらトラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御することで、SUVとしての本格的な走破性能を楽しめる。
 
ボディカラーはサーブルもしくはナチュラル ホワイトの2色を用意。ルーフはノアール ペルラネラでカラーパック(アクセントカラー)はオレンジとなっている。
 
20210510_C3AIRCROSS_CUIR02.jpg
  

車両本体価格 (消費税10%込)
C3 AIRCROSS SUV CUIR:3,030,000円
C3 AIRCROSS SUV CUIR パッケージ:3,260,000円
2021年5月11日 06:07  | プレスリリース  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
0


 Groupe PSA Japan株式会社は、人気のコンパクトSUV、C3 AIRCROSS SUVに特別仕様車「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」(C3 エアクロス SUV サーフエディション・バイ・リップカール)を追加し、2021年5月1日より発売する。

20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL01.jpg

シトロエン100周年を迎えた2019年の7月に日本でデビューした「C3 AIRCROSS SUV」は、コンパクトSUVとして世界約29万台の大ヒットとなったモデル。日本においても、昨今最も注目を浴びるBセグメントSUVにおいて、そのユニークなスタイルとともに、乗り心地や空間としての気楽さフレンドリーなキャラクターなど、あらゆる要素でのコンフォート性能という新たな価値の提供が受け入れられ人気を博している。
 
20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL08.jpg
 
20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL07.jpg

20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL010.jpg

 
今回、日本市場に導入される「C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL」は、そんなC3 AIRCROSS SUVがサーフブランドRIP CURLとコラボレーションした特別仕様車。2019年の100周年記念モデル「C3 AIRCROSS SUV Origins」、「C3 AIRCROSS SUV C-Ceries Chic Edition」につづくグローバルな特別仕様車であり、5年に渡るリップカールとシトロエンのコラボレーションで初めて日本市場に投入されるモデルとなる。

20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL05.jpg


シトロエンとリップカールのふたつのブランドは、ウェルビーイング、レジャー、そして“ここではないどこか”へと人を誘うエスケープというエレメントにおいて共通するものであり、パートナーシップはきわめてナチュラルなものであったそうだ。創造、革新、そして冒険への情熱と探求する心という共通の価値観を持つ2つのブランドの魅力が相乗効果をもって今日、コンパクトSUVのC3 AIRCROSS SUVをベースに結実したのである。

20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL09.jpg


ボディカラーにグリ アルタンス、ルーフおよびルーフレールはノアール ペルラネラ、そしてアクセントカラーはゴールドを彷彿とさせるリップカール・アルマイト・オーカー・カラー(マットイエロー)をあしらい、この強烈でエネルギッシュなマットイエローは、サーフィンの世界で見られる砂丘や太陽の光からインスピレーションを得たもので、ヘッドライトベゼル、ドアミラー、およびブラックの16インチホイールのセンターキャップに採用されている。
さらにこのメタリックグレーとブラックのボディにマットイエローのエネルギッシュなコントラストのボディサイドには、RIP CURLのブランドロゴを大胆に、そしてあえてコントラストを抑えてフロントドアにあしらった。また、リアクオーターのC3 AIRCROSS SUVの特徴のひとつであったベネチアンストライプを廃してRIP CURLロゴを施した。
 
20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL03.jpg

20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL02.jpg

 
インテリアも同様に専用のダークグレーファブリックにブラックテップレザーとマットイエローのアクセントを入れ、エクステリアと呼応するかのようにグラフィカルに仕上げ、通常モデルではファブリック張りとなるダッシュボードはダークグレーのテップレザーを張り、タフなイメージが強調されている。
 
20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL04.jpg

20210430_C3AIRCROSS_RIPCURL06.jpg

 
また、内外装の意匠のみならず装備も充実しており、あらたにエンジンは130ps/230Nmにパワーアップされ、くわえてSHINEグレードでパッケージオプションを選択しないと装着されないアドバンスドグリップコントロール(ヒルディセントコントロール付き)を搭載。FFながらトラクションコントロールとブレーキLSDを高度に統合制御しSUVとしての本格的な走破性能を発揮するアドバンスドグリップコントロールのサンドモードを選ぶことで、サーフスポットまでの移動はより確実なものとすることができることであろう。


車両本体価格 (消費税10%込)
C3 AIRCROSS SUV SURF EDITION by RIP CURL:3,059,000円
2021年4月30日 15:25  | プレスリリース  | COMMENT(0)
written by カーくる編集部プレスリリース
世界中
うんうんする
1


 FCAジャパン株式会社は、Alfa Romeo(アルファ ロメオ)の高性能スポーツサルーン「Giulia Quadrifoglio(ジュリア・クアドリフォリオ)」をベースに、大幅な軽量化とともに、更なる高出力化を実現した「ジュリア GTA」ならびに「ジュリアGTAm」を設定し、2021年4月26日(月)より、全国のアルファ ロメオ正規ディーラーにて期間限定で確定注文受付を開始した。
 
GTA_01-1.jpg
Giulia GTAm

GTA_01.jpg
Giulia GTA


「ジュリア GTA」ならびに「ジュリアGTAm」は、確定注文に基づく受注生産モデルとなる。確定注文は全国のアルファ ロメオ正規ディーラーにおいて、4月26日(月)から5月9日(日)の期間限定となる。オーダー受付後には、アルファ ロメオ公式ウェブサイトに用意されるコンフィギュレーターに基づいての仕様詳細決定と、10%の頭金の振り込みが必要。
 
ジュリアGTA/GTAmは、ジュリア・クアドリフォリオをベースとし、アルファ ロメオの歴史に名を刻んだ名車、「ジュリア・スプリントGTA」に敬意を表して開発されたモデル。1965年に発表された同モデルは、アルミニウムボディの採用などによりベース車に対して大幅に軽量化され、エンジン出力も高められるなど、性能が大幅に引き上げられた。その結果、世界各地のレースイベントにおいて数百の勝利を挙げ、伝説的なモデルとなった。その輝かしい歴史と技術の探求心を受け継いで復活したのが、ジュリアGTAだ。GTAとは「Gran Turismo Alleggerita(グランツーリスモ・アレッジェリータ)の頭文字を取ったもので、アレッジェリータはイタリア語で軽量化を意味し、GTAmの「m」は“モディファイド”を示し、2シーター化とロールバーの装着によりサーキット走行における特性を高めつつ、公道走行も可能としたスペシャルなモデルである。
 
4_cutout-scaled.jpg
 
 
大幅な軽量化にあたり、ジュリアGTA/GTAmは、カーボンファイバー製のボンネットやルーフに加え、フロントバンパーやフロントフェンダー、ルーフ、リアディフューザーにもカーボンを採用し、ジュリアGTAmでは、モータースポーツの世界から生まれたポリカーボネート樹脂素材のウィンドウをサイドとリアに採用し、それぞれベース車に対して約50kg, 約100kgの軽量化を実現。
 
 
GTA_02-1.jpg
 
GTA_02.jpg

 
さらにエアロダイナミクスに関しては、F1でアルファ ロメオとタッグを組むザウバーエンジニアリングのノウハウが注入された。ザウバーが開発したカーボンファイバー製のサイドスカートやリアスポイラーからなる「ザウバーエアロキット」が装備され、軽量化と共にエアロダイナミクスの最適化が図られている。加えて、レースフィールドで用いられているセンターロック方式の20インチアルミホイールやカーボンセラミックブレーキディスクを搭載するなど、モータースポーツ由来の最先端技術が惜しみなく投入されている。
 
22_cutout-scaled.jpg

 
ジュリアGTAmにはさらに専用カーボンフロントスプリッターやポリカーボネート製のブラックリアウインドウ、大型カーボンリアスポイラーが採用される。
 
またジュリアGTA/GTAm共に、高速走行時の車体の安定性を高めるためのワイドトレッド化に伴い、フロントおよびリアが50mm拡幅され、サスペンションには専用のスプリングやショックアブソーバー、ブッシュが採用され、車高もベース車より低められている。
 
インテリアは、ジュリアGTAは基本的にはジュリア・クアドリフォリオに準じており、ダッシュボード、ヘッドライナー、ドアパネル、アームレストにアルカンターラが用いられ、スポーティな雰囲気と共に上質感が高められている。シートは「GTA」ロゴ入りスパルコ製スポーツシートを採用している。
 
一方、ジュリアGTAmは、リアシートが取り払われ、ボディ剛性を向上させるロールバーを備えるなど、サーキット走行に主眼を置いた仕様に変更された。そのほか、アルカンターラの使用部位を拡大し、サーキット走行において高いホールド性と軽量化を両立したカーボン一体成形のサベルト製スポーツシート、6点式シートベルトを採用している。
 
エンジンは2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載、最高出力はジュリア・クアドリフォリオ比で30hp増となる540hpへと引き上げられ、GTAmではパワーウェイトレシオは2.81kg/hpとなり、スーパースポーツと呼ぶに相応しいパフォーマンスとなっている。
 
またジュリアGTA/GTAm共に、新設計のチタニウムを使用したアクラポヴィッチ社製エキゾーストシステムを搭載し、官能的なサウンドが追求されている。
 
伝説的なモデルからそのスピリットを受け継ぎつつ、最先端のテクノロジーでパフォーマンスが追求されたジュリアGTA/GTAm。アルファ ロメオの歴史に新たなマイルストーンを刻む、特別な軽量グランツーリズモのフロントとリアには、通常とは異なり黒一色の特別なアルファ ロメオエンブレム、また、クアドリフォリオロゴと共に伝説の「アウトデルタ」のロゴ、110周年の記念ロゴが装着される予定となっている。
 
24-scaled.jpg


車両本体価格 (消費税10%込)

Giulia GTA:20,640,000円
Giulia GTAm:21,980,000円
2021年4月27日 06:33  | プレスリリース  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
+ 広告 +
+ 関連グループ +
2021年5月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する