ログイン
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
掲載日  2013/3/16
written by 木村自動車商会
世界中
うんうんする
6


先日名古屋で開催されたオートトレンドにてHOT-K編集長に薦められ、SCUD購入に至ったエッセです。
以前SCUDを体感してくれた
編集長は ありがたい事にSCUDを応援してくれています。
信用して購入して頂いたお客様にも感謝いたします。
SCUDは決して期待を裏切りませんよ
2013年3月16日 20:44  | 木村自動車商会  | COMMENT
掲載日  2013/3/2
written by 木村自動車商会
世界中
うんうんする
1


 brzboa2.jpg
通常業務が忙しく、開発が停滞しておりましたが、再開しております。

海老に似た形状になっていますが試作品のBOAインテークパイプです。
曲がりRがきつく、ねじれているので曲げパイプでは造れません。 面倒な造りでしょ。
2013年3月2日 20:40  | 木村自動車商会  | COMMENT
掲載日  2013/3/1
written by 木村自動車商会
世界中
うんうんする
5


 その昔、エンジンのパワーアップやレスポンスアップを目的に各気筒独立スロットル(多連スロットル)を採用し、インテークマニホールドも独立させファンネルを外気にさらすなんてことが行われていました。(恥ずかしながら私もやっていました。)

この方法は各気筒の1サイクルだけを考慮して作られたもので各気筒の相乗効果を全く考えていません。
吸気はラム圧を掛けなければ基本的に大気圧の空気を吸うことになりますので、決して大気圧以上の圧力にはなりません。

しかし、インテークマニホールドを集合させ、適切な容積と形状を有することでマニホールド内圧が大気圧を超えることが可能になり、シングルスロットルでもレスポンスが劣ることなく全回転域でトルクを向上させることができます。

実際に吸気管圧力センサーをつけた車両でデータを取ってみると最大トルク発生付近は正圧になっていることが多いです。

当社の開発しているSCUDエアインテークシステムは積極的に各気筒の相乗効果を使い、マニホールド内圧を高く保持するようにしているので一般的な吸気システムに比べ圧倒的な性能差があるのです
mgf11.jpg
2013年3月1日 21:45  | 木村自動車商会  | COMMENT
Scud Home Page
aside_nav_05.jpg
プロフィール
Scud advanced エアインテークシステム
Scud advanced エアインテークシステム
エアインテークシステム「Scud」のオリジナルBLOGページです。Scudに関する情報発信を行っていきますのでどうぞよろしくお願いします。お気軽にコメントをいただければと思います。なお、木村自動車とC...
木村自動車商会
木村自動車商会
CC-sport
CC-Sport
開発メンバー
2017年8月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
先勝
23
友引
24
先負
25
仏滅
26
大安
27
赤口
28
先勝
29
友引
30
先負
31
仏滅
カテゴリ
記事検索
検索語句
最近のコメント
カウンター
Counter
新着記事
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る