ログイン
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
プロフィール
きもだこよし
きもだこよし
イラストレーター、ロゴデザイン等を行っております。カーイベントでは愛車の似顔絵屋として関東中部周辺を中心に活動中のほか、カーくる内にて別枠でクルマ語録マンガ「RED Equipe’s冒険隊」を連載中。
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2020年11月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
先負
5
仏滅
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
先負
11
仏滅
12
大安
13
赤口
14
先勝
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
witten by きもだこよし
世界中
うんうんする
12


 今回は思ったよりも早く半年?10か月?ぶりくらいにはUPできました。ボクの趣味で描く不定期クルママンガ、世田谷区用賀3丁目その3話です。ちなみに前回はこちら。https://carcle.jp/UserBlogComment?UserID=4504&ArticleNo=100
今回はオカムラという事務家具メーカーの歴史にちなんだものです。過去にGAZOOさんのお仕事でお邪魔したのですが、元々はこちらのクルマを見に行ったことが、きっかけでした。今はなくなってしまったメーカーとりわけ多くの人がその存在すらもはや忘れてしまったのでは?と思うからこそこうした形で描いていきたいとも思います。ただ、今回はいろいろとコンテを切っていくと30ページ近くになりとても時間がかかるので、初の前後編になりました。これを読んで皆さんにも楽しんでもらえればと思います。

表紙完成.jpg


peji2完成3.jpg

peji3完成3.jpg

peji4完成3.jpg

peji5完成3.jpg

peji6完成3.jpg

peji7完成3.jpg

peji8完成3.jpg

peji9完成3.jpg

peji10完成3.jpg

peji11完成3.jpg

peji12完成3.jpg
というわけで後編に続くのですが、いかがだったでしょうか?こちらのオカムラさんにはずいぶんとこの時にはお世話になりました。こんな形ではありますが、少しでも伺ったお話を還元できればと思います。続きははたして描けるのか?それはいつになるのやら?心配は尽きませんが、もしも続きが読んでみたいという奇特な方がいらっしゃればと、思いながら頑張ってみたいと思います。
ここでハタと思いだした。ボク今日は誕生日だったんだ。こんな日にまで何を描いているのやら(笑)




この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=EVJGNepQv9ddI2KrmH3h%2bg%3d%3d
2020年2月10日 13:42  | 未分類  | コメント(4)  | トラックバック(0)



witten by きもだこよし
世界中
うんうんする
3


 皆さんはドライブにおいてサングラスをかけて走ったことはありますか?まあ、ほとんどの方はあるかと思いますが、それでは夏と冬ではどちらが掛けている機会が多いですか?確かに夏場は日差しも強いですが、実際には冬場の方が多いのではないでしょうか?というのも冬場の方が日が低く視界に直接入る時間が多いのではないでしょうか。
ボクもそうしたことからこの時期サングラスは良く掛けるのですが、ボクを知っている方ならご存知かと思いますが眼鏡をかけているのでサングラスは後付けのアタッチメントタイプを使っています。昔はスキー用のモノを使っていたのですが、今はコールマンから出ている暗いところでは撥ね上げることができるものを使っています。使うにあたってそれ自体は問題はないのですが、困ったことに入れ物が粗悪品なのです。まあ、たかだか千円のモノに何をいわんやですが、この付属ケースがビニール製であっという間にバキバキと折れている部分から割れて取れてしまうのです。何かケースが代わりにあればよいのですが、眼鏡ケースはあってもこうしたアタッチメントタイプのサングラスにフィットする入れ物はなかなかありません。ということでなければ作ればよいということで早速にひとつ作ってみました。

DSCN6784.jpgDSCN6785.jpg
付属のケース。御覧のように留め具が割れて取れたり他の部分も同様に劣化してくる。
そしてまたこれが壊れるまでがとても短い。

DSCN6787.jpgDSCN6788.jpgDSCN6786.jpg
とまあこんな感じで作ってみたのですが、付属のケースを基に型おこしして作ったら思いのほか余裕があって眼鏡をつけたままでも入れられそうです。表面がキズが入っていたのは断裁時にあまり考えずに型を切ってしまったので、幸い生地は余っているのでもうひとつ作るときには気を付けて作ってみたいかと思います。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=czFTZ0vFanITJygbfShUzw%3d%3d
2020年1月31日 17:18  | 未分類  | コメント(0)  | トラックバック(0)



witten by きもだこよし
世界中
うんうんする
8


 年明けの第一日曜日、106による千葉県房総半島ツーリングでした。もともとは昨年の同じ日、1月6日で106と語呂合わせで始めたツーリングですが、今年もどうにか開催できました。

IMG_1098.jpg
今回は房総を縦断して九十九里までの旅でしたが、思いのほか順調に進みまして、というか順調すぎて予定よりも進行が早いという(笑)おかげさまで無事に終了することができました。できることなら毎年続けていきたいと思いますね。

IMG_1101.jpgIMG_1108.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=r141L%2b2GdFXO3yQ99WpyLQ%3d%3d
2020年1月5日 18:17  | 未分類  | コメント(2)  | トラックバック(0)



witten by きもだこよし
世界中
うんうんする
9


 
IMG_1084.jpg
早速ナンバーのついたEVバイクですが、イタリアチックなデザインだけあってその性能もイタリアンですw
ええ、盛大にネタを作ってくれています。先日もヨメが駅まで送ってほしいというので、バイクをどけてクルマを出そうとしたところ、前輪で段差を越えようとするとスポン⁉ええ、アクセルが抜けました(笑)慌ててはめ直して確認するとひとまずなんともない様子。よしよし、それにしてもびっくりした。


IMG_1087.jpg
しかし、昼過ぎから近所へ出かけると一時停止から再スタートをするとうんともすんとも言いません。泣く泣く近所にあるバイク屋さんへ寄りましてそのまま預けることに(もうほとんど無理やりw)。ここは自賠責を用意していただいたところなのですが、様々なバイクを見ています。ただスロットルが完全にお亡くなりとのことで、さすがにここでも部品を考えると無理かなあと思ったら、電子制御でも頑張って修理してくれました(ありがたや、ありがたや)。他にも当初から懸念材料のあったセンタースタンドなども直してもらい、無事に帰宅。日吉の急坂でもぐいぐい上ります。時を同じくして届いた庭へのスロープ(我が家の庭と道路には20㎝以上の段差があります)と合流しこれで自宅横で充電ができるようになりました。


IMG_1088.jpg
そして気が付きます。・・・メーターがいつの間にか動いてねえ!きもだのEVバイク生活はまだまだ始まったばかりでございます。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=k6Ffgp%2b9PnjkVBnOAeDDIg%3d%3d
2019年12月20日 15:41  | 未分類  | コメント(11)  | トラックバック(0)



witten by きもだこよし
世界中
うんうんする
4


最近は近所の移動に自転車を使っていたのですが、後輪が謎のパンクを起こしまして(そりゃもう何かで裂いたのか?ってくらいのおおきな炸裂痕になってました)それから3か月以上、すっかり徒歩かクルマのみという生活が続いていました。そんなこともありせっかくなので原付でもこの機会に買いましょうと仕入れてまいりました。IMG_1082.jpgこのバイクなんだかわかりますでしょうか?わかる方はかなりの変態か特殊な方向性のバイクがお好きな方かと思います。

このバイク、レスク=スカルピーナと言います。どこかイタリアンデザインを感じさせ、かのEVコミュータージラソーレやBiroを彷彿させるバイクですが、実はれっきとした国産バイクです。え?そんなの知らないし、聞いたこともないメーカーだよ。そう思われても無理はありません。なんとこのバイクはEV。そう電動バイクなのです。最近でこそ某やばいよやばいよなタレントさんが、充電させてもらえませんか?と地方を回っておりますが、まだそんな話がTVでレギュラーになる5年も前に作られたバイクです。それでも当時の原付としては破格の性能であり、意欲的なシステムを多数搭載しておりました。そのおかげで現在に至っても現行EVバイクと互角の性能を有しているのです。

しかもバッテリーは非常時には蓄電池としても使用可能で、専用インバーターにより家庭用大型冷蔵庫でも5時間は運転できるという機能もあります。

まだまだ、届いたばかりで調べなければならないことや、ナンバーの取得等もありやることも多いですが、きもだ家のEVコミューター生活が始まります。


IMG_1083.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=qq1Fw87gLxuSXbFksAQIYw%3d%3d
2019年12月16日 22:05  | 未分類  | コメント(2)  | トラックバック(0)



        [PR]沖縄旅行北海道旅行
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る