ログイン

カーくるトップへ
 
新着情報    フォトギャラリー  メンバー登録
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
written by マンガで綴るクルマエッセイ RED Equipe’s冒険隊
世界中
うんうんする
7


 突然ですが、あなたは街中の駐車場で止めるときや自宅での駐車にどのような形で止められますか?帰宅したときそのまま頭から突っ込みますか?それともお尻からバックで駐車しているでしょうか?中にはご自宅では横に付ける形のガレージだと言われる方もいるかもしれません。駐車時の止め方はその後のクルマの動かし方を考えて止めている方が多いのではないでしょうか?そう考えると日本人は出発時にスッと出られる方を好む傾向にあると思います。多くの方が出るなら早く出てほしいそう考えるところからかもしれませんね。もちろん止めるところも気を使いたいものです。最近見かけることが多いのですが、間違っても障害者優先の場所やEVの充電スペースに止めて知らん顔のできる人柄にはなりたくないものです。それでは参りましょう。このマンガはフィクションとそうでない部分で出来ております。


red equipe92-1.jpgred equipe92-2.jpg
written by マンガで綴るクルマエッセイ RED Equipe’s冒険隊
世界中
うんうんする
11


 オートモービル・インスペクション日本では車検と言われるものですが、ボクのクルマにももちろんそうした制度は適応されていまして、先日ですが無事に終えることができました。これからまた2年間走ってもいいよとお墨付きを得ることができたのですが、車検というのはあくまでも道交法にある基準を満たしていると証明しただけで、決して整備をしているわけではないのです。つまり本来はこれに整備費用が掛かるわけなのですが、意外とこれを理解している方が昔は少ないといったことが多かった気がします。機会があればこちらもマンガにしたいのですが、ここではこのくらいで。それでは参りましょう。このマンガはフィクションと表立って言えない技術とで出来ています。

red equipe91-1.jpgred equipe91-2.jpg
written by マンガで綴るクルマエッセイ RED Equipe’s冒険隊
世界中
うんうんする
18


 近年の車両はとかく安全装備が豊富であります。衝突防止に前車追従、車線はみ出し防止と様々です。もちろん自動運転に向けたもののひとつであることは確かなのでしょうが、それにしてもその精度たるや驚くばかりです。ですが、実際に使うとその動作のひとつひとつが人間の生理に合わなかったり、安全のためとはいえひとつでもそれに適合しない部分があると警告音が鳴り響きます。それらが悪いということではなく、まだまだすり合わせや改良の余地が多々あるということなのでしょう。すべて機械任せと言えどもその整備や確認はあくまでも人間が行うものです。最後はキチンとそれを考えないといけないですよね。
それでは参りましょう。このマンガはフィクションとまともそうな前文とはとてもかけ離れた内容で出来ています。

red equipe90-1.jpgred equipe90-2.jpg
written by マンガで綴るクルマエッセイ RED Equipe’s冒険隊
世界中
うんうんする
22


 暦の上ではもう9月、夏も本来なら終わりの時期ですがまだまだ暑い日が続いております。その夏休みですが今年はコロナの影響で学校等は短くなったとか。不足した授業時間の調整など大変なようです。そんな夏休みですが大人も大変だったようで休みこそあるものの田舎への帰省が難しくお盆帰省ができなかった(あるいは断念した)方が数多くいらっしゃったとか。
ご先祖様の霊もさぞや困惑されたことでしょう。まあ、こちらもご先祖様が読まれたら相当に困惑されそうなマンガではございますが(笑)。それでは参りましょう。このマンガはフィクションとそうでない部分で出来ています。

red equipe89-1.jpgred equipe89-2.jpg
written by マンガで綴るクルマエッセイ RED Equipe’s冒険隊
世界中
うんうんする
20


 今月初めに千葉県の幕張で行われたイベントをご存じでしょうか?それがオートモービルカウンシルです。このイベントただ話を聞けば「ああ、旧車いっぱい並べるやつね」と思われるかもしれませんが、それは間違いです。皆さんはこう思ったことはありませんか?webや雑誌で見る古いクルマやスポーツカーに付けられているASKという文字を。そう価格応談というあれですね。応談て一体いくらぐらいなのか?値段を向こうが勝手に決めるのではいくらお金がいるのか?足元を見られているのではないか等不安だし、買おうにも場合によっては聞くことすら躊躇しますよね。ここはそんなクルマの値段がキチンと表示されある種の目安にもなるイベントなのです。そんなイベントを相変わらずろくでもない目線で見てまいりました。それでは参りましょう。このマンガはフィクションと怒られそうな気配を一身に浴びながら描かれていますw


red equipe88-1.jpgred equipe88-2.jpg
 プロフィール
マンガで綴るクルマエッセイ RED Equipe’s冒険隊
マンガで綴るクルマエッセイ RED Equipe’s冒険隊
愛車の似顔絵屋きもだこよしです。おかげさまで別枠で4コマ漫画「RED  Equipe's冒険隊」を描かせていただけることになりました。クルマあるあるから、イベントの裏レポートまで様々なネタが楽しんでい...
 カウンター
Counter
2020年10月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
先負
13
仏滅
14
大安
15
赤口
16
先勝
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
 記事検索
検索語句
 カテゴリ
 アーカイブ
 その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る
Copyright & WEBDesign 車好きのためのコミュニティサイト カーくる All rights reserved.