ログイン
カーくる編集部が様々なイベントに顔を出してイベントの模様をお届けするコーナーです。
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
2019
1月
21

東京オートサロン2019 レポート5

世界中
うんうんする
8


~コンパニオン~

レポート最後は、東京オートサロンに華を添える”コンパニオン”の皆さんです。
展示車両と共に、個性的なコスチュームに身を包み来場者の視線を奪うその姿は、東京オートサロンのもう一つの魅力。
IMG_4065.jpg
IMG_4060.jpgIMG_4071.jpg
IMG_4084.jpg
IMG_4101.jpg
IMG_4081.jpg
IMG_4720.jpg
IMG_4210.jpgIMG_4235.jpg
IMG_4204.jpg
IMG_4144.jpg
IMG_4675.jpg
IMG_4743.jpgIMG_4343.jpg
IMG_4549.jpg
IMG_4777.jpg
IMG_4605.jpgIMG_4607.jpg
IMG_4174.jpg
IMG_4170.jpgIMG_4689.jpg
IMG_4188.jpg
IMG_4252.jpg
IMG_4246.jpgIMG_4265.jpg
IMG_4242.jpg
IMG_4284.jpg
IMG_4274.jpgIMG_4281.jpg
IMG_4330.jpg
IMG_4324.jpgIMG_4341.jpg
IMG_4638.jpg
IMG_4117.jpgIMG_4598.jpg
IMG_4600.jpgIMG_4601.jpg
IMG_4712.jpgIMG_4709.jpg
IMG_4840.jpgIMG_4843.jpg
IMG_4152.jpgIMG_4546-2.jpg
IMG_4489.jpgIMG_4581.jpg
IMG_4560.jpgIMG_4573.jpg
IMG_4844-2.jpgIMG_4766.jpg
IMG_4829.jpg
IMG_4802.jpgIMG_4804.jpg
IMG_4748.jpgIMG_4751.jpg
IMG_4735.jpgIMG_4755.jpg


こちらもどうぞ。
東京オートサロン2019 レポート1 ~自動車メーカーブース~
東京オートサロン2019 レポート2 ~カスタムカー~
東京オートサロン2019 レポート3 ~アフターパーツ~
東京オートサロン2019 レポート4 ~その他 会場の様子~


2019年1月21日 23:33  | 東京オートサロン2019  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2019
1月
21

東京オートサロン2019 レポート4

世界中
うんうんする
8


~その他 会場の様子~

メイン会場ホール以外でも、様々なイベント・展示が行われている東京オートサロン。
その様子をお伝えします。

国際会議場の特設エリアには、D1マシンや、世界ラリー選手権で活躍したかつての名車が展示されていました。
ラリーコーナーでは、2020年のWRCラリー・ジャパン招致を実現するため、ここオートサロンでも盛り上げていきます!
1957年豪州一周ラリーに挑戦した「トヨペット クラウン”オーストラリアラリー仕様」、日産「RS240」、トヨタ「セリカ GT-Four」、スバル「インプレッサ WRC」、三菱「ランサー エボリューション」、かつて無敵を誇ったマシンたち。
IMG_4474.jpg
IMG_4469.jpgIMG_4470.jpgIMG_4471.jpg
今はトヨタ「ヤリス WRC」が頑張っていますね!国内で疾走する姿を見てみたい!
IMG_4468.jpg

D1コーナーでは、選手のサイン会などが開催され、ファンとの交流も図られていました。
IMG_4475.jpg
IMG_4473.jpg

毎回人気の「TOMICA」コーナーでは、オートサロン限定のトミカを発売!大きな子供が沢山並んでいました。
IMG_4463.jpg
IMG_4464.jpg

ホールをつなぐ通路では、GT選手権マシンを展示。
IMG_4456.jpg

しげの秀一氏の人気マンガ「MF GHOST」ブースでは主人公が駆る86の姿も!
なんとこの車両、単行本累計100万部突破記念としてプレゼントされるキャンペーンを実施中とのこと。
IMG_4457.jpg

オートサロンを盛り上げる?各社キャラクター達。
IMG_4791.jpg
IMG_4681.jpgIMG_4801.jpgIMG_4832.jpg

今回も、「東京オートサロン オークション with BH Auction」が開催され、50台もの貴重なビンテージカーが出品されました。
会場内のモニターでライブ中継を見られるので、来場者も価格動向に注目でした。
気になるオークションの結果はBH Auctionサイトで確認できます。
IMG_4757.jpg
IMG_4855.jpg


こちらもどうぞ。
東京オートサロン2019 レポート1 ~自動車メーカーブース~
東京オートサロン2019 レポート2 ~カスタムカー~
東京オートサロン2019 レポート3 ~アフターパーツ~
東京オートサロン2019 レポート5 ~コンパニオン~

2019年1月21日 09:27  | 東京オートサロン2019  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2019
1月
20

東京オートサロン2019 レポート3

世界中
うんうんする
24


~アフターパーツ~

東京オートサロンでは、愛車のカスタマイズに欠かせないチューニングパーツやドレスアップパーツを製作、供給するメーカーやショップが数多く出展しています。その中には、カーくるのビジネスラインブログや、ミラフィオーリ、トリコローレなどのイベント出展でもお馴染みのメーカーやショップも見られました。
ここでは、そんなパーツやショップなどを少し紹介します。

カスタマイズの第一歩といえば、アルミホイールを選択する方も多いのではないでしょうか。
中でも「O.Z Racing」はオリジナリティーの高いデザインや豊富なカラー、サイズそしてハイクオリティなホイールをラインナップ。オートサロンでも数々の展示車両に装着されていました。
IMG_4425.jpg
IMG_4345.jpgIMG_4346.jpg
IMG_4493.jpgIMG_4494.jpg
IMG_4814.jpgIMG_4815.jpg
IMG_4820.jpgIMG_4817.jpg

他にも「BBS」、「WORK」、「ENKEI」など老舗メーカーから、ショップオリジナルのホイールまで多数展示されており、自分の愛車にマッチするホイールを探す楽しみもありました。
IMG_4535.jpg
IMG_4538.jpg
IMG_4536.jpgIMG_4540.jpg
IMG_4512.jpg
IMG_4515.jpg
IMG_4516.jpgIMG_4517.jpg
IMG_4701.jpgIMG_4575.jpg


走りのチューニングの基本といえば、やはりサスペンション。
ドイツのサスペンションメーカー「KW(カーヴェー)」は、ストリートモデルから本格的なスポーツモデル、そしてサーキットモデルまで豊富なラインナップを用意している。また輸入車だけでなく、国産車にも対応している点が嬉しい。
IMG_4362.jpg
シルバーケースに鮮やかなイエロースプリングとパープルのアッパーマウント&スプリングシートの組合せが特徴的。
IMG_4354.jpg
内部も高精度な部品で構成されている。
IMG_4355.jpgIMG_4356.jpg
IMG_4357.jpg
IMG_4359.jpg

「BILSTEIN」や国内メーカーの「TEIN」なども出展していました。
IMG_4695.jpgIMG_4697.jpg
IMG_4679.jpgIMG_4685.jpg

KWを展開する「橋本コーポレーション」ブースでは、スロベキアのエキゾーストメーカー”AKRAPOVIC(アクラポヴィッチ)”も展示。
もともと2輪用エキゾーストメーカーですが、最近では4輪用も豊富にラインナップし、性能もさることながら、美しい仕上がりも非常に魅力的なプロダクトを用意している。
IMG_4370.jpgIMG_4368.jpg
IMG_4373.jpg


AXEL」ブースでは、この時期需要が高まるタイヤチェーンをタイプ別に用意。
スタッドレスタイヤだけでは心もとない大雪時には、やはりチェーンが頼りになります。
IMG_4374.jpg
IMG_4375.jpgIMG_4378.jpg


T.M. WORKS」ブースでは、点火系チューニングやコンピューターチューニングを展開。
IMG_4427.jpg
IMG_4438.jpgIMG_4433.jpgIMG_4444.jpg
珍しいパーツとして”鹿ソニック”なるアクティブセーフティーパーツが!
地域によっては夜間に野生生物と遭遇した経験があるある方も多いのではないでしょうか。大型の鹿などと接触すれば大事故につながる可能性もあり、こういう装備があればその危険性も低減できそうです。
IMG_4435.jpg
お隣の「Spice! Car Rent」ブースでは、他とは一味違うクルマ好きが喜ぶ個性的なレンタカーを揃えていました。
IMG_4428.jpg
IMG_4430.jpg


オートサロンでは、車両やパーツを展示するだけではなく、技術を実演・披露する出展者もあります。
レクサス LXやランドクルーザーなどのカスタマイズを得意とする「DOUBLE EIGHT」ブースでは、ラッピングを実演して来場者の関心を誘っていました。
IMG_4379.jpg
レッドのランクルのボンネットに、シルバーのカッティングシートをラッピングする作業を実演していたのは、カーラッピングの「P.G.D」です。
IMG_4395.jpgIMG_4400.jpgIMG_4407.jpgIMG_4410.jpg
IMG_4413.jpgIMG_4414.jpgIMG_4415.jpgIMG_4418.jpg
僅か20分程度で綺麗に施工され、オリジナリティー溢れる見た目となった。
これだけ短時間で施工するには高い技術力が必要とされると思われますが、ユーザーとしては気軽にイメージチェンジできるのが嬉しいですね。
IMG_4417.jpg


NORAUTO JAPAN」でも取り扱いのあるブランド「SPARCO」は数々のレーシング ギアを出展。
IMG_4384.jpg
IMG_4385.jpgIMG_4386.jpgIMG_4387.jpg
IMG_4393.jpgIMG_4394.jpg
お馴染みのレーシングシューズだけではなく、ストリート用のドライビングシューズもあります。
ちょっとおしゃれな足元で、普段のドライブも一層楽しくなりそう。
IMG_4388.jpgIMG_4389.jpg
スパルコシートには車検対応のバケットシートも用意されています。
公道使用OKなので、愛車でサーキットまで出向き、そのままサーキット走行を楽しむことも可能。
IMG_4392.jpg
IMG_4390.jpgIMG_4391.jpg


各タイヤメーカーでは大きなブースを構え、自社製品を装着したレーシングカーと共に最新のタイヤを展示していました。
「ブリジストン」ブースでは、レーシングシミュレーターを用いてモータースポーツドライビングを体験できるアトラクションも用意!
IMG_4182.jpg
IMG_4194.jpg
IMG_4185.jpgIMG_4197.jpgIMG_4198.jpg

「トーヨータイヤ」ブースでは、ラリードライバーのケン・ブロック選手が産み出したモンスターピックアップトラック FORD F-150 Hoonitruck(1977年型)や、ランボルギーニ ウルス、トヨタ ハイラックスなど、ド派手なデモカーがお出迎え。
IMG_4267.jpg
IMG_4269.jpg
IMG_4279.jpgIMG_4283.jpgIMG_4268.jpg

「ヨコハマタイヤ」ブースでは、アドバンカラーのレーシングマシンを展示。
IMG_4238.jpg
IMG_4249.jpgIMG_4251.jpg
フラッグシップスポーツラジアルタイヤ”NEOVA”の次期コンセプトモデルを展示。
アグレッシブなパターンが目を引きます。
IMG_4255.jpgIMG_4259.jpg
クラシックカー用タイヤ”GT SPECIAL”を復刻発売!
IMG_4260.jpgIMG_4261.jpg

「ダンロップ」ブース期待していたディレツァアZ3スタースペックの発表は無かった。
IMG_4167.jpg
IMG_4171.jpgIMG_4172.jpg

「ファルケン」ブース。
IMG_4329.jpg
IMG_4338.jpg

「グッドイヤー」ブース。
IMG_4726.jpg


スポーツドライビングに欠かせないバケットシート。
「RECARO」ブースでは開発中のフルバケットシートの新製品”RSC”を展示。スリムなシェルに薄型のパッドを装着したシンプルな構造ですが、サポートも程よく疲れにくそう。そしてホワイトシェルにブルーやグリーンのパッドを組合せ、ポップでオシャレな見た目も魅了的。クルマ好き女子にも似合そう。
IMG_4561.jpgIMG_4566.jpg
IMG_4562.jpg
IMG_4563.jpgIMG_4565.jpg

「BRID」ブースでは、フルバケットシートの新製品”VIOSⅢ”の表皮に日本製デニムを用いた限定品”VIOSⅢ ベティスミス”を展示。
オリジナリティあふれる独特の風合いが、愛車の個性を引き立ててくれそうです。
IMG_4702.jpgIMG_4704.jpg
IMG_4705.jpg

オイルといえば「MOTUL」。
IMG_4591.jpg
IMG_4592.jpgIMG_4593.jpg

オートバックスのPB「GORDON MILLER」
IMG_4595.jpgIMG_4596.jpg

「DIXCEL」のブレーキパーツにはお世話になっています。
IMG_4614.jpg
IMG_4616.jpgIMG_4617.jpgIMG_4618.jpg

お宝探しが楽しい「UP GARAGE」
IMG_4788.jpg
IMG_4789.jpgIMG_4790.jpg

「Cell STAR」ブースでは各種”ドライブレコーダー”を展示。
今や”もしも”に備えた必須装備と言っても過言ではない、重要なアイテムとなりました。
IMG_4848.jpg
IMG_4847.jpgIMG_4846.jpg


他にもカスタマイズ業界のトレンドや今後の動向を感じられる商品やサービスが数多く出展されていました。


こちらもどうぞ。
東京オートサロン2019 レポート1 ~自動車メーカーブース~
東京オートサロン2019 レポート2 ~カスタムカー~
東京オートサロン2019 レポート4 ~その他 会場の様子~
東京オートサロン2019 レポート5 ~コンパニオン~

2019年1月20日 01:22  | 東京オートサロン2019  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2019
1月
15

東京オートサロン2019 レポート2

世界中
うんうんする
14


~カスタムカー~

東京オートサロンの魅力はなんといっても、個性豊かなカスタムカーたち。
各ショップが自由な発想でデザインし作製されたカスタムカーに来場者の視線も釘づけとなっていました。
スーパースポーツや超高級車はもちろん、ワンボックスや軽カーも大人気でした。

今回特に目立っていたのは、ザ・ジャパニーズ スモール 4WD 新型「スズキ ジムニー」を筆頭に、軽自動車をベースとしたカスタムカーの数々。
ベースとなるクルマの特長を生かしたアイディアが満載で、来場者を楽しませていました。
IMG_4853.jpg
IMG_4761-2.jpgIMG_4622.jpgIMG_4762.jpg
T車の元祖4WD風カスタマイズの他、某英国4WD風、某独逸4WD風にカスタマイズされたジムニー。
質実剛健なスクウェアなボディが特徴のこれらの名車をオマージュするのは、もはや既定路線でしょうか。
カスタマイズ クオリティーも相当高い!これはアリですね!
IMG_4480.jpg
IMG_4793.jpgIMG_4795.jpg
IMG_4760.jpg
IMG_4623.jpgIMG_4635.jpgIMG_4624.jpg
軽キャンパーにカスタマイズされたスズキ エブリィ バン。
軽とは思えない広々室内、充実装備でオートキャンプも気軽に楽しめます。
IMG_4630.jpg
IMG_4631.jpgIMG_4634.jpg


注目を集めるといえば、やはりスーパースポーツ&超高級車のカスタマイズカー。
1台数千万円もする車両を惜しげもなくカスタマイズし、時に常人には理解不能なド派手なものもありますが、こうした非日常を味わえるのもオートサロンならでは!
IMG_4498.jpg
IMG_4477.jpgIMG_4483.jpgIMG_4568.jpg
IMG_4485.jpgIMG_4487.jpgIMG_4576.jpg
IMG_4502.jpg
IMG_4850.jpgIMG_4851.jpg
IMG_4510.jpg
IMG_4721.jpg
IMG_4534.jpg
IMG_4541.jpgIMG_4578.jpg
IMG_4496.jpgIMG_4506.jpgIMG_4626.jpg
IMG_4625.jpg
IMG_4836.jpgIMG_4837.jpg


一方、オートサロンといえば”走りのチューニングカー”が象徴的存在だったと思いますが、以前と比べ少なくなったように感じます。
カスタムカーの楽しみ方も多様化しているので自然の流れかもしれませんが、シンプルで走りが楽しく、若者でも買いやすく、ハイパワーチューニングにも耐えられるようなベース車両が激減したのも原因かもしれません。新世代のスポーツモデルがもっと盛り上がるのを期待したいです。
IMG_4508.jpg
IMG_4478.jpgIMG_4640.jpgIMG_4641.jpg
IMG_4763.jpg
IMG_4687.jpg
IMG_4717.jpgIMG_4754.jpgIMG_4821.jpg
IMG_4503.jpg
IMG_4620.jpgIMG_4796.jpgIMG_4621.jpg
IMG_4484.jpgIMG_4629.jpgIMG_4688.jpg
IMG_4628.jpg

ハイエース系もまだまだ人気のカテゴリーですね。
IMG_4584.jpg
IMG_4585.jpgIMG_4586.jpg
シエンタのカスタマイズカーは珍しい。素材としてとても良いように感じますので、もっと盛り上がってほしい。
IMG_4479.jpgIMG_4482.jpg
メーカー系のチューナーカスタマイズは流石にクオリティが高い。
IMG_4767.jpg
IMG_4768.jpgIMG_4769.jpgIMG_4770.jpg
IMG_4524.jpgIMG_4527.jpg

自動車学校系の出展も増え、毎回自由な発想で楽しいカスタマイズを披露してます。
紹介してくれる学生たちも、初々しくも”自動車好き!”というマインドに溢れてました。
IMG_4643.jpg
IMG_4644.jpg
懐かしい三菱FTOベースにエンジン換装4WD化した車両や、マツダRX-8ベースをベースにRX-VISION風にカスタマイズした車両、ホンダビートを幻のラリーカー トヨタ222D風にカスタマイズした車両など、思わずニンマリしてしまいます。
IMG_4645.jpgIMG_4647.jpgIMG_4649.jpg
トヨタ86をランボルギーニ ウルス風ピックアップなんて無茶なカスタマイズも!
IMG_4650.jpgIMG_4651.jpg
若い感性で作り上げた車両が多く展示されていました。
IMG_4797.jpg
IMG_4798.jpgIMG_4809.jpgIMG_4807.jpg
IMG_4810.jpgIMG_4811.jpgIMG_4812.jpg

他にもレストア系やイタ車系など様々なジャンルがありました。
IMG_4715.jpgIMG_4765.jpg
IMG_4822.jpgIMG_4824.jpg


こちらもどうぞ。
東京オートサロン2019 レポート1 ~自動車メーカーブース~
東京オートサロン2019 レポート3 ~アフターパーツ~
東京オートサロン2019 レポート4 ~その他 会場の様子~
東京オートサロン2019 レポート5 ~コンパニオン~



2019年1月15日 10:05  | 東京オートサロン2019  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2019
1月
14

東京オートサロン2019 レポート1

世界中
うんうんする
2


今年も新春恒例となっているカスタムカーイベント『東京オートサロン2019』が1月11日(金)から13日(日)の3日間、千葉県の幕張メッセで開催されました。
tas2019_4c_B.jpg
今回で37回目を迎える東京オートサロン。
近年はアフターパーツメーカーやチューニングショップだけではなく、自動車メーカーも多く出展するようになり、今回の出展車両台数は実に900台以上。また車両の展示だけではなく、有名アーティストのステージショーや同乗体験イベント、グルメイベントなどコンテンツも充実し、コアなファンだけでなく一般的なカーライフを送るファンやファミリーなどにも楽しめるイベントとして発展。
今回も過去最多となる330,666人(前回比103.6%)の来場者数を記録し、世界的なカスタムカーイベントとして着実に成長している。
そんな東京オートサロン2019を写真を中心に紹介していきます。
IMG_4759.jpgIMG_4455.jpg


~自動車メーカーブース~

お馴染みとなった自動車メーカーブースでは、メーカー自らが自社の車両をカスタマイズして、”造る”だけではなく”自動車を使った新たなライフスタイル”などを提案している。自動車メーカーならではのハイクオリティーかつ遊び心が溢れるカスタムカーや新型車が多く展示されました。各メーカーのブースを紹介します。


TOYOTA GAZOO Racing ブース

ドライビングする楽しさを全面に押し出したTOYOTA GAZOO Ravingブースでは、新型スープラと共に、この新型スープラをベースとしたレーシングカー「GR Supra SUPER GT CONCEPT」を発表した。このニューマシンはスーパーGT 2020年シーズンより投入予定。さらにマークXでは第2弾となる「マークX GRMN」も発表。現代では希少なマニュアルトランスミッションを搭載したFRセダンとなる。その他今年の箱根駅伝でも話題となった「CENTURY GRMN」や「COPEN GR SPORT CONCEPT」なども展示された。
IMG_3960.jpg
IMG_3899.jpgIMG_4003.jpgIMG_4000.jpg
IMG_3962.jpgIMG_3992.jpgIMG_3994.jpg
IMG_3974.jpgIMG_3978.jpg
IMG_4004.jpgIMG_4007.jpg
歴代スープラのGTマシンも展示され、往年のファンにも注目されていた。
IMG_3981.jpg
プレスカンファレンスで登壇した友山副社長は、自らカスタマイズした愛車スープラを紹介すると共に、100年に一度と言われる変革期を迎えた自動車業界において、無機質化しつつある自動車と人々との結びつきに警鐘を鳴らし、自動車”愛”を忘れずに未来を築いていくことが使命だと語った。
IMG_3943.jpgIMG_3959.jpg


日産自動車 ブース

会社的に色々話題となっている日産ですが、ステージ上に展示された「FOMULA E」「リーフ NISMO CONCEPT」をはじめ、ニスモ、オーテックモデルを中心にスポーティなラインナップが展示され賑わっておりました。
IMG_4199.jpg
IMG_4211.jpg
IMG_4214.jpgIMG_4215.jpg
IMG_4234.jpg
IMG_4201.jpgIMG_4203.jpg
昨年テニス全英オープンで優勝した大坂なおみ選手が、日産ブランドアンバサダーに就任した記念モデルも展示。
IMG_4218.jpgIMG_4223.jpg
JUKE Personalization Adventure Concept」はJUKEにクローラーを組み合わせた変わり種。久しぶりに”やっちゃえニッサン!”を見せてもらいました。
IMG_4228.jpgIMG_4230.jpg


ホンダ ブース

スーパーGTやF1といったモータースポーツ車両をステージに据え、無限&モデューロのカスタマイズカーが脇を固め硬派なイメージのホンダブースですが、一方で好調な軽自動車を使ったアクティブで親しみやすい提案もありました。
IMG_4654.jpg
IMG_4666.jpgIMG_4658.jpg
IMG_4661.jpgIMG_4660.jpg
IMG_4663.jpgIMG_4664.jpg
IMG_4668.jpgIMG_4670.jpgIMG_4671.jpg
ホンダといえばやはり2輪!こちらも元気です。
IMG_4655.jpg
IMG_4669.jpgIMG_4140.jpgIMG_4159.jpg
無限ゾーン
IMG_4162.jpgIMG_4163.jpg
IMG_4156.jpgIMG_4160.jpg
小学生の社会科見学が行われていました。
日本の基幹産業である自動車産業に興味を持つきっかけになればいいですね。
IMG_4142.jpgIMG_4143.jpg


スバル ブース

スーパーGT&ニュル24h車両がステージを飾るスバルブース。そしてスバルのハイパフォーマンスカーといえば”STI”。
レヴォーグ、WRX、インプレッサ、フォレスターのSTIバージョンが展示され、スバルもスポーツ色の濃い展示でした。
IMG_4026.jpg
IMG_4021.jpg
IMG_4034.jpg
IMG_4028.jpg
IMG_4011.jpgIMG_4029.jpg
IMG_4014.jpgIMG_4020.jpg
IMG_4012.jpgIMG_4023.jpg


マツダ ブース

昨年末のロサンゼルスショーで公開された新型「MAZDA 3」(アテンザ)を国内初公開。そのカスタムカーとなる「MAZDA 3 CUSTOM STYLE」が早くも公開され、いち早く体感したいという来場者で人気となっていた。
また「CX-5 CUSTOM STYLE2019」、「CX-8 CUSTOM STYLE 2019」、「グローバル MX-5 CUP仕様車」、さらに気軽にモータースポーツを楽しめるようハードトップなど走りのパーツを装着した「ROADSTER DROP-HEAD COUPE CONCEPT」を展示した。
IMG_4293.jpg
IMG_4294.jpg
IMG_4738.jpgIMG_4740.jpg
IMG_4321.jpg
IMG_4742.jpg
IMG_4307.jpgIMG_4308.jpgIMG_4311.jpg
IMG_4312.jpgIMG_4314.jpgIMG_4315.jpg
IMG_4747.jpg
IMG_4290.jpg
IMG_4287.jpgIMG_4745.jpgIMG_4289.jpg


三菱 ブース
先日マイナーチェンジを施し、押出の強いフロントフェイスで話題となった、新型「デリカ D:5」、「エクリプス クロス」、「アウトランダー PHEV」とSUV一色となる展示内容。
IMG_4775.jpg
IMG_4781.jpg
IMG_4773.jpgIMG_4774.jpgIMG_4779.jpg


スズキ ブース

昨年20年ぶりにフルモデルチェンジした「ジムニー」が主役となったスズキブース。
アウターロールゲージやプロテクターなどを装着し、より過酷な環境を突き進むためにカスタマイズされたコンセプトモデル「ジムニー サバイブ」、ジムニー シエラをベースに多目的用途向けにカスタマイズされた「ジムニーシエラ ピックアップスタイル」を展示。
IMG_4045.jpg
IMG_4049.jpgIMG_4050.jpg
伝統のラダーフレームを用いたジムニーシャシーモデル。
IMG_4052.jpg
IMG_4051.jpgIMG_4054.jpgIMG_4056.jpg
イメージカラーのチャンピオンイエローを進化させた高輝度パールイエローを纏い、大人の本格スポーツハッチとして提案された「スイフト イエローレブ」も人気でした。
IMG_4036.jpgIMG_4040.jpg


ダイハツブース

毎回ポップで明るいイメージのダイハツブースでは、親しみのあるコンパクトカーを様々なカスタマイズで、より個性的に仕上げたコンセプトカーを提案。
スポーティに仕立てた「COPEN COUPE」や「TOCOT SPORZA」、趣味・生活を楽しくさせるような「HIJET TRUCK カリフォルニア工務店」や「初音ミク Limited Package 海仕様」、少し贅沢に仕上げた「BOON elegant」や「THOR premium」など魅力的な仕上がりとなっていた。
IMG_4064.jpg
IMG_4075.jpgIMG_4078.jpg
IMG_4108.jpg
IMG_4100.jpgIMG_4105.jpg
IMG_4088-2.jpgIMG_4089.jpgIMG_4090.jpg
IMG_4093.jpgIMG_4097-2.jpgIMG_4091-2.jpg
ブースの一角に展示されたこのレーシングカーは、60年代に日本グランプリなどで活躍したP-5。
昨年社内の有志によりレストアされ蘇ったとのこと。
IMG_4113.jpg
IMG_4109.jpgIMG_4111.jpg


メルセデス・ベンツ ブース

”ハイ!メルセデス!”と自動車に話しかけるCMで話題となっている新型「Aクラス」や、「GT 4DOOR COUPE」を筆頭にAMGのスポーティモデルを多数展示。
IMG_4125.jpgIMG_4123.jpgIMG_4122.jpg
IMG_4134.jpg
IMG_4138.jpg
IMG_4135.jpgIMG_4137.jpg
IMG_4126.jpgIMG_4129.jpg
スマートにはミッキーマウスのスクリーンデビュー90周年を記念した、こんなカワイイ仕様も!
IMG_4130.jpgIMG_4132.jpgIMG_4133.jpg


ルノー ブース

展示されていた2台の「メガーヌ R.S」のうち、ホワイトボディのメガーヌは待望のMT仕様となっていた。
またアクラポヴィッチ製マフラーを装着した限定車「ルーテシア R.S アクラポヴィッチ 」も展示された。
IMG_4730.jpgIMG_4733.jpgIMG_4731.jpg
IMG_4728.jpgIMG_4729.jpg


こちらもどうぞ。
東京オートサロン2019 レポート2 ~カスタムカー~
東京オートサロン2019 レポート3 ~アフターパーツ~
東京オートサロン2019 レポート4 ~その他 会場の様子~
東京オートサロン2019 レポート5 ~コンパニオン~

2019年1月14日 02:08  | 東京オートサロン2019  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
+ プロフィール +
イベントレポート
イベントレポート
イベントレポート用のコーナーです。
+ 関連グループ +
2019年2月
1
友引
2
先負
3
仏滅
4
大安
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
仏滅
27
大安
28
赤口
+ カウンター +
Counter
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
+ CARCLE SPONSOR LINK +
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する