ログイン
カーくる編集部が様々なイベントに顔を出してイベントの模様をお届けするコーナーです。
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
2018
5月
18

カングージャンボリー2018 開催!

世界中
うんうんする
9


今年も年に1度の祭り『ルノー カングージャンボリー 2018』が、5月13日(日)山梨県山中湖村にある「山中湖交流センター きらら」にて開催されました。
IMG_3779.jpg

今回はカングージャンボリー10回目の開催、そしてカングー誕生20周年という記念イベントとなり、各地よりカングー1,373台を含む1,921台のルノー車、また来場者は昨年を上回る4,317名!が参加。午後からは天気予報通り雨が降り出してしまいましたが、それでも例年通りの賑わいを見せた一日となりました。
IMG_3443.jpgIMG_3662.jpg
IMG_3502.jpg
IMG_3575-2.jpgIMG_3504.jpg

数日前からにらめっこしていた天気予報でしたが、結局”傘マーク”は消えず少々不安を感じながら迎えたイベント当日。
会場へ向かう途中の峠道から山中湖を望むと、厚い雲に覆われながらも富士山が顔を出しておりカングージャンボリーへの期待が膨らみます。
IMG_3424-2.jpg

会場のステージ前では、富士山が見守る中、最終準備を進めるスタッフの皆さんが参加者の到着を待っています。
IMG_3439.jpg

入場ゲートは5時よりオープン!早朝から笑顔で迎えてくれるスタッフの皆さんに感謝です。
IMG_3476.jpgIMG_3431.jpgIMG_3572-2.jpg

さて、いよいよイベント開始となる9時30分となり、ステージではオープニングセレモニーが始まります。
司会は自動車ライターの武田公実さん、自動車評論家の竹岡圭さんがつとめ、軽妙なトークで進行していきます。
IMG_3664.jpg

セレモニー冒頭、ルノー・ジャポンの大極社長が登壇し、ジャンボリー10回目そしてカングー誕生20周年という節目の開催に触れ「お台場の駐車場で開催した第1回目は”ルノー”をみんなで楽しめるブランドにしたいという気軽な思いで開催しました。最初はなんのコンテンツもありませんでしたが、参加者の笑顔を見て”やっぱりコレだよね!”という想いを抱き毎年開催してきました。そして、ここまで大きくなれたのは参加される皆さんが毎年コツコツと育ててくれたおかげです」と参加者への感謝を述べました。
IMG_3677.jpg

続いて山中湖村 高村村長より挨拶があり、今年もカングージャンボリーが山中湖で開催された喜びと感謝を伝えると共に「近年、山中湖村ではフランスのエビアンと、お互い美味しい水が有名ということで友好を深めたり、山中湖にある”三島由紀夫文学館”よりフランスの大学に作品提供したりとフランスとの交流を深めております。そのような関係からルノー車を通して皆さんとも交流を深めていきたいと思います」とフランスとの緊密な結びつきもアピールしました。
IMG_3693.jpg

さらに、お馴染みルノー・ジャポンのフレデリック・ブレン氏(写真 左)と共に、フランスのルノー本社から来日した、カングー担当プログラムダイレクターのフィリップ・カイエット氏(写真 右)が登場。カイエット氏は「10回目の開催そしてカングー誕生20周年のカングージャンポリーに参できてとても光栄です。カングーはフランスではもちろん、日本においても重要な車だということをここに来て感じています。先程会場を見てこんなにカラフルなカングーが沢山あるのを見て驚きました(笑)。そして各車のカスタマイズを拝見し浮かんだ様々なアイディアと共に、皆さんの熱い想いを本国に持って帰りたい」と語りました。
IMG_3700.jpg

こちらもお馴染みとなっているテレビ神奈川の自動車番組「クルマでいこう!」から、自動車評論家の岡崎五朗氏と藤島知子さんが登場。この日会場で公開されたカングーの限定車「ルノー カングー クルール」をブレン氏と共に紹介。フレンチアルプスの空と山々をイメージしたカラーが特徴のカングー クルールは各色100台限定で抽選販売となる。ちなみにクルマでいこう!のカングージャンボリー放送は7月1日(日)を予定しているとのこと。
またコラボレート企業となるフランス「ラ ロッシュ ポゼ」のUVスキンケア商品も合わせて紹介されました。
IMG_3724-2.jpg
IMG_3734.jpgIMG_3742-2.jpgIMG_3733.jpg
IMG_3757.jpg

オープニングセレモニーが終わると、恒例の集合写真の撮影です。
参加者がとても多いのでカメラマンや整列を促すスタッフも一苦労。(;´∀`)
でも無事に皆さん納まることができました。いい笑顔ですね!
IMG_3779.jpg
IMG_3790.jpg
IMG_3796.jpg


ステージ前のグリーン広場では、家族や仲間同士で思い思いのスタイルで”フレンチバカンス”を楽しんでいます。
IMG_3861.jpg
IMG_3862.jpgIMG_3869.jpg
IMG_3658.jpgIMG_3659.jpgIMG_3654.jpg
IMG_3822.jpgIMG_4001.jpg

シュールなキャラクターに小さいお子さまはおよび腰?(;´∀`)
IMG_3957.jpgIMG_3997.jpg

「ラ ロッシュ ポゼ」ブースは、スキンケアが気になりだすお年頃(?)の女子学生達にも人気でした。
IMG_3828.jpgIMG_3825.jpg

”カングー日本の道をゆく”の集大成となる大パネルも展示。
SNS時代を反映し今年からinstagram ” ♯withkangoo ”で展開されるようになり、より気軽に投稿できるようになった。
日本のカングーライフを世界に発信しましょう!
IMG_3449-2.jpg

ステージ横の楽屋棟2Fには小さなお子様に人気の塗り絵コーナーが用意され、思い思いに彩られたカングーがここでも華を咲かせていました。
IMG_3965.jpg
IMG_3960.jpgIMG_3964.jpg

ピエール エルメ パリ」は大きな特製バースデーケーキでカングージャンボリー10回目を祝福!
会場でも、難病と闘う子供たちのためのチャリティーの一環として、美味しいマカロンが振る舞われました。
IMG_3903.jpg
IMG_3906.jpgIMG_3913.jpgIMG_4019.jpg


ショップエリア
は今年も賑わっておりました。
カングージャンボリー公式ショップでは、ここでしか出会えないアイテムも数多く、開店前から長蛇の列ができるほどの人気ぶり。
IMG_3533.jpgIMG_3521.jpg
IMG_3527.jpgIMG_3525.jpgIMG_3522.jpg

他のショップでもカングージャンボリーとコラボした限定アイテムが人気でした。
IMG_3464.jpgIMG_3466.jpgIMG_3467.jpg
IMG_3455.jpgIMG_3535.jpgIMG_3646.jpg

カーくるでもお馴染みとなっているホイールメーカー「O.Z(オーゼット)」も出展。
イタリアンメーカーだけど大丈夫かな?なんて思いますが、いえいえカングーにはO.Zホイールを履いた限定車もありましたし、ルノーF1でも履いています!
IMG_3648-2.jpg
IMG_3651.jpgIMG_4000.jpg

この日は母の日!山中湖の観光スポットの一つ「花の都公園」ショップではカーネーションも置かれていました。
カングーライフを一緒に楽しみ支えてくれる奥様やお母様に贈りたいですね!
IMG_3534.jpg


ステージ上
では今年もたくさんのイベントが開催されました!
まず昨年も登場した”山中湖村明神太鼓”。勇壮な太鼓の響きで会場を盛り上げます。
IMG_3805.jpgIMG_3816.jpg

次に登場したのは”山中湖中学校 吹奏楽部”。若々しくも力強い演奏に会場からも大きな拍手が聞こえました。
IMG_3854.jpg
IMG_3847.jpgIMG_3848.jpgIMG_3856.jpg

続いてはカングージャンボリー10回開催を記念した”歴代カングーの紹介コーナー”。
一般募集から選ばれた歴代カングー8台がオーナーと共に登場。それぞれのカングーとの出会いやライフストーリーが語られました。
カングーを選んだ理由や使い方は様々ですが、皆さんカングーライフを思いっきり楽しんでいるようでした。
IMG_3941.jpg
IMG_3924.jpgIMG_3925.jpgIMG_3928.jpgIMG_3932.jpg
IMG_3942.jpg
IMG_3944.jpgIMG_3946.jpgIMG_3952.jpgIMG_3954.jpg

午後は、歌手の”安田レイ”さんのミニライブから!
折から降り出した雨の中、しっとり綺麗な歌声が会場を包みました。
IMG_4015.jpg

そして最後は、各大会での優勝経験も豊富な”埼玉県立飯能高校 チアダンス部”によるチアリーディングパフォーマンス!
雨雲を吹き飛ばすような元気いっぱいのチアリーディングで、ステージパフォーマンスの最後を飾りました。
IMG_4031.jpg
IMG_4058.jpgIMG_4043.jpgIMG_4023.jpg


広大なカングー専用の駐車スペースに目を移すと、この日のために工夫を凝らしたカラフルな参加車両と共に、仲間や家族とゆったり過ごす参加者の姿が多くみられました。
駐車場.jpg
IMG_3992.jpgIMG_3975.jpgIMG_3578.jpg
IMG_3582.jpg
IMG_3580.jpgIMG_3644-2.jpgIMG_3589.jpg
IMG_3579.jpg
IMG_3969.jpgIMG_3973.jpg
IMG_3513.jpgIMG_3620.jpgIMG_3642.jpg
IMG_3641.jpg
IMG_3555.jpgIMG_3458.jpgIMG_3983.jpg

可愛いテルテル坊主が午前中の雨を凌いでくれましたね。
IMG_3971.jpg

それでも午後から降り出してきた雨。早々にかたずけて帰宅の途に就く参加者も。
無理せず楽しむのもフレンチ流!
IMG_3970.jpgIMG_3968-2.jpg


カングーやルノー、フランスにまつわるセンス良い手作品などが並ぶフリーマーケットエリア
一家で店番を楽しむ微笑ましい様子も見られました。
IMG_3506.jpg
IMG_3481.jpgIMG_3630.jpgIMG_3628.jpg
IMG_3585.jpgIMG_3636.jpg
IMG_3507.jpg
IMG_3544.jpgIMG_3977.jpg
IMG_3540.jpg
IMG_3505.jpgIMG_3512.jpgIMG_3500.jpg

他とは一線を画すマニアックな出物(と店主)が並ぶお店では、取材中のプレス関係者といえども財布のひもが緩んでしまうことがあります。(;´∀`)
IMG_3592.jpgIMG_3595.jpg

こちらも、カーくるでお馴染み神奈川県にあるルノーディーラーの”ルノー平塚アレーゼ湘南”。
この日のために用意したジャンボリー仕様のカングーで参加していました。
IMG_3486.jpg
IMG_3497.jpgIMG_3487.jpgIMG_3491.jpg

夢のある素敵なカラーのカングーに、笑顔が素敵なご夫婦のお店。
IMG_3994.jpgIMG_3995.jpg


最後は、パリジェンヌのような気まぐれな春のお天気に、遠くフランスの春雨を感じながら「来年は太陽が微笑んでくれるといいな…」と願い、雨脚が強くなる中、足早に会場を後にするカングーたちを見送りました。
IMG_3976.jpg

10回目という節目の開催を迎えたカングージャンボリー2018。
初開催当初から参加台数・参加者数やショップ、コンテンツも年々増え続け、ここまで大きなイベントとなりましたが、皆さんの優しい笑顔を見ていると ” 家族やカングーを通じて知り合った仲間と共に、各々のスタイルでフレンチピクニックを楽しむ ” という本質は今も、そしてこれからもずっと変わらないだろうと感じる一日でした。
IMG_3990.jpg


ルノー・ジャポン公式サイト:http://www.renault.jp/


最後にフィリップ・カイエット氏がプレスインタビューで語ってくれたことをまとめておきます。

~カングージャンボリーについて~
月に1度程度は来日しているが、毎回、日本の”おもてなし”文化を楽しみにしています。
カングージャンボリーは初めての参加ですが、まず皆さんのカングーに対する情熱に驚いています。
この情熱にはフレンチタッチ&マーケットにはないユニークさを感じています。
また日本のカングーのカラーバリエーションの多さや、個々の”Myカングー”的カスタマイズにもにも驚いています。
アクセサリーなどのアイディアの他にも、フランス企業とのコラボレーションという企画にも魅力を感じました。
フランス国内にいると自国だけに”フレンチタッチ”を感じることが少ないですが、国外に出ると強く感じます。
日本独自のカングージャンボリーをそのままフランスなどで実現するのは難しいかもしれませんが、社会貢献的な側面でのイベントとして各国に提案で来たら感じます。

~ヨーロッパと日本のカングー~
ヨーロッパでは商用車と乗用車の割合が7:3ということで、ボディーカラーは白、シルバー、グレー、黒がほとんど。そしてA地点からB地点まで物や人を運ぶような実用的な使われ方が多いです。ただ、ユーザーはルノー車というよりカングーを選ぶカスタマーが多く、カングーがブランド化しているのは日本と一緒です。
ヨーロッパにおいて、カングーは競合他車に比べ、パワーユニット、トランスミッション、乗車人数(5人乗りに加え7人乗りも用意)などバリエーションが豊富な事と、販売台数の多さによる広いネットワークという強みがあります。
日本の要求に応じてカングーに採用したAT(EDC)は日本国内では9割を占めます。そして、ATがほぼ0だったヨーロッパ市場に導入したところ、今では10%超まで伸びています。マーケットテストにおいても日本は重要な国となっています。次期カングーの開発でも日本のマーケットを参考にしたいと思いますし、その為にここに来ています。

~カングーについて日本の皆さんに一言~
安全・乗り心地が良いのはもちろんですが、お客様一人一人が自分仕様(Myカングー)を楽しめるのはカングーしかないと思いますので、より多くの方に乗ってもらいたいです。

IMG_4079.jpg
2018年5月18日 09:20  | カングージャンボリー  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
4月
6

岐阜にもフランスが来た!プジョー・シトロエン・DS岐阜、グランドオープン!

世界中
うんうんする
25


「岐阜のフランス、誕生。」

そのキャッチーな言葉に惹かれ、グランドオープンの初日4月6日に
カーくるメンバー総出で取材に伺いました。

2017年4月にDS STOREが名古屋市にオープンし、
近隣でのDSのお店としては2店舗目となります。

また「PEUGEOT」「CITROEN」「DS AUTOMOBILES」の3店舗が一堂に会し、
同じ空間で3ブランドの車を見ることができるのはここ岐阜が日本でも初めてとのこと。

日本最大級のスケールでのオープンです。

_DSC6256.jpgIMG_5815.jpg

お店は岐阜市の県道77号線、環状線とも呼ばれる通りに面しており、
まわりには多くのお店や多くのカーディーラーが集まる賑やかな場所でもあります。


まず足を踏み入れた瞬間、とても開けた広々とした空間である印象を受けました。

3ブランドを一度に見られるからにはそれなりの場所が必要ですが、
お客様用駐車場は大きな車でもお店の目の前に難なく停められる広さがあり、
なお且つ、天候がすぐれない日でも問題ないよう高い屋根がついていて
非常に贅沢な場所の使い方がされていました。

正面から入って右側がプジョー、左側がシトロエン、その奥にDSという並びになっています。

それぞれブランド毎に仕切られており、
ショールームはそれぞれの個性が前面に押し出されたデザインと雰囲気で
非常に面白い空間になっていました。

_DSC6254.jpg

フランス車の名門、プジョーのショールームは
濃紺と白を基調にし、車と同様、スタイリッシュな雰囲気。
208から5008など人気のSUVから特別仕様車など幅広く展示されています。

IMG_5761.jpgIMG_5758.jpgIMG_5764.jpgIMG_5760.jpg

また、プジョーショールームの中にはシックなラウンジを発見しました。
こちらはお客様により快適に過ごしていただくための新しい試みとのこと。

飲み物やお菓子が用意されており、雑誌やテレビなどが見られるスペースになっています。

IMG_5753.jpgIMG_5756.jpgIMG_5757.jpg_DSC6318.jpg

すぐ外には自分の好きな車があり、ゆっくり過ごせる。
どの車にしようか悩んだらここで一度考えてみる。
幸せな時間が過ごせそうです。

プジョーの真向かいにあるシトロエンは一転、
明るくポップな色使い。
女性も入りやすく親しみやすい雰囲気です。
個性的なデザインが光り、早速女性のお客様が興味深そうに眺めていらっしゃいました。

IMG_5771.jpgIMG_5773.jpgIMG_5774.jpg
IMG_5821.jpg

シトロエンの奥にはラグジュアリーなDSショールーム。
少し照明を落とした空間にはDS3、DS4、DS7の優雅で華やかなモデルが展示されています。

IMG_5802.jpgIMG_5805.jpgIMG_5807.jpg


この日は日本初の3ブランド同時オープン初日といううことで、
プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社のクリストフ代表取締役社長や
ホワイトハウスの木村代表取締役も駆けつけておられました。

急遽、プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社のクリストフ代表取締役社長の
インタビューの機会をいただき、お話を伺えることに。
この模様はまた後日アップさせていただきますので、皆様お楽しみに!

_DSC6306.jpg

グランドオープン初日は、ミモザカフェというフランスらしいカフェが設置され、
ドリンクと甘いものが振る舞われました。
春らしくかわいらしいスイーツをカーくる編集部も頂いていました。
ごちそうさまでした★

IMG_5769.jpgIMG_5777.jpgIMG_5749.jpg

合計で14台の新車展示が可能な店舗は、他にはどこにもみつかりません。

岐阜県エリアのみなさまにも、ぜひ独特の個性が宿るフランス車と
幅広いラインナップを見に来ていただきたいと思います!

オープンを記念して、期間中にご来場の方には、購入クーポンや購入後に使えるスペシャルクーポン、
記念品などが用意されています。

是非、この機会に「プジョー岐阜/シトロエン岐阜/DS SALON岐阜」に足を運んでみてくださいね。

オープンフェア:4月6日(金)・7日(土)・8日(日)
アンコールフェア:4月14日(土)・15日(日)

INFORMATION
---------------------------------------------------------------------
プジョー岐阜/シトロエン岐阜/DS SALON岐阜
所在地 〒500-8381 岐阜県 岐阜市 市橋3-2-6
定休日:水曜日  営業時間:10:00~19:00
---------------------------------------------------------------------


2018年4月6日 18:39  | プジョーシトロエン  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
1月
23

東京オートサロン2018 レポート5

世界中
うんうんする
9


レポート最後は、東京オートサロンといえばやっぱりコレ!
カスタムカーと共に華やかにショーを彩るコンパニオンの皆さん!
各ブースのイメージを体現したコンパニオンの皆さんを少しだけ紹介します。
IMG_5591-0.jpgIMG_5594-0.jpg
IMG_6114.jpg
IMG_6107.jpgIMG_6108.jpg
IMG_5642-0.jpgIMG_5609-0.jpg

IMG_5614-0.jpgIMG_5622.jpg
IMG_6014.jpgIMG_6016.jpg
IMG_6391-1.jpg
IMG_6393-1.jpgIMG_6397.jpg
IMG_5673-0.jpgIMG_5678‐0.jpg
IMG_5804.jpgIMG_5808.jpg
IMG_5862.jpgIMG_6041.jpg
IMG_5814.jpgIMG_5818.jpg
IMG_6205.jpg
IMG_6209.jpg
IMG_5858.jpgIMG_5872.jpg
IMG_5963.jpgIMG_6021.jpg
IMG_6152.jpgIMG_6282.jpg
IMG_6485.jpg
IMG_6475.jpgIMG_6469.jpg
IMG_5729.jpgIMG_5738.jpg

IMG_6091.jpgIMG_6089.jpg
IMG_6093.jpgIMG_6095.jpg
IMG_6274.jpgIMG_6229.jpg
IMG_6174.jpg
IMG_6179.jpgIMG_6184.jpg
IMG_6437.jpgIMG_6450.jpg
IMG_6573.jpg
IMG_6575.jpgIMG_6576.jpg
IMG_6524.jpgIMG_6525.jpg
IMG_5959.jpgIMG_6338.jpg
IMG_6376.jpgIMG_6381.jpg
IMG_6224.jpgIMG_6350.jpg

IMG_5841.jpg
IMG_6501.jpgIMG_6498.jpg
IMG_6488.jpgIMG_6526.jpg

IMG_6411.jpgIMG_6562.jpg

IMG_5707.jpgIMG_5716.jpg

IMG_6569.jpgIMG_6054.jpg
IMG_6058.jpgIMG_6064.jpg
IMG_6060.jpg


最後に、東京オートサロン2018 開催期間1月12日(金)~14日(日)の3日間合計来場者数は319,030名とのこと。前回の324,400名から僅かながら減ったようだが、会場内の盛り上がりは依然衰えてはいない様子だった。
しかし、会場の賑わいを体感すればするほど、近い将来到来するであろう自動運転が当たり前の自動車社会において、こうして個人的に自動車を楽しむという余地はあるのだろうか?と危惧してしまう。
そんな時代でも新たな価値を生み出して”自動車を楽しむ”という文化の灯は連綿と続いてほしいと願わずにはいられない東京オートサロン2018でした。


2018年1月23日 22:04  | 東京オートサロン2018  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
1月
23

東京オートサロン2018 レポート4

世界中
うんうんする
2


東京オートサロンでは、カスタマイズに欠かせないアフターパーツを製作するメーカーやサプライヤー、カーライフ支えるショップなども数多く出展しています。
そんなパーツやグッズを展示しているブースを少し紹介します。

チューニングの基本は足回りから!
”テイン”や”ビルシュタイン”のサスペンションからカスタマイズを始めた方も多いのでないでしょうか?
IMG_5701.jpg
IMG_6076.jpg


そしてオシャレは足元から!
ホイールのトップブランドの一つ”BBS”は強度と機能美を兼ね備えた憧れの逸品。
IMG_6304.jpg
IMG_6305.jpgIMG_6308.jpgIMG_6309.jpg
IMG_6313.jpg

”RAYS”はサイズやバリエーションも豊富で、国産から輸入車まで幅広くカバー!
IMG_6296.jpgIMG_6297.jpg
IMG_6300.jpgIMG_6302.jpg

他のホイールメーカーも、デザインやカラーリングを工夫し、個性的なホイールを数多く取り揃えていました。
IMG_5883.jpgIMG_5897-1.jpgIMG_6211.jpg


シートは”RECARO”!
モータースポーツから生まれた新型スポーツシート『PRO RACER RSM』を展示。
このシートは本国のドイツではなく、レカロジャパンが日本のモータースポーツを盛り上げようと一から開発したという。もちろん保安基準に適合しているので、車検も問題無し。試座してみたが剛性感、ホールド性とも最高だった。
IMG_6033.jpgIMG_6036.jpg


ステアリングは”MOMO”!
カーボン素材を用いたものや、カラーオーダーでオリジナリティーを追求したステアリングも展示。運転中、常に目に入り、触れているところだけに、拘りの逸品を選びたい。
IMG_6202.jpg
IMG_6216.jpgIMG_6215.jpg
IMG_6218.jpg

国産チューニングパーツといえば”HKS”!
高品質なエキゾーストやターボチャージャーはヘビーチューナーも御用達。
IMG_6190.jpg
IMG_6191.jpgIMG_6193.jpgIMG_6197.jpg

他にも車を構成するパーツショップやメーカーが沢山出展されており、愛車のカスタマイズに夢が膨らみます。
IMG_6085.jpg
IMG_6083.jpgIMG_6097.jpg
IMG_6277.jpgIMG_6328.jpg
IMG_6358.jpgIMG_6359.jpg


各タイヤメーカーも出展しています。
激安アジアンタイヤも最近はメキメキと品質を上げてきているようですが、国内トップブランドもまだまだ負けられません。

ブリジストン!
IMG_6100.jpgIMG_6105.jpgIMG_6103.jpg
IMG_6102.jpg

ヨコハマタイヤ!
IMG_6135.jpg
IMG_6133.jpgIMG_6134.jpg
ヨコハマタイヤの特設ステージでは、国内レースのトップカテゴリーのチーム監督によるトークショーも開催。
レースでのタイヤにまつわる苦労話などに、集まった多くのファンが耳を傾けていた。

トーヨータイヤでは、芸術的なドリフト走行でファンを魅了する”ケン・ブロック”のマスタングが展示されていた。
IMG_6149.jpg
IMG_6143.jpgIMG_6145.jpgIMG_6148.jpg
IMG_6141.jpgIMG_6142.jpg


オートバックスセブンは、昨年新たに立ち上げたプライベートブランド『GORDON MILLER(ゴードン ミラー)』ブースを展開。
ブルー、イエロー、ホワイトで統一されたオシャレなアイテムがガレージライフを彩ります。
IMG_5566.jpg
IMG_5569-1.jpgIMG_5567.jpgIMG_5570.jpg
IMG_5572.jpgIMG_5573.jpgIMG_5574.jpg


会場内の特設ステージではプレミアムカーの公開オークションが行われており、モニターで動向を見ていた来場者も落札額が決定する度に「お~っ!」と感嘆の声を上げていました。
IMG_6556.jpg
ちなみに下記の『1972 デトマソパンテーラ Gr4』は3300万円。『2002 スカイランGT-R V-specⅡ "Nur”』は未登録の新車で3200万円で落札されていました。
IMG_6557.jpgIMG_6558.jpg

会場内では他にも様々な展示ブース・ショップ・アトラクションがあり、来場者を楽しませていました。
IMG_6199.jpgIMG_6318.jpgIMG_5840.jpg
IMG_6355.jpgIMG_6555.jpgIMG_6620.jpg

2018年1月23日 09:05  | 東京オートサロン2018  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
1月
18

東京オートサロン2018 レポート3

世界中
うんうんする
8


オートサロンの主役、各ショップが手塩にかけてカスタマイズした展示車両を紹介。
スーパースポーツからKカーまで、個性的なカスタマイズカーが来場者を楽しませておりました。
IMG_6069.jpg
IMG_6502.jpg
IMG_5880.jpg
IMG_5867.jpgIMG_5869.jpg

オートサロンといえばやっぱりコレ!?
IMG_6046.jpg
IMG_6048.jpg

生産が終了して久しいローターリーロケット”RX-7”もまだまだ現役!
IMG_6289.jpg

こんなに長いのに後席は対面4座のみ!贅沢!
IMG_5750.jpg
IMG_5751.jpgIMG_5752.jpg

NDロードスターもカスタマイズベースとして人気!
IMG_5777.jpgIMG_5774.jpg

カスタマイズカーを使ったカーライフスタイルの提案も多くみられました。
IMG_6361.jpg

MAD MAX インターセプター!今見てもカッコいい!
IMG_6365.jpg
IMG_6366.jpgIMG_6369.jpg

お手軽なKカーも本格的なカスタマイズで楽しさ100倍!
ジャパニーズ・カーカルチャーとして世界に自慢したいですね。
IMG_5782.jpg
IMG_6614.jpgIMG_6615.jpg
IMG_6609.jpgIMG_6611.jpg


ハイエース系も益々人気。
IMG_5785.jpgIMG_5787.jpg

IMG_5789.jpg
IMG_6078.jpg
IMG_5890.jpgIMG_6024.jpgIMG_6071.jpg
IMG_5887.jpg
IMG_6080.jpgIMG_6293.jpg
IMG_6362.jpgIMG_6363.jpgIMG_6364.jpg


車両価格が数千万円のプレミアムカーも数多く出展されてました。
こうした車はノーマル状態でも完成されたオーラを放っているものですが、それをさらにカスタマイズしてしまうなんて贅沢ですね。

IMG_5712.jpg
IMG_5859.jpg
IMG_5875.jpg

新型NSXやレクサスLCも惜しげもなくカスタマイズ!
IMG_5768.jpg
IMG_5773.jpgIMG_5769.jpg
IMG_5879.jpg

ひと際目立っているスワロフスキーで彩られたランボルギーニやメルセデス。オートサロン名物ですね。
IMG_5758.jpg
IMG_5794.jpgIMG_5791.jpg

究極の自己満足!
IMG_5702.jpgIMG_5850.jpgIMG_5847.jpg
IMG_5877.jpgIMG_6079.jpgIMG_5884.jpg
IMG_6201.jpgIMG_6043.jpgIMG_5703.jpg


対して自動車学校系の展示では、ベース車両は古めながら作製した生徒さんの自由な発想を形にしたカスタマイズが、クルマ好きの原点を思い出させます。

トヨタ東京自動車大学校の出展車は、純和風のカスタマイズを施したT230型のセリカを展示。
ボディを彩る市松模様はなんとペイントとのこと。今どきはカッティングシートなどでも簡単にできそうだが拘りが伺えます。さらにトランクルームには畳が敷かれ、折り鶴が散りばめられた和室のイメージ。着物の生地をあつらえたシート、天井には花火のライトアップ、リアクオーターガラスには金魚、シフトノブはけん玉(笑)と徹底してました。女性の生徒さんが作製したとのことで華やかなカスタムカーでした。
IMG_6504.jpg
IMG_6506.jpgIMG_6509.jpgIMG_6510.jpg
IMG_6513.jpg
IMG_6514.jpgIMG_6516.jpg

日本自動車大学校も、相変わらずインパクトのあるカスタムカーが展示されておりました。
IMG_5692.jpg
IMG_5686.jpgIMG_5688.jpg
IMG_5696.jpg
IMG_5684.jpgIMG_5689.jpgIMG_5691.jpg

2018年1月18日 09:38  | 東京オートサロン2018  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
+ プロフィール +
イベントレポート
イベントレポート
イベントレポート用のコーナーです。
+ 関連グループ +
2018年7月
1
仏滅
2
大安
3
赤口
4
先勝
5
友引
6
先負
7
仏滅
8
大安
9
赤口
10
先勝
11
友引
12
先負
13
赤口
14
先勝
15
友引
16
先負
17
仏滅
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
31
赤口
+ カウンター +
Counter
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
+ CARCLE SPONSOR LINK +
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する