ログイン
カーくる編集部が様々なイベントに顔を出してイベントの模様をお届けするコーナーです。
管理画面のプロフィール編集(オーナーズクラブでは”クラブプロフィール設定”)から「プロフィール画像の確認・変更」ボタンをクリックし「Image1」に画像をアップロードしてください。
ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール
2018
12月
11

『おかざき クルまつり』レポート

世界中
うんうんする
3


皆様こんにちは。

急に冷え込み寒さが本格的になってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
 
さて、今回は12月9日日曜日に愛知県岡崎市にて開催された「おかざき クルまつり 〜見て、聴いて、遊んで、乗っちゃおう。〜」に行ってきました。
今年は昨年のようにレーシングカーの走行はありませんでしたが、それでも内容は盛りだくさんです。
 
まずはこちらから。
  48361247_2302016506539918_3996554213814435840_n.jpg 47792754_2302017273206508_396761644216090624_n.jpg
今回の目玉展示「TS050 HYBRID 2018」
去る、2018年6月16〜17日に行われたルマン24時間レースで優勝した時の傷や汚れをそのまま保存したスペシャルな仕様。
普段は東京にあるメガウェブにて展示されていますが、この日のためにトロフィーと共に岡崎まで運んだそうです。
さすが、中嶋一貴選手の地元です!!
父と弟は岡崎よりも大事なことがあるとかで今回は不参加とのこと。。。それでも一貴選手のトークショーは地元ネタ満載で場内は大盛り上がり。
 
  
その他2018年WRCで1999年以来4度目のマニファクチャーズタイトルを獲得した「YARiS WRC」(日本名ヴィッツ)のショーカー。 ショーカーとはいえ迫力です。2019年は残念ながらWRC日本ラウンドは実現しませんでしたが近い将来日本で競技している姿が見たいですね♪
 48230434_2302016529873249_7813730527260704768_n.jpg
 
そしてMIRAIのラリーカー。2015年新城ラリーでJN1クラス2位に入った車両です。
モータースポーツも水素が主役になる時代がくるのかも知れません。
 48266699_2302016646539904_738701441102774272_n.jpg
 
日産はプロパイロットパーキングの体験をはじめ、ニスモモデルの展示。GT-Rは常に人が囲んでいました。
混む前にパシャリ。
 48381815_2302016319873270_5354687215714697216_n.jpg 47680851_2302016353206600_3719356960106086400_n.jpg
 
三菱は登坂走行体験をはじめ、ビッグマイナーチェンジをしたデリカの展示。なんと1969年登場の初代デリカも一緒に♪
登坂体験ではこんな珍しいお客様がやってきました。
10月4日生まれ、B級グルメ好きなトヨタくま吉さん。
2002年、2003年のダカールラリーで総合優勝した増岡浩さんがドライバーという光景に会場は笑いで包まれていました。
47680303_2302017553206480_6837903177241591808_n.jpg

48391629_2302017476539821_366903808963379200_n.jpg 
48194724_2302016766539892_1441793982664278016_n.jpg 48207411_2302016763206559_3734295479131832320_n.jpg

ダイハツは三輪ミゼットと四輪ミゼットの共演。そしてオプションが128万円分装着されたミラ トコットが登場。
ポップでオプションの説明がペタペタ貼ってあり可愛い演出でした。
値段以上の注目を集めているように感じました。



47680216_2302017196539849_3823875594844635136_n.jpg 
48356070_2302016643206571_1429788565524447232_n.jpg 48243168_2302017326539836_4066718813901553664_n.jpg

地元ロッキーオートは2000GTレプリカをはじめ、ベレットやBMW1502などクラシックカーの展示。
48062943_2302016929873209_127492539358904320_n.jpg 48084339_2302017039873198_1532161919933218816_n.jpg 48343385_2302017329873169_6046969560815370240_n.jpg

いかがでしたか。昨年のように車両走行が無いからつまんないなんて言わせないほど濃いイベントでした。
各ブースのアトラクションも比較的枠に余裕があり、特に小さなお子様をお連れのご家族様でも楽しめる素敵なイベントとなっていました。

次回開催時には是非ともカーともの皆様ご誘いの上、ご来場くださいませ!!

それではおまけのショットと共にお別れです。
次回の編集部レポートもお楽しみに~♬
47687238_2302016906539878_1306415178975281152_n.jpg  48027375_2302016773206558_7830254460449325056_n.jpg  48051659_2302016379873264_1522382056061927424_n.jpg  48275401_2302016873206548_2865595484037185536_n.jpg  48372506_2302017613206474_5223999199212732416_n.jpg  48031303_2302017596539809_6261749837222379520_n.jpg

2018年12月11日 10:00  | 未分類  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
11月
8

French Blue Meeting 2018 ~参加車両~

世界中
うんうんする
1


フレンチブルーミーティングレポート第3弾は素敵な参加車両を紹介していきます。

IMG_0429p.jpg

毎年3000台ほどのフランス車が集まるフレンチブルーミーティングですが、今年は天候にも恵まれ、車山高原には多くのフランス車が集結しました。

会場に集まった可愛くてオシャレでレトロでレアなフランス車を紹介していきます。


注目車種は今年で誕生70周年という節目を迎えたシトロエン2CV。

今回のフレンチブルーミーティングでもテーマ車種として取り上げられており、多くの2CVが会場に集まりました。

IMG_0445p.jpg

IMG_0442.jpg

IMG_0437p.jpg

IMG_0441.jpg

IMG_0444.jpg

IMG_0451p.jpg

IMG_0454p.jpg

IMG_0460p.jpg

色とりどりの2CVが整列する姿は圧巻です。

また、会場ではフレンチブルーミーティングの目玉イベントとして2CVのパレードランが開催され、大きな盛り上がりを見せていました。

IMG_0361p.jpg

IMG_0363p.jpg

IMG_0367p.jpg

IMG_0373p.jpg

IMG_0376p.jpg

IMG_0380p.jpg

IMG_0384p.jpg

IMG_0386p.jpg

IMG_0387p.jpg

IMG_0389p.jpg

70周年を迎えてもなおたくさんのファンに愛される2CV、オーナーさん達にはこれからも大切に所有し続けて欲しいですね。


IMG_0326.jpg

こちらは黄緑と水色の初代ルノー トゥインゴです。
小さな車体にコロンとしたフォルムがフランス車ならではの愛らしい存在感を放っていました。

IMG_0394p.jpg

こちら初期型のアルピーヌ A110とルノー 8ゴルディーニは3台並んで注目を集めていました。

IMG_0418p.jpg

IMG_0424p.jpg

2CVベースの上級モデルとして登場したアミ6。
他に似ている車がないほど個性的なデザインで多くの愛好家を持つクラシックカーです。

IMG_0435p.jpg



IMG_0348.jpg

IMG_0430p.jpg

IMG_0398p.jpg

IMG_0400p.jpg

IMG_0403p.jpg

IMG_0393p.jpg

IMG_0327.jpg

IMG_0328.jpg

IMG_0329p.jpg

IMG_0333.jpg

IMG_0334p.jpg

2018年11月8日 11:30  | フレンチブルーミーティング  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
11月
6

さいたまイタフラミーティング2018 開催!

世界中
うんうんする
3


11月4日(日)に埼玉県さいたま市にある「埼玉スタジアム2002」東駐車場の特設会場にて『さいたまイタフラミーティング(SIFM)2018』が開催されました。
今回で7回目を迎える、イタリア車・フランス車の混合ミーティングイベント。もともとは埼玉でイタフラ車仲間が集まる小さなコミュニティから始まったミーティングでしたが、毎回参加車が増え続け、2014からは現在の埼玉スタジアム2002駐車場での開催に至ったとのこと。

今年の参加台数も、昨年の675台を大きく上回る868台!と大盛況となりました。
IMG_2386.jpg
IMG_2442.jpg
IMG_2464.jpg


当日は、朝から厚い雲に覆われハッキリしない空模様でしたが、時折日差しもありこの時期としては比較的暖かく過ごしやすい一日でした。
IMG_2314.jpg

早朝、待機場所にて今かと今かと待ちわびていた多数の参加車両を、予定より少し早めのゲートオープンにて迎え入れます。
IMG_2321.jpg
IMG_2311.jpgIMG_2328.jpgIMG_2330.jpg

入場時に参加費1000円を払い、代わりに貰った領収書を本部に持っていくと受付終了。オリジナルステッカーや協賛企業のグッズが入ったスターターキットや抽選会の参加券が貰えます。ちなみに「カーくる」も協賛しております!
IMG_2335.jpgIMG_2336.jpg

入場開始から1時間ほどすると、メイン会場となる第1駐車場は参加車両で殆ど埋まり、奥の第2駐車場も満車となる盛況ぶり。
IMG_2404-2.jpg
IMG_2456.jpg
さらに会場に入りきれないほどのイタフラ車たちが訪れていました。
IMG_2414.jpg


比較的庶民派(?)のクルマが多く参加しているからか、老舗イベントなどで感じるクルマヒエラルキーのような堅苦しさも無く、皆クルマ好き(主にイタフラ車)という輪で繋がっている和気あいあいとした雰囲気が印象的。皆さん愛車を前に車談義に花を咲かせておりました。
IMG_2387.jpgIMG_2508.jpg
実際、私も初参加だという、美しいヌヴォラブルーのアルファロメオ166のオーナーや、珍しい1750tbエンジンを搭載したアルファロメオ159のオーナーなどと会場で知り合い、愛車の出会いから維持に関する話など初対面とは思えぬ濃さでお話しをさせて頂きました。(笑)
IMG_2334.jpg


フィアット、アルファロメオ、ランチアなどが中心のイタリア車。
フェラーリやマセラティ、ランボルギーニなどの高級車はあまり見かけませんでした。
IMG_2343.jpgIMG_2384.jpgIMG_2451.jpg
IMG_2438.jpgIMG_2498.jpg
IMG_2450.jpgIMG_2430.jpgIMG_2533.jpg
IMG_2385.jpgIMG_2372.jpg
IMG_2440.jpgIMG_2397.jpgIMG_2452.jpg

今となっては貴重なデルタ軍団。やっぱりカッコいいですね~。
ノーマルを綺麗に維持しているものや、出自の通りラリーを走り込んでいるような個体もありました。
IMG_2368.jpg

そんなイタリア車の中でも特に目立っていたのは、最多?と思える台数が参加していた新旧FIAT&アバルト500。
特にブルーの500が一堂に整列した姿は参加者の目を引いていました。
IMG_2490.jpg
IMG_2389.jpg
IMG_2365.jpgIMG_2393.jpgIMG_2433.jpg


ルノー、プジョー、シトロエンがメインのフランス車。
実用車も多いフランス勢ですが、ルノー&アルピーヌのスポーツカーは通好みでマニア心をくすぐられます。
IMG_2344.jpg
IMG_2446.jpgIMG_2436.jpgIMG_2458.jpg
IMG_2337.jpgIMG_2517.jpgIMG_2415.jpg

フロントスクリーンも屋根もないルノー スピダー。
折からの雨が心配でしたが、オーナーさんは無事に帰れたでしょうか?
IMG_2526.jpg

参加台数が多かったカングーは家族や友人たちとピクニック気分で楽しむ姿が見られました。
IMG_2356.jpg
IMG_2396.jpgIMG_2398.jpgIMG_2362.jpg
IMG_2519.jpg
IMG_2353.jpgIMG_2476.jpgIMG_2485.jpg


イタフラ車に特化したイベントではあるものの、国産や他国のクルマも受け入れてくれる懐の深さ。
プジョーRCZの隣に止まっていた、鮮やかなブルーのトヨタ86などは、欧州のスポーツカーにもしっかり馴染んでました。
IMG_2354.jpg

綺麗にレストアされた(?)ミツビシ製ジープの姿も。良い色ですね!
IMG_2426.jpg


ショップエリアでは、地元埼玉のカーショップやチューニングパーツショップ、カーケアショップなどが並んでいました。
カーくるでもお馴染みのショップも何店か出店されておりますね。
IMG_2403.jpg
IMG_2417.jpgIMG_2421.jpgIMG_2422.jpg
IMG_2481.jpg
IMG_2482.jpg

フリーマーケットエリアも賑わっておりました。
古い貴重なパーツや、出展者のオリジナルグッズなどが並び、通りかかるマニアの興味を引いてました。
IMG_2376.jpg
IMG_2375.jpgIMG_2378.jpgIMG_2379.jpg
IMG_2377.jpgIMG_2521.jpgIMG_2380.jpg

ケータリングも充実していました。牛丼の老舗”松屋”や定番の焼きそば、たこ焼き、ケバブやカフェなどもありました。
IMG_2381.jpg
IMG_2382.jpgIMG_2423.jpgIMG_2475.jpg

移動カフェもオシャレでカワイイ!
IMG_2501.jpgIMG_2420.jpg
IMG_2493.jpgIMG_2401.jpg


2回行われた大抽選会はこの盛り上がり!
受付時に貰った抽選券を握りしめ、自分の番号が呼ばれるのを期待を込めて待ちます。
IMG_2467.jpg
しかし残念ながら呼ばれませんでした。(;´Д`)ああ~。
IMG_2466.jpgIMG_2472.jpg

ところが最後まで残っていた参加者には、じゃんけん大会がありました!
私も何とか勝ち残って、商品をGET!
シトロエンがマツダディーラーで買えた時代のノベルティグッズでしょうか?ちょっと色褪せてますが貴重です。(嬉)
IMG_2534.jpgIMG_2537.jpg


イベント終了直前に、パラパラと雨が降ってきました。不安定な空模様の中、ここまでもったのは皆さんの普段の行いがよかったからでしょうか?
雨が降る中でも、帰るのが名残惜しいとばかりに仲間同士で語り合う姿も見られました。
IMG_2539.jpg


今回、私はさいたまイタフラミーティング初参加でしたが、噂以上の盛況ぶりに驚きました。
埼玉というと、あまり大きな自動車イベントがあるイメージは無かったのですが、高速道路からのアクセスもし易く会場も広い。そして事前の参加表明が不要な事や1000円ポッキリという参加費による敷居の低さも人気のポイントなのだろうと思いました。しかし、入退場時や案内を行う際のスタッフのフレンドリーな対応や、会場で会った様々な方々との交流、参加者のマナーの良さ、自由な雰囲気など、クルマ愛に溢れた会場全体の居心地の良さが、本当の人気につながっているのだなと会場に来て感じました。
これから参加者が増え続けていっても、この雰囲気を大切にしてイベントを続けていってもらいたいと、勝手ながらに願いつつイベントを楽しんだ一日でした。


IMG_2349.jpg
IMG_2363.jpgIMG_2492.jpgIMG_2352.jpg
IMG_2487.jpg


さいたまイタフラミーティング 公式ブログサイト:https://carcle.jp/UserBlog?UserID=319


2018年11月6日 23:31  | さいたまイタフラミーティング  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
10月
26

French Blue Meeting 2018 ~出展ブース~

世界中
うんうんする
3


IMG_0317.jpg

フレンチブルーミーティングレポートの第2弾は企業やショップの出展ブースをご紹介します。
個性豊かな出展ブースを廻るのもフレンチブルーミーティングの楽しみの1つです。

今年は大小合わせて70店舗以上の企業、ショップの出展がありました。


カーボックス

豊橋市と横浜市にお店を構え、イタリア車やフランス車の販売を行うカーボックス(http://www.carbox.jp/)のブースです。
スカイブルーとグレーの2色のグランカングーを展示されていました。

IMG_0321.jpgIMG_0320.jpg


カエルナライタフラ

IMG_0314.jpg

かえるちゃんのキャラクターでお馴染みのカエルナライタフラは、イタリア車、フランス車、自動車パーツの個人間売買サイトです。
会員登録から出品、さらに成約手数料まですべて無料と、利用者にとても優しいサービスです。
欲しかった車や掘り出し物のパーツが見つかるかも?!

PCサイトはこちら。
https://caerunara.com/italia/index.html

ご利用は専用アプリでお楽しみ頂けます。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.caerunara.mcaerunaraita&hl=ja

IMG_0322.jpgIMG_0312.jpgIMG_0313.jpg


レッドポイント

岐阜県各務原市にお店を構える、イタリア車、フランス車のメンテナンスファクトリー、レッドポイント(https://www.redpoint.co.jp/)です。
愛車のメンテナンスでお世話になっている方も多いのではないでしょうか。
自動車パーツの販売をされていました。

IMG_0310.jpgIMG_0309.jpg

 

OZ Racing

イタリアの名門ホイールメーカー、OZ Racing(https://www.ozracing.com/jp/)です。
ホイールの展示とオリジナルグッズの販売です。

IMG_0311.jpgIMG_0406.JPGIMG_0411.JPGIMG_0412.JPGIMG_0415.JPG


こちらは大注目の激レア車両、20年ぶりに復活したフランスのスポーツカーブランド「アルピーヌ」の新型『A110』の姿がありました。
6月に50台限定で発売された際は抽選倍率が驚きの約20倍にもなった人気モデルです。
11月下旬には待望の販売開始ですが、ここで実車をお目にかかれるとは感激です。

IMG_0316.jpgIMG_0318.jpg


さて、出展ブース廻りに戻りましょう。

IMG_0307.jpg

ステージまで繋がる通路は両サイドにブースが立ち並び、人通りも多く楽しげなお祭りの雰囲気です。
こちらの出展ブースを紹介していきす。


ユニルオパール

フランスのアフターマーケットシェアNo.1のオイル、ユニルオパール(http://www.unilopal.jp/)です。
2014年に日本での販売がスタートして以来、ヨーロッパの信頼の品質で愛用者がどんどん増えているオイルメーカーです。

IMG_0350.jpgIMG_0351.jpg


モトーリモーダ

車やバイクをスタイリッシュに楽しむアイテムを取り揃えるモトーリモーダ(http://www.motorimoda.com/)はアパレル用品から小物まで、センスの良いグッズを販売されていました。

IMG_0345.jpgIMG_0342.jpgIMG_0344.jpg


Norauto(ノルオート)

フランス発、ヨーロッパ最大の自動車用品店、Norauto ノルオート(http://www.norauto.jp/)です。
現在は店舗を持たずWebショップのみでの展開をしています。
日本にはないユニークな商品やお値打ちな商品を多数取り揃えています。

IMG_0299.jpg


どの出展ブースもじっくり見て廻りたくなる個性的で楽しいブースばかりでした。

IMG_0300.jpg

松本市のカフェ「オー・クリヨー・ド・ヴァン」は常に行列が出来ており、昼過ぎにはほとんどのメニューが完売していたほどの人気ぶりでした。
来年見つけたら完売前にご賞味下さい。

IMG_0306.jpgIMG_0347.jpgIMG_0301.jpgIMG_0352.jpgIMG_0302.jpgIMG_0303.jpgIMG_0304.jpgIMG_0305.jpgIMG_0346.jpg


次のレポートではフレンチブルーミーティングの可愛くてオシャレな参加車両たちを紹介します。

French Blue Meeting 2018 ~参加車両~
https://carcle.jp/UserBlogComment?UserID=6140&ArticleNo=60

IMG_0363p.jpgIMG_0394p.jpgIMG_0442.jpg



2018年10月26日 19:18  | フレンチブルーミーティング  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
2018
10月
25

ランボルギーニ・ジャパン 『ランボルギーニ ナイト』を開催!

世界中
うんうんする
15


アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは、10月23日(火)都内のホテルに設けられた特設会場にて『ランボルギーニ ナイト』を開催した。
IMG_2022.jpg

今回の『ランボルギーニ ナイト』は、ランボルギーニのスーパーSUV「ウルス」のデリバリー開始を記念して行われたパーティー形式のイベント。
会場には鮮やかなイエローの「ウルス」とレッドの「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」が展示され、招待された関係者やランボルギーニ オーナーで賑わいを見せていた。
IMG_2016.jpg
IMG_2038.jpgIMG_2040.jpg
IMG_2035.jpgIMG_2049.jpg

オープニングの壇上で挨拶したカントリーマネージャーのフランチェスコ・クレシ氏。
IMG_2057.jpgIMG_2058.jpg

イベントでは、シークレットスペシャルゲストとしてシンガーソングライターの平原綾香さんが登場しミニライブを開催。
デビュー15周年という節目の年を迎え、最近ではミュージカルでの活躍も話題になり益々活躍の場が広がっている。
_NN_0418.jpg
平原さんは「ランボルギーニと平原綾香、これほど似合わない組合せはないと思いますが…」と苦笑いしながら挨拶をしていましたが、その美しく透き通るも、力強く生命感にあふれた歌声は、人々をひきつけてやまない野性味あふれるランボルギーニの咆哮と共通の魅力に溢れていた。
_23A0397.jpg
_NN_0518.jpg
0_T65831.jpg


ランボルギーニ・ジャパン 公式サイト:https://www.lamborghini.com/jp-en

2018年10月25日 10:09  | ランボルギーニ ナイト  | COMMENT(0)
「うんうん」した人
+ プロフィール +
イベントレポート
イベントレポート
イベントレポート用のコーナーです。
+ 関連グループ +
2018年12月
1
先負
2
仏滅
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
友引
17
先負
18
仏滅
19
大安
20
赤口
21
先勝
22
友引
23
先負
24
仏滅
25
大安
26
赤口
27
先勝
28
友引
29
先負
30
仏滅
31
大安
+ カウンター +
Counter
+ その他機能 +
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
+ CARCLE SPONSOR LINK +
ページ先頭に戻る
ページ下部へ移動する