ログイン
 

愛車のことを中心に日々の出来事を綴っていきます。

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 美あんこ
世界中
うんうんする
16


3連休の中日となるこの日、富士スピードウェイで行われたマツダファンイベント『 Be a driver experience at FSW』に初参加してきました。

女心と秋の空はなんとやら…といいますが、この日は雲は多かったものの雨が降り出すことも無く、様々なコンテンツを通してマツダブランドをじっくりと体感できる一日となりました。
今年は恒例の「ロードスター軽井沢ミーティング」にも参加せず、マツダ車オーナーとして少し寂しい思いをしていましたので余計に楽しめました。

ゲートオープンの7:30過ぎに現地に到着しましたが、入場口となる西ゲート前は参加車の列で渋滞。
やはりマツダ車随一の趣味車であるロードスターが多いですね~。

20分ほど並んでようやく西ゲート到着!


駐車場に着くと、レーシングコースではすでに練習走行が行われており、歴代レーシングカーが快音を轟かせて走っておりました。SA22サバンナRX-7のレーシングカーを見ると”よろしくメカドック”を思い出す世代でございます。(;´∀`)





ひとしきり往年のレーシングサウンドを堪能した後、メインスタンドからパドックエリアへ移動し、ピットビルを見学。
1Fピット内のレジェンドカー展示スペースには、イベントの目玉の一つ、1991年ル・マン24時間レースで優勝したプロトタイプカー”787B 55号車”が展示。先程走っていたヒストリックレーシングも戻ってきて、参加者の注目を集めていました。



ん?ピットの隅っこに無造作に置かれていたのは……
787Bの心臓、R26B!孤高の4ローターエンジン。そのコンパクトさに驚かされます。



1Fでは他にも、子供向けのコンテンツとして、ペーパークラフトや缶バッジ作り、キッズ整備体験なども開催されていましたが、小さなお子様に混じって、中年の大きな子供も楽しんでいるようでした。
ちなみに私は一人で参加(;´∀`)。





ピットビルの2F、3Fでは、次世代技術展やトークショー、モノ造り展示・体験など、マツダ車造りの歴史~現在~未来が体感できるコンテンツが盛りだくさん。

2Fの展示会場では、話題の次世代ガソリンエンジン”SKY ACTIV-X”が鎮座していました。来年登場のアクセラ後継車に初搭載予定とのこと。


また、常務執行役員の人見氏による”エンジン革命によるマツダが目指すもの”という講演も聴かせて頂きましたが、バブル崩壊やリーマンショック後のマツダ危機などを赤裸々に織り交ぜ、時に笑いを誘ったりしながらも、マツダが目指す唯一無二の自動車メーカーとしての姿勢を熱く語られておりました。


屋上エリアの”モノ造り展示・体験”コーナーでは、車造りの工程の一部を見学・体験しながら巡り、モノ造りにける情熱を感じることができました。また、入口でもらったマツダ車に関するクイズの回答を探りつつ、解説員の方とコミュニケーションをとるのも非常に楽しかったです。





ブースの一角ではロータリーエンジンの分解・点検・組立の実演も。


プレス体験では、NDロードスターのサイドマーカー部を模したプレートに、好きなナンバーを打刻した記念プレートを作成。



最後にクイズを採点してもらいましたが満点!(技術員の方に教えてもらったので当たり前ですが(笑))
記念品としてNDロードスターのエンジン部品(本物)が貰えました!中身はバルブでした。



ヒストリック&レストアカー展示コーナーでは、1971年の東京モーターショーに展示された”カペラ ステンレスカー”なんていう変わり種も展示されていました。


もちろん、我らがNAロードスターのレストアカーも展示されていました。

先日、レストア車両1号車がめでたくオーナーに納車されたようですね。

屋上エリアでも、キャンプスタイルの展示やラジコンカー体験、子供向けの遊具や秋田犬とのふれあいコーナーなど、子供や家族向けのコンテンツが充実してました。一日いても飽きませんね。




ピットビル前のAパドックは、マツダ車専用のパーキングエリアとなり、車種毎に並べられておりました。









OTHERエリアには懐かしいクルマの姿も。




イベント最後は、歴代レーシングカーのデモラン。その中でも一番の注目はやはり787B。
走行前にもかかわらず、ピット内ではその珠玉のレーシングサウンドを聴こうと沢山のギャラリーが集まっていました。
ウォームアップとはいえ、ピット内で聴く4ローターサウンドは五臓六腑に染み渡るぅ~。(;´∀`)


整備を行うロータリーレジェンド(たぶん)。

ドライバーはミスター ル・マンこと寺田陽次郎氏。


そして、ピットアウト!


グリッドに整列した歴代レーシングカー。


ホームストレートでの787Bの快音。痺れますね~。



全てのコンテンツをじっくり楽しむには一日では足りないくらい充実したイベントでしたが、マツダというブランドを改めて体感し、またマツダが好きになった一日でした。そして、スタッフはもちろん参加者もマツダ好きばかりなのでアットホームな一体感があって非常に心地よいイベントでした。
来年も是非開催してもらいたいものです。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=3bailLGeDrdNsPkQGPe06g%3d%3d

September 29,2018 Sat  | イベント  | COMMENT(7)
 
 

2018年9月29日 23:43  はるぱ    [編集]
世界中
いやぁ、これ行きたかったです。

でも、美あんこさんの詳細レポートで、行ったような気分になれました(笑)

私も、よろしくメカドック読んでたので懐かしいですね~ (^_^;)

何とも、マツダの車愛に溢れる、素敵なイベントで、益々マツダが好きになっちゃいます。

2018年9月30日 10:18  Kaffy    [編集]
世界中
マツダもブランド作りが上手くなってましたよね。もっと代替的にこう言うイベントの広告を打っても良いような気がします。
787Bの生音は私も経験しましたが、良い音していますよね。しかもレーシングカーとしては凄く静かですよね。本当に名機だと思います。

2018年9月30日 19:50  美あんこ    [編集]
世界中

>はるぱさん

毎度ありがとうございます。m(__)m
メカドックは当時楽しく読んでいましたが、正直メカ的な話はまったく分からず「とりあえずミドシップにして、ターボラグ解消すれば勝てるのか~」と知ったかぶりしていました。(爆)
このイベント、参加されてるマツダのスタッフの皆さんもいかにも車好きって感じで話をしていて楽しかったです。やっぱりこういう人達が作っている車に乗りたいですね。


>Kaffyさん

最近の某L社のような黒塗りのディーラー店舗については、ちょっとやりすぎでは?と思うこともありますが…(;´∀`)
洗練されたクルマ造りをしつつも、マツダらしさを失わずにいて欲しいものです。

787Bのロータリーサウンドは12気筒時代のF1とはまた違った独特の甲高さがあって魅力的ですね。バラッバラッと不安定なアイドリングから一気に吹け上がるレスポンスも素晴らしかったです。

2018年9月30日 23:28  ヌーピー    [編集]
世界中
美あんこさんのMAZDA愛が溢れてますね!
国産買うなら和製アルファがいいですね!
ちなみに免許取るときの教習車がルーチェでした。

2018年10月2日 07:29  美あんこ    [編集]
世界中

>ヌーピーさん

マツダ愛…20年前に買った中古のロードスター以外、売上に貢献してないのですが…(;´∀`)
国産には”いいね!”と思わせるデザインのクルマは少ないですが、最近のマツダは頑張っていると思います。独自のエンジン技術も目を見張るものがありますね。

そういえば私も教習車はカペラとルーチェでした。なぜか教習車はマツダが多いですね。ロードスターの教習車があれば生徒が増えそうですが、変態ばっか来るか。(笑)

2018年10月6日 08:50  ハクナマタタ    [編集]
世界中
マツダは今のオーナーを大切にしているところがいいですね。どこかのように売りっぱなしじゃなくて(苦笑)。

ファミリア・プレストREは、何年か前のミッレミリアにも参加してましたね。
個人的には、初代カペラREクーペが好きです。

2018年10月6日 09:36  美あんこ    [編集]
世界中

>ハクナマタタさん

メーカーの規模や車種数的にも、オーナーとコミュニケーションをとるのに丁度良い気がしますね。
REというと、やはりRX-7やコスモスポーツを思い浮かべてしまう世代ですが、当時は色々な車種にRE積んでたんですね~。
 

うんうんする
16


「うんうん」した人
コメントの投稿
お名前

URL

メール(※公開されません。コメントに返信があった時に通知します。)

パスワード(※コメントを修正・削除する時に必要です)

このコメントの公開レベル
 答え=
※セッションが切れて計算結果が違うことがあります。その際は再度計算してご入力ください。

プロフィール
美あんこ
美あんこ
いつまで続けられるのか?日、伊、英の節操無しのカーライフ。
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2018年10月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先負
10
仏滅
11
大安
12
赤口
13
先勝
14
友引
15
先負
16
仏滅
17
大安
18
赤口
19
先勝
20
友引
21
先負
22
仏滅
23
大安
24
赤口
25
先勝
26
友引
27
先負
28
仏滅
29
大安
30
赤口
31
先勝
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る