ログイン

マトラ&アルピーヌしてみました(1055車嗜好=M552 + D503)

MATRA Murena & Alpine A610 turbo マトラ&アルピーヌ生活始めました。
(昔はプジョー406クーペ + アルファ916スパイダーでした)

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
30


  アウトレーヴさんでマトラ ムレーナ売りだしています。よかったら見てください。
murena0000.jpg

一昨年の夏休みに来たマトラ ムレーナでした。来たときはひどかった、現状販売だったけど、ブレーキの効きが大甘で、4輪ともタイヤ銘柄がバラバラだし。その後に旧いクルマでは、お約束の冷却水パイプ割れでローダーに乗って。さらにリザーバータンクも割れたのを補修して使っていたので真鍮で作り変えてもらった。
なんとかFBMには間に合って完調で車山から上高地まで走り回ったものでした。35年前の車でも普通に足として使えるかと思っていたら、水温上昇でリザーバータンク作り直しとかもあって、最近はクラッチ切れなくなってマスターシリンダーのオーバーホールとかもありましたし、電磁燃料ポンプのご臨終で出先で帰れなくなったりも。
幸いにも秘密工場がマトラのパーツリストの部品を見てプジョーのパーツで使えるとか、ルノーのパーツと一緒だとか判断してくださるので、助かっています。さらにマトラ友の会のメンバーで自分で整備するのに予備パーツを持っている人がとりあえずパーツを貸してくださり、本来なら半年待ちとかなりそうなところを2〜3日で修理上がってくる(次回海外パーツ取り寄せ時に追加発注)。皆んなの協力で普段使い出来るようになってました。本当に感謝です。

nousya031.jpgfbm2016023.jpg

マトラ購入しての最初FBMでマトラ友の会が結成されて、初めて4台のマトラが一緒に並んで話題になりました。その後もFTP他でマトラが集まる機会を何度も得られて、日本でのマトラ認知も上がった来ました。ムレーナだけでなく、M530もジェットも(最近はバゲーラ輸入された方も出て来ました)。
そしてマトラ友の会主催でランデブーフレンチレトロというイベント開催まで行えるようになりました。旧いフランス車の集まりが広がって来ています。

matrafbm2016001.jpgftp003.jpgrfr401.jpgrfr403.jpg

さてマトラ ムレーナですが正式名称はタルボマトラ  ムレーナです。ムレーナはフランス語でウツボとか? 、なんでって思いますね。マトラシムカ バゲーラの後継機種で横並び3座ミッドシップというのは一緒ですね。バゲーラは4輪ともトーションバースプリングですが、ムレーナは2.2 エンジンを積むためにはリヤスプリングはコイルに変えられています。
オリジナルフレームにFRPボディとの珍しい形態ですね。リヤエンジンよりもリヤ荷重が重くて、タイヤショップでリフトで持ち上げて前輪外すとひっくり返りそうになります。乗り方はリヤエンジンのアルピーヌA610と一緒の感じですが、アルピーヌほどステアリングが鋭敏ではないけど、それでも普通の車よりはウルトラクイック。パワーはないけど車重が軽いので山道では60〜100km/h程度でもパワーかけていれば後輪を流してカウンターステア当てて立ち上がって行く感じで走れます。
流石に旧い車なのと204km/hの最高速度でちょうど6000rpmになる5速マニュアルミッションの設定ですから、高速道路の100km/h巡行は3000rpmというちょうどトルクの谷間でちょっといけてません、煩いし。で、結局にムレーナ乗りは80km/h 2500rpm程度で静かにゴロゴロ流すか、4000rpm以上に速度帯を上げてしまってかっとんで行くかになります。ツインキャブの2.2Sの方々は特にかっ飛ぶようです(^^; 。

フロントエンドが尖っていて薄いので現在の歩行者安全対策のデザインでは絶対にできないようなエクステリアなので貴重ですね。リトラクタブルライトも。
室内はシトロエンのような特殊な一本バーのステアリングです。アルピーヌよりは全高高めですが、それでも今時の車の横に並ぶと低い車ですから降りる時にはサイドシルに手をついて立ちがるようになります。
乗車姿勢はスポーツカーそのもので足を前に投げ出して乗るのですが、シートは80年代までのフランス車そのものでフカフカです。足回りもスポーツカーのギチギチではなくてフランス車のロールする足周りを固めた感じで、乗り心地はフランス車でハンドリングはピュアスポーツカーです。
運転しているとスポーツカーそのものですが、80年代初頭の車ですから。絶対性能はその程度です。ポルシェが空冷の930でSで最高速度が225km/h、フェラーリが308や512BBの時代ですね。

絶対性能はたしたことありませんが、乗っていて体感的に楽しいスポーツカーであることは事実。ただキャブレターなので、寒いときはチェークを引くし、スイッチ入れて燃料ポンプのコトコト鳴るのを聞いて、アクセルパタパタと加速ポンプを動かしてからエンジン始動の儀式的な部分も残っています。
当時の車としては横3座なので幅広だったけれども、現代からみれば普通のサイズで前後は極端に切り詰められていて、レイアウト的にはストラトスのようです。Aピラーの微妙に曲がっているデザインとかはフランス車的ですね。というかどこから見てもフランス的かも。

マトラってフランスの航空宇宙産業の会社というかミサイルメーカーです、ドゴール大統領から依頼でモータースポーツ進出。1969年にはジャッキー・スチュワートをF1チャンピオンに(エンジンはDFV)してますし、1972年73年74年の3年連続ルマン24時間優勝(このときはエンジンも自製V12)のコンストラクターです。製造技術に関しては当時のF1や耐久レースの参加者の水準を遥かに超えていたと言われています。性能は図面(設計)によりますが、図面指定通りの正確な工作精度で出来上がったり、当時のFRP技術の遥かに上をいく仕上がりと固さだったと。アルピーヌがA310までの頃とルノーV6T(GTA)からA610につながる時代のマトラからFRP製造技術が伝えられた以降では全く精度も剛性も違うと言われています。

フランスのモータースポーツを考えるとマトラとアルピーヌは決して忘れられないものです。
murenacookpit002.jpghayamajikan301.jpgauto201.jpgauto301.jpgsannnin001.jpgnousya035.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=eLuG68quiumbQtVDoEcC2g%3d%3d
2018年3月22日 12:07  | MATRA Murena  | コメント(6)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
25


アルピーヌA610 turbo 降りました。同じアルピーヌA610のオーナーさんに売却しました。完調のA610に乗りたいとのことで、高速巡行できてエアコン効くmy A610 に乗り換えの予定です。昨年8月から動いていないA610スカラベを売却予定だとか(元々エアコン動かない車でしたし)。

AUTOCARのスペシャショップナビでアガリの車として紹介されたのでずっと乗っているものと思っていました。
https://www.autocar.jp/specialshop/2014/06/26/81172/


フランス車に長らく乗っているとアンダーパワーに慣れてしまいますが、フレンチロケットと呼ばれたルノーR21t (ヴァンテアン ターボ)に乗って前後の荷重移動でのコーナーリングを覚えました。220km/h(最高速度227km/h)まで一気に加速するのを楽しんでいました。
そしてアルピーヌA610 turbo で200km/h速度帯での高速コーナーリング(山道だと120~150km/h程度で3速)を堪能しました。ブレーキングでフロント荷重して進入してからリヤのトラクションで加速すればまるで腰の横に外側後輪があって(バイクのウィリー加速のように)アクセルコントロールで自由自在に向きが変わるのを楽しめましたし。フロント荷重かけないで進入時に軽くアクセル戻すとフロントに軽い荷重がかかってふっとフロントがインに切り込むし。コーナーの立ち上がりでアクセル戻すとフロントがクンと外側に振れるので、オンレールだと思っているのは実はリヤの僅かなスライドとカウンターステアの状態だったのも分かるというコーナーの理想郷で走り回っていました。アルピーヌはコーナーリングマシンなのはA110の頃からの伝統のようですが、A610で完成形になったのかと思うものです。

加速に関してもフレンチロケットのルノーR21t(ヴァンテアン ターボ)のドッカンターボと違って、まるで大排気量V8のようなシュルシュルと加速するのは異次元体験です。加速って普通は低速からの加速感を感じるのでしょうけど、一番の違いは劇的なことは何もないのですけど、高速道路で80km/hからの加速も160km/hからの加速も同じ状態でシュルシュル加速していくことです。

もう一つ強烈な体験はスポーツカーとして専用にシャーシが作られた車は量産車ベースにスポーツカーに仕上げられた車とは素生の違いから全く別物だというのを実感できたことでした。よくレースの世界で箱(ツーリングカー)とフォーミュラーカーは動きが別物と言いますが、まるでその感じです。
オーナーになって半年ほどは高速道路で80km/hでしか走れませんでした。もちろん真っ直ぐ走るんですが、高速道路の3車線の真ん中を100km/hで走っていて、路面のわずかなうねりでちょっと進路が乱されますよね、それを手首動かして修正すると、発振して3車線フルに使って蛇行する羽目に何度も陥りました。周りの車が急ブレーキ踏んで後方に下がっていきます。他の車は何をふざけて危ないな〜って感じでしょうけど、運転している本人はガードレールに突き刺さるのではないかと真っ青になりました。
何度か怖い思いをしてから思い出したのはレーシングバイクで走っていた当時のことで、脇を締めてハンドルを抑え込む。コントロールは手首を動かすのではなくて、肩を動かすようにするとハンドルは指一本分くらい動くのかな? 。直線の修正はこれでOK 、慣れてしまえば苦労はしなくなります。
特にリヤエンジンなので160km/hを超えるとフロントが浮いて来ます(特にフロントのガソリンタンクが軽くなると)、そう言っても230km/hで巡航していてライン変更などは自由自在です、これも慣れて急ハンドルなどを切らなければ大丈夫。軽く減速した時と加速時でハンドルの効きが大幅に違うことを知っていればなんの問題もありませんでした。
コーナーリングマシーンと感じるのは切り込んだ時のハンドリングの効きがウルトラクイックというかダイレクトというか。一旦これに慣れると、普通のセダンのハンドリングが鈍重だなって思うくらいです。

そしてこんなにスポーツカーしているのに、乗り心地は250km/hオーバーの世界の車(最高速度は265km/hだそうですが経験ありません)なのに乗り心地がものすごくいいことです。そこはやはりフランス車なんですよね。もちろんフレンチセダンよりは硬いんですけど、シートの形状もいいし足回りもしなやかです。タイヤがゴツゴツする感じはないんです。
ただスポーツカーなので(本当はGT カーですけど)、ハンドルもブレーキもクラッチも重いです(ルノーV6Tと比べると軽くなったというけど)。さらに足は前に投げ出して乗るので(助手席も一緒なのでヒールのある方には辛いかも)3時間以上連続して運転していると足首曲げる操作だけで右足も、クラッチ踏み込むのに足首を曲げる必要がある左足も足首から足の甲にかけての筋肉が痙攣します(乗り慣れていても長い時間は痙攣しますね)。1時間おきにトイレ休憩とかしていれば問題ないんですけど、名古屋や車山から飛ばして一気に自宅まで帰り着くような運転していると自宅そばの渋滞にハマると足が痙攣してました。

しかし降りてみて、いい車だったな〜って、一生に一度の経験でしょうけど、素晴らしい車を完調な状態で思いっきり走り回れたことに感謝です。しかもスタッドレスまで付けて雪道を斜めになって走ってもみたりもしましたし。

次のオーナーさんはトヨタのCカーのミッションやリヤサスを設計していた人で、今ではEVレーシングカーを作っています。こんな人に貰われたmy A610 は幸せだろうな〜って。
A610orimasita001.jpga610orimasita002.jpga610orimasita004.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=eEWfEZTW8V1EE%2bdauQRWDg%3d%3d
2018年3月13日 12:36  | A610 turbo Alpine  | コメント(7)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
9


 メッサーが来るよと呼ばれて。お店の前にはまだ来ていないのかな〜と近くのカングーの陰に隠れていました。隣の2CVと比べても小さい。虫と呼ばれる車の一種ですね。車検証も見せていただいたけど側車付二輪車(サイドカー扱い)何ですね。排気量は200cc、当時の英国バイクだと大きめの排気量ですね。
普通に知られているのは幌ですが、これはグライダーのような厚いポリカーポネートでキャノピー状です。冬はいいけど夏はグライダーと一緒で暑そうだなって話したらサンシェード常備されているそうです。ちなみに3人乗りです、後ろの二人は抱き合う様に乗る必要がありそうです(^^; 。リヤシートは1+0.5のイメージです。
ハンドルも軽飛行機の様(上下逆ですが、足を入れるため)で座らせていただいたら気分は軽飛行機(セスナとかフェーゼラーシュトルヒとか)です。横に開けるキャノピーもドイツの戦闘機の様ですね。そもそもメッサーシュミットって第二次大戦で有名なドイツの戦闘機メーカーですね、単発のMe109とか双発のMe110とか。
meth102.jpgmeth103.jpgmeth104.jpgmeth106.jpg
リヤカウルが開くとこって雑誌でも見たことないです。しかも裏にスペアタイヤ装備。スクーターの様なチェーン駆動のエンジンは強制空冷で、いかにも飛行機屋さんみたいです。

meth101.jpgautoreve201.jpgautoreve202.jpg
オーナーさんはMGAにもお乗りだそうですが、驚くのは学研の大人の科学の付録を作っている方だとか、この日も蓄音機を鳴らしたり、ようやく引退してヨットで日本一周に挑むとか素敵な話を聞きました。メッサーで帰っていく姿も素敵でした。こういう歳の重ね方したいな〜って。
訪ねたのはアウトレーヴという関東では有名な会社ですが、お店の在庫もすごいけど、来る人達の車もアングリア(英車だけど前は初代サンダーバードで後ろはテールフィンで50年第アメ車の世界、当時の欧州はアメ車人気でしたから)にルノーR19しかも16Sでウィング付きだし、ルノーラグナがいたり。
r19 205.jpg
今回アウトレーヴを訪ねた本来の目的はランデブーフレンチレトロの報告です。告知もしていただいていたし、正式エントリーされていただいていたし(手術明けで参加は無理でしたけど)。用意されていたゼッケンをお届けと報告書を持参して。関東から行こうか迷っていたアルピーヌ乗りがいたとかお伺いいたしました。来年は参加者増えそうですね。同席されていたモータージャーナリストさんからも、参加者を見て、こういうイベントなら取材に行きたいとの言葉もいただけましたし。
本来はマトラ ムレーナで行くつもりだったのに、駐めるとこないから電車でおいでと厳命されて、電車と歩きで行っていました。で、ついでなのでグルメ三昧(^^) 。
ピョンチャンオリンピック見ていて冷麺食べたくなったので川崎で途中下車してラグーナ川崎のフードコートに入っているとの盛岡冷麺ぴょんぴょん舎に(オンメキッチンだとか)。川崎の大将軍の本場の冷麺とはまた違うけど、太めの麺の盛岡冷麺。これはこれで美味しかった。
pyonpyon001.jpgpyompyon002.jpg
帰りは乗り換えの蒲田駅で降りて、地元で有名な羽根付き餃子を食べるために歓迎本店まで。以前に京急蒲田で金春本店と你好ニイハオ本店を食べているのでトップ2制覇です。
kangei003.jpgkangei004.jpgkangei005.jpg
紹興酒に卵炒飯に羽根付き餃子2枚! 、ここの餃子は最高峰かも。揚げ餃子様な皮になっている焼き餃子。噛むと肉汁が溢れる様に引き出し、まるで小籠包のちょっと肉汁少なめの様です。焼き餃子でこれは銀座の天龍を彷彿とします。最高の餃子のひとつかも。夜だと相席の在日や中国の方々がタバコ吸うので辟易ですが、ランチなら最高かな? 。また来たいと思うお店でした。お店は中国系だと思いますが(店員さんから)本来の味を楽しめる最高のお店の一つだと思います。食事処は完全禁煙にして欲しいな〜、美味しいだけに。私は喫煙者ですが、美味しいもの食べると時にタバコの煙は味覚を台無しにしちゃうので、嫌煙派です。お寿司屋でタバコ吸うのはあり得ない様に、美味しい所では完全禁煙必要だと思う(^^; 。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=Bn%2bSexDwK9nuLtUGVJbOjg%3d%3d
2018年2月27日 18:47  | 次期候補?  | コメント(2)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
9


  元トヨタワークスドライバー&童夢の鮒子田さんから教えてもらってCG主宰のスロットカーレースを見に北新横浜のBANPROに行ってきました。鮒子田さん、長谷見さん、片山右京さん、寺田さん、長坂さん桑島さん(北野元さんは帰ってしまって会えなかった)、CGの加藤編集長他の錚々たるメンバーの共演。
slot004.jpgslot001.jpgslot002.jpgslot003.jpgslot005.jpg

1/32(訂正1/24だったそうです)のスロットカーも各種揃っています。それぞれ自分が乗っていたマシンを操縦しています。CGからの・・・ 。
slot101.jpgslot102.jpgslot103.jpgslot104.jpgslot105.jpg

バックヤードの会話を盗み聞いていると、まるで往時の日本GPのようでした。
slot201.jpgslot202.jpgslot203.jpg

長谷見さんはファンのサインにも応じていました。
slot204.jpg

まるで当時の富士の30°バンクのようなコースです。
slot205.jpg

ちなみにスロットカーの操縦も踏みっぱなしでコースアウト連続の方もいれば、往年の名選手はコーナーではしっかり減速して、順位を落としてもコースアウトせずに完走してして上位を占めていました(^^) 。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=9FyehbnL0zAYFnwuIDjblg%3d%3d
2018年2月17日 19:57  | 未分類  | コメント(3)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
11


 昼過ぎに治ったよ〜って連絡で慌てて取りに来ましたマトラ ムレーナ。
最寄り駅に迎えにきてくれたのはルノーR16、当時の高級車です! 。乗るの初めて、知人が二人乗っていたけど。30年ほど昔に乗っていたプジョー604の座り心地を思い出すって話したら、大きなキャトルだと言われました。確かに! 、キャトルの乗り心地って高級車と一緒なんです(^^) 。
r16 001.jpgr16 002.jpgr16 003.jpgr16 004.jpgr16 005.jpg
整備上がりの試乗に同乗させていただいた形ですが、リヤシートにも座ってみたかったな〜。プジョー604に乗っていた時などウチの母親はリヤシート専門でした。ベンチなんて比べ物にならないほど快適だとかで、いつもウトウトしてました。私はショファー扱い(^^; 。
マトラ仲間でM530のオーナーさんも普段遣いはR16です、素敵ですよね〜!!! 。

さてmyムレーナですが、デスビ(キャップ?)がずれていたそうです。キャブの下の見えないところにあるデスビですが、前オーナー(整備工場?)の手作りのようなストッパーで止まっていたのがずれたとか。対策は縦目のサンクのパーツで対応できたそうです。
さらにプラグをタルボ タゴーラの5番ではなくて元から付いていた6番に交換したそうです。
 昨年からの懸案事項のリザーバータンクですが裂け魔があった為に再度対応したとか。それで冷え切った時と温まった時で冷却水の水位が違うと判明したと。冷た時にリザーバータンクに目一杯入れてはいけないそうです。

 とりあえず第3京浜と横浜新道を飛ばして帰ってくると快適でした。ムレーナの乗り心地は別格です。
 

desubi001.jpgdesubi002.jpgdesubi003.jpgdesubi004.jpg

 秘密工場ですが、相変わらずすごい車のオンパレード。最後の写真に写っているのはR25にアヴァンタイムにキャトル、手前はムレーナとR16、そして写真ではうつっていないけど奥にはアルピーヌGTAのルマンです。工場の外にはアルファ916
GTAもいるし。

desubi005.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=llv1VEXntu9S7HfMhZe39g%3d%3d
2018年2月10日 18:12  | MATRA Murena  | コメント(4)  | トラックバック(0)
プロフィール
水玉のドラグ
水玉のドラグ
マトラ&アルピーヌ生活始めました!
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2018年4月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
先負
6
仏滅
7
大安
8
赤口
9
先勝
10
友引
11
先負
12
仏滅
13
大安
14
赤口
15
先勝
16
先負
17
仏滅
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。