ログイン

Clio2RS ルーテシア ルノー スポーツに乗り始めました

マトラ&アルピーヌ降りました(1055車嗜好=M552 + D503)
MATRA Murena & Alpine A610 turbo マトラ&アルピーヌ生活終わりました。
(昔はプジョー406クーペ + アルファ916スパイダーでした)

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
8


  SHCC(湘南ヒストリックカークラブ)の大磯プリンス駐車場で行なわれるジムカーナ見物です。春と秋の恒例のジムカーナ。クラブイベントで地元の仲間内で行なわれるイベントですが、観戦自由だし気楽に見物に行ける地元イベントでほっこりできます。見に来ている車を駐車場で眺めるだけでも楽しめるイベントですが、エントラントに知り合いがいるとパドック(出場者駐車場)にも入れるので楽しみが倍増します。

shcc3 20211107.jpgshcc4 20211107.jpgshcc5 20211107.jpgshcc2 20211107.jpgshcc1 20211107.jpgooiso11 20211114.jpgooiso12 20211114.jpgooiso13 20211113.jpgooiso14 20211114.jpgooisi15 20211114.jpgooiso16 20211114.jpgooiso17 20211114.jpg

今回はスーパーカー(カウンタックやカムジン)も走ったようです。1時間ほどしかいなかったので見なかったけど。
国産のマイナーツーリングに出ていた70年代のサニーとかもいいですよね。
走る車が変わってきているようで、それも楽しいのだけど地元の常連さんが参加していないのも寂しいな〜って。世代交代もあるのかもしれないですね。
走る方もサイド引いてスピンターンを決める方もいれば、ミスコースしちゃう人も。いろんな方がそれぞれ楽しむのがいいな〜って。フロンテクーペなんて往年の軽自動車のスポーツカーが頑張っているのも楽しいですし、スバル360みたいな懐かしい車が結構早かったり。大パワーで後輪から白煙あげながら加速するのも楽しければ、フォーミュラーカー(F3 or FJ or Fルノー)が小さく回るの苦労しながら走っているのも微笑ましい。
物販も出ていて楽しめるのもいいですね! 。
サーキットではないのでクラブ自主規制で音量制限やっているのも素晴らしいと思います。長く続いて欲しいイベントですね。




この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=SUrXzv2TuFOEwMHwX%2flyLw%3d%3d
2021年11月14日 09:59  | Lutecia RS  | コメント(2)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
11


  水温上昇の結果ですが、コネクターが焼けて溶けていると聞いていて、さらにラジエターファンのモーターの動きも怪しいと(勢いがないらしい)。ということで1週間預けていて、治りましたと連絡を受けて引き取りに。
ラジエターファン 一式交換ということで社外品のシュラウド&モーターが最後の一個ということでした。さらにはレジスターも交換で部品代で57,400円ってびっくり。+工賃+税で75,394円と思いの外大掛かりな?(メンテナンス費用が予想以上)の出費となりました。
まあ20年越えの車を維持するのって、整備費用はそれなりにかかるものです。部品が手に入っただけでも良かったと思わなくては。安定した水温で走れるのって快適です(当たり前なんだけど、古い欧州車には夏の日本は過酷なので)。


funkoukan1 20211009.jpgfunkoukan2 20211009.jpgfunkoukan3 20211009.jpg
ところで1週間の代車生活(スバルの軽プレオ初代)で国産車の特に軽自動車の操作系に慣れてしまったために、自分のクリオ2RSに戻って最初は、驚くほど全ての操作系が重い(思い返せばアルピーヌA610に乗っていたからあれに比べれば快適なくらいに軽いのだけれども)、それでも乗り出せば、段々と体は慣れてくるが、直進安定性がいいというか、ハンドリングはねっとりするかのように重くてしかも勝手に直進するかのように、戻ってくる。タイヤがミシュランPS3でグリップが軽自動車とは比べものにならないのもあるけど。クラッチも当然重いし、ブレーキも踏力が要求される(踏めば止まるが)。
それでも1時間も乗ると操作系の重さも気にならなくなり、体に馴染み、安心して、快適に動かせるようになってくる。フランス車って不思議ですね〜。軽自動車の直進性のなさで不安になるのとは対極ですね。
10月だというのに陽射しの暑い日で高速道路や多摩沿線道路の交通量の多いところではエアコンかけての運転でした。エアコンも聞くって素晴らしい(ただしエアコンの効きは軽自動車の方が優秀でした、太ももが冷えてお腹が痛くなるくらい効いていました。フランス車は汗が出ないだけの効き目ですね、それで十分)、それでも最後の10分は窓開けてエアコン内部通路の湿気をとばしてから駐車場に停車です。もちろん最後の10分はエンジン回転も控えめで水温を上げないようにしてから。
秋晴れの中を高原でも走りたい気分ですね〜。

funkoukan4 20211009.jpgsuion5 20210929.jpg

秘密工場にはキャトルのフルゴネットがいました、素敵ですね〜。こういう車でのんびり走るのも良さそうですね。車山の坂を登れるか不安ですが、フレンチブルーミーティングにこんな車で乗り付けるのかっこいいな〜っと思うお年頃です。
4kamotu11 20211009.jpg4kamotu12 20211009.jpg
2021年10月9日 08:55  | Lutecia RS  | コメント(5)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
12


  暑い盛りに水温急上昇、近所を走っているのにオーバーヒート。駐車場に入れたらリザーバータンクがコポコポ言っている。その時は帰りは異常なくて、治ったかと思ったが・・・ 。その次のお出かけで水温上昇気配。高速に乗って風が当たれば冷えるかと期待したのだが80km/h走行でも全く水温下がる気配を見せずにオーバーヒート。
8月の暑い夏の日の朝にローダー呼びました。高速道路のキロポストで停めて連絡したから、ローダーの方にとっても感謝されました。普通はどこに泊まっているかわからなくて大変だそうです。
そのまま秘密工場に持ち込んで、現象から、おそらくサーモスタットだろうと、その場で交換してもらって、無事帰り着きました。

suion2 20210804.jpgsuion1 20210804.jpgsuion3 20210804.jpgsuion5 20210804.jpg
その後は快調でしたが、9月末の秋になって、また水温上昇。今度は信号待ちでジワジワ水温が上がってくる。40km/h程度でも流れていれば水温は正常値に・・・ 。この現象はラジエターファンが回っていない可能性がある。ボンネット開けてみると水温が上がってもラジエターファンが回っていないですね〜。おそらくリレーかと勝手に推察。
その場で秘密工場に連絡して、これから向かいますと・・・ 、場所的に高速に乗るよりも多摩川沿線道路が近かったので、なんとか下道で走行。
ふと思いついてエアコンのスイッチ入れるとファンが回る気配で水温が安定。とっても軽快に走りますね〜。電話で秘密工場に再度連絡、でも向かいますので見てくださいと。
秘密工場ではリレーの可能性が高いけど、ラジエターファンの勢いが弱いのでモーターも逝っているかもと。試乗して確認するのでドッグインして代車で帰ってくださいと軽自動車の鍵を預けられた。
久々の右ハンドル、しかもMT(普段もMTだけど左ハンドルだから)、どうにも運転が慣れない。ワイパーを動かすにはご愛嬌としても、シフトダウンしようとして右手をハンドルから外しそうになって、慌てて左手で操作を何度も。学生時代には右ハンドルのマニュアルで走り回っていたのにね。
suion5 20210929.jpg
ところで20年経過の車だと水温周りに異常が発生するのは経年劣化ですね。仕方がないもので、普段から注意していればいいだけのこと。早く直って帰ってきて欲しいものです。



この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=sJBhJ2aT%2fiP5C0fJ5hiVCg%3d%3d
2021年10月2日 09:49  | Lutecia RS  | コメント(2)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
19


 最近きになるのが、停止線のはるか手前で止まる車! 。信号待ちで後ろが長い渋滞になっているのに停止時の車間距離が長い車も多い気がします。信号の右折レーンなどでは停止線で止まって、車間距離を詰めれば右折車が2倍は並べるのにとか。結果的に右折での信号待ちが2回も3回もになったり。
なんで停止線にぴったり止まれない? 、そもそも寄せて止める気がない? 、教習所で習わなかった? 。車庫入れも下手なんだろうな〜って。

teisi1 20210708.jpgteisi2 20210708.jpgteisi3 30210708.jpg

プロドライバーのバスはしっかり停止線に近づけていますね。F1は黄色い線がタイヤ位置を分かるように停止グリッド以外にも引かれていますが、ピッタリですね(本来は先端が枠から出てはいけないのでしょうが、最近は巨大化しているF1なのでタイヤ位置の黄色い線に合わせると先端がちょっとオーバーするのが普通になっていますね)。

teisi4 20210708.jpg

さて、停止線に寄せて止める競技をランデブーフレンチレトロでは行っています。イベントで走り回るのはできないことも多いのですが、停止線寄せ競技は観客もドライバーも一緒に楽しめるし、運転技術を競うこともできますのでいいなと(フレンチローストピクニックに参加した時にこの競技があり、真似させていただいております)。
出発位置から停止線:黒いブロック(カラーコーンの重し)に寄せていきます。ブレーキは一回のみで微調整は失格。オーバーも失格なので度胸と繊細さが要求されます。
慣れている人は周りの風景で位置を把握してしまうので、スタート直前に停止線位置は毎回動かします。さらには観客の立ち位置や表情で判断する人もいるので、観客にも声を出さないで停止線の手前で見てもらうようにしています。
簡単な競技ですが・・・ 、以外と難しい。運転の腕自慢の人にも難しい競技です。前回はなんと前々回の優勝のプジョー406クーペ乗りが連続優勝、見事に数cmレベルに寄せてきます。
どこでも出来るのでクラブイベントなどでも楽しめます、オススメです! 。
teisi11 20210708.jpgteisi12 20210708.jpgteisi13 20210708.jpgteisi14 20210708.jpgteisi15 20210708.jpgteisi16 20210708.jpgteisi17 20210708.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=LKg4ZMqn0ad2mnYZ7FXeIQ%3d%3d
2021年7月8日 10:22  | etc  | コメント(10)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
9


 日本の往年のレーシングドライバーがレジェンドレーシングドライバークラブを作っておりますが、そこの会報の第1号が「レーサーだって歳をとる! 高齢者ドライバーのいまを考える」です。無料で読めますので皆さんいかがでしょうか? 。二玄社の編集です。
世間一般の高齢者ドライバー批判とは違い、運転の上手い方々の高齢者ドライブに関してのお話は納得でした。

LRDC magazine レーサーだって歳をとる.jpg

http://www.motorsport-japan.com/legenddrivers.html

  先日の免許更新でゴールド免許に復帰しました。府中の免許センターまで行ったので、簡易講習でその場で免許もらって帰ってきました。幸いにまだ高齢ドライバーにはなっていませんが、そのうち認知症の試験とかされるのですね。
まだ高齢ドライバーとか免許返納とかまでは時間的な余裕があるのですが・・・ 、自分での判断では注意力が散漫になってきているのと視力低下(特に動体視力低下)が著しいなと感じるようになってきました。
幸いにというかドリフトとまではいかないまでも、軽いカウンターを当ててタイヤに悲鳴を上げさせながら、山道を走り回ったりとかには通弊を感じないというか、相変わらず楽しんでスポーツドライビングができているのはいいなと思えています。
昔のようにコーナー侵入時のブレーキングで時間を遅く感じて、路面の砂粒まで見えるというのは無理ですね。

高齢ドライバーの見本としてポール・フレールさんを師匠と仰いできましたが、その師匠ですら高齢になってポルシェで高速コーナーでコースアウトして骨折したりしていましたから、無理は禁物ですね。
2021年5月21日 16:23  | etc  | コメント(2)  | トラックバック(0)
プロフィール
水玉のドラグ
水玉のドラグ
マトラ&アルピーヌ生活始めました!
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2021年12月
1
赤口
2
先勝
3
友引
4
大安
5
赤口
6
先勝
7
友引
8
先負
9
仏滅
10
大安
11
赤口
12
先勝
13
友引
14
先負
15
仏滅
16
大安
17
赤口
18
先勝
19
友引
20
先負
21
仏滅
22
大安
23
赤口
24
先勝
25
友引
26
先負
27
仏滅
28
大安
29
赤口
30
先勝
31
友引
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
2021年11月 (1)
2021年10月 (2)
2021年07月 (1)
2021年05月 (1)
2021年03月 (1)
2020年11月 (1)
2020年09月 (1)
2020年08月 (2)
2020年07月 (1)
2020年06月 (1)
2020年05月 (5)
2020年03月 (1)
2020年02月 (1)
2019年12月 (3)
2019年11月 (2)
2019年10月 (2)
2019年09月 (2)
2019年08月 (1)
2019年07月 (2)
2019年06月 (2)
2019年05月 (3)
2019年04月 (3)
2019年03月 (4)
2019年01月 (2)
2018年11月 (2)
2018年10月 (2)
2018年09月 (4)
2018年08月 (3)
2018年07月 (1)
2018年06月 (2)
2018年05月 (3)
2018年03月 (2)
2018年02月 (5)
2018年01月 (5)
2017年12月 (7)
2017年11月 (9)
2017年10月 (5)
2017年09月 (2)
2017年08月 (4)
2017年07月 (7)
2017年06月 (6)
2017年05月 (10)
2017年04月 (10)
2017年03月 (11)
2017年02月 (10)
2017年01月 (10)
2016年12月 (12)
2016年11月 (15)
2016年10月 (11)
2016年09月 (9)
2016年08月 (11)
2016年07月 (9)
2016年06月 (9)
2016年05月 (13)
2016年04月 (11)
2016年03月 (5)
2016年02月 (8)
2016年01月 (7)
2015年12月 (7)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (8)
2015年08月 (12)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (9)
2015年04月 (11)
2015年03月 (12)
2015年02月 (6)
2015年01月 (14)
2014年12月 (11)
2014年11月 (13)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (7)
2014年07月 (9)
2014年06月 (12)
2014年05月 (7)
2014年04月 (7)
2014年03月 (10)
2014年02月 (7)
2014年01月 (7)
2013年12月 (9)
2013年11月 (7)
2013年10月 (4)
2013年09月 (6)
2013年08月 (6)
2013年07月 (9)
2013年06月 (7)
2013年05月 (6)
2013年04月 (4)
2013年03月 (8)
2013年02月 (3)
2013年01月 (7)
2012年12月 (3)
2012年11月 (10)
2012年10月 (4)
2012年09月 (7)
2012年08月 (8)
2012年07月 (7)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (2)
2012年03月 (1)
2012年02月 (4)
2012年01月 (4)
2011年12月 (4)
2011年11月 (6)
2011年10月 (5)
2011年09月 (1)
2011年08月 (4)
2011年07月 (3)
2011年06月 (7)
2011年05月 (4)
2011年04月 (3)
2011年02月 (3)
2011年01月 (2)
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。