ログイン

Clio2RS ルーテシア ルノー スポーツに乗り始めました

マトラ&アルピーヌ降りました(1055車嗜好=M552 + D503)
MATRA Murena & Alpine A610 turbo マトラ&アルピーヌ生活終わりました。
(昔はプジョー406クーペ + アルファ916スパイダーでした)

ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
0


 やってきました、昔の小娘、じゃじゃ馬&粋です。試乗した車と違います、紺色ではなくてシルバーです。八王子陸運局までメガーヌ2で行って、名義変更終わったクリオ2RS、日本名 ルーテシア ルノー スポーツ です。
コンパクトカーですから寝た姿勢ではなく、ちょっと立ち気味の姿勢でペダルは踏み降ろすような感じですし、ミニほどではないけど大きめのハンドルを上から回す感じです。アルピーヌA610やマトラ ムレーナの足を投げ出す姿勢とは違います。スポーツカーという感じではないけど、ルノースポーツのバゲット風のシートはフランス車的な柔らかいけどしっかりしています(乗り降りちょっと不便ですが)。
陸運局から出てすぐにハイオク満タンとGSで頼んだら、お兄さんに「これ古い車だけど綺麗ですね」って声かけられました。1060kgで170PSなんですよって伝えたら絶句してました。
高速で相模湖まで行って、写真撮影。
clio1001.jpgclio1002.jpgclio1003.jpgclio1004.jpgclio1005.jpgclio1006.jpgclio1007.jpg

高速道路でも100km/h走行で3000rpmと静かではないな〜、できれば6速欲しいな〜って感じですが、カタログ最高速が220km/hを5速の6500rpmで出すなら当然ですね(2955rpm)。
高速道路の安定感は抜群でアルピーヌA610よりも神経使わないでハンドルから手を離しても安心です。ただ100km/hから5速のままで加速するとかったるいですよ。4000rpmでも加速はまだダメですが、5000rpmからの加速は結構楽しいです。ただ3.0LのV6ターボは中速トルクがあるから3500rpm程度からも次元の違う加速感を味わいましたが、同じディエップのF4Rエンジンでもノーマルアスピレーションは回して楽しむしかないですよね。それでもメガーヌ2とは加速性能段違いです。

相模湖の後は大垂水峠を走り回っていました。コーナーでGかけて遊んでいるとカーナビが転がり落ちてワイパーが動いてびっくりで流石に3回も落とすと、後半はポカールレースのようにゆっくり駆け下りてきました。
3速でグリグリ回して楽しいですが、2速でタイヤを変形させてアンダー出しながら、ニュルニュル回ってアクセルオフにするとしっかりタックインしますが、大昔の初代トゥインゴ程ではないですけどドアンダーからアンダーになる程度なんですけど、タックインで姿勢変化すると後輪がブレークするのでカウンター当てながら5000rpmからの加速はまるでアルピーヌA610をアクセルで自由自在に振り回していたのを思い出します。
ルノースポーツで味付けするからフランス車スポーツカーの姿勢変化ってこれだよな〜って、懐かしくなりました。

帰りはカーナビ転がらないように、ゆっくり優雅に流してきたのですが、それはそれでフランス車の猫足を実感できて、これクリオ2はとっても楽しい車です。
メガーヌ2は2.0で右ハンドルのAT4速で、実用的でいい車でした。エアコン壊れなければ車検継続して乗っていいかなとか考えていましたが、ずっと我慢して乗っていたんだな。クリオ2RS(ルーテシア ルノー スポーツ)で本来のドライビングスタイルに戻ってきたのを実感できました。幸せってこれですよ。
思わず名セリフが口から出てきます「ソロモンよ、私は戻ってきた」by アナベル・ガトー 。
2019年5月20日 17:54  | Lutecia RS  | コメント(0)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
6


 イタリアの小娘に浮気しようかと真剣に悩んでいました。でも念のために秘密工場の猫社長に相談すると、メガーヌ2を購入直後に連絡があったクリオ2RSを自分用で乗っているけど譲ってあげてもいいよって、すぐに試乗に飛んで行きました。
このクリオ2ってリヤウィンドウの丸いデザインが好きだったんですよね。ハイストップランプ付けるために樹脂パーツで覆われているけどオリジナルデザインは湾曲したリヤガラスが剥き出しで独特だったんですよね、とんでもなくコストかかっているな〜って当時見ていました。しかも紺色って貴重ですよね!!! 。
 clio001.jpgclio002.jpg
日本ではホンダがクリオをディーラー網として登録していたのでパリのラテン語読みのルーテシアにされてしまったクリオ2ですけど、当時はそれなりにコンパクトカーとして売れたんですよね、そして2000年にルノースポーツとしてRSが発売されると超人気で納車待ちのウェイティングリストが長々と。だってアルピーヌのデュエップ工場で日産33台って特別なモデル。ちなみに国内のディーラー仕様は鉄ボンネットだけど並行物はアルミボンネットだとか。初期型のこの眠たげなフロントマスクがいいんですよね。ちなみにいつでも買えるようになった後期型はスロベニア工場製でアルピーヌの遺伝子はないとかかんとか言われていますが、関係なく楽しい車です。
コンパクトカーに2Lの16バルブ170PSのF4Rと呼ばれるエンジン搭載ですから、とんでもないです。噂では手組みのエンジンとか? 。さらにホイールも素敵ですよね、まるでSifoのホイールのようです(^^)
clio003.jpgclio004.jpg
試乗しました、19万km走行とは思えないグッドコンディション!!!!! 、シートは古いフランス車を思わせるフンワリしなやか、ルノースポーツのバケットシートってこんなに素敵なのって言いたくなるほどです、大昔に乗っていたプジョー604や前回試乗したプジョー505を思い出すほどです。
エンジンマウントと交換しているしダンパーも交換して、2000年製を考慮すれば最高です。エンジンも高回転で伸びがとんでもない、1080kgに170PSはアルピーヌA610には及びませんが、昔乗っていたルノーR21tに迫るものです、バルケッタは足元にも及びませんし、AT3速のプジョー505GTiとは次元が違います、惚れ込みました(^^) 。
で、最大の問題はまるで老婆が口を開けているようなセンターコンソールのルーバーの欠落、3万円位までは出してもいいからこのパーツ手に入れませんかと聞いたら、これが欠品(><) 、ほとんど全てが外すときに壊れちゃうと・・・ (;;) 。 
clio005.jpg
これでは買うのは・・・ 、悩んでいると・・・ 、実は業販で出物があるとの情報が秘密工場の猫社長より・・・ 。
次回に続きます(^^) 。
2019年5月18日 18:37  | 次期候補?  | コメント(2)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
16


 前の浮気は ALFA916Spider でした。ずっとフランス車だったのにお友達の女流作家さんのアルファロメオ好きだな〜の一言で浮気! 。フランス車コミュニティの皆様には裏切り者〜って罵られました(^^; 。東京ドイツ村や車山にイタリア車で行って浮いていました(><) 。3年くらいでプジョー406クーペを増車してフランス車コミュニティに復帰できましたけど(^^) 。
midai000.jpg
浮気したアルファ916スパイダーは素敵な車でした。イタリア車って性能は大したことなくても雰囲気盛り上げるの上手なんですよね(^^; 。フランス車は必要にして十分であっても官能的ではなかったりするのが多い。でも実際には乗り心地とコーナーリングでの走安性は、おそらく世界一の水準だと思っています。
性能的にプアなフランス車ですがフレンチロケット呼ばれたR21t(ヴァンテアンターボ)はとびきりのFFスポーツカーでした。
paris0506.jpg 
加速性能がないのにコーナーリングスピード(通過スピード)が異様に速いフランス車ばかり乗り続けていたのにR21tで加減速の姿勢変化でコーナーリングするのを覚えて、さらにフヌエkm/hで巡行するのを体感して、フランス車の世界が変わりました。

プジョー406クーペでリミッターで制限されている国産車を追い抜きつつ、譲ってくれてもバビューンとはいかないのを恥ずかしくてRRのアルピーヌA610ターボに乗り換えてふあわkm/h巡行ができるようになって、スーパーカーの世界に入れてもらい。さらにマトラムレーナのミッドシップとの2台体制になって、フレンチトーストピクニックとかランデブーフレンチレトロとか参加させてもらって。素晴らしい世界に入っていました。
gantantoukei000.jpg
二台とも手放して中学時代に憧れたA310とバゲーラを買おうと画策したのですが、海外から持ってくるのに予算オーバーで、とりあえず下駄車として購入したメガーヌ2の5ドア2.0が思いの他に必要十分でした。やっぱりクリフカットのお尻は独特ですよね。
hatunori103.jpg
でも右ハンドルが運転するの辛くて・・・ 、左ハンドルの古いフランス車買おうかとプジョー505をお友達から譲ってもらおうかと画策して・・・ 。ほぼ決まっていました。
505 002.jpg505 003.jpg

それなら浮気して2台体制でもいいかと(^^) 。プジョー505を買うよって返事した日の夜に出て来てしまったフィアットバルケッタ リミテッドの黒!!! 。これ新車当時に買おうとディーラーに行ったんです。納車半年待ちで我慢できなくてスルー 。でも学生時代に憧れた彼女のように心に住み続けています。ずっとカタログ持っていたんです、引越しで処分したけど(><) 。
すぐに知り合いの販売店に電話して情報アップされた翌日に試乗(同乗)しに行ってきました、ワクワクします。その場で買いますって言って、ローン審査(同時に2台買うのでプジョー505が現金で、バルケッタ リミテッドはローン組もうとして)、落ちました(><) 、確かに60目前で、転職して引っ越して半年以内では社会的信用ないです(><) 。鎌倉に25年住み続けていた時にはローン審査はいつでも通ったものでしたが。そこでプジョー505を諦めて、貯金でバルケッタ リミテッドを買おうかと悩んでいます。
barltd001.jpgbarltD002.jpgBARLTD003.jpgBALLTD004.jpg
黒ですけど小豆色に見える不思議な黒の外装は実は好きではないんですけど、でも黒の赤幌は素敵です。一番の決め手は内装の赤革、これって気分を高揚させるんですよね。昔にはアルファスパイダーツインスパークに乗って優雅に走っていましたが、バルケッタはこの小ささが素敵なんですよね!!!!! 。左の運転席に座れば、気分は最高! 、助手席に座って近所のドライブ試乗は気分上々でした、これですよね。左のマニュアルの小さなオープンカー!!! 、オープンは七難隠すって実感できます。
これって必要十分でなく、心ウキウキする高揚感があるんですよね・・・ 。これ乗るべきだよな〜、秘密工場の社長にもドラグさんはオープンカーのイメージだよねって昔から言われていて、アルピーヌやマトラよりもオープンカーが似合うと言われているし。
でも必要十分なメガーヌ2は文句は何もないし(;;) 。

二度目の浮気をするべきか? 、家庭を大事にするべきか(^^) 。悩みつつ平成から冷和に突入です。
63代前に村上天皇の御落胤を迎えた村上水軍で毛利藩の国家老で水軍を指揮していた先祖に感謝しつつ、影武者が即位する冷和が6年で終わるそうですが、薄いとはいえ血統を継承する一人として、新時代に突入するこの日にどうしようかなって(^^) 。
結局は左のMTのオープンなスポーツカーがフランス車にあれば最高なんですけど・・・ 、RCZは屋根開かないし、レンタカーで乗り回したけど悪くはないけど心踊らないんですよね。
プジョー504カブリオレならどうかなとか思っていたのに乗れなかったし、プジョー304カブリオレは赤色で断念したし。本当に出会った瞬間に乗りたい車って出てくるのでしょうか? 。
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=toJSGyKNHNqdAmcKDXWVtg%3d%3d
2019年5月1日 17:39  | 次期候補?  | コメント(7)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
11


 友達がプジョ−505を手放すというので買いたいと試乗に行ってきました。FBMの車山でレマンさんがとっても綺麗なプジョ−505V6 ?を展示していましたね。グレーのバリ物、値段も高かったかな。
国内では珍しい2.2L4気筒のGtiグレードの初期物。
505 001.jpg505 002.jpg505 003.jpg505 004.jpg
試乗させていただくと、大昔の乗っていたプジョ−604にそっくりな乗り心地、猫足のFRプジョーの典型です、いいな〜。買いたいって言っちゃいました。
ふんわりしっかりの古き良きフランス車の乗り心地! 、特に革張りではなくてファブリックのシートは絶品です。
しかもピニンファリーナのシンプルなスタイリングは最高ですね。セダンはこうあるべきって感じです。

で、買うつもりだったに・・・ 、断念することに、いろいろ個人的事情はあるんです、一番の原因は3速ATかな、壊れないんだけど(><) 。
社会人なりたてに乗っていたプジョー604は最高でした。母親をリヤシートに乗せて運転しているとショーファーさんと呼ばれました。母親はリヤシートでウトウト。メルセデスより乗り心地良いと言ってました。

pugeute604.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=XnhksEDzrAGU9bJWTJXaHg%3d%3d
2019年4月27日 02:26  | 次期候補?  | コメント(2)  | トラックバック(0)
witten by 水玉のドラグ
世界中
うんうんする
9


 どうにも縁がないメーカーですが、これまで二回買いそうになっていました。そして今回3回目。日曜日の夜にほろ酔いでネットを見ていて見つけた!!! 。ヴェンチュリのトランスカップ! 、価格応談!! 。営業時間外だと思いながらも電話して、買いたい見たい、すぐに飛んでいくって(^^) 。ところが商談中でおそらく売れちゃうとの返答(><) 。遅かったか〜。

最初に縁があったのはプジョ−406クーペを買って半年位の頃に世田谷でヴェンチュリ トランスカップが売りに出ていました。当時は厩舎の人気が全くなかった頃でフェラーリのデイトナが680万円で売りに出ても買い手がつかない頃です。アルファ916スパイダーとプジョー406クーペのピニンファリーナ兄弟車(同時期にピニンファリーナで架装している写真がありました)である意味で一つの究極の車趣味を極めている時でもあり、流石にヴェンチュリそれもトランスカップは敷居が高いかと断念したのですが、現在になればあの時に買っていれば(当時は維持できなくて手放した可能性も高いですけどね)とずっと後悔も。

22_mvs.jpg

次はアルピーヌA610とマトラムレーナ に乗っている時に大阪でベンチュリ400が売りに出ました。ネットで見ていて価格応談ですけど、すぐに電話して話きくと結構な値段(それこそアルピーヌとマトラを買った値段を合わせたくらい)を言っておりますが、何度か聞いてみると妥当な値段で売却の話も、それでも高いですけどね。何件も問い合わせもらっているというので、流れたら再交渉と待っていたら四国の方がお誕生日の自分へのお祝いに買われたという記事が出ていました。そういえばレース仕様のヴェンチュリ500も四国に生息していると聞いています。
アルピーヌとマトラとヴェンチュリってガレージ(駐車場ですけど)に並べて眺められたら幸せの極みでしょうね(^^) 。
venturi ask000.jpg
この時は結構本気で購入も考えていて、秘密工場にヴェンチュリ持ってきたら整備できますかって聞いていました。主治医は嫌がったんですよね〜。若い頃に会社でヴェンチュリの登録を任されたんだけど、窓のレギュレーターセットのギヤ切りが悪くて手でギヤ彫り直したとか、いろいろ苦労聞かされて、できることなら触りたくないと(^^; 。

そういえば最初のトランスカップの前に白い300?が出ている時に興味だけは持っていたら、イベントであった方が見に行ったんだけど状態が悪くて買うの断念したとか聞いていました。もちろん旧車は人によって程度の判断違うからなんともいえないんですけどダッシュボードの木目が剥がれているとか聞いて、当時は手がすくんだものです。それはルノーR21tに乗っていた頃かな〜。

そして今回はなんとトンラスカップ!!! 。色は前の世田谷の車とは違うけど、国内にトランスカップが何台もあるとは思えないので塗り直しかな〜って。世田谷のは渋い色で高級住宅地向けだなって感じでしたけど、今度のはイベント用に彩度の強い発色のいい色ですね。 
なんと3日後に山梨まで見に行っちゃったんですけど・・・ 、営業担当者は東京で会議とかで会えませんでした。しかも売れちゃったって。現車だけでも拝みたかったな〜。最初の電話でも聞き出した値段は高かったけど買いたいって言っていたし(^^; 。
でも縁がないと来ないのよね。

f40323e7.jpg00202070.jpg46c69e76.jpg22f03da3.jpg
この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=xsPYjJ3qes%2bGFxYKPdUPjw%3d%3d
2019年4月14日 09:30  | 次期候補?  | コメント(2)  | トラックバック(0)
プロフィール
水玉のドラグ
水玉のドラグ
マトラ&アルピーヌ生活始めました!
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2019年5月
1
大安
2
赤口
3
先勝
4
友引
5
仏滅
6
大安
7
赤口
8
先勝
9
友引
10
先負
11
仏滅
12
大安
13
赤口
14
先勝
15
友引
16
先負
17
仏滅
18
大安
19
赤口
20
先勝
21
友引
22
先負
23
仏滅
24
大安
25
赤口
26
先勝
27
友引
28
先負
29
仏滅
30
大安
31
赤口
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
2019年05月 (3)
2019年04月 (3)
2019年03月 (4)
2019年01月 (2)
2018年11月 (2)
2018年10月 (2)
2018年09月 (4)
2018年08月 (3)
2018年07月 (1)
2018年06月 (2)
2018年05月 (3)
2018年03月 (2)
2018年02月 (5)
2018年01月 (5)
2017年12月 (7)
2017年11月 (9)
2017年10月 (5)
2017年09月 (2)
2017年08月 (4)
2017年07月 (7)
2017年06月 (6)
2017年05月 (10)
2017年04月 (10)
2017年03月 (11)
2017年02月 (10)
2017年01月 (10)
2016年12月 (12)
2016年11月 (15)
2016年10月 (11)
2016年09月 (9)
2016年08月 (11)
2016年07月 (9)
2016年06月 (9)
2016年05月 (13)
2016年04月 (11)
2016年03月 (5)
2016年02月 (8)
2016年01月 (7)
2015年12月 (7)
2015年11月 (5)
2015年10月 (4)
2015年09月 (8)
2015年08月 (12)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (9)
2015年04月 (11)
2015年03月 (12)
2015年02月 (6)
2015年01月 (14)
2014年12月 (11)
2014年11月 (13)
2014年10月 (12)
2014年09月 (12)
2014年08月 (7)
2014年07月 (9)
2014年06月 (12)
2014年05月 (7)
2014年04月 (7)
2014年03月 (10)
2014年02月 (7)
2014年01月 (7)
2013年12月 (9)
2013年11月 (7)
2013年10月 (4)
2013年09月 (6)
2013年08月 (6)
2013年07月 (9)
2013年06月 (7)
2013年05月 (6)
2013年04月 (4)
2013年03月 (8)
2013年02月 (3)
2013年01月 (7)
2012年12月 (3)
2012年11月 (10)
2012年10月 (4)
2012年09月 (7)
2012年08月 (8)
2012年07月 (7)
2012年06月 (2)
2012年05月 (3)
2012年04月 (2)
2012年03月 (1)
2012年02月 (4)
2012年01月 (4)
2011年12月 (4)
2011年11月 (6)
2011年10月 (5)
2011年09月 (1)
2011年08月 (4)
2011年07月 (3)
2011年06月 (7)
2011年05月 (4)
2011年04月 (3)
2011年02月 (3)
2011年01月 (2)
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。