ログイン
カーくるトップへ
ブログ
イベント
フォト
ゲストブック
プロフィール
witten by ザウルスマニア
世界中
うんうんする
2


 
いつものCar's&Coffee も、今回は令和初めてということですが、特別変わったことは有りません。
唯一変わったといえば、いつもは第1週目の日曜日なんですが、今回は主催のオートプラネット名古屋が外車中古車販売店のイベントがいつもの第1週に行われているので第2週になったのでした。
 
alt
 
最前列には今回スポーツカーが並んでいました。
alt  
 
alt 
 
いつものように気になった車(ごく個人的な趣味です)を撮って来ましたので、時間のある方はご覧ください。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
私は、この春2回目のコーティングメンテナンスをしたばかりで並べても恥ずかしくない程度になっています。
alt 
 
alt 
 
前列に並んでいた車を後ろからも撮影してきた。
alt 
 
alt 
 
ユーノスが販売していたゴッツイアメ車をOEMした車も来ていた。
隣りはセンチュリー。
このごった煮状態がCar's&Coffee なんです。
alt 
 
古いホンダ シャリーも来ていた。
私もDAX ホンダで行っても良いかなと思っていたんですが、折角コーティングメンテナンスしたばかりなのでロードスターでの参加を選択しました。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
今回はフェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーが多めに来ていました。
alt 
 
alt 
 
これはいつものスパイスレンタカーです。普通に借りて乗れます。
alt 
 
このオーナーは外国の方です。
alt 
 
alt 
 
このロータスヨーロッパは、遅めに登場したおかげで、中央付近には停まれませんでしたが縁の方に隙間ができていたようでこっそり停まっていました。
alt 
 
alt 
 
ロードスターのオアシスミーテング(姫路市で開催)の日だったので、多少ロードスターも少なかったのですが、C-スペックと、M1-1001の貴重な限定車が2台並んで停まっていた。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
コペン軍団は、いつもこの奥の部分に集まっています。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
毎回個人的にミニコンサートして楽しんでいる人もいます。
車はスーパーチャージー装備のスバルR1です。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
まだまだ撮り切れていないし、この正面のオートプラネット名古屋の屋上駐車場にもたくさんはみ出したうるまが停まっていますが、今回も屋上駐車場までは出かけませんでした。
 

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=8ZBLCuXA3HUzob2S6XB%2fKQ%3d%3d


witten by ザウルスマニア
世界中
うんうんする
0


 前回施したオートグリムのウルトラディープシャインの仕上げにオートグリムのエクストラグロスプロテクション掛けてやりました。




このエクストラグロスプロテクションは透明のシャビシャビの液体なので塗るのは超簡単なのに拭き取りが結構重いので、かなり面倒ですが、必要なプロテクション作業ですから頑張って掛けました。






小さなロードスターでも布地1枚では綺麗に更けなくなり、最低でも2枚必要です。





オートポリッシャー用の拭き取り布2枚と仕上げよう1枚で何とか拭き取れます。
更に透明だったはずなのに、不透明なウルトラディープシャインよりも沢山の白い粉が飛び、もう1回洗車したくなるほどですが、仕上げの布で弾き飛ばして誤魔化しました。

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=YWoaF5nJkjVfx9XEzZbNQA%3d%3d
2019年5月14日 00:06  | メンテナンス  | コメント(0)  | トラックバック(0)


witten by ザウルスマニア
世界中
うんうんする
3


 
今まで参加したことの無かった荘川桜とせせらぎ街道オフ会に行ってきました。
何とゴールデンウィークの始まったばかりの4月28日でしたが、グズグズする悪い癖で今までアップせずに放置してきちゃいました。
アップの作業も10連休という感じです。
 
自宅を出発して第一集合地点の長良川SAに集合します。
alt
 
流石にゴールデンウィークなので、長良川SAは満車表示ですが、集合地点なので入場します。
集合時間の15分前に到着したのですが、もう結構集まっています。
alt  
 
alt 
 
関西からカルガモ走行して中部地方の集合時間より30分ほど遅れ、最終出発時間に近い時間に到着して、トイレ休憩時間も無くすぐに出発となりました。
早くも50台近くのオープンカーが集まり、大集団での出発になりました。
alt 
 
大量のオープンカーで荘川ICから道の駅桜の郷荘川にどんどん入り込むと、そこには北陸方面から来たオープンカーがたくさん駐車していて、この時点でもう90台以上の大集団になりました。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
この辺りで昼食を取り、次の集合地点の「ななもり清見」に集合ということですが、折角荘川桜を見に来たので友人と2台で荘川桜に向かいました。
alt 
 
駐車場は何とか荘川桜近くの第一駐車場に入れました。
alt 
 
alt 
 
荘川桜の周りには足元の良い道が付けられていて、のんびり見て周ることができます。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
ここから戻って道の駅ななもり清見に行こうか、折角ここまで来たのだから白川郷に行っちゃおうかと迷い、白川郷に行くことにしました。
alt
 
途中で御母衣ダムのダム湖側から見られる駐車スペースがあったのでちょっと撮影。
alt   
 
ダムの下からも撮影。
平瀬温泉横を抜ける辺りは渋滞も無く快適でしたが、白川郷に入ると、北から南に向いて大渋滞で、白川村萩町駐車場へ入場する車が物凄いようです。
alt 
 
村に入るのをあきらめて展望台に向かうと、案外簡単に駐車することもできました。
alt 
 
高い山にはまだ雪が残り、村のメインストリートには多くの人が歩いています。
alt 
 
alt 
 
ここから道の駅ななもり清見にはとても間に合いそうにないし、次の集合地点の道の駅パスカル清見にも間に合わない。
最終目的地の國田家の芝桜にも間に合わないことが分かったので、名古屋近辺の渋滞を避ける意味もむくめて合流出来ない旨をイベントページに書き込んで白川郷ICから名古屋に向かいました。
南向きの渋滞は限りなく続く感じでしたから、早めの決断は正解でした。
alt 
 
帰り道で久々にすっきりしたキリ番もゲットできたツーリングオフ会で楽しい一日を楽しめました。
心配した一宮JCTでの渋滞はさほどではなかったのですが、ゴールデンウィークらしく渋滞内での追突事故の渋滞は起きていました。

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=7SdmZKl57jl5BnnGuraZSQ%3d%3d
2019年5月7日 18:47  | オフ会  | コメント(0)  | トラックバック(0)


witten by ザウルスマニア
世界中
うんうんする
17


 
今年の新舞子サンデーは、1月から4月の4回行われてきました。
いつもの年は5月を最後に3ヶ月間夏のお休みに入ります。
 
別に暑いからお休みになるわけではなく、会場の駐車場は、夏の間会場脇にある人工海浜の海水浴場の駐車場として混雑するので、お休みになるのです。
 
いつもの年には5月まで開催して、6月から3か月間お休みになるんですが、この施設のイベントが5月の予定日と重なってしまうということで、今回で一時休憩になります。
 
そのせいか、暖かい気候のせいか参加車両はまぁまぁ多かった感じでした。
alt
 
いつものように、私の心に刺さった車のみの撮影ですが、気になった車はそんなに多くなかったんですが、撮影し終わってから参加して来て車に気になる車も有ったようですが、残念ながら撮り損なった物もあるのはお許しください。
 
駐車した正面にロータスエリートを中心に、左右に旧モデルの黄色のエリーゼがバランス良く駐車していました。
alt  
 
隣りにはシープのピックアップが停まっていました。
alt 
 
反対側にはアストンマーチンが3台まとまって並んでいました。
alt 
 
前回も来ていたスバル アルシオーネも来ていましたが、今見るとSUVのような車高ですね。
alt 
 
レクサスマークを付けたツインもいました。
alt 
 
フェラーリテスタロッサは美しい、いかにもフェラーリらしいボディーを見せてくれますね。
alt 
 
シルバーのTVRも来ていました。
alt
 
藤原とうふ店のロゴを付けた旧86も来ていました。
 
alt  
 
新旧スポーツカーの並びですね。
alt 
 
戻ってくる時、テスタロッサの横にもう一台並んでいました。
alt 
 
今回は以前に近いくらいスーパーカーも参加して来ていました。
alt 
 
当然バブルカーだって参加して来ていますが、ちょっと少ないかなぁと思います。
今回はお友達のメッサーシュミットだけでした。
alt 
 
バックもできるんですが、少々不調だし、面倒な操作(エンジン逆回転でバックする)のですが、軽いので押した方が簡単なので、押してバックさせています。
 
この後後席に二人乗って会場内を移動しましたが、珍しい車におっさん3人も乗ってキャノピーを開けて走って行ったので、珍しがってカメラを向ける方が大量にいました。
 
alt 
 
そろそろ帰ろうと車に乗っていると久しぶりに増えたスーパーカー(アベンタドール)が帰っていくので最後にキャッチ!

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=sPIGyVageUYURKX1vikdYQ%3d%3d
2019年4月21日 20:24  | 新舞子サンデー  | コメント(0)  | トラックバック(0)


witten by ザウルスマニア
世界中
うんうんする
6


 
毎月ほとんどの回で参加しているCar's&Coffee も、今回で50回目を迎えました。
 
今回は50回記念ということで、先着100名様にステッカーが配布されているということと、4月になって来て気候も良くなり、晴天であることからかなり早めからの参加者が集まってくだろうと、いつもより30分以上早く会場に向かった。alt
 
流石に、まだ満車状態ではなかったが、かなりの参加者が駐車していた。
このイベントは、コーヒー一杯(100円)を呑むことで参加になります。
この日は早めに行ったので、ホットドックとセットで500円を注文した。
このコーヒーを買う列は、普段は8時開始の15分前程度に並ぶんですが、今回は先着100名のステッカーを狙ってか7時30分には行列ができ始めてきました。
私も素早く列に並んで、見事ステッカーをゲットしました。
alt 
 
いつものように、気になった車を(あくまで私の個人的な感覚です)撮影してきました。
alt 
 
今回はランボルギーニ カウンタック(オーナーさんは、イタリヤ読みのクンタッチと言われます。この意味は、感嘆符〔ビックリマーク〕です。)が参加していました。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
今回は、トゥクトゥクの新車が参加していました。
カタログを貰ってきましたが、1台いくらかは表示して無かったので分かりません。
alt 
 
近くでじっと見てみたら、溶接が素人のようで、大丈夫なのかって造りでした。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
カウンタックと比べると、バブルカー(BMW イセッタ)3台分くらいの幅ですね。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
気になる車が、早々に出ていくので、ちゃっかり走行中に撮影した。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
alt 
 
今回はロードスターが沢山参加していました。
alt 
 
alt 
 
alt 
 
この車、わナンバーなんですが、レンタカーなのだろうか、それともリースなんだろうか?
alt 
 
alt 
 
alt 
 
お友達のマキさんは遅れて到着して、駐車スペースが無くて縁の方にチャッカリ駐車してた。
alt 
 
最近お知り合いになった、千葉県柏市から名古屋に来られたハイランドグリーンのブレーズエディションで、私のハイランドグリーンのプレステージエディションと2台並ぶのは、全国的に見てもかなり貴重な風景なんですが、色も含めてけっこう地味なのかも。
ロードスターに詳しいロードスター乗りにはこの貴重さが分かるかもしれません。

この記事へのトラックバックURL
https://carcle.jp/TrackBack.ashx?TR=O4RTuxA8qI7m0y01K9TeHg%3d%3d


プロフィール
ザウルスマニア
ザウルスマニア
ハイランドグリーンというかなり暗い色のグリーンのマツダロードスターNC1のRSRHTに2008年から乗っています。プレステージエディションという限定バージョンです。
愛車情報
カーとも
参加グループ
広告
カウンター
Counter
2019年6月
1
先勝
2
友引
3
大安
4
赤口
5
先勝
6
友引
7
先負
8
仏滅
9
大安
10
赤口
11
先勝
12
友引
13
先負
14
仏滅
15
大安
16
赤口
17
先勝
18
友引
19
先負
20
仏滅
21
大安
22
赤口
23
先勝
24
友引
25
先負
26
仏滅
27
大安
28
赤口
29
先勝
30
友引
新着記事
記事検索
検索語句
カテゴリ
最近のコメント
最近のトラックバック
タグ
アーカイブ
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る