ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

スパイスレンタカー アルファロメオ145で行く高原ドライブ

世界中
うんうんする
6


梅雨真っ只中!
週末ごとに雨が降り、皆さんもそろそろ愛車でお出かけしたくてうずうずされている頃だと思います。
カーくる編集部はこんな時期だからこそ!と、名古屋から涼しい高原までちょっとお出かけしてきましたよ~!

19harada-niknik.jpg

そんなドライブの相棒はスパイスレンタカーさん 期待のNEWフェイス アルファロメオ 145 クアドリフォリオ セリエ・スペチアーレ!

19harada-nik (12).JPG

アルファロメオ145といえば、優れた居住性と高性能をあわせもつスポーティ3ドアハッチバック。
日本国内へのデリバリーは1996年から開始され、スポーツモデルにあたるクワドリフォリオ(右ハンドル、5速MT)のみが正規販売されました。ちなみに、この クワドリフォリオとはアルファロメオのスポーツモデルに与えられる伝統的な名称で、四葉のクローバーを模したバッジが
ボディに貼られます。
19harada-nik (13).JPG19harada-nik (10).JPG19harada-nik (17).JPG

しかも、このスパイスレンタカーさんの145は日本に導入された145の最終限定車であるセリエ・スペチアーレ(2001年式)で、250台の限定車の中の1台。
なんとそのNO.は166で、往年の名車 アルファロメオ166を思い出させてくれます。
また、
セリエ・スペチアーレの特別仕様として、レザーハンドル・シフトノブ、オリジナルMOMOフロアマット、シリアルナンバー入り真鍮プレートなどが装備されていました。
19harada-nik (14).JPG19harada-nik (15).JPG19harada-nik (16).JPG

さあ、そんなご機嫌な145ですが、東海北陸道の川島PAを出発してまず向かったのは長良川SA。
東海北陸道を北に向かうとどうしてもここに立ち寄りたくなるのはこれがあるからなんですよね・・・テイクアウトコーナーのブルーベリーソフトクリーム!
甘酸っぱ~いソフトクリームが日差しの暑い季節のドライブにはもってこいなんです。

19harada-kei (12).JPG

時間に余裕があったらぜひお立ち寄りを。お勧めの逸品です。
ソフトクリームで体をクールダウンしたら今度はグイッとアクセルに力をこめて東海北陸道を北上です。

66072816_1162445030631019_5188217130885054464_n.jpg

アルファロメオ 145のエンジンは、直列4気筒DOHC 2.0L ツインスパークのガソリン(ハイオク)エンジン。最高出力は155PS、最大トルクは19.1kgf·mを発生します。
5速のミッションをシフトダウンしながら上り坂の多い高速を走ると、若干のパワー不足を感じる時もありますが、速度が乗って安定した高速走行になれば気持ち良いの一言!
高速域での直進性は高く、クイックなハンドリングで前走車の追い越しの際にもヒラヒラと軽やかに車線変更してくれます。

さあ、高原ドライブ最初の目的地は
岐阜県郡上市高鷲町にある湯の平温泉です。
湯の平温泉
http://www.yunohiraonsen.jp/

19harada-nik (22).JPG

この湯の平温泉はトロッとした肌触りのお湯で、一度入ると忘れることはありません。
泉質もナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉なので神経痛、筋肉痛、五十肩、関節痛から疲労回復まで効能が広く、日頃からの疲れを癒すにはもってこい。
室内湯はもちろん、露天もあるのでゆっくりと浸かることができます。

温泉で汗を流し、温まって疲れを癒したあとの楽しみも欠かせません。
冷えた珈琲牛乳が火照った体に染み渡ります!

19harada-kei (13).JPG

汗を流してサッパリしたら、今度は高原の隠れ家カフェへ向かいます。
ホントは教えたくない!
でも、こんなにも素敵なお店は皆さんにも知ってほしい!
郡上市高鷲町ひるがのにある草原カフェ ひるがのラシェーズさんです。

19harada-nik (35).JPG

ひるがのラシェーズ
http://www.hane.gr.jp/

「のどか」という言葉がぴったりな佇まいのラシェーズさん。
ラウンジからは草原の景色が広がり、オーナーお手製のケーキやドリンク、ランチを楽しむことが出来ます。

19harada-nik (34).JPG

今回はティーソーダとアップルパイをオーダー。

 爽やかなティーソーダを頂きながら待つこと15分、焼きたてホカホカでサックサクのアップルパイは待つ甲斐のある美味しさ!

19harada-kei (62).JPG

ミシュランガイドには載ってはいませんが、立ち寄りたいカフェです。

ただしこちらのラシェーズさんですが、公道からのアクセス路は未舗装路で大きめのわだちがあります。
訪れる際には十分お気を付けを。

19harada-nik (61).jpg

今回のドライブは一泊旅行。
お泊りは欧州車仲間と素敵な高原のお家にて!

19harada-nik (47).JPG

レンジローバー・フィアット・アルファロメオ・プジョー等の個性的なオーナーが集まると楽しい夜はあっと言う間に更けて行きました。

19harada-nik (69).JPG

そして二日目はひるがの高原からさらに北上し、高山へランチにお出かけ。
向かったのは行列覚悟の蕎麦正さん。

19harada-nik (55).JPG

蕎麦正
https://tabelog.com/gifu/A2104/A210401/21000130/

ちょっと出遅れてしまい、開店の11時過ぎに着いたので駐車場はほぼ満車でしたが・・・この日は運良く5分待ちで入店することが出来ました!

おろし蕎麦をオーダーし、蕎麦が来るまでに岩魚の甘露煮を頂きます。
いや~、清流で育った岩魚の甘露煮、ホロホロと身がほぐれて本当にうまい!

19harada-kei (55).JPG

そして真打ちのおろし蕎麦(大盛)!
辛味の効いた大根おろしと香り高い蕎麦の相性は抜群!
こちらの大盛りは結構なボリュームなのですがツルツルっと頂けてしまいます。
是非、ドライブがてらのお立ち寄りをお勧めします。

19harada-kei (56).JPG

今回、名古屋から一泊二日で往復300キロ弱のドライブでしたが、スパイスレンタカーさんからお借りしたアルファロメオ 145は快適の一言。
また、それ以上に2.0L ツインスパークエンジンを楽しみつくした!というのが素直な感想です。
アルファロメオフリークの中では軽く拭け上がるツインスパークエンジンは高く評価されています。
是非、このエンジンのフィーリングを体験したみたい!という方にはこの145のレンタルをお勧めしたいと思います。

19harada-kei (63).JPG

これからの季節、都市部は暑くなりますので涼を求めて145でひるがの高原、高山などにドライブに行かれるのは良い避暑になること間違いありません。
気持ちの良い温泉、美味しいケーキとドリンクのカフェ、是非、皆さんも探してみてください。

【取材協力】
スパイスレンタカー
満油商事株式会社  上名古屋セルフステーション
名古屋市西区上名古屋三丁目21番18号
TEL 052-531-6796
FAX 052-531-6796
HP:
https://spice-carrent.jp/
 
reported by い~さん

July 12,2019 Fri   CATEGORY:コラム  
「うんうん」した人

JAIA輸入車試乗会2019 ~ DS Automobiles DS7 CROSSBACK Grand Chic BlueHDi ~

世界中
うんうんする
5


バブルの残り香・・・

IMG_5354.jpg

筆者は過去に短期間であるが、DS5をマイカーとして所有していた事が有る。 独特の内外装に惹かれ半ば衝動的に購入したのであるが、私はシトロエンが好きで他にもBX、エグザンティア、C4ピカソを乗り継いでおり、DS5にも同じような乗り心地を期待してしまい、私の中のシトロエンのイメージとギャップを感じ、結果的に短期間で手放してしまったのであるが。

IMG_5356.jpg

但し、このDS7DS Automobilesとしては久々のブランニューモデルであり、なおかつ専用設計となる初めてのモデルである。 果たして、DSらしい個性と乗り心地はどうか・・という事で非常に試乗が楽しみであった。

初対面の第一印象は、結構コンパクトだなと感じた。 DS7という車名からDS5よりも一回り大きなモデルを想像したが、実際は同じCセグメントであり、サイズ的にもマツダのCX-5程度のサイズである。 むしろ、このサイズでなぜDS7? DS5 CROSSBACKか、DS6 CROSSBACKでもいいのではとも思うが。

IMG_5355.jpg

デザインは、結構好き放題というか、一言でいうとキラキラした感じである。 エンジン音とともに、LEDライトが180度反転したり、リアのランプも見たことが無いようなカットのされ方をしている等、ギミックも満載である。 真っ先に思い浮かんだのはバブル真っ盛りの日本、ジュリアナやキング&クイーンというディスコが流行ってた頃。 同じことを日本のメーカーがやってしまうと悪趣味となってしまうところであるが、そのあたりはフランス車。 パリのエスプリが効いたデザインという事になろうが、正直なところ凡人の筆者にはこのデザインがオシャレなのかどうかはまだ判断が出来ないでいる。 

もっとも、他のメーカー、クルマとは全く違うベクトルにてデザインされており、唯一無二ではあるのだが、一方で全体のシルエット自体にはそれほど特徴があるわけではなく、なかなか判断が難しい。

P1010175.JPG
IMG_5362.jpg


ドアを開けて乗り込んでみると、やはりエクステリアと同様にキラキラとした独特のデザインの内装が目に飛び込んでくる。 試乗車はGrandChicという上級グレードであり、実車に対面するまではもっと派手かと思っていたが、シートの色がダーク調であるからかそれほどでもないと感じた。


尤も、やはりエンジンを掛けると、180度反転する時計や、あらゆるところが菱形で統一されているデザイン等、やはり唯一無二であるのだが。


IMG_5363.jpg
IMG_5367.jpg

というわけで内外装を見る限り、デザインを最優先したクルマかなと思ったのであるが、乗ってみると意外と云っては失礼であるが、良い意味で先入観を覆された。 


先ずは乗り心地がシトロエンっぽいのである。 タイヤサイズは、235/45R20というシトロエンのイメージからすると俄かには信じられないサイズであるが、路面の段差をフワンフワンといなす感じは何となくハイドロっぽく感じた。 このDS7にはカメラで路面状況を捕えて、その情報をもとにサスペンションの制御を変えるというシステムが搭載されているとの事である。 シートも以前のDS5程は固くない感じである。


P1010167.JPG

但し、高速の段差が連続するところでは、うねりを超えた後に揺れが一発で収まらず、なんとなく揺れが続くような感じとなるのがちょっと気になった。 これは18インチのSoChicではまた違う印象なのではと思うが。


エンジンは2リッターディーゼルであり、非常に自然なフィーリングである。


但し、同日にプジョーの5008に試乗したが、印象としては5008のほうがエンジン音等より静かな印象を受けた。 もっとも、遮音等の問題であるかもしれないが。


また、当日は激しい雨であり十分試せなかったが、運転支援システム等もフランス車としては最先端のものが搭載されているようである。


IMG_5370.jpg
IMG_5371.jpg

というわけで、デザインは好みの問題があるが個性的であるし、乗ってもシトロエンらしい乗り心地に先進機能も満載と、なかなか魅力的に感じたのであるが、実際に購入を・・ となると今一歩
決定打に欠けるという印象も抱いてしまった。 同じPSAグループ内でもプジョー3008という強力なライバルが居るが、内装は3008のほうが先進性を感じるデザインであるし、また室内も広い印象を受けた。 また、使い方によっては気になるのがトランクルームであり、リアシートを倒さない通常の状態だとかなり狭いのではないか・・
とはいえ、取扱い販売店の少なさからも、希少性でいえば間違いなく輸入車のSUVの中ではすれ違う頻度はかなり低いと思われ、このデザインに惚れたのであれば良い選択ではと思う。

試乗してないので分からないが、ベストグレードは、恐らくSoChic、内装もバスティーユのブラウンがむしろフランス車のイメージに近いのではと。  ここのところ、同じPSAのプジョーの新型508, 208が色気を感じさせるデザインでデビューしており、モダンなデザインコンセプトを自認するDSブランドとして今後発売されるモデルがどのような個性を持って生まれてくるのか、大変楽しみでもあります。


DS Automobiles DS7 CROSSBACK Grand Chic BlueHDi

<主要諸元>

全長X全幅X全高: 4,590mm x 1,895mm x 1,635mm

ホイールベース: 2,730mm

車両重量: 1,720kg

エンジン種類: 水冷直列4気筒DOHCターボチャージャー

排気量: 1,997cc

最高出力: 130kW (177ps)/3,750rpm

最大トルク: 400nM/2,000rpm

トランスミッション: 8AT 

駆動方式: FF

燃料消費率(JC08モード走行) 16.4km/L 

メーカー希望小売価格: 5,620,000

試乗車は6,191,800円(パールペイント、DSナイトビジョンパッケージ(ナイトビジョンパノラミックサンルーフ))

公式サイト: www.dsautomobiles.jp

reported by はるぱ

March 23,2019 Sat   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2019  
「うんうん」した人

JAIA輸入車試乗会2019 ~ VOLVO XC40 T4 Momentum ~

世界中
うんうんする
1


一昨年、ミドルクラスSUV『XC60』で”日本カー・オブ・ザ・イヤー”を初受賞し、さらに昨年もこのコンパクトクラスSUV『XC40』で二年連続受賞となり、ますます勢いに乗るボルボ。
XC40は、2015年に登場したボルボの新世代プレミアムクラスSUV『XC90』から続くSUVシリーズの末弟。
IMG_4973.jpg

XC40は大きく分けてT4、T4 AWD、T5 AWDの3モデルある。
T4とT5は共にガソリン仕様の2Lターボエンジンが搭載されているが、出力はそれぞれT4:190PS/300Nm、T5:252PS/350Nmとなる。さらにT4では前輪駆動(FF)と全輪駆動(AWD)の駆動方式が選択できる。
今回試乗したのは” T4 Momentum”というグレードで、ベーシックな前輪駆動のT4に、ハイパフォーマンスオーディオやナビゲーション、その他ユーティリティを充実させた仕様。さらに試乗車にはオプションのパノラマ・ガラスサンルーフやharman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステムなどが装備されていた。
IMG_4982.jpgIMG_4976.jpgIMG_4985.jpg
IMG_5007.jpgIMG_5002.jpg


エクステリアは、兄貴分のXC60をコンパクトクラスにギュッと凝縮したような、塊感のある力強いシルエットが印象的な一方で、ディテールは北欧デザインらしく端正でクールなイメージも漂う。
爽やかなブルーのボディーカラー(Momentum専用色:アマゾンブルー)が、爽やかな春風のような印象。この日は生憎の天気でしたが。
IMG_4974.jpgIMG_4975.jpgIMG_4977.jpg
IMG_4981.jpgIMG_4978.jpgIMG_4983.jpg
IMG_4980.jpgIMG_4984.jpgIMG_4989.jpg


インテリアを構成するのは、プレミアムな素材ばかりではないが、シンプルながらも丁寧に仕上げられた北欧デザインと、Momentum標準装備となるライトグレーの内装カラーが、上質感と安らぎを与える。
IMG_5010.jpg
特にシートの素材感などは上質なソファーのようで、リビングにいるような寛ぎを与えてくれる。また、コンパクトクラスといえども全幅が1875mmあり、マツダCX5の1840mmなどよりも広いことで、ゆったりした余裕を与えている。
IMG_4991.jpgIMG_4988.jpgIMG_4993.jpg
IMG_5000.jpgIMG_5008.jpgIMG_4999.jpg

センターには9インチの大型タッチディスプレーが配置され、各種車両設定やナビが表示できる。インテリアにも馴染むデザインで違和感は感じられなかった。最新車らしくメーターもフルデジタルとなる。
IMG_4996.jpgIMG_4997.jpgIMG_4995.jpg

ラゲッジはスクウェアな形状で奥行きもあり、必要十分な容量がある。フロア下にもスペースが用意されている。
IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg


「2020年までに新型ボルボ車での交通事故による死亡者・重傷者をゼロにする」と標榜するボルボらしく、セーフティー&運転支援装置にも力が入っている。
要になるのが”City Safety”と呼ばれる衝突回避・軽減フルオートブレーキシステムで、歩行者・サイクリスト・大型動物まで検知したり、右折時や自社走行車線に進入してきた対向車の検知し、警告・自動ブレーキを作動させる。その他、全車速追従機能付ACCやレーンキープなど運転支援機能も充実している。
さらにこれらの機能はグレードに関わらず、全車標準装備としているところが徹底している。


生憎の雨天での試乗となったが、走り出すと、まずその軽快感に驚く。
ステアリング、ペダルなど操作系に加え、軽やかでシルキーなエンジンフィーリングが非常に気持ち良い。軽々しいとか頼りないという印象ではなく、きっちりした剛性感・力感を感じられた上の軽快感であり、いい意味でSUVを運転しているような緊張感はなく、リラックスしてドライブができた。
足回りもSUVにありがちな硬質さはなく、しっとりした印象。それでいて意外とシャープなハンドリングだった。ちなみに試乗車はスタッドレスタイヤを装着していた。
IMG_4970.jpgIMG_4960.jpg

T4に搭載されるエンジンは2.0L直列4気筒ターボエンジンで最高出力190ps/最大トルク300Nmとなる。
車両重量は1610kgあるが、追い越し加速などでも、思った通りの力強い加速を得られる。アクセルを強く踏み込んだ際にも穏やかで上質感を失わない滑らかなエンジンフィールは好印象。8速ATもこまめにシフトチェンジするが、非常にスムースで変速していることを意識することは殆ど無かった。
IMG_5037.jpg

わずかな試乗時間だったが、コンパクトクラスにおいても”北欧らしさ”溢れる個性と、カジュアルながらも漂う上質感、そして”ボルボ”たる安心感をヒシヒシと感じられ、正直不満点が見つからない完成度の高さ。
試乗中、最近よく耳にする「モノよりコト」というフレーズが頭をよぎった。家族で旅行、恋人と海へドライブ、仲間とスキー、一人で星を見に……「このXC40が傍らにいる人生」を想像すると自分の人生がより豊かになるのでは思わせるクルマだった。


VOLVO XC40 T4 Momentum
<主要諸元>
全長×全幅×全高:4,425×1,875×1,660mm
ホイールベース:2,700mm
車両重量:1,610kg
エンジン種類:2.0リッター 直列4気筒DOHC ターボ
最高出力:140kW(190ps)/4,700rpm
最大トルク:300Nm(30.6kgm)/1,400~4,000rpm
トランスミッション:8段AT
駆動方式:前輪駆動
燃料消費率:13.6km/L(JC08モード走行)
メーカー希望小売価格:439万円(消費税込)
試乗車には以下のオプションが装備
チルトアップ機構付き電動パノラマ・ガラス・サンルーフ(206,000円)
パワーテールゲート(58,000円)
ホワイトカラールーフ(66,000円)
ワイヤレス・スマートフォン・チャージ(28,000円)
harman/kardonプレミアムサウンド・オーディオシステム サブウーファー付(100,000円)


ボルボ・カー・ジャパン 公式サイト:https://www.volvocars.com/jp

IMG_5011.jpg
reported by 美あんこ

March 8,2019 Fri   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2019  

JAIA輸入車試乗会2019 ~ ジャガーE-PACE R-DYNAMIC HSE P300 ~

世界中
うんうんする
6


SUVの皮を被ったスポーツカー だが、一部気になる点が・・

IMG_5086.jpg

筆者は昨年の同試乗会で同じジャガーのリアルスポーツであるF-TYPE (400 SPORTS)に試乗しており、大いに気に入ったことからも、今回のE-PACEの試乗も大変楽しみにしていた。

IMG_5091.jpg

先ずはデザイン、外観はまさしくF-TYPEの車高を上げてSUVにしたような感じ。 特にCピラーからリアにかけての造形はまさしくスポーツカーのようである。 但し、全長は思いのほか短く4,410mm、それに対して車高は1,650mmと昨今タワーパーキングに入る1,550mm近辺のSUVも出てきていることから考えると意外と高く、それ故にやや腰高な印象を受けた。

IMG_5087.jpg

ドアを開けて乗りこむと、赤いレザーシートが華やかでテンションが高まる。 着座した感じも非常にタイトな感じで、むしろF-TYPEに近い印象である。


IMG_5098.jpg
IMG_5100.jpg

E-PACEのエンジンは、2リッターのガソリンがチューンの違いで3種類、ディーゼルが1種類の計4種類のエンジンが有るが、試乗車はP300という最もハイパワーなガソリンエンジンであった。

IMG_5047.jpg

走り出しても、その印象は変わらず。 エンジンは踏めば勇ましい音を立てながら、パワフルに回り、またハンドルを切るとリニアに反応し、非常にスポーティな味付けである。

勿論それに合わせて、ブレーキも強力であり、スポーツSUVと云えるレベルである。


乗り心地は流石に足がかなり固められており、高速の段差を超えるとかなりゴツゴツとした振動が伝わってくる。 


とにかく、目隠しをして試乗をしたら視線の高さ以外はSUVとは分からないのでは・・と思う。


IMG_5104.jpg

勿論言わずもがな、最新のクルマ故、運転支援システム、安全装備等は充実している。

また、トランクルームも十分なスペースが有り、実用性も十分であると感じた。


P1010077E-Pace.jpg

但し、一番気になったのが、内装の各部の質感である。

スポーティなモデルなので、パドルを使いマニュアルモードで積極的にシフトチェンジをと思い、パドルをクリックしたところ、何ともプラスティッキーな感触が。 シートは質感も高い本革製であるし、オプションのスエードクロスヘッドライニングも貼られている。 しかしながらこれらの部分の質感が高いから余計気になるのかもしれないが、プラスチック部分やシフト廻りのシルバーのプレート加飾部分、エアコンの調整ダイヤルの質感等が、オプションも含め総額で1,000万円にもなるモデルにしては、触った時の感じも含め何とも安っぽく、少々残念に感じた。

IMG_5102.jpg

勿論、姉妹車のイヴォーク、ディスカバリースポーツとは明確にキャラクター分けがされており、とにかくスポーティなSUVをという方には、魅力的なモデルであると思う。

但し、総額1,000万円で他メーカーのモデルとの比較となると、ドイツ勢ではポルシェマカンやBMW X4、はたまた価格的には安いがパワーでは大きく勝るアウディRSQ3等の強力なライバルが居る。


それらの中で積極的にE-PACEを選ぶポイントは・・ むしろ、ガソリンのベースグレードとなるP200やディーゼルモデルを選び、もう少しカジュアルに乗るのもいいのかなとも感じた。 機会があれば是非これらのモデルに乗ってみたいと思う。


IMG_5043.jpg

ジャガー E-PACE R-DYNAMIC HSE P300

<主要諸元>


全長X全幅X全高: 4,410mm x 1,900mm x 1,650mm

ホイールベース: 2,680mm

車両重量: 1,930kg

エンジン種類: 水冷直列4気筒DOHCターボチャージャー

排気量: 1,995cc

最高出力: 221kW (300ps)/5,500rpm

最大トルク: 400nM/1,500-2,000rpm

トランスミッション: 9AT 

駆動方式: AWD

燃料消費率(JC08モード走行) 10.9km/L 

メーカー希望小売価格: 7,490,000

試乗車は10,338,000円(メタリックペイント、エボニースエードクロスヘッドライニング、電動18ウェイフロントシート(フロントシートヒーター&クーラー、リアシートヒーター、メモリー機能付、Meridianプレミアムサラウンドサウンドシステム、コンフィギュアルインテリアムードランプ、ストレージパーティションネット、アダプティブダイナミクス、レッドブレーキキャリパー、20インチスタイル5051アロイホイール(5スプリットスポーク、グロスブラックフィニッシュ、セキュアトラッカー、デュアルビュースクリーン、追加パワーソケット、マトリックスフルLED、アクティビティキー、イルミネーテッドメタルトレッドプレート、パノラミックルーフ、ブラックコントラストルーフ、デジタルTV、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、コンフィギュラブルダイナミクス、ラゲッジスペースレール+リテンションキット、プレミアムフロアマット、プライバシーグラス、イオン空気清浄テクノロジー、スマートフォンパック、コールドクライメイトパック、ブラックパック)

公式サイト: www.jaguar.co.jp

reported by はるぱ

March 6,2019 Wed   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2019  
「うんうん」した人

カーくるアウディA3号がKWサスペンションで快適にカッコ良く進化したよ!

世界中
うんうんする
5


愛車のカスタマイズに欠かせないパーツと言えばサスペンション!

カーくるアウディA3号も快適性とスタイリッシュな見た目を手に入れたい!ということで世界中で大人気の「KW」のサスペンションでA3のアップデートを企てました。

KW_24h-Rennen_2018_int.jpg

KWはドイツに本社を置くサスペンションメーカーです。

モータースポーツ活動も盛んで、VLNやニュル24h、FIA GT1やWTCRなどのトップカテゴリでは多くの成功を収めています。

豊富な経験と知識から生み出されたKWサスペンションはヨーロッパを中心に世界中のクルマ愛好家から熱い支持を集めており、今一番旬なサスペンションメーカーと言えます。

私自身、KWと言えばモータースポーツのイメージであったりオシャレでスタイリッシュなイメージがありますが、愛車に導入するのは初の試みです。

KW人気の秘密を探りたいと思います!

IMG_0800.jpg

IMG_0798.jpg

 

A3号にチョイスした「Version1」


サスペンションを交換する目的は、乗り心地の改善、操縦性の向上、ドレスアップの3つがあります。
ラインによって様々な特性があるので用途によって選んでいきますが、KWサスペンションビギナーの私はKW車高調シリーズの中でエントリーモデルとなるVersion1をチョイスしました。

kw_v1_01.png

Version1についてご紹介しますと、上位モデルであるVersion2、Version3と共にKW車高調の礎を担うモデルです。
Version2、Version3は減衰力調整式モデルですが、Version1は減衰力固定式となり、KWシリーズの中ではエントリーモデルと位置づけられています。
ただ、エントリーモデルとはいっても、KW製ですからその品質は高いです。
例えばスポーツ走行では「足回りはガチガチに固めてなんぼ」と思われがちですが、KWでは必要以上には硬くせず、むしろダンパーを積極的に動かしてタイヤを接地させることでグリップ力を発生させるという考え方で製造されています。
これにより乗り心地を落とさず、コントロール性を高めています
2018年のニュル24耐久を制したマンタイレーシングも同じ考え方で、もちろん優勝マシンにはKWがインストールされています。
このような豊富な経験と技術のフィードバック、そしてストリートの用途に応じた最適なセットアップによりコントロール性と実用性の両立を実現しています。

KW メーカーサイト
http://www.h-c.co.jp/006_kwclub_news/03-site/vol007_version1.php

「Version1」でA3の乗り心地はどう変わるのか?車高はどの程度下がるのか?など気になるポイントをご紹介します。

 

交換作業は橋本コーポレーションさんにて


IMG_0807p.jpg

交換するKWサスペンションが決まったら次は交換作業です。
京都にあるKW JAPANのパートナーである橋本コーポレーションさんに訪問して作業をお願いしました。

IMG_0819.jpg

IMG_0822.jpg

こちらが「Version1」です。
KWのイメージカラーである黄色と紫が目立つ可愛い配色です。


タイヤが外された状態です。

IMG_0803.jpg

IMG_0810.jpg

IMG_0863.jpg


元々付いていたサスペンションを外した状態です。

IMG_0831.jpg

取り外したサスペンションは錆ついていて長年の使用感がありますね。
KWサスペンションは素材がステンレス製ということに加え、コーティングがされているため錆びにくいのだそうです。
数年後見る機会があれば錆び具合もチェックしたいと思います!

IMG_0832.jpg

並べて比べてみると純正のサスペンションはコイルの巻きが3回転なのに対してKWサスペンションは7回転と、細かく多いスプリングなのが分かります。

IMG_0839.jpg

IMG_0844.jpg

KWサスペンションが装着されました!

IMG_0876.jpg

やはりこのカラフルな配色はおしゃれですね。
普段見ることはできないのでタイヤを付ける前に目に焼き付けておきます!

IMG_0862.jpg


Before

IMG_0869.jpg


After

見た目だけでもすごくアップデート感があります!

IMG_0872.jpg

お疲れ様でしたのサスペンション。

IMG_0881.jpg

4本ともKWサスペンションに取り換えた後は別の場所に移動してアライメント調整を行い、A3のサスペンション交換作業は完了となりました。


作業場の向かいにあるショールームを少しご紹介します。

IMG_0787.jpg

IMG_0790.jpg

IMG_0791.jpg

IMG_0794.jpg

IMG_0799.jpg

 

車高と乗り心地はどう変わったか


KWサスペンションに交換した結果、フロントは約2.5cm、リアは約3.0cm下がりました。
これは最大に下げない設定です。(1番車高が高い状態)

では気になる見た目の変化を写真で見てみたいと思います。


Before

IMG_0785.jpg

After

IMG_1052.jpg


斜めからのBefore

IMG_0774p.jpg

斜めからのAfter

IMG_1079p.jpg

フェンダーとタイヤのスペースを見比べると少し下がっているのがわかりますね。
ですが見た目にもシャコタンというほどでもなく、しかしほどよく下がって良い塩梅です。
あまり下げたくなかった理由が、段差や駐車場の縁石で擦るんじゃないか、という不安があったからなのですが、この程度であれば日常運転に支障は出ていません。
車高の面では見た目&実用性で◎判定ですね!

次はもっと気になる乗り味です。
想像していたスポーツカーの足の硬さとは違い、街乗りでもストレスなくドライブできるしなやかな乗り心地は街乗り重視の私には嬉しいポイントです。
純正より硬い印象はありますが、実際に乗せた数人に聞いてみると、交換前とさほど変わらないと言う人もいて、サスペンションを変えたいけど家族や友人を乗せることを考えて躊躇してしまうという方にも良いと思います。

逆に乗り味が変わったと感じたのはコーナリングの収まりや走行中の揺れの軽減です。
スピードが出ている状態ですとコーナリングでの収まりの良さ、粘りの違いがしっかりと分かります。
ドライバーの意図したカーブで曲がってくれるので安心感が違います。
直線でも走行中の揺れが抑えられ車体が安定してくれるのでドライブ疲れの軽減にも繋がりそうです。
多くのレース経験で得た技術をフィードバックして生み出されたVersion1はエントリーモデルと言っても十分な性能を発揮してくれています。
車高はほどよく下げてカッコ良く、さらに快適でスポーティな乗り心地も手に入り大満足の結果となりました。
ということで操作性も◎判定です!

車高は少し下げたい人からがっつり下げたい人まで、乗り味はスポーツ性能も高めつつ、硬すぎないのが好みの人にオススメのサスペンションです。
KWサスペンションはラインナップも豊富で多くの輸入車の適合がありますので、気になった方はKW公式サイトで適合をチェックしてみてくださいね。
http://www.kwsuspensions.jp/

 

KWが気になった方はKW CLUBもチェック!


kwclub_top_main02.jpg

KW CLUBに入会するとKWに関する情報の配信やKW製品の登録など、登録費・年会費無料で会員限定のコンテンツが楽しめます。
KWに興味がある方であればKW製品を持っていない方でもOKです。
キャンペーンやプレゼント企画などもあるそうです!
オーナーさんは購入したKW製品を登録しておくと、万が一故障やトラブルがあった時にはクラブの会員番号から商品を把握して素早く対応してもらえるのだそうです。

私は早速入会して製品登録しました。
何かあったときに安心ですしプレゼント企画などが楽しみです♩

KW CLUBの入会は公式サイトからどうぞ!
https://kwclub.h-c.co.jp/




INFORMATION

KW AUTOMOTIVE JAPAN株式会社
〒606-8374
京都府京都市左京区 二条川端東入難波209
TEL:075-761-7351

KW カーくるブログ
http://carcle.jp/blog/kwjapan/

橋本コーポレーション カーくるブログ
http://carcle.jp/blog/hashimoto/


reported by カーくる編集部

February 13,2019 Wed   CATEGORY:取材レポート  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
AD2
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2019年07月 (1)
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る