ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

新しい自動車ローンの探し方、「クラウドローン」 日本初!年間1万人が選んだプラットフォーム

世界中
うんうんする
40


自動車・バイクを購入される際にはローンを利用される方も多いと思います。
ディーラーローンは楽だけど金利が高いし、中古車ローンはさらに金利が高いし。。。
せっかく欲しいクルマを見つけたのに。。金利がかさみ諦めなければならないのは悲しいですね。

でも、銀行や信用金庫などを一件ずつ訪ねては審査を。。。なんていう時間は取れないし、面倒くさいですよね。
そんなあなたにぴったりの銀行を見つけてくれるサービスが登場しました。

その名も、「クラウドローン」です!

aa.jpg
200102_728x90 (1) (3).jpg
 
クラウドローンは銀行比較サイトとは違い、提案されたプランから選んで直接申し込みが出来ます。
事前に、年収や借入希望額、勤続年数を登録することで仮審査が行われます。

972x324.jpg
 

クラウドローンの強みは仮審査を行った後に銀行からオファーが来る点です。
一度にたくさんの審査を個人で行うと信用情報に影響が出てしまうことも。。。
このサービスであればそんな心配をすることもありません。

事前に行った仮審査の結果をもとにして、融資担当者が直接その情報を見てくれます。
その上で、希望に沿ったプランの提案をオンライン上で最短当日中に直接受領することがでます。

82796607_470832313604700_4940676317117939712_n(1).jpg
 

その中から自分にぴったりのプランを選んで申し込むだけ!
もちろん、来店不要、で担保も必要ありません。
その結果、高い確率で融資成立が成功します※1


賢く、お得に、手軽にマイカーを手に入れたいあなたにあなたにピッタリな商品です。
是非ご検討してみてはいかがでしょうか。

※1:銀行の最終審査により否決となるケースはあります。


気になった方、詳細を知りたい方、お申込みは
↓コチラのバナーからアクセスしてください↓
aaa.jpg
reported by カーくる編集部

September 6,2021 Mon   CATEGORY:編集部からのお知らせ  
「うんうん」した人

浅岡紀子展 ~心蜜~

世界中
うんうんする
2


東京でマニアックなクルマを扱っているアウトレーヴ
そのオーナーである浅岡紀子さんの個展が開催されました。

Noriko21-01.jpg

銀座一丁目の路地に入ると、タイムスリップしたような感覚になる奥野ビルがあります。
このビルは昭和7年に竣工され、それから今まで変わらない姿で銀座の地を見守ってきました。

Noriko21-02.jpg

エレベーターは、なんと手動式。自分でドアの開閉をします。

Noriko21-03.jpg

そのビルの6階に今回の会場である、サロン ドゥ ラー/ギャラリー ラー があります。

Noriko21-04.jpg

浅岡紀子さんは、日替わりのドレスでお出迎え。

Noriko21-05.jpg

レトロな雰囲気のギャラリーの床は、竣工当時のままの木の温もりがあります。

Noriko21-06.jpg

浅岡さんはもともと絵を描くのが好きで、アウトレーヴの店舗の隅っこで描いていた作品を観たお客様が背中を押してくれて、本格的に絵を描く決意をされたとのこと。

Noriko21-07.jpg

浅岡さんはご自身の心の声を聴いて、それを絵として表現しているそうです。
なので、どんな作品に仕上がるかはご自身でもわからないらしいです。

Noriko21-08.jpg

そして作品には、漢字一文字のタイトルが付けられています。これは、ご自身ではなく第三者が作品を観て付けるとのこと。
作品が出来上がるプロセスも面白いです。

Noriko21-09.jpg

もうひとつの会場は、カフェとして過ごすこともできます。

Noriko21-10.jpg

Noriko21-11.jpg

今回はビールをいただき、ゆったりと過ごしました。

Noriko21-12.jpg

Noriko21-13.jpg

Noriko21-14.jpg


レトロな建造物の中で開催された、浅岡紀子さんの個展。
そこには、古き良きものを大切にして、その価値を発信し続けるアウトレーヴのビジョンが見えたような気がしました。

Noriko21-15.jpg

古いものを壊して新しいものを造り続けるわが国への、アンチテーゼを感じたひとときでした。

reported by ハクナマタタ

June 2,2021 Wed   CATEGORY:イベント取材  

アバルト595 ペルソナーレが帰ってきた!Produced by REDPOINT

世界中
うんうんする
7


岐阜県各務原市にあるイタリア車・フランス車の老舗メンテナンスショップ「レッドポイント」でアバルト595の特別仕様車を仕上げるという情報をキャッチし、作業当日に取材にお伺いしました。

_DSC7173.jpg

今回レッドポイントが仕上げる特別仕様車は「アバルト595 Personale(ペルソナーレ)」です。
2014年にレッドポイントとアルファロメオ岐阜が共同でアルファロメオ147をベースにコンプリートカーを製作する企画がありました。そのコンプリートカーの名は「アルファロメオ147 Personale」
今回もレッドポイントとアルファロメオ岐阜の共同企画で、アバルト595をベースにPersonaleの名を冠したコンプリートカーの再来となります。

ドコが特別仕様なのか気になるところですので、詳しくお話を聞いてきました。
以下にレッドポイントが手がけるオリジナルカスタムをご紹介します。


1.モーションコントロールビーム(MCB)


_DSC6933.jpg

アイシン精機株式会社と共同開発したABARTH用のモーションコントロールビームはオーダー殺到中のアイテムです。
アバルト595 Personaleでは前後のバンパーに1本ずつとトランクに1本の計3本を装着します。

_DSC7064.jpg

_DSC7102.jpg

_DSC6951.jpg

_DSC7106.jpg

モーションコントロールビームは硬いバーで車体を固める装置ではありません。硬いバーで車体をがっちり固めてしまうだけですと、剛性が強くなりすぎて乗り心地が悪くなってしまいます。モーションコントロールビームのポイントは車体にかかる力を必要ない力は逃がしながら、踏ん張らなければいけない状況では硬さを発揮できるという、硬さと柔らかさのどちらの良さも持ち合わせている点です。車両運動性能と乗り心地を共に向上し、高速での安定性から、街中での運転のしやすさにも貢献してくれるアイテムです。ノーマルで車高が高い車に、より効果を実感できるということなので、ノーマル車高の方にも是非お試しいただきたいです。

アバルト595 Personaleには3本装着されますが、トランクだけ、もしくは前後バンパー2本だけという付け方もできます。ただどちらかだけ装着するとその後、もう一方を追加してほしいと入庫されるオーナーさんも多いそうです。

現在オーダー殺到中ということで、この日も作業中のクルマの装着率から人気の高さが伺えます。

_DSC6851p.jpg

_DSC6939.jpg

アバルト用のモーションコントロールビームはレッドポイントのブログでも紹介されています。
https://www.redpoint.co.jp/blog/43488
付ける場所によって違う効果が得られるとのことですので、詳しくはレッドポイントまでご相談ください。


2.クワッド・レデューサー


マエカワエンジニアリングのレデューサーをレッドポイントがオリジナルでアバルト用を販売しています。手のひらに乗るほどの小さいサイズからは想像できない、巨大なパワーを発揮します。

_DSC7115.jpg

レデューサーの役割は「ブローバイガスを排出する」装置です。ブローバイガスとはエンジン内部での燃焼行程において発生する未燃焼のガスです。シリンダーの中にブローバイガスが充満するとピストンの動きが空気抵抗に邪魔をされてしまいますので、ピストンを早く動かすためにはガスを適切に排出する必要があります。レデューサーはエンジンの回転状況に応じて開閉を行い、ガスを排出して戻りは遮断する装置です。負荷を取り除くことにより効能を発揮するアイテムですので、エンジンへの負荷がかからないのも嬉しいポイントです。

レデューサーをインストールした595を試乗させていただきましたが、インストール前とは歴然とした違いを実感できます。発進のもたつきがなく、走り出した瞬間からトルクの力強さを感じます。そして全回転域での軽快な走り…
この違いは是非試乗で体験してください。

_DSC7038.jpg
なんとレデューサーの模型までありました。


3.スパルコホイール


_DSC6897.jpg

_DSC7186.jpg

_DSC7161.jpg

ホイールはスパルコのテラが標準装備となります。
イタリアのモータースポーツ用品ブランドであるスパルコのホイールですが、生産はイタリアのホイールメーカーOZ社が行っています。
この日は試作車のためカタログ設定色であるホワイトの装着でしたが、アバルト595 Personaleに装着するホイールは特注カラーであるグロスシルバーテックです。サイズも特注サイズである16インチ 7.0J +37、FIAT/ABARTH専用ハブとなっており、ABARTH595のbremboキャリパーにも装着可能です。

_DSC7192.jpg

_DSC7058.jpg

OZ×レッドポイントのコラボレーションにて生み出されたホイールは今回のテラが第3弾となります。第1弾がOZ FORMULA-HLT、第2弾がOZ SuperTurismo-LM、そして今回は初のスパルコホイールでのコラボレーションとなりました。

_DSC7058.jpg
左からTerra、Formula-HL、Superturismo-LM

第2弾のFormula-HLはカーくるマガジンでも以前ご紹介させていただきましたのでこちらの記事も是非ご覧ください。
【ABARTH124SPIDER ABARTH595 REDPOINT Original OZ SUPERTURISMO-LM|レッドポイント取材】


■レッドポイント特注 Terra スペック
サイズ:16インチ 7.0J +37
FIAT/ABARTH専用ハブ
カラー:グロスシルバーテック


4.SessAブレーキパッド


_DSC7022.jpg

_DSC7027.jpg

レッドポイントオリジナルのSessAブレーキパッドはブレーキダストがとても少ないことが特徴です。ブレーキダストによるホイール汚れが軽減されるのは嬉しいですね。ブレーキディスクロータにも優しいという利点があり、何万キロ走ってもディスクロータにレコード盤のような筋状の傷が付くことがありません。ディスクロータとブレードパッド両方の消耗を抑えることができるので、新車時にSessAブレーキパッドに交換するのがお勧めだそうです。

_DSC7202.jpg


そのほか、レッドポイント独自の整備メニューであるアライメント調整も行い、足回りもばっちりです。

_DSC6891.jpg

_DSC7044.jpg

_DSC6908.jpg

_DSC6918.jpg

_DSC6949.jpg


レッドポイントのオリジナルカスタムが施されたアバルト595 Personaleはフィアットアバルト岐阜限定での販売です。
ノーマルとカスタム両方を乗り比べて、アバルト595 Personaleの乗り味を是非体験してみてください。

_DSC7158.jpg




取材時に工場の中では気になる作業が行われていましたので、作業を拝見させていただきました。
こちらの大きな液晶モニターの機器「MAHLE TechPRO DIGITAL ADAS」は先進運転支援システムの校正作業(エーミング、キャリブレーション)を行う機械です。

_DSC6976.jpg

近年のクルマには各種センサーを使った運転支援システムが数多く搭載されており、整備でレーダーの脱着やガラス交換などを行った際は、各機器を再調整するエーミング作業を行う必要があります。
スキャンツールに車両とターゲット距離4点を入力することで、車両と正対するように自動補正されたターゲットが65インチ4Kモニターに表示されます。

_DSC7092.jpg

本来大きなスペースを必要とするエーミング作業ですが、車両との距離を演算しターゲットの大きさが変化して表示されるため、測定作業スペースを最小限で行うことができる優れ物だそうです。最先端の運転支援システムを正確に動かすために必要な作業もレッドポイントさんならお手の物です。

_DSC6964.jpg

_DSC6991.jpg

_DSC7012.jpg

_DSC7113.jpg




INFORMATION
イタリア車とフランス車のメンテナンス・ファクトリー
RED POINT/レッドポイント

_DSC7124.jpg

〒509-0104 岐阜県各務原市各務おがせ町5丁目239-3
TEL 058-370-5064
http://www.redpoint.co.jp/

カーくるBLOG URL
https://carcle.jp/blog/redpoint/


ペルソナーレに関するお問い合わせはこちら
フィアット/アバルト岐阜
岐阜市木ノ下町2丁目1番地
TEL 058-259-3713
公式サイト https://gifu.fiat-abarth-dealer.jp/fab/
営業時間 10:00-18:30
定休日 月曜日・第1.2.3火曜日



Photo Gallery

IMG_4986.jpg
IMG_4986.jpg
IMG_4986.jpg
IMG_4986.jpg
IMG_4986.jpg
IMG_4986.jpg

reported by カーくる編集部

May 7,2021 Fri   CATEGORY:ショップ紹介  
「うんうん」した人

my last summer wine『少年』の心を持つクルマ趣味人へ- MT-DRACOプロモーションビデオ制作

世界中
うんうんする
10


 YUさんのレポートやミラフィオーリ出店などで知っている方も多いと思います、孤高のブランドMT-DRACOさんのプロモーションムービーを今回制作させていただきました。


 


180908591_1137875526726793_596783261787108455_n.jpg180074910_2817128421835264_8187479418845867107_n.jpg180126032_512726056749262_4048787672367689029_n.jpg180534305_292437412422437_6822528703836962087_n.jpg180132970_2829008080655185_965545532111334762_n.jpg


お問い合わせが多いので、以下にMT-DRACOさんの在庫状況をお知らせいたします。
ロータスのほか、フィアットやアバルトのパーツも展開されております。

MT-DRACO 在庫状況 <3月30日現在>

マフラー

https://blog.goo.ne.jp/mt-draco/c/c22d46c192aa140b34218e41235d4c4c

ホイール
https://blog.goo.ne.jp/mt-draco/c/7089094da2ddfbcb7187d9489ddf9d46

ボルト
https://blog.goo.ne.jp/mt-draco/e/2cb3722faa047dab5d706d5ea60ef9a8

reported by カーくる編集部

May 2,2021 Sun   CATEGORY:編集部からのお知らせ  
「うんうん」した人

OZレーシング 2021年新作ホイール発表

世界中
うんうんする
9


OZレーシングの新作ホイールが発表されました。

例年は都内の会場で大々的に新作ホイール発表会を開催していますが、今年はコロナ禍のため、メディア毎に説明会を開催するスタイルとなりました。

M-2.jpg

M-1.jpg

今年2021年はOZイタリア本社の創立50周年の節目となる年です。
1971年に誕生したOZは1985年にはF1へ、1988年にはWRCへ参入し、現在もF1、WRC、フォーミュラE、IndyCar、WTCRなど様々なレースでチームに選ばれ続けています。
そして長年のレーシングテクノロジーはアフターマーケットにフィードバックされ、OZホイールは多くのモータースポーツファンから支持を得ています。
そんなOZレーシングの2021年の新作ホイールを紹介します。


スーパーツーリズモ・アエロ・HLT


Aero_StarGraphite.jpg

8.jpg

5.jpg

6.jpg


スーパーツーリズモ・アエロ・HLTはスーパーツーリズモシリーズの第4世代となるホイールです。(イタリア語読みのため“エアロ”ではなく“アエロ”です。)
「アエロ」の文字通り空力をテーマとして開発されており、最大の特徴はホイール業界初の空力を考慮した「アエロフラップ(樹脂製フィン)」です。
ホイールの内側から外側に空気が流れる形状を作ることで、ホイール周辺の空気の流れを整理しながら、ブレーキシステムの冷却性能を向上する仕組みになっています。
アエロフラップの素材をアルミではなく樹脂にすることで軽量化を図る点も、長年のモータースポーツの経験で築かれた理念に基づいています。

Aero_function_2.jpg

Aero_function_3.jpg

Aero_function_4.jpg

Aero_function_5.jpg

Aero_function_6.jpg

Aero_function_7.jpg

センターキャップは通常のセンターボアを塞ぐタイプと、F1センターロック風の「セントラル・ロックカバー」タイプの設定があり、2つの表情を楽しむことができます。

Aero_function_8.jpg

7.jpg

2021年6月より販売開始予定です。

■製品概要
価格:7万5000円(税別)~9万9000円(税別)
サイズ:18×8.0J、19×8.0J、19×8.5J、19×9.0J
カラー:スターグラファイト




スーパーツーリズモ・アエロ・e


3-1.jpg

1-1.jpg

2-1.jpg

2本目はスーパーツーリズモ・アエロ・HLTをベースに世界初のEV車専用ホイールとして現在製品化が進んでいる「スーパーツーリズモ・アエロ・e」です。
空気抵抗を減らすため、樹脂カバーを装着しフラットに、さらに樹脂カバーの表面にはティンプル加工が施されています。
樹脂カバーは空力性能のパフォーマンス向上に加え、デザイン面でもテスラなどのEV車にマッチするスタイルに仕上がっています。
2021年中の製品化を目指して調整中とのことです。

■製品概要
価格:coming soon
サイズ:19、20インチ
カラー:スターグラファイト


スパルコ・レコード


3.jpg

4.jpg

3本目はスパルコブランドの新商品「レコード」です。
スパルコのホイールはレーシングスタイルが基本コンセプトとなっており、レコードもセンターが落ち込んだデザインで立体感のあるスポーティな印象に仕上がっています。
OZブランドと比べて安価な価格帯となっており、エントリーモデルとして近年人気が上昇しているスパルコホイールにも注目です。

■製品概要
価格:3万9000円(税別)~4万4000円(税別)
サイズ:17×7.5J、18×8.0J
カラー:マットグラファイト、グロスブラック


OZ Japan 公式サイト: https://www.ozracing.com/jp/
OZ Japan カーくるブログ:http://carcle.jp/blog/ozjapan/


1.jpg

2.jpg

OZ ST-Aero_VW Golf7.jpg

OZ ST-Aero_VW Golf7-1.jpg

OZ ST-Aero_VW Golf7-2.jpg

reported by モンスター☆

April 9,2021 Fri   CATEGORY:プレスリリース  
「うんうん」した人

バナー1
PIAA

RG レーシングギア









新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2021年09月 (1)
2021年06月 (1)
2021年05月 (1)
2021年04月 (2)
2021年03月 (1)
2021年02月 (1)
2020年12月 (1)
2020年11月 (2)
2020年07月 (1)
2020年03月 (2)
2020年02月 (4)
2020年01月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (2)
2019年10月 (1)
2019年09月 (1)
2019年08月 (2)
2019年07月 (2)
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
バナー2

6wheels

沖縄旅行の旅予約ドットコム



TUKTUK

DMCshampoo







ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る