ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

JAIA輸入車試乗会2020 ~ ABARTH 595 Competizione ~

世界中
うんうんする
13


新世代の FIAT 500 が鳴り物入りで登場したのが2007年。それから間もなく、その FIAT 500 をベースに開発された ABARTH 500 はクルマ好きを喜ばせただけでなく、ABARTH ブランド復活の立役者にもなった。
あれから10年以上が経ち、外観こそ大きく変わっていないが、コツコツと改良を積み上げてきた ABARTH 500 シリーズ。2017年には大きなマイナーチェンジが行われ、前後バンパー形状の変更でよりアグレッシブな印象となった顔つきや、タッチパネルモニターを採用したインフォテインメントシステムの採用などのアップデートが行われ、車名も ABARTH 595 シリーズに統一された。
その後も限定車の設定や細かい改良などが施され、いよいよ熟成を極めた感がある ABARTH 595 に改めて試乗してきた。
IMG_5468.jpg
現在の595シリーズは、595、595 Turismo、595 Competizioneと大きく分けて3グレードが用意され、装備の違いの他、エンジン出力がそれぞれ 145ps/180Nm、165ps /210Nm、180ps/230Nm となるのが大きな違いとなる。また、595 Turismo には電動オープントップを備えた 595C も用意される。

今回試乗したのは、595シリーズの中でも最もハイパワーでスポーティな「ABARTH 595 Competizione」。595 Competizione は、右ハンドルにはシングルクラッチの5ATと5MT、左ハンドルには5MTが用意されているが、試乗車は右ハンドルの5MT仕様。
IMG_5500.jpgIMG_5501.jpg
IMG_5508.jpgIMG_5482.jpgIMG_5518.jpg
IMG_5480.jpgIMG_5509.jpg
ABARTH 595 に接するのは久しぶりだったが、パッと見でそのコンパクトさが際立つ。昨今コンパクトクラスといえども全幅が1700mmを大きく超え、1800mmに達するものも少なくない中、この小ささはもはや独自の個性ともいえる雰囲気を醸し出している。


ドアを開けると、鮮やかなブラウンレザーのサベルト製のバケットシートが迎えてくれますが、腰かけると見た目とは裏腹に張りが強くかなり硬く感じる。そして座面が沈み込まないのでポジションが妙に高くスポーティなポジションとは言い難い。さらにペダルレイアウトもイマイチしっくりこない。特にフットレストはセンターコンソール裏に隠れ、クラッチ操作の度に左足が引っかかるのが気になった。狭い車内なので制約があるのは仕方がないが、MTモデルに乗りたいのであれば、輸入車の伝統に則り左ハンドルを選ぶのがベターのようだ。
IMG_5520.jpg
IMG_5483.jpgIMG_5533.jpg
IMG_5485.jpg
ダッシュボードセンターに設置されるタッチパネルモニターは7インチに大型化され、スマートフォンとも連動できApple CarPlayやAndroid Autoにも対応している。
IMG_5496.jpg
IMG_5521.jpgIMG_5493.jpgIMG_5522.jpg
IMG_5491.jpg
IMG_5489.jpgIMG_5492.jpg
IMG_5494.jpgIMG_5523.jpgIMG_5525.jpg
ラゲッジ容量は185L。リアシートは50:50分割可倒式でスペースを拡大できる。
IMG_5531.jpg


Competizione には標準でレコードモンツァのマフラーが装着されるが、エンジン始動時から車体のコンパクトさとは比例しない、勇ましく野太いエキゾーストが響き、いやがうえにもドライビングへの期待感が高まる。
IMG_5505.jpg

高性能車だが、クラッチは比較的軽く発信に気を使うことは無い。
ひとたび走り出すと、先程気になったペダルレイアウトやシートポジションなど、どうでもいいと思わせるくらいの楽しいドライビングが待っていた。
IMG_4287.jpg
小気味良くスコスコと入るマニュアルシフト、スパッと決まるハンドリング、ペダル操作に鋭く反応し湧き上がるパワーを発揮するエンジン、轟くレコモンサウンド・・・思わずニヤケ顔になり、「これぞ ABARTH だよね!」と自分に言い聞かせてしまうくらい、あっという間にサソリの毒気に当てられてしまった。

ABARTH といえばヤンチャなどっかんターボを想像するが、熟成されだいぶ調教されてきたのか低速からフラットトルクで乗りやすい。一方、高回転でははじけるように元気に回り一層”らしさ”を強調してきて、右足の自制心を保つのはなかなか苦労させられる。
IMG_5498.jpg

Competizione専用デザインの17インチアルミホイールから覗く、ブレンボ製4ポットキャリパーを備えたブレーキは、唐突感が無くストリートでも使いやすいフィーリングだが、いざ踏み込んだ時の絶対的制動力は期待を裏切らない。
IMG_5517.jpg
足回りに関しては、以前乗った時はもっとバタつきを感じた記憶があるが、今回の試乗車では剛性感が増し足回りの硬さもしっかり受け止め、ともすれば乗り心地いいね~とも思える場面も多かった。このあたりはコニ製のFSDダンパーも熟成が進み良い仕事をしているように感じた。


軽量、コンパクト、ハイパワー、さらにMTが選べるなど、クルマ好きを喜ばせる普遍的素材を、 サソリの熟成濃厚エッセンスで仕上げれば楽しくないはずがない。短いコースであったが、ドライビング中は笑顔の絶えないひと時だった。
変革の波が押し寄せる近年のクルマ社会の中にあって、時を経てなお変わらぬ ABARTH らしさに改めて驚かされると共に、まだ ABARTH は大丈夫だと妙に安心した試乗だった。

巷の噂では電動化されたパワートレインが主流になりそうな次期 Fiat 500。それをベースに開発されるであろう ABARTH において、願わくばこれまでの伝統を守りつつも次世代の ABARTH らしさってのも見せてほしいと期待せずにはいられない。


ABARTH 595 Competizione

<主要諸元>
全長×全幅×全高:3,660×1,625×1,505mm
ホイールベース:2,300mm
車両重量:1,120kg
エンジン種類:1.4リッター 直列4気筒DOHC ターボ
最高出力:132kW(180ps)/5,500rpm
最大トルク:230Nm(23.5kgm)/2,000rpm
トランスミッション:5段MT
駆動方式:前輪駆動
燃料消費率:13.1km/L(JC08モード走行)

メーカー希望小売価格:383万円(消費税込)
試乗車には以下のオプションが装備
スペシャルソリッドカラー(55,000円)
ETC車載器(13,200円)

アバルト 公式サイト:https://www.abarth.jp/

IMG_4218.jpg
IMG_4216.jpgIMG_4222.jpgIMG_4261.jpg


reported by 美あんこ

February 12,2020 Wed   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2020  
「うんうん」した人

JAIA輸入車試乗会2020 ~プロローグ~

世界中
うんうんする
2


JAIA こと日本自動車輸入組合は、2020年2月上旬に第40回JAIA輸入車試乗会を開催しました。

Prologue20-01.jpg


カーくる編集部も参加すべく、早朝から会場の大磯プリンスホテルへ集合しました。
当日は久々の冬型のカラッとした天候で、カラフルな輸入車が映える太陽光に期待も膨らみます。
会場の駐車場には、既に試乗車がインポーター毎に並び、試乗の時を待っていました。

Prologue20-02.jpg

Prologue20-03.jpg

その背景には、きれいな状態で試乗をしてもらおうと、寒い早朝から洗車やメンテナンスに余念がないスタッフの方々がいることを忘れてはいけません。
本当に頭が下がります。

Prologue20-04.jpg

Prologue20-05.jpg

そのような作業のおかげで、駐車している車たちがわれわれ試乗者にワクワク感を与えてくれます。

Prologue20-06.jpg

今日一日、どんな試乗会になるんだろう・・・

Prologue20-07.jpg

初めて乗るあの車は、どんなだろう・・・

Prologue20-08.jpg

Prologue20-09.jpg

Prologue20-10.jpg


そのような思いを胸に抱きながら、試乗開始前のミ-ティングに参加です。
毎年のことですが、安全運転と注意事項がアナウンスされ、「安全運転」が頭にインプットされます。
特に今年は、1日の試乗枠をと1枠の試乗時間を減らし、試乗前と後の車両点検時間をきちんと取ることになりました。
これはやむを得ないというより、正しい試乗会の運営方法になったと評価したいです。

Prologue20-11.jpg

さて、いよいよ1枠の試乗開始受付です。
予約した車両のキ-をここで受取り、駐車場の対象の車両のところまで出向きます。

Prologue20-12.jpg


カーくる編集部では、大磯ロングビーチ横の駐車場で静的な撮影を行い、公道を走行してその運転フィールなどを感じ取るというやり方で、この試乗会に参加してきました。

Prologue20-13.jpg

Prologue20-14.jpg


このやり方は従来通りなのですが、今回はカーくるアンバサダーの YU さんにも参加してもらい、モデルとしての役割の他、クルマ好き女性の目線でレポートを書いてもらうことにしました。

Prologue20-15.jpg

Prologue20-16.jpg

Prologue20-17.jpg

もちろん、撮影も。

Prologue20-18.jpg


今回、カーくるにて試乗した輸入車は合計15台で、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリアの5か国にわたります。
エンジンなどの動力カテゴリーでいうと、ガソリンエンジンは直3、直4、V6、V8、ディーゼルエンジンは直4、そして電気モーターと、時代の流れを感じさせるものとなっています。
そしてメーカーは、Jeep、Fiat、Abarth、Cadillac、PEUGEOT、CITROËN、RENAULT、Audi、BMW、TESLA、Volkswagen、LAND ROVER、Lamborghini と多彩です。

YU さんのレポートも含め、車両毎のレポートに乞うご期待ください!

reported by ハクナマタタ

February 7,2020 Fri   CATEGORY:JAIA輸入車試乗会2020  
「うんうん」した人

フランス産オイルメーカー【ユニルオパール】のバイク用オイルを試してみました。

世界中
うんうんする
35


フランスの老舗オイルメーカー【ユニルオパール】のバイク用オイルをご紹介します。

IMG_7432.jpg

バイク用オイルのレポートの前にまずはユニルオパールについて簡単にご説明します。
ユニルオパールは1959年にフランスで設立されたオイルメーカーです。
日本に正規輸入され始めたのは2014年からとまだ6年ほどですが、フランスでは創業60年にもなる老舗メーカーです。
製造国であるフランスではエンジンオイルのアフターマーケットにおいてシェアNo.1を誇ります。
フランスをはじめドイツ、イタリアなど欧州の自動車メーカーの承認オイルとしてACEA(欧州自動車工業会)C1~4規格を全て取得しており、厳格なヨーロッパの基準をクリアした高品質なオイルを製造しています。
また性能だけでなく環境に配慮したクリーンディーゼル完全対応と、環境意識の高い欧州でのシェアの高さにも納得の高い環境性能も併せ持っています。

そんなユニルオパールの商品ラインナップのほどんどが自動車用オイルですが、バイク用オイルのラインナップもあると聞き、愛車ドゥカティ モンスターのオイル交換にユニルオパールのバイク用オイルを使ってみました。

IMG_7437.jpg

IMG_7436.jpg

今回使ったオイルはこちら
【4T RACING 10W-50】
API:SN
JASO:MA2
ベースオイル:合成油

oil.jpg

「API」「JASO」はオイル品質の基準です。
「API」は米国石油協会(API)とSAE、そしてアメリカ材料試験協会(ASTM)の三者が定める規格で、12の品質で分けられています。
「SN」は2010年に制定された1番新しいグレードで、省燃費性能、触媒保護性能の優れた最も高品質なグレードです。

「JASO」は日本自動車規格が定める規格です。
動摩擦維持指数、静摩擦維持特性、制動時間指数を測定し、MA、MA1、MA2、MBの4つに分けられています。
MA規格はミッション車に使用されることが多く、MB規格は摩擦特性が低いためエンジンのみを潤滑するスクーターに使用されることが多いです。
MA2はMAでもより性能が良くクラッチに対して摩擦をしっかり確保できるため、ハイパワーで高回転なモンスターにはMA2が適していそうです。

行きつけのショップさんでオイル交換をしてもらい、変化を確かめるべく琵琶湖ツーリングに行ってきました。

IMG_7425.jpg

IMG_7428.jpg

交換後は身体に伝わってくるエンジンの振動が少なくなりました。
振動が少なくなったことで疲れにくくなり、快適にツーリングを楽しむことが出来るようになりました。
エンジンに跨って操縦するバイクにとって振動が少なくなることは4輪車以上に重要なことです。

またシフトチェンジが軽くなり、ギアの入りも良くしっかり入る感覚があり、モンスターもとても気持ち良さそうに走ってくれました。
エンジンとギアボックスが一体構造となっているため、バイク用オイルにはエンジンオイルとギアオイル両方の性能が求められます。
モンスターはイタリアバイクなので同じヨーロッパ製として相性も良さそうです。

IMG_7465.jpg

Snapseed.jpg


今回入れたオイル以外のラインナップもご紹介します。

【4T TITANIUM+ 5W-40】
API : SN
JASO: MA2
ベースオイル:合成油
主に2010年以降のバイクに幅広く使える合成油ベースのオイル
oil-1.jpg


【RACE MB 5W-50】
API:SN
JASO:MB
ベースオイル:合成油
レーシングスペックのオイル
モリブデン・ビスマス配合で高回転に強いオイル
oil-2.jpg


【MYTHIC 20W-50】
API:SL
JASO:MA2
ベースオイル:鉱物油
空冷エンジンや旧車に安心して使用できる鉱物油ベースのオイル
oil-3.jpg


【RIDER 2T+】
API:TC
JASO:FD
ベースオイル:合成油
2ストロークエンジン用オイル
oil-4.jpg

他にも10W-40のオイルや5W・10Wのフォークオイル等もあるそうです。
ただユニルオパールのバイク用オイルは正式な販売商品として国内で取り扱うかは未定とのことです。
現時点ではテスト販売品として一部の販売店へ卸しているとのことですので、こちらのオイルを試してみたい方はユニルオパール販売店を通して購入することができます。

高品質で相性も良いオイルに出会えて感激する一方、オイル交換の時期を忘れていたことを反省しました。
オイル交換を怠ってしまうとエンジンやミッションへのダメージが蓄積されるため、交換サイクルを守って長く愛車に乗りたいですね。
しばらくオイル交換していないことに気が付いた方はバイクにトラブルが発生する前に交換してくださいね。
その際にはユニルオパールのオイルを是非お試しください。

IMG_7463.jpg

IMG_7439.jpg

ユニルオパール 公式HP http://www.unilopal.jp/
ユニルオパール カーくるブログ http://carcle.jp/blog/unilopal/

reported by カーくる編集部

February 3,2020 Mon   CATEGORY:取材レポート  
「うんうん」した人

バイク専用ガレージハウスが名古屋市守山区に完成。取材に行ってきました!

世界中
うんうんする
21


850BF7DB-82A9-4E7F-AD8C-937FCF6064E9.jpg

名古屋市内に初のバイク専用ガレージ付きの賃貸ガレージハウスが出来たと
ガレントさんからご連絡をいただき、編集部として取材に行ってまいりました。

3958FAB7-FA5F-447F-95D3-D77430323F75.jpg

白をベースとしたお洒落な外観です。ここに4戸。
どんな間取りかまず気になります。

画像25: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
土地の形状を利用して上手に4戸が組み合わさっています。
1つのガレージに2台まで入りそうな広さということですね。

実際にバイクを入れた感じを撮ってみました。

 

画像2: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

トライアンフレディ イチ押しのバイク「Speedtwin1200」

画像3: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

大切なバイクですからガレージ保管でしっかり管理したり眺めて共に暮らしたいですよね。

ガレージ内に洗い場があるので洗車もすぐ出来るのが良いですね。パーツの保管や道具入れに便利そうな棚も付いています。

画像4: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像5: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

画像6: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
レール式のスポットライトですので、明るさは自分の好みでライトを増やしたり減らしたりして調整できます。バイクのサイズによっては頑張れば3台入るかも。気になる方はぜひ自分のバイクを使って内見してみてください。


画像22: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
シャッターは手動式。車用と違って間口が狭いので、女性でも楽々開閉できるくらいの重さでした。







次に住居部分を見てみましょう。

画像26: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
2Fにはキッチン、トイレ、洗面、お風呂など、水回りを集中させています。必要十分な広さです。1人もしくは2人くらいまでなら快適に暮らせそうです。

画像9: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像10: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像11: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

画像12: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!備え付けの棚が最初から付いているのは嬉しい。

画像13: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像14: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!












最後に3Fを見てみましょう。



画像27: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生! 

画像28: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
 ロフト付きはいいですね!天井高が高く、吹き抜けの解放感があります。

画像16: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像8: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
センスの良い壁紙。木の温もりを感じさせるデザインで、ほっと落ち着く空間になっています。

画像15: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
ロフトは2人でも十分寝られる広さです。
画像17: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像18: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
ロフト下のデッドスペースには収納場所があります。ちゃんと考えられてますね。

画像19: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像20: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像21: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
ベランダも高さがありますので、内側に干して外に洗濯物が見えにくい構造になっています。プライバシーを大切にする設計です。

 
画像23: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像24: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
徒歩圏内に駅がありますので、バイクだけでの生活も名古屋市内のここなら可能ですね。

何よりここに住むのは100%バイク好きですから、新しいバイク仲間が増えることでしょう(^^) 楽しいバイクライフを送ることが出来そうです。
 

募集を開始しましたので、気になる方や入居に関するお問い合わせは info@carcle.jp までお願いいたします。

【賃貸ガレージハウス 名古屋守山ライダース 】
■賃料
1号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
2号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
3号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
4号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
■交 通
名古屋市守山区鳥羽見3丁目
JR中央本線 新守山駅 徒歩12分
名鉄瀬戸線 矢田駅 徒歩12分
ガイドウエイ志段味 守山駅 徒歩09分
公共交通機関も徒歩圏内‍♀️!
■賃貸条件
管理費 2,000円
敷金:1ヶ月/礼金:1ヶ月
一般借家契約 (2年更新)
■物件概要
木造2階建て
【令和02年02月上旬入居予定】
総戸数:1棟 4戸
■設 備
・システムキッチン(IH)
・エアコン 1台(3F)
・TVモニターホン
・洗浄暖房便座
・洗面化粧台
・追い炊き機能
・インターネット
・宅配ボックス
■その他
SOHO相談(保証金3ヶ月/償却無)
ガレージ内造作可(現状回復要)
火災保険加入要
ペット不可

5E131057-1A2B-4270-8C28-50343A8064E6.jpg

画像1: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
 

モデル:YU

reported by カーくる編集部

January 31,2020 Fri   CATEGORY:取材レポート  
「うんうん」した人

クルマ好きのYouTuber

世界中
うんうんする
4


昨今は、撮影機材のコスパアップや動画撮影の容易さなどから、クルマ関係のYouTubeへのコンテンツも無限に存在しています。
また若い世代では、YouTuberなる職業(?)も人気を博しています。

そのような中、若きクルマ好きたちが、いろいろな企画を考えて動画をアップしているチャンネルがあります。
その名も、Rec Ride Station TV

例えば、日本でTUKTUKに乗ってみたり、



スーパーカーを所有していたら、イケメンに勝てるか?とか、



はたまた、人間 vs ランボルギーニ、



などなど、企画のみならず実行力があるところがいい感じです。

若い発想と実行力の、次の企画に期待してしまいます。

reported by ハクナマタタ

December 22,2019 Sun   CATEGORY:ニュース  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2020年07月 (1)
2020年03月 (2)
2020年02月 (4)
2020年01月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (2)
2019年10月 (1)
2019年09月 (1)
2019年08月 (2)
2019年07月 (2)
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る