ログイン
 

ブログ
フォト
イベント
ゲストブック
プロフィール

OZ Racing Montecarlo-HLT with VOLVO V60 |オーゼットホイール取材

世界中
うんうんする
0


カーくるでプロモーションのお手伝いをさせていただいております OZ Japan さんの新しいデモカー Volvo V60 Cross Country を取材しました。
IMG_0492pp.jpg

IMG_0478p.jpg

Volvo V60 Cross Country の足元を飾るのはOZ Montecarlo-HLTオーゼット モンテカルロ-HLTです。


Montecarlo-HLTは上級SUV&ラグジュアリーカーをターゲットとしており、タフかつ、エレガントなスタイルの Volvo V60 Cross Country にも気後れすることなく履きこなせるドレスアップホイールとしての圧倒的な存在感を見せます。

IMG_0499p.jpg

今回装着しているカラーは2020年より新しく追加となったグロスブラックです。
既にラインナップされているマットダークグラファイトポリッシュ、マットブラック、グロスブラックポリッシュの3色と合わせて全4色の展開となり、より幅の広い選択ができるようになりました



製造はHLT(インナーリムのアルミ組織を薄く引き伸ばすフローフォーミング製法)を採用し、鋳造でありながら鍛造並みのインナーリム強度、高剛性・軽量化を実現しています。
HLTについてはイタリアのOZ本社ツアーでの工場見学のレポートも併せてご覧ください。
https://carcle.jp/UserBlogComment?UserID=1837&ArticleNo=457

ホイールデザインはオリジナル・ローレット加工金属に細かい凹凸状の加工を施す加工方法によりスポーク1本1本に入った細かいスリットと、ホイールセンターに向かってなだらかに湾曲したコンケーブ形状によりスポークの立体感が増して、よりダイナミックでスタイリッシュに仕上がっています。
ボルトは小径ボルトを採用することでホイールのデザインを崩さず、ホイールセンターがすっきりコンパクトになり上品な仕上がりにも寄与しています。

IMG_0469p.jpg

安全基準ではヨーロッパ基準であるドイツのTUVと日本で販売するための基準JWLの規格をクリアするなど、重量級SUVの大荷重にも耐えられる剛性が確保されており、安心して愛車のパートナーとして選ぶことができます。

Montecarlo-HLT のメインサイズは20インチで、BMW Xシリーズ、アウディ Qシリーズ、ポルシェ マカン などに対応します。その他、19インチと22インチの設定があり、ヨーロッパ系のSUVのみならず、Eセグメントのセダンや国産ミニバンなど幅広くフィッティングが可能となっています。


IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg


【取材車両装着ホイール】
Montecarlo-HLT
サイズ:8.5x20(タイヤ:ミシュランパイロットスポーツ4S  235/40 20インチ)
インセット:45
PCD:5-108
カラー:グロスブラック(2020新色)
ボルト:小径
ハブ:ハブリング付属
定価:¥88,000(税別)


OZ JAPAN 公式サイト:https://www.ozracing.com/jp/
OZ JAPANカーくるブログ:http://carcle.jp/blog/ozjapan/

reported by カーくる編集部

November 21,2020 Sat   CATEGORY:取材レポート  

ABARTH124SPIDER ABARTH595 REDPOINT Original OZ SUPERTURISMO-LM|レッドポイント取材

世界中
うんうんする
0


カーくるブログでもお馴染みのイタフラ車メンテナンスファクトリー「レッドポイント」さんのデモカーがバージョンアップされたとのお話を聞き、取材に訪れました。

IMG_0253p.jpg

全国からイタリア車、フランス車のオーナーが集まるこちらの老舗ファクトリー、カーくるをご覧の皆様もお世話になっている方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

今回取材させていただいたデモカーはアバルト124スパイダーとアバルト595です。
アバルト595の足元を飾るのはレッドポイントさんがオリジナルでオーダーした特別な「OZ Racing SUPERTURISMO-LM Redpoint SPEC」です。

IMG_0357p.jpg

IMG_0367p.jpg

IMG_0360p.jpg

カラーはグロスブラックでサイズはアバルト500、595、695専用設計のオリジナルサイズです。
光輝ブラックにOZロゴのレッドレタリングが設定色とは一線を画すデザインです。

SUPERTURISMO-LM(レッドポイント オリジナルスペック)
サイズ:7.5x17
インセット:35
PCD:4-98
カラー:グロスブラック※オリジナルカラー
ボルト:純正ボルト使用
ハブ:アバルト ハブ専用
定価:50,000(税別)

ル・マン(LM)の名を持つSUPERTURISMO-LMはルマン24時間レースをはじめ、世界のGTレースで培ったOZのレーシングテクノロジーで生み出され、世界最高峰の剛性を持ちながらSUPERTURISMO-GTより約10%の軽量化を実現したモデルです。
2010年の発売から10年が経った今でもOZファンの支持を集めるロングランのモデルです。
OZ伝統の端麗なマルチスポークデザインは装着する車を選びません。

IMG_0364p.jpg

アバルト595のマル秘パーツがたくさん装着されたエンジンルームを拝見させていただきました。
赤丸の部分にレッドポイントチューニングが施されています。
詳しくはレッドポイントさんまでお問い合わせください。

IMG_0391pp.jpg

トランクにも気になるパーツを発見しました。

IMG_0373p.jpg

こちらはアイシン精機株式会社と共同開発されたABARTH用のモーションコントロールビーム(MCB)です。
ボディ前後に装着することで車両運動性能と乗り心地を共に向上し、高速での安定性から、街中での運転のしやすさにも貢献するアイテムなのだとか。

アバルト用のモーションコントロールビームはレッドポイントさんのブログでも紹介されております。
https://www.redpoint.co.jp/blog/43488
こちらも詳しくはレッドポイントさんまでお問い合わせください。

マフラーはtubi製にドレスアップされています。
迫力のある排気音、音色はノーマルとは別格の存在感です。
テールパイプが太くなり後ろ姿の迫力も増しています。

IMG_0310p.jpg

IMG_0330p.jpg

IMG_0366p.jpg

IMG_0329p.jpg


アバルト124スパイダーの足元を飾るのはOZ Rally Racing。

IMG_0244p.jpg

IMG_0212p.jpg

1988年のWRCでデビューを飾り、トヨタ・セリカやランチア・デルタに装着されたRally Racingはファンの絶大な支持によりレプリカホイールとして現在に復活しました。
レプリカホイールとしては第2世代のモデルで、スポーク裏のアンダーカット処理、スポーク先端がリムに乗るデザインとなるなど、第2世代らしく今風で立体的なデザインとなっています。

IMG_0217p.jpg

IMG_0277p.jpg

Rally Racing
サイズ:7.0×17
インセット:35
PCD:4-98
カラー:ダークグラファイト
定価:47,000(税別)

足元からルーフに目線を移すと、ルーフには最近到着したばかりという新しいパーツが装着されていました。

IMG_0275p.jpg

本国で設定されている124GTに装着されている「カーボン・ハードトップ」です。
ハードトップにするだけで格好良さと高級感がアップし、印象がガラッと変わります。
カーボン素材のため非常に軽く、また幌を格納状態でハードトップの装着が可能なため、2人で簡単に装着、取り外しが可能なのも嬉しいポイントです。
それに伴いリアのエンブレムも124スパイダーから124GTに付け替えがされている点も拘りを感じます。

IMG_0269.jpg

こちらの124スパイダー用のハードトップは既にたくさんのお問い合わせがあるそうです。
気になった方はレッドポイントさんまでお問い合わせください。

IMG_0235p.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpgIMG_4987.jpg

IMG_4986.jpg


INFORMATION
イタリア車とフランス車のメンテナンス・ファクトリー
RED POINT/レッドポイント
http://www.redpoint.co.jp/
所在地:〒509-0104 岐阜県各務原市各務おがせ町5丁目239-3
電話:058-370-5064
RED POINT 公式サイト:https://www.redpoint.co.jp/
RED POINT カーくるブログ:http://carcle.jp/blog/redpoint/

IMG_0302p.jpg


 

reported by カーくる編集部

November 17,2020 Feb   CATEGORY:取材レポート  

フランス産オイルメーカー【ユニルオパール】のバイク用オイルを試してみました。

世界中
うんうんする
35


フランスの老舗オイルメーカー【ユニルオパール】のバイク用オイルをご紹介します。

IMG_7432.jpg

バイク用オイルのレポートの前にまずはユニルオパールについて簡単にご説明します。
ユニルオパールは1959年にフランスで設立されたオイルメーカーです。
日本に正規輸入され始めたのは2014年からとまだ6年ほどですが、フランスでは創業60年にもなる老舗メーカーです。
製造国であるフランスではエンジンオイルのアフターマーケットにおいてシェアNo.1を誇ります。
フランスをはじめドイツ、イタリアなど欧州の自動車メーカーの承認オイルとしてACEA(欧州自動車工業会)C1~4規格を全て取得しており、厳格なヨーロッパの基準をクリアした高品質なオイルを製造しています。
また性能だけでなく環境に配慮したクリーンディーゼル完全対応と、環境意識の高い欧州でのシェアの高さにも納得の高い環境性能も併せ持っています。

そんなユニルオパールの商品ラインナップのほどんどが自動車用オイルですが、バイク用オイルのラインナップもあると聞き、愛車ドゥカティ モンスターのオイル交換にユニルオパールのバイク用オイルを使ってみました。

IMG_7437.jpg

IMG_7436.jpg

今回使ったオイルはこちら
【4T RACING 10W-50】
API:SN
JASO:MA2
ベースオイル:合成油

oil.jpg

「API」「JASO」はオイル品質の基準です。
「API」は米国石油協会(API)とSAE、そしてアメリカ材料試験協会(ASTM)の三者が定める規格で、12の品質で分けられています。
「SN」は2010年に制定された1番新しいグレードで、省燃費性能、触媒保護性能の優れた最も高品質なグレードです。

「JASO」は日本自動車規格が定める規格です。
動摩擦維持指数、静摩擦維持特性、制動時間指数を測定し、MA、MA1、MA2、MBの4つに分けられています。
MA規格はミッション車に使用されることが多く、MB規格は摩擦特性が低いためエンジンのみを潤滑するスクーターに使用されることが多いです。
MA2はMAでもより性能が良くクラッチに対して摩擦をしっかり確保できるため、ハイパワーで高回転なモンスターにはMA2が適していそうです。

行きつけのショップさんでオイル交換をしてもらい、変化を確かめるべく琵琶湖ツーリングに行ってきました。

IMG_7425.jpg

IMG_7428.jpg

交換後は身体に伝わってくるエンジンの振動が少なくなりました。
振動が少なくなったことで疲れにくくなり、快適にツーリングを楽しむことが出来るようになりました。
エンジンに跨って操縦するバイクにとって振動が少なくなることは4輪車以上に重要なことです。

またシフトチェンジが軽くなり、ギアの入りも良くしっかり入る感覚があり、モンスターもとても気持ち良さそうに走ってくれました。
エンジンとギアボックスが一体構造となっているため、バイク用オイルにはエンジンオイルとギアオイル両方の性能が求められます。
モンスターはイタリアバイクなので同じヨーロッパ製として相性も良さそうです。

IMG_7465.jpg

Snapseed.jpg


今回入れたオイル以外のラインナップもご紹介します。

【4T TITANIUM+ 5W-40】
API : SN
JASO: MA2
ベースオイル:合成油
主に2010年以降のバイクに幅広く使える合成油ベースのオイル
oil-1.jpg


【RACE MB 5W-50】
API:SN
JASO:MB
ベースオイル:合成油
レーシングスペックのオイル
モリブデン・ビスマス配合で高回転に強いオイル
oil-2.jpg


【MYTHIC 20W-50】
API:SL
JASO:MA2
ベースオイル:鉱物油
空冷エンジンや旧車に安心して使用できる鉱物油ベースのオイル
oil-3.jpg


【RIDER 2T+】
API:TC
JASO:FD
ベースオイル:合成油
2ストロークエンジン用オイル
oil-4.jpg

他にも10W-40のオイルや5W・10Wのフォークオイル等もあるそうです。
ただユニルオパールのバイク用オイルは正式な販売商品として国内で取り扱うかは未定とのことです。
現時点ではテスト販売品として一部の販売店へ卸しているとのことですので、こちらのオイルを試してみたい方はユニルオパール販売店を通して購入することができます。

高品質で相性も良いオイルに出会えて感激する一方、オイル交換の時期を忘れていたことを反省しました。
オイル交換を怠ってしまうとエンジンやミッションへのダメージが蓄積されるため、交換サイクルを守って長く愛車に乗りたいですね。
しばらくオイル交換していないことに気が付いた方はバイクにトラブルが発生する前に交換してくださいね。
その際にはユニルオパールのオイルを是非お試しください。

IMG_7463.jpg

IMG_7439.jpg

ユニルオパール 公式HP http://www.unilopal.jp/
ユニルオパール カーくるブログ http://carcle.jp/blog/unilopal/

reported by カーくる編集部

February 3,2020 Mon   CATEGORY:取材レポート  
「うんうん」した人

バイク専用ガレージハウスが名古屋市守山区に完成。取材に行ってきました!

世界中
うんうんする
21


850BF7DB-82A9-4E7F-AD8C-937FCF6064E9.jpg

名古屋市内に初のバイク専用ガレージ付きの賃貸ガレージハウスが出来たと
ガレントさんからご連絡をいただき、編集部として取材に行ってまいりました。

3958FAB7-FA5F-447F-95D3-D77430323F75.jpg

白をベースとしたお洒落な外観です。ここに4戸。
どんな間取りかまず気になります。

画像25: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
土地の形状を利用して上手に4戸が組み合わさっています。
1つのガレージに2台まで入りそうな広さということですね。

実際にバイクを入れた感じを撮ってみました。

 

画像2: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

トライアンフレディ イチ押しのバイク「Speedtwin1200」

画像3: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

大切なバイクですからガレージ保管でしっかり管理したり眺めて共に暮らしたいですよね。

ガレージ内に洗い場があるので洗車もすぐ出来るのが良いですね。パーツの保管や道具入れに便利そうな棚も付いています。

画像4: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像5: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

画像6: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
レール式のスポットライトですので、明るさは自分の好みでライトを増やしたり減らしたりして調整できます。バイクのサイズによっては頑張れば3台入るかも。気になる方はぜひ自分のバイクを使って内見してみてください。


画像22: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
シャッターは手動式。車用と違って間口が狭いので、女性でも楽々開閉できるくらいの重さでした。







次に住居部分を見てみましょう。

画像26: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
2Fにはキッチン、トイレ、洗面、お風呂など、水回りを集中させています。必要十分な広さです。1人もしくは2人くらいまでなら快適に暮らせそうです。

画像9: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像10: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像11: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!

画像12: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!備え付けの棚が最初から付いているのは嬉しい。

画像13: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像14: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!












最後に3Fを見てみましょう。



画像27: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生! 

画像28: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
 ロフト付きはいいですね!天井高が高く、吹き抜けの解放感があります。

画像16: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像8: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
センスの良い壁紙。木の温もりを感じさせるデザインで、ほっと落ち着く空間になっています。

画像15: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
ロフトは2人でも十分寝られる広さです。
画像17: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像18: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
ロフト下のデッドスペースには収納場所があります。ちゃんと考えられてますね。

画像19: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像20: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像21: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
ベランダも高さがありますので、内側に干して外に洗濯物が見えにくい構造になっています。プライバシーを大切にする設計です。

 
画像23: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
画像24: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
徒歩圏内に駅がありますので、バイクだけでの生活も名古屋市内のここなら可能ですね。

何よりここに住むのは100%バイク好きですから、新しいバイク仲間が増えることでしょう(^^) 楽しいバイクライフを送ることが出来そうです。
 

募集を開始しましたので、気になる方や入居に関するお問い合わせは info@carcle.jp までお願いいたします。

【賃貸ガレージハウス 名古屋守山ライダース 】
■賃料
1号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
2号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
3号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
4号室 1K+ロフト+ガレージ 42.16 m2 68,000円
■交 通
名古屋市守山区鳥羽見3丁目
JR中央本線 新守山駅 徒歩12分
名鉄瀬戸線 矢田駅 徒歩12分
ガイドウエイ志段味 守山駅 徒歩09分
公共交通機関も徒歩圏内‍♀️!
■賃貸条件
管理費 2,000円
敷金:1ヶ月/礼金:1ヶ月
一般借家契約 (2年更新)
■物件概要
木造2階建て
【令和02年02月上旬入居予定】
総戸数:1棟 4戸
■設 備
・システムキッチン(IH)
・エアコン 1台(3F)
・TVモニターホン
・洗浄暖房便座
・洗面化粧台
・追い炊き機能
・インターネット
・宅配ボックス
■その他
SOHO相談(保証金3ヶ月/償却無)
ガレージ内造作可(現状回復要)
火災保険加入要
ペット不可

5E131057-1A2B-4270-8C28-50343A8064E6.jpg

画像1: 名古屋初☆バイク専用ガレージハウス誕生!
 

モデル:YU

reported by カーくる編集部

January 31,2020 Fri   CATEGORY:取材レポート  
「うんうん」した人

youtube2
賃貸ガレージハウス「G-styleclub」
SPONSOR LINK
SPONSOR LINK
新着記事
記事検索
検索語句
その他機能
RSS 2.0 Feed
ゲストブック
スマートフォン向け表示
ブラウザのお気に入りに追加

 
ブログ購読
このブログが更新されたらメールが届きます。
メールアドレスを入力してください。
カテゴリ
facebook
アーカイブ
2020年11月 (2)
2020年07月 (1)
2020年03月 (2)
2020年02月 (4)
2020年01月 (2)
2019年12月 (1)
2019年11月 (2)
2019年10月 (1)
2019年09月 (1)
2019年08月 (2)
2019年07月 (2)
2019年03月 (3)
2019年02月 (1)
2019年01月 (3)
2018年11月 (4)
2018年10月 (1)
2018年09月 (1)
2018年07月 (2)
2018年06月 (2)
2018年05月 (1)
2018年04月 (5)
2018年03月 (6)
2018年02月 (6)
2017年12月 (1)
2017年11月 (2)
2017年10月 (5)
2017年09月 (5)
2017年08月 (7)
2017年07月 (1)
2017年06月 (5)
2017年05月 (6)
2017年04月 (4)
2017年03月 (6)
2017年02月 (11)
2017年01月 (1)
2016年12月 (1)
2016年11月 (5)
2016年10月 (5)
2016年09月 (3)
2016年08月 (5)
2016年07月 (2)
2016年06月 (5)
2016年05月 (3)
2016年04月 (4)
2016年03月 (9)
2016年02月 (17)
2016年01月 (3)
2015年12月 (1)
2015年11月 (3)
2015年10月 (6)
2015年09月 (5)
2015年08月 (3)
2015年07月 (7)
2015年06月 (6)
2015年05月 (8)
2015年04月 (5)
2015年03月 (4)
2015年02月 (10)
2015年01月 (3)
2014年12月 (6)
2014年11月 (6)
2014年10月 (6)
2014年09月 (6)
2014年08月 (6)
2014年07月 (2)
2014年06月 (8)
2014年05月 (8)
2014年04月 (3)
2014年03月 (1)
2014年02月 (8)
2014年01月 (2)
2013年12月 (5)
2013年11月 (19)
2013年10月 (6)
2013年09月 (4)
2013年08月 (3)
2013年07月 (8)
2013年06月 (5)
2013年05月 (12)
2013年04月 (18)
2013年03月 (7)
2013年02月 (18)
2013年01月 (2)
2012年12月 (3)
2012年11月 (7)
2012年10月 (9)
2012年09月 (4)
2012年08月 (2)
2012年07月 (1)
2012年06月 (2)
2012年05月 (7)
2012年04月 (4)
2012年03月 (2)
2012年02月 (13)
2012年01月 (2)
2011年12月 (14)
2011年11月 (8)
2011年10月 (8)
2011年09月 (5)
カウンター
Counter
ページ下部へ移動する
ページ先頭に戻る